「仲居の仕事って具体的にどんな感じなの?」

一般的な仲居の仕事や、イメージを伝える記事は、世の中に無数あります。

しかし、実際の体験談が聞けないと、不安を感じる方も居ると思います。

今回は、仲居の仕事概要の説明を踏まえながら、私の実際の体験談もまとめていきます。

「実際に聞いていた情報とやってみた時のギャップは?」

よりリアルな部分を盛り込んだ視点で、仲居アルバイトの仕事をお伝えさせて頂きます。

私はこんなところで仲居のアルバイトをやりました

四国の中でも有数の大きさを誇る旅館で4ヶ月ほど働いていました。

部屋数も300以上ある、とても大きな旅館でした。

日本全国を含めても、ここまで大きな人数を収容出来る旅館は多くありません。

その為、市長の後援会などの300人規模の宴会なども行われていました。

しかし、「大規模だから凄く大変」「小規模だから楽」という訳ではありません。

その部分のお話も、またしていこうと思います。

大規模な旅館と、小規模な旅館の違いって?

「大規模な旅館は、お客さんも多いし大変でしょ?」

「小規模な旅館だったら楽そう。」

そんなことを思う人も居るかもしれませんが、実はそれは大きな間違いです。

結論を言えば、旅館の規模によって忙しさは比例しません。

例えば、私が働いていた旅館では、宴会場での対応はやりました。

しかし、宴会場レイアウトの設営や、宴会終了後の下膳などは、別の部署が対応していました。

大規模な旅館では、普通の旅館では仲居がやる仕事も、他の部署がやったりと分業化されています。

小規模な旅館は、お客様の収容人数は少なくても、やらなければいけないことは多かったりします。

実際に仲居の仕事をやりたいと感じて居る方は、この部分は注意していただければと思います。

仲居のアルバイトの時給と労働時間は?

私は派遣会社を経由して申し込みをして、時給は1000円でした。

仲居は基本的に、派遣会社を経由しても、時給は平均1200〜1300円と高めに設定されています。

そんな意味では、私の時給は相場よりも安いです。

しかし、寮費と水道光熱費は無料。

朝と夕の2食は無料で仕出し弁当があるので、ほとんどお金は掛かりませんでした。

労働時間に関しては中抜けシフトです。

朝は6:30〜11:00、夕は14:00〜21:00までが基本です。

宴会の終了時間によって夕の終わりは前後します。

基本でも11時間ほど働いて居るので、かなりハードですね。

ちなみに、土日になると昼にも宴会が入ることがあります。

その場合は一日15時間位の労働時間になるので、夕方の宴席が終わった時に疲れが一気に来ます。

労働時間については、多くの企業は残業代を出したがらない為、派遣契約だと基本8時間勤務がほとんだと思います。

そういう意味では、ここでの労働時間の長さは、かなり特殊だと感じます。

1ヶ月の給料ってどれくらい?

「1ヶ月の給料ってぶっちゃけどれ位?」

ここも気になる部分であると感じるので、お伝えしたいと思います。

私が仲居業務をやっていた時は、かなり働いていた為に参考になるかは分かりませんが、手取りで26万〜28万円位貰っていました。

水道光熱費や家賃、食事代も掛からないことを想定すると、多くの金額を貯めることが出来ますね。

私は休みの日は、県外に旅行したり、欲しいと思ったものも躊躇なく買っていたので、あまり貯金出来なかったです。

貯金することが目的の人には、仲居はおすすめの職種です。

仲居のアルバイトでやりがいを感じたこと

「1日そんなに働いてやりがいはあるの?」

一日仕事して寝るだけの日ばかりでしたが、仕事の中で嬉しいと感じたこともあります。

今回は実際の経験の中から、少しお話しをしていきます。

食事の時間を楽しんで貰えた時

宴会場での仕事がほとんどでしたが、お客様の中には、「兄ちゃんもお酒飲めよ!」と、お酒を注いでくれたりして貰うこともあります。

その会社は特に勧められたお酒に対するルールがなかった為、遠慮なく頂いていました。

そのような行動を取る時は、本当に心から楽しんでいるからこそ、出る行動だと感じます。

自分が関わった宴席を楽しんでくれる方を見ると、とてもやりがいを感じます。

感謝の言葉を貰った時

「今まで泊まった旅館で一番だったよ」

「とても良い思い出になりました」

そのような言葉を貰うと、とても嬉しくなります。

時にはチップとして、お金を貰ったりする事もあります。

ほんの小さなことですが、自分のやったことが、誰かの生涯に残る思い出になると考えると、やっぱり嬉しいです。

クレームが多い対応注意のお客様をしっかりおもてなし出来た時

お客様の中には、物凄く神経質なお客様もいます。

言葉遣いひとつ間違えるだけでも、クレームに繋がったりする事もあります。

そのような情報があるリピーターのお客様を上手く対応出来ると、大きな達成感を感じます。

自分のレベルを測る意味でも、ひとつの壁を乗り越えたという、成長を実感します。

重要なポジションを任せて貰えた時

私が働いていた時に、常にお世話になっていたリーダー的な仲居さんがいました。

他の姐さん的な仲居がきつく自分に当たってきても、その人だけはずっと、「あんたは出来るから」と信じてくれました。

ある時に、「100人規模の団体の朝食指揮してみな」と全体を統括するポジションをやらせて貰った事もあります。

ひとつひとつの自分の行動を見てくれたことで、新しいことをやらせて貰えたことが、とても嬉しかったです。

仲居のアルバイトをやってて良かったこと

「仲居をやってて良かったことは?」

良かったことは、人それぞれかもしれません。

その中でも、私自身がやってて良かったことや、得だと感じたことを少しお話します。

夕食や朝食が基本お金が掛からない

もちろん仕出し弁当はありますが、宴会が終わった後に、手つかずの料理や、余ったご飯などで、ご飯を済ませることがあります。

これは仲居あるあるだと感じます。

特に私の働いていた旅館では、宴席の料理はかなりボリュームがある為、全部食べ切る人は多くありません。

そういう意味では仲居で働くと、ご飯代が掛からないです。

自分がサービスを受けている時に優しくなれる

これは接客業全般に言えることですが、実際に自分が接客している中で、もちろんクレームを受ける事もあります。

そんな経験をしたからこそ、実際に自分がサービスを受ける際に、サービスを提供する立場で見れるようになりました。

接客をする側の苦労を知ったからこそ、普段自分の受けている接客に対しても、感謝出来るようになった気がします。

仲居のアルバイトで身についたこんなスキル

「仲居の仕事で身についたことは?」

私が仲居の仕事をやる前に感じたイメージと、実際に仕事をやって見て感じた感覚は、大きな開きがありました。

実際に仲居業務を経験して、身についたと感じるスキルをまとめていきます。

全体を統率するスキル

全体を統率するポジションをやらせて貰ったことで、「いかにチームとして効率良く生産性を上げるか」を考えるようになりました。

チームの人数が増えただけでは、チーム力は足し算にはならないという事も分かりました。

「どうすればチーム全体の相互コミュニケーションが循環するか」

「どうすれば全員が楽しく仕事が出来るか」

ポジションを与えて貰った事で、新しい目線で物事を考える時間が出来たと感じます。

おもてなす相手に対する気配りのスキル

「おもてなし = 自分が相手に対して何かをして上げる事」

ずっとそう思っていた中で、常にお客様に対して何かをしていたら、先輩から注意されたことがあります。

「お客様がお話している時間を、遮らないのも、おもてなしだよ。」

そう言われた時に、とても勉強になったと感じました。

「あえて干渉しないおもてなし」もあるということを知りました。

仕事を楽しむスキル

一日の長い時間、仲居の仕事で拘束されていましたが、だからこそ「仕事を楽しもう」という思考にスイッチしました。

「前回よりもここをもう少し変えてみよう」

「どうしたら全体の雰囲気は良くなるのか?」

日々の課題を探し、そこに対して今日はどんなアプローチを試すのかを、試行錯誤していました。

個人的には、同じ時間働くのなら、得るものは多いほうがいいと感じたので、仕事をより突き詰めようという気持ちになりました。

そんな気持ちがあったから、仲居業務を期間までやり切れたのだと感じます。

仲居のアルバイトはこんな人におすすめです!

「仲居業務はどんな人におすすめ?」

私は仲居業務をする前は、システムエンジニアの仕事をしていて、未経験から仲居を経験しました。

そんな私が感じる、仲居業務はどんな人におすすめかを、まとめてみました。

仕事の達成感を感じたい人

私がシステムエンジニアの運用保守の仕事をしていた時は、誰かに仕事を褒められることはありませんでした。

保守や運用は、トラブルが起きれば物凄く怒られます。

しかし、問題が起きていない期間も褒められることはありません。

妻が料理をするのが当たり前の家庭で、料理を毎日作っても褒められないのと一緒ですね。

人間は「当たり前」にあることに感謝することって、実は意識しないと凄く難しい行為だったりします。

そんな意味では、仲居の仕事は旅行に来る方の思い出作りの一助を担うので、「ありがとう」という言葉を頂く機会が多いです。

「仕事としての達成感を感じられない。」

「何の為に仕事をしているから分からない。」

そんな方には、仲居の仕事はおすすめです。

みっちり接客を学びたい人

仲居の仕事をしていて、お客様と関わらない日はありません。

そして、対応する相手が変われば、正しい事も変化する為、日々の接客での学びは多いです。

世代間によって、正しい接客も変わる為、幅広いお客様が来る旅館はうってつけです。

「自分の接客レベルを上げたい」

「接客をしてみたい」

そんな人には、仲居の仕事は大変ですが、その分、学びは大きいです。

仲居の仕事って全くの未経験でも可能?

私もホテルや旅館業界が初めてで、仲居の仕事を始めたので、全くの未経験者でも問題ありません。

しかし、個人的に感じたことは、仕事を自分のものにしようとする気持ちがないと、仲居の人間関係に潰れて辞めていたと思います。

スタートの位置は特に重要ではなく、どれだけ成長していくかが大切です。

もし未経験で不安がある方が居れば、特に心配する必要はないと思います。

ちなみに私の周りの人も、未経験で仲居をやっていた人がほとんどです。

仲居のアルバイトのおすすめの選び方とは?

「労働条件が良い職場ってどうやって出会うの?」

実際の仕事を探す上での、おすすめの探し方を説明します。

派遣をしている人に聞こう

もし、今リゾートバイトという形で派遣の仕事をしているのなら、一緒に働いている派遣のメンバーに聞くのが一番おすすめです。

「実際にその環境で働いたことのある」人からの情報なので、想像と違ったりすることはありません。

事前情報と実際に働いた時のギャップを減らすには、一番ベストな方法だと思います。

聞いたホテルや旅館の案件を、派遣会社に問い合わせれば出してくれます。

派遣会社経由で申し込みする前に、派遣仲間に聞くことはおすすめです。

派遣会社から情報を聞く

別業種から仲居の仕事をするのであれば、派遣会社に聞いてみると良いです。

ホテル業界は、場所によっては労働環境がブラックな所も多いです。

その為にも、間に派遣会社を挟んでおくことをおすすめします。

しかし、派遣会社側からすると、「自分の案件で働いて貰えれば仕事の評価になる」為、あえて良い印象で説明してくる可能性があります。

時給、スタッフの延長率、勤務時間の実績など、事細かに情報を聞いておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、私が仲居をしていた時の、労働環境や、実際の給与までお話ししました。

仲居の仕事は確かに体力的には大変です。

しかし、仕事をしている中で心から「ありがとう」という言葉を言われる仕事は、とても達成感が大きいです。

個人的には、仲居という仕事を経験したことに、全く後悔はしていません。

「仲居という仕事に興味がある」

「仲居を始めたいけど少し怖い」

そんな人の悩みの解決と、人生における一つの決断の後押しになれば、とても嬉しいです。


関連キーワード

仲居求人