ピッキングの仕事は簡単で、誰でも始められます。

どの年齢・年代・性別でも向き不向きもありません。

人生経験の有無も必要ありません。

しかし上手いか下手かという技術面は存在します。

慣れるのが早いか遅いかだけではなく、適切な判断が出来るか、という精神面も必要です。

普通に暮らしているならば全く問題はありませんが、その中でも抜群に上手い人、どことなく不得手な人が出てきてしまいます。

いずれの場合も似たようなタイプの人が多いのが特徴です。

簡単な仕事だけに、日々の生活での所作や性格がくっきり見えてしまいやすいのです。

では上手い人とはどういう人なのか、下手な人とはどういう人なのかを見ていきましょう。

またピッキングに必要な知識も同時に見ていきましょう。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ピッキングの大まかな仕事内容

ピッキングは、Pick(選ぶ)という言葉の通り、小売店の店舗や物流倉庫から、注文された商品を選び出すお仕事です。

小さなものはアクセサリーから、大きなものは布団、家電まで、良質で安心安全なものを選んで、配送担当に渡すまでが仕事です。

食品は新鮮で色艶の良いものを選び出し、品質を保持したまま配送まで回します。

作業自体とても簡単で、短時間で出来てしまう仕事です。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ピッキングの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

ピッキングが上手い人の8個の特徴とは?

記憶力がいい

商品を選んで特定の場所に集めるピッキングは、早くこなすには慣れが必要です。

どこにどの商品があるのか、どんな外見をしているのかをどの程度記憶出来ているかで、作業効率が変わります。

早い人であれば、ピッキング対象が例え30個あったとしても、5分もあれば全て、綺麗で、消費期限が新しくて、新鮮なものを選び出すことが出来ます。

その際の時間短縮に役立つのが、店舗や倉庫の中身を『記憶している』ことなのです。

早く覚えることが出来れば、新人時代でも即戦力となれます。

人によって記憶力に差はありますが、1ヶ月もあれば商品棚の大まかな位置は覚えられます。

この際「何番通路に何がある」と覚えるのではなく、「牛乳の傍にこれがある」「惣菜売り場のそばにあれがある」と、大きな目印を中心に覚えると早く身につきます。

判断力がいい

店舗や倉庫の在庫の位置を把握して、いざピッキングに行ったら、該当の商品が売り切れ・在庫切れだった時、替わりの商品が必要になります。

この際何を替わりにすればいいのか、ピッキングをした人間が責任を持って考え、用意しなければなりません。

例えばバラ売りのピーマンが売り切れていた場合、パプリカは代替品にはなりません。

形が似ているから、では替わりとして使えません。

この場合は袋売りのピーマンを用意するのがベターです。

この判断を5秒以内に出来てしまうのが上級者です。

ハキハキしている

普段から元気で活発な人は、ピッキングにも活かせます。

歩くのが早く、動きが素早いからです。

ただ素早いだけではなく、ここに記憶力や判断力が付くととても俊敏にピッキング出来ます。

特に忙しい時は、素早く動ける人は活躍できます。

素早くピッキングを終えられれば、他の商品のピッキングや他の業務にも回れます。

知識が多い

これは在庫の場所だけでなく、リニューアルした際のパッケージや内容量の変更、商品そのものの特徴を知っているという事です。

リニューアルでまるっきり見た目が変わってしまう商品も多いので、リニューアル前と同じ商品なのかまるっきり違うものなのか、素早く判断することが出来ます。

商品の中には、違うブランドでも外見がそっくりなものがたまにあるので、この知識は役に立ちます。

他にも品切れの場合、代替品のアイデアもすぐに思いつくことが出来ます。

新商品のチェックや情報収集を細かくしている人は、どんどん知識が増えていきます。

コミュニケーション能力が高い

ピッキングは一人で行うものではありません。

商品を選ぶのは一人ですが、ピッキングは意外にチームワークが必要です。

誰かがピッキングしてきたものを、複数人で何回もチェックを行い、商品の間違いがないか、細かな傷がないかを見ます。

この際リーダーになって引っ張れる人は、一貫して明るい、話し上手な人です。

話し上手なだけでなく、こういった人は積極的に仕事を進めていくので、自ずと知識も技能もついてきます。

器用である

手先の器用さのことです。

ピッキングの際商品を選ぶ目も大切ですが、せっかく選んだ商品がピッキング作業が原因で傷まないように、丁寧に積み込まなければなりません。

ピッキングが上手い人は、ピッキングして積み込んだ商品を綺麗に詰め込みます。

テトリスのように、隙間を作らないできっちりと整頓することができるのです。

買い物好き・買い物上手

ピッキングの仕事では、主婦が重宝されます。

というのも、日々の食材や家族の衣類の買い物、家事をしているからです。

主婦が家に居る時間が長く、家の環境を快適にするために工夫しています。

そのためには品質の良い物を買い揃えます。

洗濯ハンガーや菜箸のような細かいものでさえ、安くて良いものを選びます。

その「いいものを選ぶ」という能力に、主婦は長けているのです。

また主婦でなくても、買い物好きでよく出かける人も向いています。

ウィンドウショッピングだけでも構いません。

家電量販店巡りやホームセンター巡りが趣味、という店舗好きも含まれます。

頭がいい

ピッキングが速い人の総論となりますが、ピッキングが上手で素早い人は、頭がいい人が多いです。

ピッキング作業のために店舗や倉庫に入った時、該当の商品の場所に迷わずに向かい、すぐに発見でき、箱の傷みや凹み、消費期限、色、形状など、良質のものを選べます。

これらを綺麗に整頓して詰め込み、また次のピッキング作業に入ります。

この流れを頭と体で覚えていて、迷いなく動ければ言うことありません。

これらが出来る人は、作業の流れ、商品の知識、全てに於いて素早く判断できる、頭のいい人だと思います。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ピッキングが下手な人の5個の特徴とは?

選別眼がない

例えば小さな女の子のピンクの洋服の場合、替わりになるのは通常薄い赤のものか、ブランドの違うピンクのものです。

ここで黄色を持ってきたり、最悪の場合小学生くらいの大きいサイズのものを持ってきます。

こうして適切な代替品を用意できない人です。

代替品以外にも、傷んだ衣類、割れた卵など、そのまま配送したらクレームになるようなものも平然とピッキングしてきてしまいます。

大雑把で大胆である

商品は衣類であれ食品であれデリケートです。

乱暴に扱えば卵は割れるし、パックやペットボトル飲料はヘコみます。

衣類はしわくちゃになり、家電は初期不良の原因にもなります。

普段から物を放り投げたり、日常の買い物でも商品をどんどんカゴに放り込む人は、無意識で作業中でも大雑把になってしまいます。

結果うず高く積み込まれた商品の殆どがヘコんでしまったり、該当の商品が探せなくなったりと、作業の非効率化を招いてしまいます。

おっちょこちょい

大きいミスはしなくとも、細かいミスをしてしまう人です。

白い卵をピッキングするはずが赤い卵を持ってきてしまった、該当商品の隣にあったものを間違えて持ってきてしまった、リストを見落としてピッキングしてくるのを忘れた、などです。

どこの現場でも大体笑って許して貰える程度ですが、これが重なってくると大きなミスになりかねません。

マイペース

よくいえばゆったり落ち着いている、悪くいえば仕事が遅い、マイペースな人です。

ピッキングに時間がかかったり、ピッキングの最中に小休憩を勝手に取ってしまったり、作業の非効率化一番の原因を作ってしまいます。

配送時間には限りがあるので、時間内に間に合わないと余計なクレームを生みかねません。

味音痴

実際にあった事ですが、生レバーを血抜きせずそのまま食べる人が居ました。

ノビたラーメンが好きだったり、冷めたカレー、カサカサのパスタを好む事もありました。

ここまではいかなくとも、激甘カレーやゴーヤの丸かじりなど、大抵は美味しいと感じにくいものを「美味しい」という人は、概してピッキング音痴でもあります。

ピッキングの心得として「自分が買いたい物を選ぶ」というものがあります。

新鮮で美味しそうなものを買いたいのが普通ですが、味音痴な人はどこか感覚がずれているのか、ピッキングの時にもドリップではない血のついた肉や、冷めた揚げ物をピッキングします。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ピッキングがうまくなるポイント

働いている店で買い物をする

休みの日でも退勤後でも、何か買って帰るといいです。

売り場を回って買い物をするために、働いていない時でも商品の位置を覚えられる時間が出来ます。

何も買わなくても、散歩気分で歩くだけでもいいです。

時間がある時は、買い物でタイムアタックに挑戦してみてもいいです。

あまり素早く動くと滑稽ですので、「自分の中では速い」動きを意識します。

ショッピングサイトの口コミを見る

気になった商品や、買いたい商品の口コミやレビューを見てみます。

特に食品以外を見てみると、商品の出来についてのコメントが殆どです。

悪いコメントも見るようにすると、どこが悪かったのか、いい投稿者は具体的に書いています。

自分が扱ったことのある商品を中心に見るようにすると、どう扱えば高品質を高品質のまま届けられるのか、参考にすることが出来ます。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ピッキングのスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

工場の選別作業

個々の商品のベストの状態を知っているので、数ある商品の中から良いもの悪いものを選別できます。

食品ならば傷みや傷、小型家電や調理家電なら製品の色、同封の各説明書の状態も、ベストのものを選び出すことが出来ます。

キッチン業務

こちらも「選別」に於いて役に立ちます。

食品の色、ツヤ、香り、傷の有無を見られるので、古いものと新しいものとの区別が出来ます。

コンビニ・スーパーなどの陳列

どこにどの商品があるか、覚え方を知っているのですぐに覚えられます。

いい状態のものを揃えて、綺麗に陳列出来ます。

商品の陳列が綺麗にされている店は、客側にとっても気持ちのいいものです。

これからピッキングの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

ではこれからピッキング業務を始めるには、何を準備すればいいのかを見ていきます。

ピッキングの専門学校なんてありません。

実は日常の些細なことで、基礎が身についてしまいます。

ピッキングに於いて、最も必要なのは『経験』なのです。

ピッキングの仕事で就職するために

意識して行うことはたった1つ、日々のお買い物をするだけ。

近所のスーパーやコンビニ、どこでもいいので出かけるだけです。

その時、良いものを選ぶようにしているはずです。

トマトはヘタの下まで真っ赤で底に模様があるもの、魚の切り身は色鮮やかなもの、服はサイズが合っていて好みのデザインであること。

色々選んで品物を買っているはずです。

それがピッキングに大いに生きてきます。

「いいものを選ぶ」、たったこれだけで準備の大半は完了します。

資格は必要?

資格は必要ありません。

例外として、生鮮食品をピッキングする場合、食に関する知識があると有利になることもあります。

調理師免許、栄養士免許、野菜ソムリエなども役に立ちます。

必要なスキルや経験は?

意外に有効なのは、仕事の経験ではなく遊びの経験です。

特にタワーディフェンスやRPGといった戦略が必要なテレビゲームや、小さい子供と遊んだりする事です。

いずれも「次はどうしたら良いか」という判断が出来るようになるからです。

ピッキングに於いて、効率はとても大切です。

現在の作業だけでなく、次に行う作業のことも考え、5分先の未来の計画を立てられるようになるとベターです。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ピッキングという作業は簡単であっても、知識や技術は必要なものです。

それらは経験していれば自ずと身に付くものです。

ですが心がけ次第で、上達が早まったり、格段にピッキングが上手になったりします。

おさえるべきポイントがとても少ないので、誰でも上手くなりやすいのが、ピッキングの仕事の良いところです。

日常生活でもどこでも役に立つスキルなので、ぜひ身につけておきたいものです。

またピッキングの現場に居る人は「ピッキングは将来何の役にも立たない」と、学生みたいな事を言いますが、実はとても役に立ちます。

ピッキングから転職しても役に立つスキルなので、興味・関心があったら、門を叩いてみるのがオススメです。

「ピッキングの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際にピッキング求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

ピッキング求人

ピッキング求人についてもっと深堀りした情報を見る

倉庫ピッキングバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

求人で見かける倉庫での”ピッキング”バイト。倉庫での作業とは書いてありますが、実際に何をするのか分からない人も多いと思います。今回はピッキングバイトについて4つの項目に分けて解説していきます。倉庫ピッキングバイトの仕事内容とは?まずはピッキングバイトの仕事内容はどんなものなのか解説します。倉庫から必要なものを取り出すピッキングとは簡単に言えば倉庫に保管してある商品を取り出す作業のことです。製造業であれば作った製品を出荷するまで保管しておく倉庫がありますし、通販サイトの倉庫などでは注文が入ったらすぐに出荷できるよう製品をストックしておく倉庫があります。その中から必要な時に必要な製品を出荷のために

ピッキングの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ピッキングは一度始めてしまえば、何年でも続けて働ける簡単な仕事です。とはいえ、やはり仕事なので続けていくには向き不向きも存在します。ではどんな人に向いているのか、どんな人にはあまり向いていないのかその特徴と、ピッキングの仕事を活かせるキャリアを見ていきましょう。ピッキングはどんな仕事?ピッキングは数ある商品の中から、お客様からの注文の商品を選び出す仕事です。商品は通信販売やネット注文の配送のために選び出され、宅配業者や運送会社が顧客まで配達します。ピッキングの大まかな仕事内容ピッキングの仕事はお客様の注文から始まり、お客さまのもとへの配達で終わります。その中心であり、中枢であるのがピッキングで

ピッキング正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではピッキングの正社員求人について、仕事内容や年収をご紹介します。初心者でもやりやすく、またバイトだけではなく正社員のお仕事もあるのでこれからお仕事を探す方は検討してみてはいかがでしょうか?ピッキングはどんな仕事?ピッキングとはお客様からの注文を受けて、店頭や倉庫から商品を選ぶお仕事です。ただ選ぶのではなく、お客様の代わりにお買い物するので、良いものを選ばなければなりません。ピッキングの仕事場所は、主に工場や倉庫内で働く仕事もあったり、母体の会社もECやネットスーパーなど様々です。ここからは、主にネットスーパーのピッキング業務を念頭においた内容になっていますが、業務内容はどこの会社でも大き

ピッキングバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

単発バイトの募集内容に、必ずと言っていいほどある「ピッキング」バイト。私もそうでしたが、初めてその単語を見たときは、どのような仕事なのか想像もつきませんでした。「しんどいの?」「楽なの?」「稼げるの?」気になりますよね。そんな人たちのために今回は「ピッキング」のバイト求人について解説していきたいと思います。ピッキングバイトはどんな仕事?ピッキングは英語で書くと「picking」です。和訳すると、「摘み取る」「採集」になります。そこから、想像していただけるとわかりやすいかもしれません。ピッキングとは、主に倉庫にある商品を伝票や指示票に従って取り出し、集める作業を言います。ピッキングの対象商品は食