大学病院と言えば、看護師の方だったら一度はあこがれる職場かもしれませんね。

そこで、大学病院で働いていた経験がある私が、大学病院で働くメリットというタイトルで、大学病院のいいところ、学ぶことができた所を紹介していきます。

私はこんな大学病院で働いていました

埼玉県の東部に位置する大学病院で、整形外科病棟に所属していました。

整形外科は全国を代表するような先生がたくさんいらっしゃって、時には有名人の方も入院していました。

病院自体は古い病院でしたが、ここ最近で新しくなったみたいですね。

大学病院とはいっても、系列の病院だったので、敷地が広く、大学があるわけではなかったので、大学病院とはほど遠い感じでした。

大学病院での働き方はこんなでした

大学病院を退職して結構経っていますが、実際に自分が大学病院で働いていた状況を紹介します。

1日の平均勤務時間や休日

自分が働いていた大学病院は、変則2交代制を採用している所でした。

日勤帯は8:30~17:30の勤務と8:30~20:30の12時間制と2パターンありまして、12時間制で働いた方は、翌日の夜勤になるのが通例でした。

中番で働く人は、12:30~20:30までの勤務でした。

夜勤帯は、20:30~翌8:30までの勤務となるため、通常の2交代制である16時間勤務よりは少なく、夜勤は楽なように感じました。

夜勤明けの次の日は大抵休みとなっています。

希望の休みももちろん取れましたし、休みも年間120日だったので、病院にしては多かったように思えます。

残業は?

自分が働いている病棟は、残業はあっても1時間でした。

なかにはまったく残業のない科もあったり、残業が非常に多い科もありましたが、自分が働いていた病棟の師長が残業を嫌っていたので、「早く帰りなさい」と遅くまで残っていると怒られてしまいます。

お給料事情

1年目から3年目なので、給与はあまり多くありませんでしたが、手取りで23~4万円だったと思います。

しかし、賞与が年に3回あり、トータルすると100万円以上はもらえていました。

職場の人間関係

職場の人間関係ですが、悪くはありませんでした。

自分は男性なので、あまり深く関わらなかったからかもしれませんが、人間関係で悩んだことはありませんでした。

もちろん1年目の時は厳しい先輩もいたので、嫌な思いをしたこともありましたが、それも1年目だけです。

恵まれた人間関係でした。

男性が他に2人いたのも、男性としてはよかったのかなと振り返ると思います。

大学病院で働いてやりがいを感じたこと

自分が大学病院で働いていた頃、また退職した後に思い返してみてのやりがいをここでは伝えていきたいと思います。

患者さんや家族を精神的に支えることができた

疾患の治療を行うのは医師ですが、「元気になって退院したい」「リハビリがつらいけど頑張ろう」という前向きな気持ちになれるかどうかは、関わる時間が多い看護師に左右されるものです。

また、病状だったり、治療法、現在に至る経過、患者さんの精神的な状態を理解したうえで、患者さんの思いや気持ちを尊重しながらそれを医師に伝えていくことは看護師の大きな役割です。

治療に臨む患者さんや家族の精神的な面を大きく支えている時はとてもやりがいを感じました。

患者さんのできることが増えていくことに対してのやりがい

股関節や膝関節の痛みの進行により、歩行が困難になったり、自分でトイレに行けなくなるなど、これまで当たり前のようにできていたこともできなくなり、大変な思いをされている患者さんがたくさんいました。

そんな中で、手術をし、リハビリを頑張って行うことで、できることも増えていき、されをサポートする看護師自身は「できることが増えた」と嬉しい瞬間でもあります。

こんな風に、患者さんと痛みや苦しさ、嬉しさを分かり合えるのも、整形外科そして手術が多い大学病院ならではのやりがいではないかと思います。

多くのスタッフと連携し、患者さんを救ったり、治療のフォローしていくこと

大学病院に限ったことではないかもしれませんが、医療専門職が存在します。

そして、その医療専門職がチームとして治療を行っています。

医師・看護師・理学療法士、作業療法士・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士など多くのスタッフがそれぞれの専門性を発揮しながら「患者さんの命を救う」「患者さんの治癒を目的とする」という共通のゴールを目指しています。

自分もその一員として、「いったい自分には何ができるのか」と自問自答しながら、看護知識や技術、疾患などを追及していきます。

自分は様々な人間と関わりを持つことで人間的にも成長できたのではないかと今振り返ると思っています。

1人ではできないことでも、チームとしてやれば達成できる。

そんなやりがいも感じていました。

患者さんの笑顔や感謝の言葉

余裕がなかった1年目には感じられなかったけれども、2、3年目になって感じられたやりがいです。

患者さんが回復して退院する場面での「ありがとう」ケアや処置を行った後の「ありがとう」

患者さんから笑顔で言ってくれるこの言葉が何よりも嬉しい瞬間です。

職業柄、言われ慣れてしまう言葉かもしれませんが、自分はこの言葉を聞けるだけで看護師になってよかったなと思えるようになりました。

大学病院勤務で身についたこんなスキル

新人の頃なので、あまり参考にならないかもしれませんが、私が大学病院で働いていた時に身につけられたと思うスキルをいくつか紹介します。

観察力

大学病院は、一般病院に比べて、手術の頻度も高いですし、高度な医療を提供している分、重症な患者さんが多いです。

重症な患者さんは、いつ状態が変化するかわかりません。

自分が看ていた時までは安定していたのに、突然血圧や脈拍が低下したり、不整脈を引き起こすことがあります。

そのため、重症な患者さんをしっかりと観察しておくことで「少し尿量が減ってきているな」「むくみがひどくなってきているな」「冷や汗が出ているから血糖値を観察していかないとだめかな」などと気づくことができます。

もちろん、大学病院で働き始めた時は新人だったので、そこまで気づくことはできませんでしたが、そういった経験をたくさん積むことで、しっかり観察できるようになり、患者さんの変化にいち早く気づくことができるようになり、急変を未然に防ぐために医師に報告できるようになったのです。

また、急変した場合でも、「この患者さん急変するなら、どういう状態になるだろう」「急変したらどういう治療を行って、どんな薬剤を使用するだろう」など予想できるようになったことで、いざ急変した場合でも慌てずに対処することができるようになりました。

コミュニケーションスキル

大学病院に限らず、身につけなくてはいけないスキルですが、大学病院では特に必要なスキルだと感じましたし、それを身につけることができたと今は思います。

なぜなら、大学病院の看護師は調整役に回ることが多いからです。

大学病院にはたくさんの診療科や部署が存在しており、それぞれの役割分担が明確に決められています。

それがいいところでもありますが、悪い所でもあり、調整役がいないとまとまりません。

その役割を看護師が担います。

複数の診療科や部署にまたがって治療をする場合は、その連絡や調整をしなければいけませんし、多職種とのチーム医療を行う場合も看護師が調整役になることが多いです。

ですから、大学病院の看護師は、患者さんやご家族とのコミュニケーション以外にも、病院内での調整役として様々な診療科や部署、職種とのコミュニケーションを取る必要がありますので、高いコミュニケーションスキルを求められます。

こういった能力を身につけられるのも大学病院ならではですね。

仕事の優先順位を考えられるようになった

大学病院で働いている時は、仕事量が多くて、ひとつの仕事をしている時にでも次から次へと新しい仕事が入ってきます。

新人の頃は、この優先順位を全て理解できていなかったので、先輩や上司によく怒られていました。

ひとつの仕事を与えられると、そこに全神経がいってしまい周囲が全く見えなくなっていたんですね。

仕事をこなしていていくうちに、病態や知識なども身についてきて、自然に優先順位もわかってくるようになりました。

また、看護師はすべて1人で仕事を円滑にできません。

普段は常に教えてもらいながらやることも必要ですし、時には、自分が新しい仕事を覚えることよりも、仕事を片付ける事を優先する必要があるとも学びました。

新人の指導のポイント

新人看護師は業務に慣れていないので、先輩は新人看護師のミスを指摘してあげなければなりません。

ただ、指摘しているばかりだと、新人看護師も萎縮してしまい、焦ってしまってミスを増やしてしまったり、仕事への意欲をそいでしまいます。

そんなときに私が気づいたことは、意識的に褒める機会を増やしてあげることでした。

人は誰でもほめられるとうれしいですし、仕事への意欲も高まります。

自分が学んだことは2つあります。

1つ目は、よく観察して成長している点を見つけることです。

失敗ばかりしている看護師だと、ほめるポイントがなかなか見つからないですが、自分なりに努力した点や工夫した点があるはずなので、行動をしっかりと観察して、成長している点を意識的に探すようにしました。

もう一つは、新人看護師がほめられたときにはともにわかちあうことです。

他の看護師や患者さんから褒められたときは、自分自身もそれをわかちあうことにしていました。

やはり、自分が新人だった頃、一緒に喜んでくれる先輩を見て自分もとても嬉しかった経験があったからです。

叱ることはできても、なかなか褒めることはできないですからね。

それを大学病院で教育係をやっている時に学びました。

大学病院の勤務経験がある人のよくある転職先は?

ここでは、大学病院から他の所へ転職した経験談と転職先についてご紹介していきます。

大学病院勤務から中規模病院へ転職した看護師

転職の理由になったのは、結婚が一番の理由でしたが、その他にも職場環境を変えたい強く思っていたことがきっかけでした。

大学病院の勤務はハードで、バタバタとしている病棟での勤務に加えて、業務が終了した場合でも、していない場合でも研修会や勉強会に出席しなければなりません。

ワークライフバランスを掲げながらも、大学病院という医療と教育を行うということに疲れてしまったと当時は言っていました。

その方は、中規模の病院でゆっくりと穏やかな時間で仕事ができればと転職していきました。

転職した後、穏やかな時間の中で看護の実践をすることで、本当に患者中心の看護ができることと、科の特殊性に合わせた看護ができる、広い視野で看護ができるようになったと言っていました。

忙しく、がっつりと働きたいのか、穏やかにのびのびと働きたいのか、自分のやりたい看護と合わせて考えてそれに合った病院を見つけることも大切なのかなと私は思いました。

大学病院から地方の総合病院(急性期)に転職した看護師

転職したのは、地方都市にある総合病院です。

転職先の病院はその町で一番大きな公立の総合病院です。

大学病院では点滴の針を刺すのは研修医が行っていました。

大学病院は研修機関の役割も果たしているので、研修医も多くいます。

採血だったり、インスリンの皮下注射などは看護師が行っていましたが、実際に点滴の針を刺す機会はなかったので、大学病院に3年いましたが、すごくとまどいました。

スタッフからしてみると、4年目の看護師として見られるので、点滴のコツなど誰も教えてくれませんし、こちらからも聞きづらかったりしました。

患者さんからもどう見ても新人看護師としては見られないので、最初の頃は平静を装いながらも、ドキドキしていたことを思い返します。

たしかに大学病院では、基本的な知識の方は身に付きますが、看護技術の方は、まだまだ学ぶことがあったなとそう思わせる転職だったと思います。

まとめ

最後の方の内容は大学病院のデメリットを紹介してしまった形となりましたが、これらの経験も大学病院で働いてみないとわからない経験なのではないかと私は思います。

大学病院は忙しく、大変な所です。

しかしながら、看護師として学ぶことはたくさんありますし、やりがいを感じることができる瞬間はたくさんあります。

これから大学病院で働いてみたいと思っている方や迷っている方に少しでも参考になればと思います。


関連キーワード

大学病院看護師求人