今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。

そんな中、重要視される介護の仕事。

これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。

今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。

そのまま正社員として就職する場合、一般的な年収は約250万~300万円台になります。

正社員で転職した場合

異業種から正社員に転職となると、未経験で入社するため新卒と同じ年収、250万~300万台になります。

介護経験がある場合、就職先にもよりますが、今までの介護経験年数を考慮して基本給を上げてくれるところもあります。

パート

パートは扶養の範囲内で働くことになりますので、1日の勤務時間が少ない、週の勤務日数が少ないなどの時短勤務で働きます。

時給換算するところが多いため、年収は扶養範囲内の106万~130万台となります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

地域や就職先の規模にもよりますが、基本的に賞与は年2回あります。

夏冬合わせて3.5カ月~、多いところだと4.5カ月出してくれるところもあります。

昇給

昇給がある場合、上がる金額は1000円~で、遅刻早退や欠勤などの勤務状況によって金額が変動することが多いです。

勤続年数が長くなると、上がる金額も増える傾向にあります。

各種手当

基本的な手当としては、①資格手当、②夜勤手当、③住宅手当、④休日手当、寒冷地であれば⑤燃料手当、が主にもらえる手当になります。

給与が高い人は何が違うの?

経験年数・勤続年数が長く、経験実績が基本給に反映されていたり、夜勤の回数が多い(=夜勤手当が多い)、介護福祉士の資格以外の資格(介護支援専門員や社会福祉士)を持っている、などです。

スキル

看護助手としてのスキルが、給与に直接反映することは少ないですが、国家資格である介護福祉士や社会福祉士、公的資格である介護支援専門員などの福祉関連の資格を持っているということは、やはり経験があり、さまざまな実務を積んでいるという証拠でもあります。

資格を取得することが、給与アップにつながることは間違いないでしょう。

役職

これは勤続年数が長くなると、任されることがあるかもしれません。

看護助手ですと、介護主任、ケアワーカーリーダーという役職があり、役職手当がつきます。

勤続年数

勤続年数が長いほど、基本給は少額ずつですが上がります。

最近では政府の閣議決定した項目の中に「介護人材の処遇改善」というものがあり、「勤続年数の長い者に規定の処遇改善をする」という政策もできるようです。

地域

地域差はとても大きいと感じられます。

平均年収を調査した結果では、首都圏で働く介護福祉士の平均年収が約350万円、地方で働く介護福祉士の平均年収が約280万円と、同じ介護福祉士を持っていても、約70万円の差があるということがわかりました。

夜勤の回数が多い

看護助手として働く上で、給与アップに欠かせない勤務が「夜勤」です。

1回夜勤をするごとに5000円~、多いところだと10000円の夜勤手当がつきます。

例えば月に5回夜勤をしたとすると、規定の夜勤手当×5=その月の夜勤手当となり、給与面でも大きな割合を占める要素になってきます。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の給料の決まり方

経験年数

上述にもあるように、今までの経験年数が長い、国家資格を持っているなどの場合は、手当がつきますし、基本給に反映されやすいです。

勤務形態

看護助手の仕事は、正社員、契約社員、パート勤務、派遣社員、この4つの働き方がメインです。

看護助手の仕事は体力がとても必要な仕事ですが、しっかり稼ぎたいと思うのであれば、やはり正社員としてフルタイムで働き、夜勤をこなしていくほうが納得のいく給料がもらえます。

保有資格

看護助手は、働くために必要な資格はなく、無資格でも働けます。

しかし、資格はあって困ることはないので、さらなるスキルアップを目指して、取得するとよいと思います。

特に介護福祉士は、資格取得の勉強を通して、看護助手の仕事に関する医療の知識、介護の技術、専門的な勉強をするので、さまざまなことを学ぶことができますし、資格を持っていることで、転職する際もとても役に立ちます。

看護助手で給料をあげるためにやるべき3つのこと

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

これは、勤続3年を過ぎても昇給がない場合や、新たに資格を取得した場合など、直属の上司に相談してみるといいと思います。

スキルアップを図る

今の勤務先を辞めずにスキルアップするとなると、資格取得が給料アップに直接つながる一番の方法です。

ヘルパー1・2級や介護職員実務者研修を持っている方は、介護福祉士の資格取得を目指すことが、給料アップの一番の近道です。

思い切って転職する

もし、今の職場での仕事に「慣れ」を感じてきた、と感じたら、思い切って転職するのもいい案です。

看護助手の仕事は比較的求人が多く、仕事内容も様々なものがあり幅広いので、スキルアップも兼ねて今まで経験したことのない職場に転職してみるというのもおすすめです。

いろいろな経験を積むことができます。

転職先の選び方1

介護支援専門員の資格を持っているなら、看護助手の現場から離れるのも一案です。

現場の仕事は一通り経験したから、今度は介護保険やケアプランなどの介護保険に関する方面から、介護業界を見ていくことも、とてもよい経験になると思います。

給料は看護助手よりも上がりますが、求人は少ない傾向があります。

転職先の選び方2

看護助手の仕事は、本当にその病院や施設によって様々なので、患者様の身体介護に関わる仕事がメインのところもあれば、メッセンジャーなどの事務仕事がメインのところもあります。

これから自分がどういったスキルを身につけていきたいのかを考えてみると、転職先も絞られてくるでしょう。

転職先の選び方3

介護福祉士を持っていれば、障碍福祉事業所や児童発達支援事業所など、福祉施設で働くことができます。

介護福祉士と聞くと高齢者介護のイメージが強いですが、今では本当に幅広く活躍できる時代です。

一つの職場に腰を据えて働くこともとても大切なことですが、いろいろな職場で、たくさんの経験を積んでいくことも、スキルアップにつながります。

給料をアップさせるための求人の選び方

給与相場が今よりも高いところを探そう

やはり規模の大きい病院や施設は、給料形態も待遇のよいところが多いです。

基本給が高いこと、資格手当、夜勤手当が高いことは、給料アップには欠かせない要素です。

基本給はボーナスにも直結するので、その他の条件も考慮しながら、なるべく基本給の高いところを探してみましょう。

賞与や昇給制度をチェック

賞与は年に2回、多いところだと夏冬合わせて4.5カ月分支給してくれるところもあります。

昇給は大幅な金額アップは見込めませんが、少しずつでも、昇給があるのとないのでは、長い目で見ると差がでてきます。

やはりこの2つはしっかりあるところを選びましょう。

残業代はちゃんと出る?

勤務後に研修がある場合などは、残業代をきちんと申請すれば、ほとんどのところは出してくれます。

交通費や福利厚生は?

交通費は出してくれるところを選ぶとよいです。

ただ、勤務先から自宅が近いと「〇〇㎞以内は交通費を出しません」というところもあるので、面接時に聞いておくとよいでしょう。

福利厚生は各種保険完備のところを選びましょう。

国民年金だけの場合と、厚生年金が加算される場合とでは、将来受け取る金額に大きく差が出てしまいます。

厚生年金は個人での加入ができないため、加入できるかしっかり確認しておくべきです。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

入社後2年目

一番最初に給料アップしたのは、入社して1年が過ぎ、2年目に入るときに基本給が1000円アップしました。

その後も毎年2000円~3000円ペースで基本給がアップしていきました。

資格所得

入社した時は、ヘルパー1級しか持っていませんでしたが、仕事をしながら勉強し、介護福祉士を取得しました。

今までの資格手当がヘルパー1級→5000円から、介護福祉士→15000円にアップしました。

夜勤手当

小規模多機能施設の勤務では、夜勤手当が少なく、1回4000円でした。

看護助手として病院に転職した時は、夜勤手当が1回10000円となり、かなり給料に差がでました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

正社員・契約社員と、パート・派遣社員では、少なからず給料に開きがあると思います。

それは単純に勤務している時間数や日数が少ないことも大きいですが、パートや派遣社員は、時給換算であったり、夜勤がないなどの場合が多いからです。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

良い点

フルタイムで働くため、患者様の様々な面を介護できること、早く仕事を覚えることができることで、すぐ即戦力になることができる。

悪い点

働く時間も多く、夜勤もあるため、体力が必要。

派遣

良い点

派遣会社を通じて働くため、条件を提示すれば、就職先は派遣会社が紹介してくれます。

派遣社員は3カ月ごと、6カ月ごとなどの、短期間の契約が多いため、都合で辞めることになればその期間を満了すれば退職することができます。

悪い点

こちらが働く意思があっても、勤務先や派遣会社の都合で、契約終了になる場合があります。

契約社員

良い点

看護助手の契約社員は、基本給やボーナスはほとんど正社員と変わらないことが多いです。

フルタイムで働くため、即戦力になることができます。

正社員との違いは、正社員が「期間を定めない」ことに対し、契約社員は「一定期間社員として働く(1年更新など)」、と期間が定められている、ということでしょう。

悪い点

更新がされれば、そのまま働き続けることができますが、更新されない場合は、働くことができません。

パート

良い点

勤務時間や日数は、正社員と比べて少ないため、体力に自信がない方でも働きやすいです。

悪い点

勤務先によっては福利厚生が受けられなかったり、勤務先の都合で辞めさせられることがあります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

しっかり稼ぎたい方。

正社員の看護助手であれば、年収もそれなりにありますので一人暮らしをすることも十分可能です。

勤務時間が多く、夜勤もあり大変ですが、その分いろいろな経験を積むことができます。

契約社員

給与面やボーナスが正社員とほとんど変わらないですが、期間が定められているので、辞めやすいことがメリットです。

数年後結婚予定の方や、結婚していて子供がいない方などにおすすめです。

パート

家事や子育てと仕事を両立したい方、扶養範囲内の短い時間しか働けない方などは、パートでの勤務がおすすめです。

派遣

期間が3カ月~、6カ月~など契約期間が短いため、何かあったとき辞めやすいです。

正社員と違って基本残業がないため、希望通りの給料で働くことができます。

ここ最近では、介護業界でも派遣社員なら時給1500円の高時給の求人もあると聞きます。

まとめ

看護助手の仕事は、今では様々な働き方があり、仕事内容も食事、入浴、排泄などの身体介護がメインのところから、メッセンジャー業務などの事務的な仕事がメインのところまで、多様な働き方をすることができます。

患者様の「生活」や「その人らしさ」に深く接していく仕事、患者様の「これからの人生」を一緒につくっていく仕事が、看護助手の仕事です。

もちろん大変なこともありますが、本当にやりがいのある仕事だと思います。

これからどんどん高齢化が進み、看護助手や介護職はさらに必要不可欠な業種になっていくと思います。

看護助手という仕事に少しでも魅力を感じたら、ぜひ飛び込んでみてください。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護助手求人

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。では早速、ご参考にどう

看護助手正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?看護師さんはわかるけど、看護助手って?資格がいるんじゃないの?パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。看護助手の大まかな仕事内容看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ばれます)、ベッドメイキング等、雑務が中心となります。職

看護助手とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師の資格はなくても、医療現場でチームの一員として活躍できる看護助手は、とても素晴らしい仕事です。詳しい仕事内容、看護においての役割やなり方などを詳しく紹介していきます。これから看護助手の仕事をしてみようと思っている人は必見ですよ!看護助手とはどんな仕事?看護助手は国家資格がないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。そんな中、患者様に適切な医療行為が行われるための手助けをすること、医療行為にあたらない範囲で、患者様の援助やケアを行うなど、幅広い仕事内容が大きな特徴といえるでしょう。看護助手の役割とは?看護士のサポート看護師が医療行為を行いやすいよう、サポートを行います。具体的

看護助手の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「資格は持っていないけど、看護師の仕事に憧れがあり、病院で患者様のために働きたい!」そんな思いを持った人は多いのではないでしょうか?社会人枠の看護学校では、看護助手の仕事をする傍ら、本格的な看護師を目指して勉強をしている人もたくさんいます。今回は、そんな看護助手の仕事について、詳しく説明していきたいと思います。看護助手はどんな仕事?看護助手の仕事は、簡単に言うと医療現場における看護師の仕事を手助けする役割があります。看護師と違って国家資格を持たないこと、採血、注射などの医療行為ができないことが特徴です。それでも、看護師一人では無理な力仕事、患者様への援助の際には、看護助手の手助けが非常にありが