今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。

どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

看護助手で転職する人は多い?

看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?

実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。

その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。

また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。

では早速、ご参考にどうぞ。

よくある転職理由とは?

看護助手として働く人々の中には、どのような理由で転職を考えるのでしょうか?

働くうえで良い事、嫌な事、人によっては様々あるかと思います。

5個の理由を挙げていきますので、参考になればと思います。

精神的な弱さを感じてしまう

精神的な弱さとは、例えば「自分にとって、この仕事は向いていない」「こんなつもりではなかった」「周りの技術に自分はついていく事が出来ていない」等と本来の自分を客観視する事が出来なくなり、どんどんネガティブな事ばかりを考えてしまい、その結果、それを周りに相談する事が出来ず、転職に至るケースがあります。

勿論、その様にマイナスに物事を捉えてしまう前に周りに相談する事が出来たならば、自分に対する弱さを一人で抱える事なく、前向き過ごす事が出来るのでしょうが、医療の現場ではなんと言っても忙しい環境ですので、なかなか自分の事を相談するタイミングが掴めません。

ですが、病院には各、病棟ごとに看護長、副看護長、そして看護助手の中ではリーダーが存在します。

きちんと相談しようと思った時には必ず、その中の誰かが相談に乗ってくれるはずですので、抱え込む事はありませんよ。

では、こちらが一つ目の転職理由でした。

仕事への理想と現実のギャップを感じてしまう

誰しも理想を持って就職をするかと思いますが、それが看護助手の場合、「理想とは違っているな」と感じてしまう事が多くあり、転職理由となってしまう事があります。

初めは「お世話をする事が好き」「医療の現場で人の役に立ちたい」と、理想や熱意を持って挑む事が出来るのですが、あまりの忙しさに現実を突き付けられ、ギャップを覚えてしまう事が転職理由に挙がってしまうのかと思います。

実際に、私も仕事への理想と現実のギャップを感じてしまった事は何度もありましたが、看護助手として働くのは初めてだった為「これが普通」と受け止めて働く事が出来ました。

私のように理想と現実を受け止める事が出来てしまえば、ギャップに対してもどかしさを覚える事無く勤務して行く事が出来るのだとは思いますが、そこはあくまで人それぞれ感性は違うが為に、無責任ではありますが、何とも言えません。

ですが、それぞれを比較してしまわずに物事を受け止めながら業務をこなしていけば、現実を物ともせずに、それを転職理由にしてしまう事無く、済むかと思いますのであなたも前向きに進んでみる事をお勧めします。

人間関係が上手くいかない

そもそも人間関係が上手くいかないという理由は、一番苦しい転職理由でしょう。

あなたの意思とは関係なく、人間関係に悩まされる人は大勢いるかと思います。

ましてや、医療関係の職場に勤めると、女性が大半を占めます。

そんな女性に囲まれた職場で生き残って行くには心を強く持つしかありません。

陰口や嫌がらせを受けるといったケースは、どの職場でもあるかとは思いますが、看護の現場では、看護助手が働いているだけではありません。

周りには患者様が居て、そして医者や看護師が多く勤めています。

医者や看護師との連携が上手く取れずに嫌な思いをしてしまったり、見下されてしまうという事もあります。

そうした理由が積み重なる事により、転職に至る場合も大変多くありますが、「あなたは、あなた」です。

「看護助手」としての役職を誇りに、患者様の一番傍で寄り添っているという認識を持ってみる事をお勧めします。

看護助手の人間関係については、こちらの記事を参考に!

腰を悪くしてしまう

介護士もそうですが、看護助手の仕事でも腰を悪くしてしまう方が多くいます。

業務中にぎっくり腰になってしまう方や、日頃の業務から腰を悪くしてしまう方など様々ですが、腰を悪くしてしまったばっかりに、腰にサポーターをつけないとまともに業務をこなせなくなってしまう方がたくさんいます。

院内研修においても患者様の介助の技術に関しての研修で、技術を再度、改め直し、改善していく機会はあるのですが、一度腰を悪くしてしまうとずっと腰痛と向き合っていかなくてはなりません。

その為に、業務をこなしていくのが難しくなり腰を、これまでよりも腰を使わずに済むような職場への転職を考える方がいるという事が、転職理由となるのです。

看護師と仕事をするに当たり、新たな高い目標を持つ事が出来た為

こちらは、転職とは違うかと思いますが、医者や看護師と一緒に仕事をしていく中で、「自分も看護師になりたい」と高い目標を持つ事が出来、看護師、または准看護師を目指して学校に通い直す方もいます。

とても良い影響ですよね。

私の同僚だった女の子も看護助手から看護師を目指して頑張っています。

新たに看護師としての勉強をするのは苦労するかとは思いますが、看護助手として医療の現場で看護師と一緒に働いていた事が自分にとっての宝となり、経験にもなりますので初めて看護師を目指すよりも経験が知識に代わって財産となるでしょう。

こちらが、最後の転職理由でした。

看護助手で狙い目な会社の5個の特徴とは?

看護助手として働く為に狙い目な会社はどんな会社なのでしょうか。

特徴を挙げていくつかご紹介していきたいと思います。

キャリア、経験、資格、学歴、不要

ほとんどの募集が上記の様に「不要」としているかとは思いますが、まず、こういった募集をしている所はおススメであり、狙い目な会社であります。

これまでのキャリアに不安がある方や、経験が無いけど大丈夫なのかなと心配な方、学歴が無いとダメなのかなと思う方や、資格も無いけど入社できるのかなと心配に思っている方でも、看護助手の場合はそんな不安は不要です。

看護助手として働いていくうえでは、人柄が一番大事で、いかに患者様を大事に出来るか、明るく場を和ませる事が出来るか、活気溢れる病棟にしていけるかが重要です。

技術や経験は就職してからでも自分のものにしていけます。

ですので、ここを重要視して会社を選んでみると良いでしょう。

夜勤専従(夜勤が出来る方)

夜勤が出来る方は、夜勤専従の募集を探してみると良いでしょう。

介護士と同様、看護助手も給与に満足のいかない方が多くいます。

それを改善する為に、働く多くの方が夜勤をたくさんしたいと思っていますが、看護助手がたくさん働く場では、夜勤については順番にしていくという形になっています。

その中で夜勤専従で働く事が出来るという事は日勤のみを行うよりも遥かに多くの給与を貰える可能性があるという事になるのです。

その為、可能な方は夜勤専従の募集を見つけ出し、働いてみると良いでしょう。

家賃手当が出る

業務を行ううえでは関係の無い事かとは思いますが、一人暮らしをしている方にとっては、家賃手当はとても助かる手当となりますよね。

家賃にたくさんお金をかけてしまい、苦しくなってしまうのは避けたい所ではあるかと思いますので、自分の生活を楽にする為にもそれぞれの手当に目をむけて職場を探してみると良いでしょう。

実際に就職をしたら、いくらの家賃手当が支給されるのか、どんな申請が必要になるのかもしっかりと確認してくださいね。

研修期間あり

研修期間は、まったく経験のない方にとってはとても助かる期間だと思います。

そして看護助手から、また違う職場への看護助手としての転職をする方にとっても、その職場に相応しい環境に慣れていく為にも大事な期間です。

どの病院でも看護助手は同じやり方という訳ではありません。

ですので、研修期間を通して新たな環境に慣れていくという事、そして先輩にも付き添って業務を教えて貰えるという事、初めからプロと同じ様に業務をこなしてくださいというような無理強いも無くなりますので、研修期間があるという事は大事な狙い目ポイントとなります。

時間外手当有

医療の現場で働いていると、患者様の容態が急変したり、予想しない事が起こったりする事があります。

そうして思っても見ない時間外勤務となってしまったりする事も多く出てきますので、時間外手当のある職場を選ぶ事は重要な狙い目と言えるでしょう。

病院によっては時間外勤務の手当てがつかない場所もありますので、きちんと確認をしておかなければ、働いた後に「あれ?」と、いう事にもなり兼ねませんので気を付けてくださいね。

看護助手の転職で注意した方が良い3つのこと

職員の人数が極端に少ない

職員の人数が極端に少ないと、思うように休暇を取る事が出来なかったり、一人で行わなければならない業務が増えてしまいますので、なるべく皆で協力し合いながら業務をこなしていけるように看護助手や看護師の多い職場を選ぶと良いでしょう。

人員が少ないほど上記で述べましたように、腰痛を早くに発症させてしまったり時間外勤務が増えてしまったりと、思わぬ業務が度重なってしまうという想定がなされますので転職時には職員の人数をあらかじめ面接時や下調べをする際に気を付けてみてみると良いでしょう。

時間外手当がつかない

ご案内させて頂きましたように、医療の現場では思いもよらない時間外勤務となってしまう事がある為、時間外手当がつかない職場ですと、働く側としてもモヤモヤとした気持ちで残業を行う事になってしまいます。

「時間外手当もつかないし、早く帰りたいのに」と思ってしまっては業務が疎かになってしまいます。

最初から、時間外手当がつくと分かっていれば残業も苦にはならないでしょう。

定時で上がれるかどうかは、日や状況によって変わりますので、安心して時間外業務を行う為にも、そういった点に重点を置いて転職をしてみると良いでしょう。

院内での異動が多い

病院によってだとは思いますが、院内での異動が多いとせっかくその場で覚えた業務も、異動をした事により、また新たに覚え直していかなければなりません。

各病棟によっては行う業務が違いますので、いちから業務の流れや、患者様、スタッフの名前を憶えていかなければならないのは、一苦労です。

やるべき業務が多いうえに覚える事も両立して行わなければならないとなるとやはり、同じ病棟でずっと働いていける方が心も楽にしていく事が出来ます。

ですので、異動がどの頻度で行われるのか、面接時などに確認しておくと良いでしょう。

看護助手で転職を成功させるためには何をすれば良い?

職場見学を行う

転職を成功させるためには、事前に職場見学を行う事をお勧めします。

職場見学を行う事によって、職場の環境をなんとなく掴む事が出来ますし、見学に付き添ってくれた担当の方から、情報を得る事も出来ます。

何も知らずにいきなり面接を行うよりも、遥かに心に余裕を持って安心して初めての出勤を迎える事が出来、尚且つ、ここに就職をして良かったと思える職場に就く事出来るでしょう。

足を運ぶ事が出来る方はまず、職場見学に行って見ましょう。

その病院についての下調べを行う(公式HPなどにて)

下調べを行う事は、どの職場に就職をしようと思っていても大事な事と言えるでしょう。

面接時に、万が一「何故希望したのか」を聞かれた際に、即座に答える事が出来、そして「どのような方針で成り立っているのかが事前に伺えます。

準備万端に働くうえでも、下調べを行う事は、大事な事と言えるでしょう。

まとめ

以上になりますが、参考となる箇所はありましたでしょうか。

これまで、看護助手として勤務して来た方であっても、初めて一歩を踏み出そうと考えている方であっても前向きに物事を捉え、環境に直ぐに慣れる事が出来れば転職活動も上手くいくはずです。

患者様を元気にしてなんぼの世界ですので、どうせならば笑って勤務していける、あなたにとってベストな職場が見つかる事を応援致します。


関連キーワード

看護助手求人