看護助手という職種をご存知ですか? 

看護師というと誰でも想像できるお仕事ですが、看護助手と聞くと、なかなかよくわからない方も多いかもしれません。

そこで、今回は看護助手の仕事内容や求人の選び方を現役看護師である筆者が、看護師と比較しながらお伝えします。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手って?どんな仕事をするの?

ここでは、あまりよく知られていない看護助手の仕事内容についてお伝えします。

看護助手とは

看護助手とは一言で表すと「看護師のサポート役」といったところでしょうか。

個人病院などでは少ないかもしれませんが、ある程度大きな病院であれば必ずといっていいほど看護助手の方がいらっしゃいます。

看護助手の仕事内容

看護師のサポート役といっても、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか。

患者さんの食事など身の回りの世話

自力摂取が困難な患者さんの食事介助をします。

食後の歯磨きのセッティングや入れ歯の洗浄を行ったりもします。

食事中の様子や食事量などを看護師に報告します。

もちろん配膳や下膳も行います。

入浴や排せつ着替えなどのサポート

比較的病状の軽い患者さんの入浴やシャワー浴の介助を行います。

数人で行う場合は看護師とペアを組むこともあります。

また、寝たきりの患者さんのオムツ交換なども行います。

診療の際の誘導や案内

外来では、患者さんの誘導や案内を行います。

また、病棟から外来へ患者さんを搬送することもあります。

自力歩行可能な患者さんの付き添いだったり、車椅子やストレッチャーでの搬送になることもあります。

病棟内の雑務

もしかするとこの仕事が一番多いかもしれません。

看護師より、「〜〜から◯◯を持ってきて」「これを〜〜に持って行って」などとお願いをされることもあれば、「この書類を◯部コピーしておいて」「◯時までにこれを洗っておいて」など、細かな仕事がたくさんあります。

ベットメーキングや病室等の清掃

入退院時のベッドメーキングも日々の業務のひとつです。

たいていの場合は週に1〜2度リネン交換の日が設けられているので、その際にもシーツ交換を行います。

清掃については、専門の業者に委託しているところも多いかとは思いますが、患者さんのベッドサイドのごみを捨てたり、適宜必要な清掃活動を行います。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師と看護助手の違いって何?

「看護助手」というと、看護の文字が入っていますが、看護助手とは看護師と似たようなものなのでしょうか。

看護助手に国家資格は必要ない

看護助手は看護師とは違い、養成学校に入ったり、国家試験を受けたり、というようなことは一切必要ありません。

つまり、やる気さえれば誰でも看護助手になることが可能です。

医療行為を行えるのは看護師だけ

資格がないので、一切の医療行為は行うことができません。

病院によっては、オムツ交換など患者さんに触れる行為は一切行わない、というところもあります。

看護師と看護助手の給与相場の違いは?

給与も全く違います。

筆者がこれまで勤めてきた職場では、看護助手を正社員で雇用しているところはありませんでした。

どこも1年毎更新の契約社員扱いでしたので、あくまで時給換算でした。

同じく契約社員の看護師との時給を比べてみても、およそ400~500円ほどの差がありました。

一応正社員の看護助手の給与を調べてみますと、筆者が住んでいる地域では、勤務形態にもよりますが、およそ4~10万円ほどの差がありました。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

看護助手に向いているのはこんな人

看護助手は、資格の有無という面では誰もが可能な職種ではありますが、やはり向き不向きは存在します。

人のお世話をすることが好きな人

「テレビのリモコンを取って」「寒いから毛布を掛けて」「売店で新聞を買ってきてほしい」など、患者さんから本当に些細な頼まれごとをする機会が多いので、そういった身の回りのお世話をするのが苦でない人でなければ務まりません。

誰かの役に立つのが好きな人

患者さんから「ありがとう」と言ってもらえると嬉しい気持ちになります。

また、患者さんのお手伝いだけでなく、医師や看護師が普段の業務を少しでもスムーズに行えるようサポートすることも重要な役目ですので、そういった誰かの役に立つということが好きな人には向いていると言えるでしょう。

気配り上手な人

患者さんに頼まれごとをされたから応えるだけではなく、常に患者さんの状況を把握し、こちらから必要なアクションを起こすことも必要です。

コミュニケーション能力に自信のある人

常に患者さんと接する仕事ですので、笑顔を絶やさず、言葉遣いにも注意しなければなりません。

また、仕事をする上で一番関わることの多いのが看護師です。

コミュニケーション不足が仕事上のミスにつながらないように、看護師との関係づくりも大切です。

掃除や整理整頓が得意な人

患者さんのベッドサイドを整えることも仕事のひとつですので、掃除だったり整理整頓が得意な人も向いているでしょう。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手求人を選ぶコツ!

では実際に看護助手求人について説明していきましょう。

勤務条件をしっかり確認しよう

いざ勤めてから、こんなハズじゃなかった・・・!と後悔することのないように、勤務条件はしっかりと確認しましょう。

特に重要なのは、実際に患者さんに触れる行為があるかどうか、ということです。

病院によっては、介護職員のような仕事を要求されるところもあれば、そういった仕事は一切禁止で、あくまで物の搬送や雑務のみ、というところもあります。

給与や昇給

勤務時間や勤務内容によって、給与が変動します。

後述しますが、夜勤や休日出勤の有無による手当もチェックしましょう。

勤続年数によって昇給があるかどうかも重要なところですね。

夜勤体制

夜勤の有無や、早出・遅出勤務があるところもあります。

また、平日のみでいいところもあれば、土日祝日も出勤しなければならないところもあります。

休日日数

年間休日日数はとても大事ですね。

その他、有休の有無や産休・育休などについても確認が必要です。

平均勤続年数

一般的にはブラック企業を見分ける指標のひとつと言われていますね。

これだけで判断するのも難しいですが、求人を見るときに参考にするのも良いでしょう。

看護助手も肉体的に疲労する仕事ですので、身体的に続けられなくなった、という人も中にはいらっしゃいます。

求人の掲載期間を確認しよう

いざ良さそうな求人を見つけても、求人サイトにずっと求人を出しているような病院は、常に人手不足か、条件が折り合わない可能性が高いです。

いつから募集しているのかを事前に確認しておくことが良い求人を見つけるコツです。

働きたい病院は自分の目で確かめよう

中には、随時見学可などと記載されているところがあります。

記載がなくても、事前に見学ができるかどうかを問い合わせてみてもよいでしょう。

紙面上の求人情報だけを見ただけでは、実際の職場の様子はわかりません。

可能な限り、自分の目で実際に見てみることをおすすめします。

知っていると得!看護助手として活躍するために

資格が必要ないため誰でもなれる仕事ですが、そんな中でも「あ、この人は安心して仕事を任せられるな」「この人と一緒に仕事をしたいな」と思ってもらえるような看護助手を目指しましょう。

看護師とは互いに信頼できるパートナーとして謙虚な姿勢で対応する

冒頭で、看護助手とは看護師のサポート役であるとご紹介しました。

病院には様々な職種が働いていますが、一番密接に関わるのが看護師です。

小さないきちがいが大きなミスにつながる医療現場ですから、看護師とはお互いに信頼できるような関係でなければなりません。

自分の仕事に責任を持って、与えられた仕事はきっちり最後までやり通しましょう。

患者さんが何を必要としているのかじっくり観察する

患者さんにお願いされたことを実行するだけでは、誰でもできます。

医療現場に関わるスタッフなのであれば、いま患者さんがどのような状態で、どうしてあげることがベストなのかを考えなければなりません。

患者さんの次の行動を考えて手を差し伸べる、または何か心配なことがあれば看護師に状況を説明するなど自分で考えて行動しましょう。

サポート役として医療スタッフが気持ちよく働けるように気を配る

何をすれば、どう動けば、他の医療スタッフがよりスムーズに仕事にあたることができるか。

それを常に考えて気を配りましょう。

些細なことでも、「この人気が利くな」ということはよくあるものです。

そんな看護助手さんに対しては信頼度も上がります。

看護助手に興味がある人へ(まとめ)

看護助手は、看護師のサポート役とは言っても、介護職員のような仕事をすることが多くあります。

ですので、身体的にかなりハードな仕事ですし、排泄介助などもありますので、そういったことが受け入れられない人には務まりません。

逆に、人の身の回りのお世話をするのが好きな人、誰かの役に立つのが好きな人にとってはうってつけの職種でしょう。

病院には様々な職種の人が働いていますので、他職種とも交流できますし、刺激になること、勉強になることも多いでしょう。

中には看護助手をしながら看護師を目指す人もいらっしゃいます。

病院の仕事に興味がある人はまず、看護助手にトライしてみる、というのもいいかもしれませんね。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。では早速、ご参考にどう

看護助手正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?看護師さんはわかるけど、看護助手って?資格がいるんじゃないの?パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。看護助手の大まかな仕事内容看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ばれます)、ベッドメイキング等、雑務が中心となります。職

看護助手とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師の資格はなくても、医療現場でチームの一員として活躍できる看護助手は、とても素晴らしい仕事です。詳しい仕事内容、看護においての役割やなり方などを詳しく紹介していきます。これから看護助手の仕事をしてみようと思っている人は必見ですよ!看護助手とはどんな仕事?看護助手は国家資格がないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。そんな中、患者様に適切な医療行為が行われるための手助けをすること、医療行為にあたらない範囲で、患者様の援助やケアを行うなど、幅広い仕事内容が大きな特徴といえるでしょう。看護助手の役割とは?看護士のサポート看護師が医療行為を行いやすいよう、サポートを行います。具体的

看護助手の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「資格は持っていないけど、看護師の仕事に憧れがあり、病院で患者様のために働きたい!」そんな思いを持った人は多いのではないでしょうか?社会人枠の看護学校では、看護助手の仕事をする傍ら、本格的な看護師を目指して勉強をしている人もたくさんいます。今回は、そんな看護助手の仕事について、詳しく説明していきたいと思います。看護助手はどんな仕事?看護助手の仕事は、簡単に言うと医療現場における看護師の仕事を手助けする役割があります。看護師と違って国家資格を持たないこと、採血、注射などの医療行為ができないことが特徴です。それでも、看護師一人では無理な力仕事、患者様への援助の際には、看護助手の手助けが非常にありが

看護助手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。そんな中、重要視される介護の仕事。これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。看護助手の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。そのまま正社員として就職する場合、一般的な年収は約250万~300万円台になります。正社員で転


看護助手求人に関するコラム

看護助手になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

看護助手になるために必要な事は、いくつかあります。同じ国家資格のいらない医療事務にはよく資格が必要であると言われていますが、看護助手の場合は正直そこまで必要はないでしょう。ただ自分の為として資格を持っておいて損はないです。どういう資格が必要になってくるか、また看護助手の適正とはなにか?それらも全てお答えさせて頂きます。看護助手になりたい方は参考にしてみてください。看護助手になるには?看護助手になるには、特に必要な資格はいりません。精神的な部分と、肉体的な問題かもしれませんね。募集要項に記載されている事がないためご存知のない方もいるでしょうが、看護助手の資格というものは存在します。同じように国家

看護助手アルバイトをやってて良かった3つのことや、ここで身に付く力とは?

こんにちは!今回のこの記事では、看護助手アルバイトをやってて良かったことや、ここで身に付く力について書いていきます。看護助手のアルバイト先や、アルバイトの時給、やりがい、身についたスキルや、そしてどんな人に向いているかや、おススメのアルバイトの探し方など、これから、看護助手のアルバイトとして働きたいと考えている方の一つの知識となりますよう書いていきたいと思います。私はこんなところで看護助手のアルバイトをやりました私が看護助手のアルバイトをしたのは、大きな大学病院の中にある入院病棟でした。内科の病棟だった為、病状の重い患者様が大変多くいて、常に忙しい職場でした。勿論そこには、医者から看護師、看護

看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法。

看護助手の悩み事とは何か?医療系の場合は普通の職業と異なり、やる事はとても多く失敗が許されないものが多いです。何せ患者の命を預かる仕事ですからね。ふざけてやって良い職業ではありません。その為向き不向きがあるのは事実ですが、当人のやる気次第で何とかなります。私は過去に看護助手として働いていたのですが、何に悩んでいたのか、またその悩みをどうやって解決していったのかお伝えしていきましょう。看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法とは?看護助手の悩みはどんなものがあるかと申しますと、第一にコミュニケーションがあげられるでしょう。私自身は仕事でのミス、知識不足、精神的なことや体力的な事に悩まされました

看護助手辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

医療系の仕事は大変という話をよく聞くかと思います。実際医療系の仕事というのは簡単なものではなく、精神的に苦痛を伴うものも多いです。それは患者さんの対応だけではなく、病院やクリニックないでの嫌な環境にあります。医療事務のようにちょっと距離が離れているのであれば良いのですが、看護師と四六時中一緒にいるのでちょっときついかも知れません。また病院やクリニックなどの環境によって、そのキツさがまた変わってきます。看護助手を辞める理由はどんなものか?その実態に迫っていきましょう。経験者が紹介!看護助手を辞めたいと思った理由やつらさとは?看護助手を辞めたいと思うのは、正直結構多いかもしれませんね。そもそも看護

外来看護助手の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

看護助手という仕事は近年よく耳にすることが多いと思いますが、どんな仕事かと申しますと看護師のアシスタント業務であると考えて下さいませ。近年看護師と並び、看護助手の求人も増えてきてはいますが、病院や個人経営のクリニックなどによって大きく形態が変わります。病院は大体同じ業務である可能性が高いですが、クリニックの場合は内科や歯科などによって大きく変わるため、経験があったとしても同じとは限りません。私は過去に耳鼻咽喉科、総合病院で勤務していたことありました。外来看護助手とはどういう仕事であるか、どんな仕事内容であるか、何を覚えしなければいけないか、そして看護助手の仕事のやりがいについてお伝えしていきま