求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?

看護師さんはわかるけど、看護助手って?

資格がいるんじゃないの?

パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!

今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の大まかな仕事内容

看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。

お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。

仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ばれます)、ベッドメイキング等、雑務が中心となります。

職場では女性がほとんどで、あまり男性は見かけません。

掃除範囲はとても広いので、要領と手際の良さが求められます。

動き回る仕事であるため体力に自信がある人にもぴったりです。

その他にも看護師さんが患者さんに薬を渡した時に、患者さんが飲み込むのを一緒に見守ったり、(投薬のダブル確認の為)病院によっては患者さんの移動や車椅子に乗るときのお手伝いをしたりすることもあります。

目立たない仕事ではありますが、患者さんと接する時間が多く、陰ながら入院生活をサポートする仕事です。

将来へのスキルアップも、真剣に取り組む人には色んな道が開けます。

介護初任者研修(ヘルパー)の取得前や、看護学校入学のとっかかりとして等、自分の努力と考え方次第でその先に繋げていく事が可能です。

看護助手の年収の相場はどのくらい?

正社員

看護助手の平均年収は300万円前後が相場です。

正社員登用を目指すのなら、とりあえず護初任者研修は持っていると便利でしょう。

1カ月~半年の通学(通信教育)と実技、実習で取る事ができます。(県によって条件が異なります)

看護助手としてできることが増えますし、やる気があれば段階を経てその上の資格が取れます。

病院によっては資格費用を出してくれるところもあるようです。

病院は福利厚生がしっかりしているところが多いので、勤め先としてはオススメです。

大きな病院であれば、子育て世帯には嬉しい院内保育園が整っているところもあります。

正社員になるにはまず積み重ねが必要なので、信頼を得られるようきちっと仕事をこなしましょう。

パート・アルバイト

地域差が大きいですが900円~1400円程度が相場です。(夜勤含まず)

時給は条件によっても大きく変動してきます。

病院の規模や、大変な患者さんの多い科(精神科など)、勤務時間帯(早朝~昼過ぎまで等)は病院によって異なります。

資格のいらない仕事の割には時給が良いことが多いです。

逆に時給の低いところは簡単な仕事が多く、清掃が主だったりするようです。

パートであっても勤め先は病院になるので、福利厚生もしっかりしている事がほとんどでしょう。

しかし、条件が良いからと言ってそれだけで応募を決めるのは早いです。

患者さん達の中には認知症の方や精神的な病気を患っている方も多く、患者さんに接する仕事が多いという部分を甘く見ると続きません。

人と触れ合う事が好きな人や、医療系、看護系の職を目指したい人にとっては最適です。

学校に通い始める前に、または資格を取る前に、直に職場見学をして学んでいるようなものですからね!

看護助手→介護職員初任者研修(ヘルパー2級)を得て介護の世界に入る人もいます。

看護助手→勤め先の病院付属の看護学校に社会人入学して看護学生になった人もいました。

先に現場の雰囲気を感じておくと、後に資格を取るときの実習でもなんとなく流れがわかるという意見もあります。

より良い条件で自分が働き続ける為にスキルアップを狙う人も、看護助手で正社員を目指す人にとっても、自分が病院に勤めているという事を忘れないことが重要です。

入院されている方からすれば、「この病院のスタッフ」というのは看護助手も看護師も同じことです。

闘病生活を少しでも心地良くしたいという思いは、例えパートでも忘れずに持っておきたいところです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

病院によって異なりますが、実例でいうと寸志が出ます。

パートでも正社員と同じように夏と冬の年二回、5万円~7万円でした。

正社員は夏に1・5カ月分、冬に2カ月分と一般的なボーナスと同じでした。

昇給

研修期間があるところなら、研修期間が終われば当然給与は上がります。

いくらまで上がるのか上限はあるかと思いますが、社員であれば会社規定にって定期的に最低限の昇給はありそうです。

各種手当

資格を取得すると資格手当がでます。

働きながら比較的短時間でとれるのは介護初任者研修(ヘルパー2級相当)です。

大体50円~100円程度時給がアップするのではないでしょうか。

他に一般的な会社で出る、通勤手当、残業手当などは勿論出ます。

あとは属する病院によりますが、系列の病院なら診察費補助として通院費が出たりします。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手のおすすめ求人の特徴とは?

求人自体はよく見るのですが、よくよく読んで選ぶことが重要です。

最初の職場から想像以上に大変な環境となると、なかなか続きません。

総合病院なら配置変えを相談できるかもしれませんが、単科診療の病院なら逃げ場がなく、辞める事になります。

条件などを少し曖昧に書いてあることも多いので、しっかりと求人を読んで必要な点は確認を入れて応募する事が大切です。

総合病院の名前が出ている(~大学病院など診察科目が多くある病院)

先ほど述べた通り、単科診療の病院の場合には、仕事内容がつらくても辞めるか、我慢かの二択しかなくなります。

そして小さめの病院だと病院のサイズに比例して、人数が少なく仕事の負担が大きいところもあります。

一方、大学病院をはじめとする総合病院であれば、配置を換えてもらう事もできるし、看護助手自体も人数が多いので気が楽なところもあるでしょう。

手始めに求人に応募してみよう!と決意されたら総合病院を探してみてください。

逆に注意したいのが「高齢者の多い施設です」とぼかして書いてあるところです。

認知症のお年寄りが~と書いてあったので高齢者施設を予想して応募したところ、精神科の閉鎖病棟でした。

地元の病院ではなかったので精神科だけの病院でなおかつ、閉鎖病棟だというところまでは、病院の名前だけでは判断できずに応募しました。

看護助手の仕事としては普通でしたが、認知症の高齢者よりも重度な精神的な疾患を抱えた患者さん達と接するのは初心者にはかなり難しいです。

スキルアップ可能、資格取得手当の記載がある

業務にあたりながら手始めに取れる資格と言えば「介護初任者研修(ヘルパー2級相当)」でしょう。

介護施設の求人条件にもよく挙げられているこの資格は、取りやすいことでも知られています。

ニチイが一番有名だと思いますが、講座も頻繁に開かれており、資格取得のための助成金を県等が出してくれるところもあります。

病院や施設によっては「会社が費用を出すので資格取得講座を受けてくだい」というところも多くあります。

立派な資格なので資格取得費用がかからずにとれるならラッキーですよね。

初任者研修→実務者研修→介護福祉士(初任者研修終了後、実務三年で受験資格が持てます)と、国の方針により段階的に資格が取れるように制度が変わったので、やる気があれば仕事をしながら3年で国家資格を手にできます。

休日がシフト制ではなく曜日固定

病院という場所柄、休日もシフト制になりがちです。

若い内はシフト制でも頑張れるかもしれませんが、休みが固定されないというのは後々しんどくなってくるかもしれません。

中には土日祝休み、もしくは日曜と特定曜日が休みのところもあるので、自分の生活に合った休日を得られるように探しましょう。

看護助手正社員でよくある募集内容とは?

いきなり正社員登用ではなく、フルタイム勤務で試用期間を経て正社員登用になるケースが多いようです。

やはりコツコツ信用と実務を重ねていくのが正社員への近道です。

自分に無理のない条件の場所を探して正社員を目指しましょう。

必要な資格や経験

資格や経験は無くてもよし、としている求人が圧倒的多数です。

この点は別業種から応募してみようとしている人にも嬉しいですね。

逆に資格を持っていた場合は手当が出るかもしれません。

時給や月収にかかわるところなので、問い合わせの時に聞いていみるのもいいと思います。

求められる人物像

看護助手という職業はなんとなく伝わったと思います。

では、会社が求める看護助手に向いている人とはどんな人なのか、簡単に説明していきます。

お世話好きな人

介護施設でも病院でも、看護助手は患者さんと常に関わらなければいけません。

時には自分が直接患者さんのお世話をすることもあるため、それが苦にならない人でないと厳しいでしょう。

フットワークの軽い人

何と言っても動くことが好きな人。

仕事の種類も様々であり、1人対1人の接客ではないので動き回ります。

こっちをこなして、次はあっち!という軽快なフットワークが求められるので、身体を動かすのが好きな人にも向いています。

心配りのできる人

接客業では笑顔が大切と言われていますが、看護助手でも同じ事です。

患者さん達は病気や怪我等何らかの理由があって入院している人ばかりです。

自分が入院しているときに、むすっとした不愛想な人にお世話されたらどんな気分でしょうか。

ありがたいなぁとは思っても、少し寂しい気持ちになったりしませんか?

「おはようございます!」と笑顔で声をかけてくれる人がいたら明るい気持ちになるのではないでしょうか。

言葉や笑顔で患者さんが受ける印象も違ってくるので、そこら辺の気遣いができる人は歓迎されます。

効率よく業務をこなせる人

幾つもある仕事をこなさないといけないので、順序良く効率的に進められる人が求められます。

いきなり要領よく、とはいかないでしょうが1つずつ業務を覚えていくうちに優先順位が分かってくると思います。

こちらをやっている間にこっち、あっちを先にすると業務が早く終わる、と効率的にできるよう努力していきましょう。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

正社員として求められることは?

正社員としてはやはり継続して勤められること、これが一番だと思います。

看護助手は最初のハードルは低いですが、思っているよりも責任のある仕事です。

病院や施設という場所がら人の死に向き合わなければならない時もあります。

そして勿論、自分が患者さんと関わる際に事故でケガをさせる、なんて事はあってはいけません。

自分も病院のスタッフだという自覚を持ち、責任を持って業務にあたる事が大切でしょう。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

仕事の量や責任の度合いはパートと同じですが、一番の違いは時間帯と休日の条件になるようです。

看護助手でも三交代勤務や休日がシフト制のところは多くあります。

パートの時には日勤だけ、日曜祝日は休み、という条件が通っても正社員になると難しくなるでしょう。

休みや勤務時間帯が変わって果たして自分が続けていけるのかどうか、そこが大切になってくると思います。

仕事内容は変わる?

仕事内容に大きく変化はないでしょう。

ですが、施設や病院によっては先に挙げたように、後々資格を取ることが前提、という条件が付くかもしれません。

そのような条件を出されたときに、熱意を持って資格取得に向けた努力ができるのかどうかも重要です。

自分が看護助手を通してどうなりたいのか明確なイメージを持っておくと仕事にも取り組みやすくなります。

正社員という責任ある立場になる以上、パートの時よりも患者さんの対応が増える可能性も考えておいた方が安心です。

パート時代には任されなかった、患者さんのお世話が増え、逆に掃除やベッドメイキング等の機会が増えるという事がありえます。

そうなった時にも慌てないように、落ち着いて介助ができるように日々の業務に取り組んでいきましょう。

まとめ

看護助手の仕事に関して、少しはイメージが湧いてきたでしょうか?

私自身学生時代に、時給が良いという理由で看護助手のアルバイトをしたことがあります。

その経験を元にもう一度看護助手に応募し、仕事をしながら初任者研修の資格を取り、段階を得て介護の職につきました。

医療や介護の現場での仕事は大変な事も沢山ありますが、それ以上に患者さん達から得るものがあります。

「あなたの顔を見ると元気がでるなぁ。」「いつもありがとう。」こう言った言葉は何よりも嬉しいし、やりがいを感じます。

この記事を読んで興味を持たれた方はぜひ、一度看護助手求人をチェックしてみて下さい。

とてもやりがいのあるお仕事ですよ!



関連キーワード

看護助手求人

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手アルバイトをやってて良かった3つのことや、ここで身に付く力とは?

こんにちは!今回のこの記事では、看護助手アルバイトをやってて良かったことや、ここで身に付く力について書いていきます。看護助手のアルバイト先や、アルバイトの時給、やりがい、身についたスキルや、そしてどんな人に向いているかや、おススメのアルバイトの探し方など、これから、看護助手のアルバイトとして働きたいと考えている方の一つの知識となりますよう書いていきたいと思います。私はこんなところで看護助手のアルバイトをやりました私が看護助手のアルバイトをしたのは、大きな大学病院の中にある入院病棟でした。内科の病棟だった為、病状の重い患者様が大変多くいて、常に忙しい職場でした。勿論そこには、医者から看護師、看護

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

看護助手の転職を成功させる為にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?今回は看護師から看護助手転職したい方や、看護関係の職種へ挑戦したい方に向けて狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てますよう、お話させていただきますので、最後までお付き合いいただければと思います。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記に

看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法。

看護助手の悩み事とは何か?医療系の場合は普通の職業と異なり、やる事はとても多く失敗が許されないものが多いです。何せ患者の命を預かる仕事ですからね。ふざけてやって良い職業ではありません。その為向き不向きがあるのは事実ですが、当人のやる気次第で何とかなります。私は過去に看護助手として働いていたのですが、何に悩んでいたのか、またその悩みをどうやって解決していったのかお伝えしていきましょう。看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法とは?看護助手の悩みはどんなものがあるかと申しますと、第一にコミュニケーションがあげられるでしょう。私自身は仕事でのミス、知識不足、精神的なことや体力的な事に悩まされました

看護助手辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

医療系の仕事は大変という話をよく聞くかと思います。実際医療系の仕事というのは簡単なものではなく、精神的に苦痛を伴うものも多いです。それは患者さんの対応だけではなく、病院やクリニックないでの嫌な環境にあります。医療事務のようにちょっと距離が離れているのであれば良いのですが、看護師と四六時中一緒にいるのでちょっときついかも知れません。また病院やクリニックなどの環境によって、そのキツさがまた変わってきます。看護助手を辞める理由はどんなものか?その実態に迫っていきましょう。経験者が紹介!看護助手を辞めたいと思った理由やつらさとは?看護助手を辞めたいと思うのは、正直結構多いかもしれませんね。そもそも看護

外来看護助手はどんなことをするの?仕事内容を役割に分けて説明していきます!

看護助手という仕事は近年よく耳にすることが多いと思いますが、どんな仕事かと申しますと看護師のアシスタント業務であると考えて下さいませ。近年看護師と並び、看護助手の求人も増えてきてはいますが、病院や個人経営のクリニックなどによって大きく形態が変わります。病院は大体同じ業務である可能性が高いですが、クリニックの場合は内科や歯科などによって大きく変わるため、経験があったとしても同じとは限りません。私は過去に耳鼻咽喉科、総合病院で勤務していたことありました。外来看護助手とはどういう仕事であるか、どんな仕事内容であるか、何を覚えしなければいけないか、そして看護助手の仕事のやりがいについてお伝えしていきま

看護助手のやりがいとは?経験者の私が感じる9個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

看護助手って興味はあるけれど、どんな仕事をするの?看護って言葉が付くけど、注射や点滴もするの?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。今回は看護助手はどんな仕事をするのか、そして遣り甲斐や、遣り甲斐を持って働く為に必要な事を経験者としてお伝えしていきますので、参考に是非お読み頂ければと思います。看護助手の仕事ってどんな仕事?看護助手の仕事は、看護の現場、すなわち病院やクリニックで看護師の助手として働く事を仕事とします。高校を卒業して直ぐに入社する事が出来、資格を持たずに医療の現場の一員として仲間に入る事が出来ます。しかし、医療行為は一切NGとなります。従って、注射や、患部の手当てなど、

看護助手として働くメリットとは?私が感じた良いところをまとめました

看護助手のメリットや、どんな人に向いているのかをまとめてご紹介していきたいと思います。看護助手はオムツ交換などの排泄の補助や食事の補助や看護補佐など、患者さんのお世話をする業務が様々あり、人と深くかかわれる職業です。「誰かのためになり、人に感謝される職業に就きたい」そんな気持ちで職探しをしている人にとって、為になる文章になると幸いです。看護助手にはどんな仕事がある?看護助手の仕事にはたくさんの業務がありますが、ここでは排泄の補助、食事の介助、入浴の介助、口腔ケア、シーツ交換、看護師のサポート、簡単な運搬作業、機材の管理、環境の整備について説明をしたいと思います。排泄の補助排泄の補助は看護助手に

看護助手の人間関係ってどうなの?よくある8個の悩み。それぞれどんな対処をすればいいの?

看護助手という、女性がたくさん働く職場ではどんな人間関係となっているのでしょうか。ここでは看護助手の人間関係について良くある悩みについて、そして解決方法を一緒に見ていきたいと思います。現在、看護助手として働いていて、人間関係の悩みえを抱えている方、そしてこれから看護助手として働いた時に人間関係で悩んだ時、お役に立てる事が出来る様な内容でしたらと思います。では早速、ストレスのはけ口にされる、誰かが犯した失敗を勝手に自分だと決めつけられる、噂を立てられる、業務を協力してもらえない、仕事を押し付けられる、看護師との連携がうまくいかない、陰口がある、の8個の悩みに関して、解決方法を見つけていきたいと思

看護助手を辞めたい…と感じる人の7個の理由と乗り越え方とは?

この記事では、看護助手のおおまかな仕事内容、看護助手を辞めたいと感じる人の7個の理由、そしてそれを乗り越えるための方法、辞めたい時もあるけど、看護助手がおすすめの理由をご紹介していきたいと思います。看護助手を辞めたいと感じている人の理由には、どんな理由があるのでしょうか。これから就職を考えている方のとって、参考になればと思います。看護助手のおおまかな仕事内容とは?看護助手の仕事は主に雑用やお手伝い、汚物を扱う業務が大変、多いです。最初は匂いや汚さに抵抗を抱いてしまい、思うように仕事が出来ず、慣れる事にも時間がかかるでしょう。雑用は病棟内の物品管理や、清掃、環境整備などが挙げられます。お手伝いに

看護助手になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで!なりたい人は必見です!

看護助手って、皆さんはどんなお仕事かご存知ですか?良く聞かれるのが、「看護師なの?」とか、「資格もってるんでしょ?」という質問です。うーん、それは違うんです。資格も無ければ看護師でも無いからです。あくまで、「助手」という文字がつきますので、その名の通り、「看護の助手のお仕事」なのです。医療現場で働く事は確かですが、その仕事内容は介護に似ています。では早速、看護助手になるにはどうすれば良いのかを紹介していきましょう。看護助手になりたい人は参考にしてみてください。看護助手の大まかな仕事内容は?看護助手の仕事内容は上記でお話し致しましたが、介護に似ています。オムツ交換や、食事介助、入浴介助やベッドの

看護助手の仕事内容をご紹介!きつい?大変なことは何?向いてる人の特徴も教えます!

看護師の資格はないけど、看護助手として病院で働いてみたい!そのような人は沢山いると思います。そこでこの記事では、私が入院病棟で看護助手として働いていた頃に実際に経験した仕事内容をご紹介します!イメージしていることの他に、どのような業務があるのか?事前学習や参考資料に役立てて頂ければと思います。看護助手の仕事内容は大きく3つの役割に分けられる①患者さんの看護ケア看護助手は資格を持たないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。しかし、食事や入浴、おむつ交換、トイレまでの付き添いなどで患者さんに触れる機会は多いです。しかも、医師や看護師の指示で「あの患者さんの介助をお願い」と丸投げされ

看護助手の年収はどのくらい?就職・転職の前に相場や給料アップの方法を知っておこう!

今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。そんな中、重要視される介護の仕事。これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。看護助手の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。そのまま正社員として就職する場合、一般的な年収は約250万~300万円台になります。正社員で転