看護助手の悩み事とは何か?

医療系の場合は普通の職業と異なり、やる事はとても多く失敗が許されないものが多いです。

何せ患者の命を預かる仕事ですからね。

ふざけてやって良い職業ではありません。

その為向き不向きがあるのは事実ですが、当人のやる気次第で何とかなります。

私は過去に看護助手として働いていたのですが、何に悩んでいたのか、またその悩みをどうやって解決していったのかお伝えしていきましょう。

看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法とは?

看護助手の悩みはどんなものがあるかと申しますと、第一にコミュニケーションがあげられるでしょう。

私自身は仕事でのミス、知識不足、精神的なことや体力的な事に悩まされました。

知り合いで看護師からパワーハラスメントや、患者からのハラスメントを受けている方もいましたよ。

正直患者のハラスメントは非常に厄介でしたね。

医療事故

看護師、看護助手となると、医療事故に発展してしまう可能性があります。

医療ではヒヤリハットというものがあり、医療事故になる前に未然に防げたかどうか、それを書く事が義務付けされているのです。

ヒヤリハットは場所にもよるかもしれませんが、看護助手だけではなく医療事務も書く所も存在します。

何故こういうものを書かないといけないかと申しますと、どういう事故が起きたのか、また対処方法を書かなければいけないのです。

大体11月くらいになると監査が来るため、医療事故報告書を提出しなければいけません。

この監査というのは一般的には会計事務所のものを指すようですが、医療系でも存在します。

監査では医療事故報告書だけではなく、その他の事も対処しない限りクリニックや病院の信頼が失われてしまい、経営の存続自体が危ぶまれてしまうものであると考えて下さいませ。

ちなみヒヤリハットというのは事故を未然に防げた、あるいは患者や誰にも影響がないミスであった事を指します。

ニュースでよく聞くような医療事故というのは、ヒヤリハット以上に危険なものです。

患者や何かに実害が出てしまったものとなります。

そうなると医療事故報告書を記載しなければいけません。

医療事故報告書は病院にとって減点対象になるものですよ。

ヒヤリハットで抑える

医療事故報告書は減点対象になると言いましたが、中には止むをえないケースもあります。

状況によっては減点される事はないです。

特に新人の状態ですと誰でもミスをしてしまうので、そこまで厳しく言われるもないのでご安心下さいませ。

しかし何度も同じようなミスを犯していると、当然周りからはいい気はされません。

医療事故報告書はあまりよくないものでもありますが、どういう対策を練らなければならないかも記載しなければいけないため、同じ失敗をした際前回と同じ対策法では受理されないのですよ。

1回医療事故を起こしてしまった人間は、メンタルがしっかりしていないと、ケアレスミスを誘発しやすくなってしまいます。

何度もミスをしているような人間は、ヒヤリハットを自分から書くようにしてください。

ヒヤリハットは事前にミスを防げたという証明でもあり、自分の過ちを記載するものでもあるため、こちらは特に減点対象になるものではないです。

むしろヒヤリハットはどんどん書くべきなんですよ。

そうすれば同じミスをしないようになりますし、医療事故も誘発しないようになります!

コミュニケーション

医療系に勤めるにあたり、コミュニケーションは必要不可欠なものです。

接客業と同じではないのか?と思っている方もいるようですが、お客さんと患者の立場では少し異なります。

お客さんの立場であれば気楽なものですが、患者は病院に治療をしに来ているのです。

治療をしに来ているという事はは、すなわち何かしらの病気や怪我を患っている事であるという認識を思って下さいませ。

そんな事は当たり前ではないのか!?と当たり前に思うでしょうね。

しかし自分にも思い当たるように、病気や怪我をされている方の心理状態というのは考えられた事はありますでしょうか?

病気や怪我をされている方は、体だけではなく気持ちが多少なりとも弱っている状態になります。

意外とそういう心理状態を考えた事がなく、病院側からすれば口答えをせず大人しく治療をうければ良いと考えてしまっている方も多かったようです。

もちろん身勝手な患者もいますが、全員が全員そういう訳ではありません。

コミュニケーション能力が低い人間というのは、自分ではそう思っていなくても心のどこかで患者を見下してしまっているんですよ。

コミュニケーションの向上

解決策は単純にコミュニケーションの向上しかありません。

普段コミュニケーションをとっていないような方というのは、偏見がとても強く相手に対して傲慢な気持ちを持っています。

つまり優しくなく、思いやりもない人間という事です。

コミュニケーションをとるというのは最初は難しい事かもしれません。

機械のように同じ事を話す人間はいますが、人間は常に生きているものです。

その日その日によって対応を変えなければなりませんし、他の人と同じような対応をしていればよいというものでもないんですよ。

コミュニケーションを向上させたいのであれば、常に笑顔でいる事を心がけて下さいませ。

どんなに嫌な対応をされても、答えにくい質問をされたとしても、笑顔は絶対に忘れてはなりません。

看護師とのトラブル

看護師の性格が全てキツイ訳ではありませんが、基本的に医療職の人間というのは性格がキツイと思って下さいませ。

それは何故かと申しますと普通の環境ではなく、常に厳しい中を生きているからこその姿勢であるからです。

全員が全員という訳ではありません。

たまに看護師が偉そうだという方もいますが、さすがに患者にも偉そうな態度を取っているような人間は、医療従事者としては失格でしょう。

中には看護師とのトラブルがあるという方もいます。

はっきり言いますが誰とでもうまくやっていけるかどうか、それは自分のコミュニケーション次第なんですよ。

コミュニケーションが上手くない人間ですと、すぐ自分のダメさを反省せず相手のせいにしますからね。

自分の立場を弁える

看護師がキツイと思っている方も多く、看護助手を見下しているような方は確かにいるかもしれません。

看護助手という仕事は看護師と異なり資格が必要な仕事ではないからです。

あくまでも看護助手という仕事は、看護師のサポートにあると思って下さいませ。

よく勘違いされる事もあるのですが、看護師と自分は同等だと考えている方がいます。

残念ながら例え看護師が自分よりも年下であると言っても、出来る事は看護師の方が上なのです。

へりくだれという訳ではありませんが、看護師という存在は自分の上司であり、自分には出来ない事をしてくれているのだという風に考えてはいかがでしょう?

大体どこの看護師もですが若い方ではなく、年齢的に中年女性や主婦の方もいます。

私自身は私の対応が悪かったので険悪な感じになってしまった事がありました。

しかし今となれば私は私の立場を弁えていなかったのだと、深く反省しております。

相手を尊敬し、そして尊重する事で見方が大きく変わってくるでしょう。

患者からのハラスメント

時々めちゃくちゃな患者というのが中にはおります。

昔看護助手をしていた時、ある患者さんがいました。

別に私に対して何かをしてきた訳ではありませんが、その患者というのは知的障害のある若い男性でしたね。

知的障害者の方は何人かいるのですがその方は特に厄介で、待合室の中で暴れまくり、診察中もじっとする事が出来ず看護師や看護助手が総勢で体を押さえつけなければいけませんでした。

別にそれはよくある話なので構わないのですが、問題は時々その男性は自分の恥部をさらけ出してしまうというものです。

毎回ではなくやたらと興奮している時は、いつも恥部をさらけ出していました。

しかもその男性は自分の母親と来ていたのですが、母親も変わった方で全然何もしませんでしたよ。

さすがに成人男性を大人しくさせるのは無理だったのかもしれませんが、その母親の処置中誰かが男性を見ていないといけなかったため、別室に2人きりになる事がありました。

これが本当に苦痛でしたし、気持ち悪かったとも言いにくかったですね。

その時だけで考える

変わった患者は他にもたくさんいましたが、正直気にしていても仕方がないので、なるべく忘れるようにしていました。

最初の内は精神的に苦痛でしかありませんが、ある程度割り切るしかないなと思いやっていましたね。

あんまり気にしていても仕方がないですし、患者は患者なんだと考えるしかないです。

こういうのを割り切れない方もいるようですが、自分に都合の良い患者なんていません。

自分の考えを変えるしかないのですよ。

我慢しろという事ではなく、気にするだけどうしようもない事で悩んでもばからしいだけです。

他にも患者はたくさんいるのですから、1人1人気にしていても精神的にしんどくなってしまいます

仕事の大変さ

看護助手の仕事というのは本当に何でもあります。

休憩時間以外は休みは基本的にないですね。

特に病棟勤務の看護助手ですと夜勤も当たり前にあるので、精神的に苦痛にはなってきます。

肉体的にも精神的にも堪えてしまう事は多いのは当然でしょう。

指示を受けたらやらないといけない事はたくさんありますし、上手くできなかった時は凹んでしまって眠れないという方もいます。

肉体労働は半端ないですし、病院という場所は常にピリピリしている所なので、常に緊張している状態にさらされるでしょう。

ストレス解消

至極当然の事ではあるのですが、ちゃんとストレス解消だけはしておいて下さいませ。

仕事というものは常にストレスがたまりやすくなるものです。

その為精神的に参ってしまう方も多く、自分を責めてしまう方もいます。

どんなに失敗してもそれを引きずってしまうと、また同じ事をしてしまいますよ。

特に疲れてしまっている時は、何に対しても上手くはいきません。

ストレスを発散する気力がないからと言って、休み中ゴロゴロするのは厳禁です。

ゴロゴロばかりしていたり、不規則な生活になってしまうと、体が余計疲れやすくなってしまうだけですね。

看護助手、大変なこともあるけどこんな人達におすすめです!

看護助手という仕事は本当に大変な仕事です。

辞めたいと思ったり、色んな事で悩んでしまう方もたくさんいます。

どういう人におすすめかと申しますと、楽天家な性格の方、マイペースな方、気にしない性格の方には向いています。

もちろんどの仕事でも真面目さは必要不可欠ですが、それは至極当然の事です。

大変な分やりがいは大きいですね。

楽天家な性格

基本的に看護助手という仕事は、肉体的にとても大変な仕事です。

重いものを運んだり、患者の世話などで参ってしまう方もいるくらいですしね。

一番良いのは気にしない性格、楽天家な性格の方が望ましいでしょう。

何故かと申しますと、看護師にキツく当たられる事も多く、看護助手に感謝をするという人も少ないです。

はっきり言ってそういう人は変にプライドが高いので、誰かの下に就くというのが出来ない人間でもあるという自覚は持っておいた方がよいでしょう。

基本的に看護助手は、看護師のアシスタントなのです。

下に見られて当然であると思わないと、結構しんどいですよ!

謙虚さ

楽天家な性格もですが、謙虚さを持っているとなお良いですね。

謙虚さというのは、誰にでもないといけないものです。

新人の内だけではなく、ずっと持っておかないといけません。

特に看護助手は謙虚さを常に持っておく必要があります。

謙虚さがない人間というのは、次第に傲慢になってしまうからです。

傲慢になってしまうと、自分が偉いんだと思ってしまうんですよね。

謙虚さを常に持っておく姿勢がないと、看護師とは上手くやっていく事は不可能でしょう。

まとめ

人間という生き物は生きている限り常に何かしら悩みを持っているものです。

悩むのは誰でも簡単ではあります。

しかしその悩みをどうするべきなのか、その解決策を考えないとなりません。

悩むだけで終わる人はいますがそこからどうすべきかを考えないと、結局は何をやっても前には進めないのですよ。

正しい解決策というのは絶対にある訳ではありませんが、自分にあった解決策を探してみて下さいね。


関連キーワード

看護助手求人