看護助手って、皆さんはどんなお仕事かご存知ですか?

良く聞かれるのが、「看護師なの?」とか、「資格もってるんでしょ?」という質問です。

うーん、それは違うんです。

資格も無ければ看護師でも無いからです。

あくまで、助手という文字がつきますので、その名の通り、看護の助手のお仕事なのです。

医療現場で働く事は確かですが、その仕事内容は介護に似ています。

では、看護助手になるにはどうすればいいのかご紹介していきましょう!

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の大まかな仕事内容は?

看護助手の仕事内容は上記でお話し致しましたが、介護に似ています。

オムツ交換や、食事介助、入浴介助やベッドのシーツを綺麗に交換したりと大体が、患者様の身の回りのお手伝いがほとんどです。

また、病院内の外来への受診にも患者様へ付き添います。

資格を持たない為、治療などをしてはいけませんが、看護師が行う治療のサポートは欠かせません。

「看護助手」と「介護」の違いは、医療を目的としているか、医療を目的としていないかです。

例えば、患者様の手にミトンを装着できるのは病院だけで、介護施設では使用出来ません。

病院に入院するという事は医療を目的としており、ただただ介護を必要としている訳では無いからです。

そして医療を進めていくうえで必要な措置を取り、看護師、患者様のサポートを行っていくのが看護助手なのです。

仕事内容は介護に似ているとお話しいたしましたが、看護助手と介護士の違いもお分かり頂けましたでしょうか?

看護助手の詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

看護助手になるには資格はいる?

看護助手になる為に、必要な資格はありません。

募集している病院によっては、介護福祉士、またはヘルパー2級の資格を持っていると優遇される場合もありますが基本的には無条件に就職する事が出来ます。

高校を卒業してすぐに働く事も出来ますし、中途採用だとしても何の問題もありませんよ。

ついでに、資格のお話をしていますので資格についてですが、大体が、無資格で働きながらヘルパーの資格を取ったり、経験を3年積んで、介護福祉士を取ったりと、案外マイペースに資格を取れますし、資格取得に援助してくれる病院もあります。

なので資格を持っていなくても、焦る必要はありませんよ。

看護助手になるために必要な条件

思いやりや、優しさを意識出来るか

例えば認知症の方をお世話していく中で、自分が患者様にした優しさを捻じ曲げられてしまう時があります。

ムッとする事もたくさんありますが、そんな中でも一生懸命、優しさや思いやりをもって行動していけるかが大切になります。

看護助手になるのに、必要な条件というのもありませんが、最低限これだけは意識していけると素敵な看護助手になれるでしょう。

大変、忙しい仕事ではありますが、自分がされて嫌なことは患者様にもしないようにしていけたら、それこそ必要な条件と言えるでしょう!

看護助手になる為に必要な条件

介護技術

強いて挙げるなら、もう一つ。

介護技術です。

最初から技術を持っている必要はありません。

ですが、これは自分の体(足・腰など)を守る為に、そして患者様に痛い思いをさせないようにも学んでいかなければならないでしょう。

介護技術に関しては、先輩方が丁寧に教えてくれます。

患者様を抱きかかえる方法や、ベッドから車イスに移動させる方法など、実践しながら伝授してくれます。

私たちがしっかりとした技術を持っていないと、患者様も怖い気持ちになってしまうのです。

ただ、移動させる為に無理に引っ張ったり、無理に抱きかかえたりするとベッドや車イスから落ちて大変な事にもなりかねません。

その為に、介護技術を磨くのは、必要な条件となるでしょう!

看護助手になる為に勉強しておくべきことは?

看護助手になるために勉強しておくと良い事は、やはり介護福祉士の試験勉強でしょう。

介護福祉士の試験を受けるには3年の業務経験が必要になります。

就職してからの3年間は数字で見ると長いようですが、実際働くと本当にあっという間に過ぎてしまいます!

覚えなければならない事も、患者様の命に関わる事にも、私達は向き合って行きます。

勉強と言えども、患者様を第一に安全にサポートしていかなければなりませんが、仕事と勉強のメリハリをつけるよう心がけましょう。

介護福祉士は国家資格ですので、受かる為の勉強をしっかりしなければいけませんが、3年間勉強に専念する必要はありません。

その時になってからで大丈夫です!

試験にお金もかかりますので一回で合格できるように、試験を受ける時は毎日少しづつ勉強していきましょうね。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の就職先や募集状況は?

就職先や募集状況は、求人情報には大体、診療所やクリニック、病院となって出ています。

クリニックや病院、どちらで働きたいかは、求人に申し込むあなた次第ですし、募集を見ていても、大抵クリニックや病院どちらも募集しています。

看護助手や介護士の仕事は人手不足ですので、大いに歓迎されるでしょう!

早く一員として働く事が出来るよう、自分に合った条件の就職先が見つかると良いですね。

看護助手の主な就職先

病院

病院の場合は同じ病院だとしても、病院内のどこに配属されるかは分かりません。

内科病棟や、精神科、リハビリ科などがあり、いずれかに配属されるのです。

どの科に配属されても、やるべき仕事は同じで、やはり患者様のサポートを一番に行います。

そして病院の場合は夜勤や早番、遅番などもあり、交代制で勤務する事になります。

看護師のようにシフト制となっており、休日や祝日など関係無しに働く事になるでしょう!

もちろん休暇の申請は取れますので、安心してくださいね。

診療所・クリニック

診療所、クリニックが就職先の場合でも、仕事内容は色々ありますがその中でも、主に行う業務をお伝えしたいと思います。

診療所やクリニックの場合、患者様の呼び入れや、検査の説明、検査の予約、そして受付の業務、医者のサポートを行います。

病棟に勤務するよりも業務の内容が違うのが分かりますね。

そして雑用だと書類の整理、掃除や洗濯などを行います。

診療所やクリニックの場合、患者様が自分の足で診察に訪れますので、病院のようにサポートしながら検査に付き添う事もありません。

主に医者や看護師のサポートを行う体制で働きますので、大きな病院で一人一人の患者様を見ながら勤務するのとは違い、体力的にも余裕を持って業務をこなす事が出来ます!

病院で腰を悪くしてしまった方でも、看護助手の経験を活かして診療所やクリニックに転職するのもアリですね。

介護施設

看護施設の場合は、入居者様自体、自分の力で行動、そして生活出来る方もいれば、寝たきりで介護を必要とする方もいます。

仕事内容としては、ここでも病院の病棟勤務と同じで、食事介助、排泄介助、入浴介助、そしてレクリエーションなども行います。

ここでも夜勤や早番・遅番があり、交代制になるかと思います。

他にも、業務中の雑用など、入居者様と関わる事以外の、裏方業務も行います。

掃除や衛生管理、物品の管理など、入居者様が清潔に安心して暮らせるようサポートしていきます。

どの、就職先においても大変な事があるのは当然で、慣れるのにも時間がかかる事もあります。

ですが、サポートを必要とする方々に笑顔で「ありがとう」と言われた時は、人と人との助け合いが必要な事、そして本当に大切な事なのだと実感できますよ。

言葉の重みや笑顔の嬉しさを普段よりも倍、感じる事が出来る素敵な職場です!

看護助手の働き口はどの程度あるの?

看護助手の働き口についてお話させて頂きたいと思います。

看護助手として働くメリットは、まず、特別な資格や経験がなくても患者様と接し、向き合う事が出来る事です。

医者とは違い、医療行為などは行えませんが医療現場で働く事が出来るのは看護助手の特権だと思います。

例えば、今の仕事に遣り甲斐が無く、人の為になる仕事をしたいと思った時に、資格がないからと就職活動を諦めてしまっている方にも、看護助手はおススメ出来ます。

今、私たちの国は少子高齢化で、介護施設の建設が多く、病院もたくさん存在します。

その為、看護助手として働く病院や介護施設の働き口は多いと言えるでしょう。

将来、自分自身が介護を必要とする時や病院に入院せざるを得なくなる場合も無いとは言えませんので一度は現場で働き、人と人との絆や助け合いを経験しておくのも良いでしょう。

人に対する接し方や感じ方を考え、学び、向上させてみてはいかがでしょうか。

看護助手の転職事情

看護助手の転職事情ですが、実際に私が働いていた頃の私の周りの仲間は(20代)、看護助手として別の病院や介護施設に転勤したり、医療の現場で看護師に憧れを抱き、そして退社し、専門学校に通い看護師になるといったケースです。

働いていると他の病院の情報が耳に入ってきたり、「施設の方がやりがいを感じれるかもしれない」「あの病院(施設)の方が給料が高い」といった事情で転勤をします。

ですが、一度働いたらその職場で安定する人が多く、この業界の中で転職をする人は少ないのではないでしょうか。

看護師になりたいといった気持ちが芽生えた人は別です。

看護助手と看護師の仕事内容は違います。

今よりもっと命と向き合っていかなければなりませんので、それなりの覚悟が必要です。

こうなってくると転職というよりは職種を変える方向性になりますが、やはり「看護師の方が給料がいいから」や、「看護師はかっこいい」という理由で転職を決める人も中にはいます。

看護助手の仕事の探し方とは?

ハローワークで探す

まず初めに皆様が、一番に頭に浮かぶのはハローワークかと思います。

ハローワークでは職員の方と、一対一で話す事が出来、求人についても詳しく教えてもらう事が出来ます。

その他にも、必要な資格、給料、勤務日数や労働時間なども分かりやすく調べる事が出来、それをいくつか印刷して持ち帰り、それぞれの病院を比較する事が出来ます。

また、応募したい病院をハローワークで決める事が出来れば面接の手配をしてくれます。

順調に求職活動を進めたい方は、ハローワークでお目当ての病院を探すと良いかもしれませんね。

web求人サイトで探す

また、ハローワークに行く手間を省きたい方は、他にもタウンワークであったり、webにも数多く提供されている求人を見てみるとよいでしょう。

しかし、個人的に求人を探すという事は誰かに後押ししてもらえることも無く、求人の募集をまだ行っているか、そして面接の日時なども自分で手配しなければなりません。

ですが自分のペースで病院やクリニックの事をしっかりと調べてから応募したいと思う方はweb求人サイトで探すのも良いでしょう。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の仕事探しの注意点

心構え

皆さまも、ご理解いただけたかと思いますが、看護助手の仕事も看護師と同様、命を預かっている仕事です。

看護の仕事に興味を持って頂き、この記事を読んでくださっているのだと思っておりますが、実際に働いてみた時に思う事や感じる事は様々だと思います。

注意点としては、命に寄り添って行う仕事だという事を心に置いておく事だと思います。

勤務形態

看護の仕事は交代制の仕事なので夜勤や早番がある事もお話しいたしました。

病院、クリニック、診療所によって異なりますが、勤務形態に対応していけるかどうかも加味しながら求人募集を探していくと良いでしょう。

小さなお子様をお持ちの方は、お子様の急な体調変化の際にどう対応すれば良いかも手配しておき、面接の際などにはお子様がいる事も伝えましょう。

そうすると、急な事があっても対応していけるよう、病院側からも良い提案があるかもしれません。

看護助手の仕事のやりがいとは?

仕事のやりがいは、自分自身の達成感や、そして患者様や患者様のご家族様から感謝の気持ちを伝えられた時、患者様の思いっきり笑う笑顔を見れた時です。

本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりますよ!

幸せな気持ちにもなれます。

人の役に立てた時、人に必要とされた時、私達の心は満たされるんだと痛感する事も出来ます。

時には、務める病棟により患者様の命を見届ける時もあり、家族のように悲しくなったりもしますが、そんな患者様のお世話が出来た事、最後まで見届ける事が出来た事にも、やりがいを感じます。

やりがいを感じるポイントは人それぞれで、沁みる感情も違いますが、人の命の尊さを感じる事が出来るのは、医療現場で働く職員だからこそだと思います。

まとめ

さて、まとめになりますが、務める病院や、クリニックによって行う業務が違ったり、看護助手は、資格が無くても安心して就職する事が出来、働きながら介護福祉士の資格が取れる事など、看護助手について少しでも分かって頂けたでしょうか。

あなたの働く意志と、人の役に立ちたいと思う気持ちが誰かの支えになる事を忘れずに、一歩踏み出してみてくださいね。

自分の価値を見つける事も出来、あなた自身も変わる事が出来る仕事です!

他の職種からの転職でもしっかり上手くやっていけますよ。

年齢も、経験も心配いりません!

この業界では皆、行う業務は皆で協力しながら行い、誰かだけがしんどい仕事を請け負う事もありません。

患者様の為に、誰かの役に立ちたい人の為に、このお仕事はおすすめ致します!

頑張ってくださいね。


関連キーワード

看護助手求人

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。では早速、ご参考にどう

看護助手正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?看護師さんはわかるけど、看護助手って?資格がいるんじゃないの?パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。看護助手の大まかな仕事内容看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ばれます)、ベッドメイキング等、雑務が中心となります。職

看護助手とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師の資格はなくても、医療現場でチームの一員として活躍できる看護助手は、とても素晴らしい仕事です。詳しい仕事内容、看護においての役割やなり方などを詳しく紹介していきます。これから看護助手の仕事をしてみようと思っている人は必見ですよ!看護助手とはどんな仕事?看護助手は国家資格がないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。そんな中、患者様に適切な医療行為が行われるための手助けをすること、医療行為にあたらない範囲で、患者様の援助やケアを行うなど、幅広い仕事内容が大きな特徴といえるでしょう。看護助手の役割とは?看護士のサポート看護師が医療行為を行いやすいよう、サポートを行います。具体的

看護助手の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「資格は持っていないけど、看護師の仕事に憧れがあり、病院で患者様のために働きたい!」そんな思いを持った人は多いのではないでしょうか?社会人枠の看護学校では、看護助手の仕事をする傍ら、本格的な看護師を目指して勉強をしている人もたくさんいます。今回は、そんな看護助手の仕事について、詳しく説明していきたいと思います。看護助手はどんな仕事?看護助手の仕事は、簡単に言うと医療現場における看護師の仕事を手助けする役割があります。看護師と違って国家資格を持たないこと、採血、注射などの医療行為ができないことが特徴です。それでも、看護師一人では無理な力仕事、患者様への援助の際には、看護助手の手助けが非常にありが

看護助手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。そんな中、重要視される介護の仕事。これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。看護助手の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。そのまま正社員として就職する場合、一般的な年収は約250万~300万円台になります。正社員で転


看護助手求人に関するコラム

看護助手になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

看護助手になるために必要な事は、いくつかあります。同じ国家資格のいらない医療事務にはよく資格が必要であると言われていますが、看護助手の場合は正直そこまで必要はないでしょう。ただ自分の為として資格を持っておいて損はないです。どういう資格が必要になってくるか、また看護助手の適正とはなにか?それらも全てお答えさせて頂きます。看護助手になりたい方は参考にしてみてください。看護助手になるには?看護助手になるには、特に必要な資格はいりません。精神的な部分と、肉体的な問題かもしれませんね。募集要項に記載されている事がないためご存知のない方もいるでしょうが、看護助手の資格というものは存在します。同じように国家

看護助手アルバイトをやってて良かった3つのことや、ここで身に付く力とは?

こんにちは!今回のこの記事では、看護助手アルバイトをやってて良かったことや、ここで身に付く力について書いていきます。看護助手のアルバイト先や、アルバイトの時給、やりがい、身についたスキルや、そしてどんな人に向いているかや、おススメのアルバイトの探し方など、これから、看護助手のアルバイトとして働きたいと考えている方の一つの知識となりますよう書いていきたいと思います。私はこんなところで看護助手のアルバイトをやりました私が看護助手のアルバイトをしたのは、大きな大学病院の中にある入院病棟でした。内科の病棟だった為、病状の重い患者様が大変多くいて、常に忙しい職場でした。勿論そこには、医者から看護師、看護

看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法。

看護助手の悩み事とは何か?医療系の場合は普通の職業と異なり、やる事はとても多く失敗が許されないものが多いです。何せ患者の命を預かる仕事ですからね。ふざけてやって良い職業ではありません。その為向き不向きがあるのは事実ですが、当人のやる気次第で何とかなります。私は過去に看護助手として働いていたのですが、何に悩んでいたのか、またその悩みをどうやって解決していったのかお伝えしていきましょう。看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法とは?看護助手の悩みはどんなものがあるかと申しますと、第一にコミュニケーションがあげられるでしょう。私自身は仕事でのミス、知識不足、精神的なことや体力的な事に悩まされました

看護助手辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

医療系の仕事は大変という話をよく聞くかと思います。実際医療系の仕事というのは簡単なものではなく、精神的に苦痛を伴うものも多いです。それは患者さんの対応だけではなく、病院やクリニックないでの嫌な環境にあります。医療事務のようにちょっと距離が離れているのであれば良いのですが、看護師と四六時中一緒にいるのでちょっときついかも知れません。また病院やクリニックなどの環境によって、そのキツさがまた変わってきます。看護助手を辞める理由はどんなものか?その実態に迫っていきましょう。経験者が紹介!看護助手を辞めたいと思った理由やつらさとは?看護助手を辞めたいと思うのは、正直結構多いかもしれませんね。そもそも看護

外来看護助手の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

看護助手という仕事は近年よく耳にすることが多いと思いますが、どんな仕事かと申しますと看護師のアシスタント業務であると考えて下さいませ。近年看護師と並び、看護助手の求人も増えてきてはいますが、病院や個人経営のクリニックなどによって大きく形態が変わります。病院は大体同じ業務である可能性が高いですが、クリニックの場合は内科や歯科などによって大きく変わるため、経験があったとしても同じとは限りません。私は過去に耳鼻咽喉科、総合病院で勤務していたことありました。外来看護助手とはどういう仕事であるか、どんな仕事内容であるか、何を覚えしなければいけないか、そして看護助手の仕事のやりがいについてお伝えしていきま