「資格は持っていないけど、看護師の仕事に憧れがあり、病院で患者様のために働きたい!」そんな思いを持った人は多いのではないでしょうか?

社会人枠の看護学校では、看護助手の仕事をする傍ら、本格的な看護師を目指して勉強をしている人もたくさんいます。

今回は、そんな看護助手の仕事について、詳しく説明していきたいと思います。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手はどんな仕事?

看護助手の仕事は、簡単に言うと医療現場における看護師の仕事を手助けする役割があります。

看護師と違って国家資格を持たないこと、採血、注射などの医療行為ができないことが特徴です。

それでも、看護師一人では無理な力仕事、患者様への援助の際には、看護助手の手助けが非常にありがたいものとなります。

看護助手の大まかな仕事内容

看護助手の仕事内容は働く病院によって変わってきます。

入院施設のある大きな病院を例に挙げると、大まかな仕事内容は

  • 患者様の食事の準備や介助
  • 足の不自由な患者様の車いすでの移動
  • シーツ交換、ベッドメイキング
  • 患者様の嘔吐物や失禁で汚れたものの後始末
  • 手術前の術衣の準備、後片付け
  • 医療器具などの滅菌作業

などが挙げられます。

仕事上の役割とは?

医療行為とみなされない範囲で、看護師が仕事をしやすいようにアシスタントをすることです。

医療行為における準備、掃除、後片付けがその一つ。

その他にも、患者様の身の周りの世話や介助などがあります。

一見雑用のようですが、医療スタッフの仕事を円滑に回すことに大きく貢献しています。

また、看護師たちの注意の行き届かないところに気を配ることで、院内で起きていることを幅広く知ることもできます。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の仕事はどんな人に向いている?

どんな職業にも向き、不向きはありますよね。

医療現場の心強い助っ人である看護助手には、どのような人が向いているのでしょうか?

  • コミュニケーション能力が高い人
  • 責任感のある人
  • チームプレーができる人

が適任だと言えます。

また、小さな変化を敏感に感じ取れることも大事です。

そしてできれば、グロデスクなもの、視覚的に痛みを伴うものに対して、ある程度の耐性がある人が望ましいと言えますね。

これらを一つずつ説明していきたいと思います。

看護助手の仕事に向いている人1:コミュニケーション能力が高い人

看護助手として働くにあたって、まずは何よりコミュニケーション能力が大事です。

患者様と接する時には、体調や気分などをよく聞き、相手を観察する必要があります。

ただし、質問攻めにして誘導尋問のようにならないよう、注意する必要があります。

患者様が疲れてしまったり、イライラして不機嫌になったり、心を閉ざしてしまったりしては、お互いにマイナスの結果となってしまうからです。

また、言葉遣いにも気を付ける必要があります。

事例を挙げると、とある看護学生が、高齢の女性患者に対して「おばあちゃん」と呼んだことがありました。

すると相手はとたんに怒り出し、「私はあんたのお祖母ちゃんじゃない!」と怒鳴られたそうです。

相手を年寄り扱い、子ども扱いは絶対にしないこと。

高齢者であれば、人生の先輩として尊重することを決して忘れてはいけません。

そして患者様だけではなく、看護師や医師とのコミュニケーションも大切です。

患者様の状態を伝えること、「このような援助をしてもかまわないか」と許可をとること。

処置の準備、患者様の介助、後片付けの完了後は、しっかり報告をすること。

「一応気にはなっていたけど黙っていた」というパターンは、時に尊い命さえ失われることがあるほど危険です。

疑問に思ったこと、気になることがあれば、患者様や医療スタッフと積極的にコミュニケーションをとる姿勢が大事です。

看護助手の仕事に向いている人2:責任感がある人

医療現場で働くからには、責任感が問われます。

「ヒヤリハットの法則」という言葉をご存知でしょうか?

病院に限ったことではありませんが、1件の重大事故の背景には、小さな事故が30件。

さらに、「ヒヤリ」「ハッと」するような出来事が300件は隠れているというものです。

医療現場では些細なミスが、時に人の命を奪う可能性があり得ます。

そのことから分かるように、看護助手の仕事は「人の命を預かっている」という責任感を持って行わなければなりません。

また、患者様のプライバシーを預かっているということも忘れてはいけません。

看護助手であっても、患者様のカルテを見る機会はあります。

そこには病状だけにとどまらないような細かい情報が書いてあるため、もちろん守秘義務が発生します。

仕事中に知り得た患者様の情報を、決して外に持ち出さないこと、プライベートでよそに漏らさないことが鉄則です。

看護助手の仕事に向いている人3:チームプレーが出来る人

まず、看護師は医師の指示のもとにチームで動きます。

患者様の情報を共有して適切な援助を提供するためには、看護師とのチームプレーができなければなりません。

そのためにコミュニケーションを小まめにとること、指示を仰ぐこと、応援を要請することが必要です。

そこで忘れてはいけないのが、「人任せにしてはいけない」ということです。

確かに看護助手は、医療行為を行うことができません。

それでも、「何かやることはないですか?」と積極的に動くようにしましょう。

看護助手がテキパキ動いてくれると、看護師は医療行為がより行いやすくなり、まとまりのあるチームを築くことができます。

看護助手の仕事に向いている人4:変化を敏感に感じ取れる人

看護助手には、深い観察力や洞察力が必要です。

「患者様の顔色がなんとなく悪い」「患者様の様子がおかしい」ということにいち早く気づくことで、医療スタッフは適切な処置をより早い段階で行えます。

「今日は食事をほとんど残している」「体の部位が腫れあがっている」などと視覚的な変化は分かりやすいです。

ところが、患者様の言動による心理的な変化などは、普段のコミュニケーションの中で感じ取る必要があります。

少しでも違和感があれば、「きっと気のせいだろう」で済ませるのではなく、適切な対処法を医療スタッフとともに考えていくことが大切です。

看護助手の仕事に向いている人5:グロテスクなもの、視覚的に痛みを伴うものに対してある程度の耐性があること

看護助手の仕事は、決してきれいなことばかりではありません。

むしろ、汚物を扱う機会の方が多いのではないでしょうか。

血液や排泄物、嘔吐物にひどい外傷…。

そのため、グロテスクなもの、汚物、視覚的に痛みを伴うものに対して、ある程度の耐性があることが望ましいと言えます。

最初はきついと感じても、経験を重ねるうちに慣れることもできます。

「これが私の仕事なんだ」と割り切れるなら、まず問題ないでしょう。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の仕事で活かせる経験

自分の持っている資格を看護助手の経験で活かせることができれば、仕事もよりしやすくなります。

それに、無資格の未経験者より優遇され、給与アップにつながる可能性もあり得ます。

ここでは「看護助手認定資格」と、「介護・ホームヘルパーの経験」について説明します。

看護助手の仕事で活かせる経験1:看護助手認定資格

看護助手認定資格とは、ユーキャンなどの通信講座で取得することができます。

3か月~6か月ほど通信講座を受講し、資格試験に合格する必要があります。

この資格は、医療現場で即戦力として働けるよう、知識と技能を評価するものです。

資格を持っているから安心というわけではありませんが、専門用語や知識を少しでも備えておくという点では武器になるでしょう。

医療スタッフとのコミュニケーションもスムーズになり、医療用語を交えた会話ができるというメリットは大きいです。

看護助手の仕事で活かせる経験2:介護・ホームヘルパーの経験

介護・ホームヘルパーの経験があると、受講の際の実務経験を大いに役立てることができます。

入浴や食事の介助、トイレまでの付き添いやおむつ交換など、全くの未経験者と比べると優位に立てることは間違いないでしょう。

されに、旧ヘルパー2級など介護系の資格を所有している人はチャンスにもつながります。

介護をメインに「看護助手」として働く場合、実務経験を3年以上つむと、国家試験の「介護福祉士」の受験資格が得られます。

働いている医療機関で働きながら介護福祉士を目指す人には、ぜひおすすめの仕事と言えます。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手で働くメリットとは?

看護助手で働くメリット1:未経験や無資格でも働ける

看護助手の仕事は、基本的に資格を必要としません。

そのため医療行為は行えませんが、看護師の仕事のサポートや、患者様の身の回りの世話を任されます。

看護師になるには大学や専門学校に数年通って国家資格を受ける必要があります。

そのため、社会人がゼロの状態から学ぶとなると、膨大な時間と資金を要します。

未経験者でも始められる看護助手の仕事は、現場の即戦力として患者様と接することができるという点ではメリットが大きいと言えるでしょう。

看護助手で働くメリット2:看護士・准看護師にキャリアアップできる

看護助手の仕事を、看護師になるためのワンステップとして選ぶ人も多いです。

看護助手の仕事をしていても、本格的に看護師を目指すためには専門の学校で学ぶ必要が基本的にはあるのですが、病院によっては看護学校への支援制度を設けている施設もあります。

看護助手として働いているうちに、医療行為も行える看護師になりたいと思うようになるかも知れません。

そういった場合は、まずは准看護師を経て正看護師を目指すことをおすすめします。

具体的には、看護助手として働きながら定時制の准看護学校に2年間通うこと。

そこで資格を取得します。

そして准看護師として働きながら実務経験を積み、通信制の専門学校などで2年間学んで国家試験を受けるという方法です。

メリットを知れば知るほど、ますます魅力的な仕事ですね。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手として働くメリットは、こちらの記事も参考に!

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

先述の通り、働きながら専門的なことを学び、実務経験をつめば看護師への道も夢ではありません。

また、介護福祉士を目指す人の実務経験にもカウントされるので(病院にもよりますが)、福祉の分野に進みたい人にもキャリアアップの道はあります。

そうすることで収入アップも期待できるので、看護助手として働き始めた暁には、ぜひキャリアアップを目指して欲しいです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

まず、他の医療機関へ看護助手として転職する場合。

仕事の経験があれば即戦力として歓迎されるでしょう。

無資格かつ未経験の人と比べると、就職には有利です。

そして患者様の援助を経験していれば、介護福祉の分野でも活躍ができます。

福祉の分野は多岐に渡り、在宅介護、デイサービス、老人ホームなど就職先もさまざま。

看護にしろ介護にしろ、常に人手不足の状態なので、看護助手の経験を他の仕事で活かすことも良い考えだと思います。

自分にあった看護助手の求人の選び方や注意点

看護助手として働くとなると、自分に合った求人を見つけることが長続きへの道です。

長期間続けられて実務経験を積み、さらなるキャリアアップを目指すのか。

アルバイト感覚で、無理のない勤務時間や扶養範囲内で働きたいのか。

それらの希望は、もちろん人それぞれです。

そこで、求人の選び方や注意点をまとめました。

【選び方①】雇用形態から探す

看護助手の雇用形態は、正社員、準社員、パートやアルバイト、契約社員などがあります。

どれがベスト、どれが正解というわけではないので、「自分がどのような働き方をしたいか」を基準にすると良いでしょう。

安定を最優先し、保険や保障つきが良いなら正社員や準社員。

長期間の勤務で、キャリアアップを目指したい人にもおすすめです。

特にステップアップなどは望んでおらず、子育てや所得制限を考慮したいならパートやアルバイト。

将来のことを働きながら考えたい人は契約社員でも良いと思われます。

また、看護師免許を持ちながらも長いブランクがある人の、現場復帰への第一歩としても奨励されています。

【選び方②】職種から探す

細かい業種に分けると、看護助手、介護助手、保育助手といったところです。

いずれも無資格で働けますが、看護師、介護士、保育士ほど仕事はハードではありません。

しかし、それぞれの仕事がしやすいよう、責任をもってサポートしなければなりません。

本格的に国家資格を目指すのは、目指す将来と全く結びつかない職場でフルタイムの仕事をしながらだと、なかなか難しいのが現状です。

そんな人は、憧れの職業の「助手」として働きながら、職場の理解を得て資格取得を目指すことがおすすめです。

まとめ

経済的な理由で看護師の夢を諦めた人、資格はないけど、医療現場で働くことに憧れを抱く人…。

看護助手の仕事は、そんな人たちに希望をもたらし、これからの道を切り開いてくれるような職業です。

基本的には、看護師をはじめとする医療スタッフのアシスタントといったポジションです。

しかし、その存在は大変に価値があり、患者様への医療行為を円滑に進めるための要とも言えるでしょう。

「人の役に立ちたい」という熱い思いを持ったあなたは、立派な白衣の天使なのです。

ぜひ、その優しさと情熱を活かし、看護助手として医療現場で活躍してください!

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護助手求人

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。では早速、ご参考にどう

看護助手正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?看護師さんはわかるけど、看護助手って?資格がいるんじゃないの?パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。看護助手の大まかな仕事内容看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ばれます)、ベッドメイキング等、雑務が中心となります。職

看護助手とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師の資格はなくても、医療現場でチームの一員として活躍できる看護助手は、とても素晴らしい仕事です。詳しい仕事内容、看護においての役割やなり方などを詳しく紹介していきます。これから看護助手の仕事をしてみようと思っている人は必見ですよ!看護助手とはどんな仕事?看護助手は国家資格がないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。そんな中、患者様に適切な医療行為が行われるための手助けをすること、医療行為にあたらない範囲で、患者様の援助やケアを行うなど、幅広い仕事内容が大きな特徴といえるでしょう。看護助手の役割とは?看護士のサポート看護師が医療行為を行いやすいよう、サポートを行います。具体的

看護助手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。そんな中、重要視される介護の仕事。これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。看護助手の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。そのまま正社員として就職する場合、一般的な年収は約250万~300万円台になります。正社員で転