私たちの日常生活において必需品となっている携帯電話。

携帯ショップへ足を運んだ事がある方も多いことでしょう。

また、求人募集も多く見かけるかもしれません。

では、この携帯販売の仕事はどんな人に向いているのか、またどんなキャリアがあるのか、解説いたします。

携帯電話販売はどんな仕事?

携帯電話は契約をして購入するものです。

それにより販売と同時に契約も行います。

商品とサービスの説明をし、契約書に記入をしてもらい、商品をお渡しすることが一連の作業となります。

また、個人情報を扱う仕事でもあります。

携帯電話販売の大まかな仕事内容

大まかな仕事内容としては、取扱商品の説明、契約にあたってのサービスやプランの説明や料金説明など、お客様に説明をすることが主になります。

また、商品のお渡し時には、機械の初期設定や動作の確認等も行います。

その他に、付属品の販売や操作説明など行う場合もあります。

仕事上の役割とは?

携帯電話販売は、基本的に購入を決めて来店される方の対応となるので、セールストークに加え、商品やサービスの説明がしっかりできるかどうかを求められます。

お客様に安心して携帯電話を使用して頂く為に、携帯電話事業者とお客様の架け橋のような役割を担います。

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いている?

販売職の中でも少々特殊な携帯販売。

一体どんな人に向いているのでしょうか。

携帯電話や機械が好きな人

販売というのは、商品に自信や愛情を持っていることが大事です。

その為には製品のことを学ばなければなりません。

人間は好きな物やことに対して「知りたい」という気持ちが強く働きますから、やはり携帯電話や機械に興味がない人よりも、好きな人の方が断然に向いています。

また、新製品が出るサイクルも早いので、覚えることがたくさんあります。

新しい物を早く触ってみたい、新機能を試してみたいと感じる人にはとても刺激的な仕事でしょう。

実際に携帯電話が好きな人が働いているので、スタッフ同士間でも情報交換が常に行われています。

人と話をする事が好きな人

携帯電話販売は、単に機械を販売するだけではありません。

キャリアと呼ばれる携帯電話事業者のサービス内容をお客様に説明することが、一番重要な仕事です。

しかし説明だけすればいいという訳ではありません。

契約プラン等の相談や提案、支払いのシミュレーションなど、一人一人に合った説明が必要です。

そのため相手の話をしっかりと聞き、それに対して答える、また自分から発信するなど「会話」をする力が必要になるのです。

また、難しい話を噛み砕いて伝えるなど、どんなお客様でもより理解できるように努力ができる人が向いています。

注意深い人

先にもお話ししましたが、携帯電話販売の要は契約です。

契約時に必要な書類は、何か一つでも抜けがあると受付ができなくなりますし、説明に抜けがあると、お客様に迷惑がかかるだけでなく、トラブルを招くことになる場合もあります。

個人情報を扱うという点からも、書類、説明全てにおいて、抜けや間違いがないかの確認と、不備に気づけることが大切です。

また、お渡しする携帯電話はとても高額な物なので、機械に傷がないか、操作に問題がないか等、注意深く取り扱うことができる人が向いています。

携帯販売が向いている人の特徴は、こちらの記事も参考に!

逆に、携帯電話販売の仕事に向いていない人にはどんな特徴がある?

では反対に、どういった人が携帯電話販売に向いていないのでしょうか。

いい加減な人

携帯電話は財布と同等の、個人にとって必要不可欠な財産となっています。

月額を支払って利用して頂くため、いい加減な取り扱いや説明をしてしまうことは信頼を失うだけでなく、お客様を怒らせてしまうことにもなりかねません。

契約ごとなので、説明が長くなってしまうことが多いのですが、それを「これくらいでいいだろう」と個人で判断してしまったり、適当な受け答えをしてしまうと、後々問題に発展してしまう可能性があります。

また、もしも問題が生じた時には、しっかり上司に報告・連絡・相談ができること、なによりいい加減な接客をしないことが大切です。

我慢強くない人

利用者にとって、携帯電話はとても大事なものです。

プライベートに加え、会社から支給されて仕事で使っている方もたくさんいらっしゃいます。

そのため、困りごとの相談というのは非常に長いことが多く、また場合によってはお客様の温度が高い場合もあります。

そういったとき、まずはお客様の話を最後までしっかり聞くことが必要なのですが、それを遮って発言をしてしまうような人は向いてはいないでしょう。

イライラした態度や表情が出てしまうのは論外ですが、そのような場合でも、笑顔で応じられる力も必要です。

製品を選ぶ段階でも、急かすのではなく誘導できるような接客が、お客様にとっても気持ちよく感じていただけます。

販売意欲がない人

契約ごとが主要な仕事とお話ししましたが、とはいえ販売には変わりありません。

もちろん会社や店舗としての販売目標が揚げられますので、その目標に前向きに取り組むことが大切です。

目標を達成する為にどんなことができるかを考えることは、業績を上げることにも繋がりますが、最終的にはお客様の為にもなります。

セールストークだけではなく、陳列棚のレイアウトや店内のPOPなどに変化をつけてみたりと、お客様が楽しく選んでいけるような工夫を考えられる方がいいでしょう。

なぜ売れないのかではなく、どうしたら売れるのか。

そういった思考と意欲が必要です。

携帯電話販売の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

携帯電話販売の仕事において活かせる経験とは何でしょうか。

一見特殊な業界のように感じますが、実はそんなことはありません。

様々な経験を活かすことができます。

ユーザーとしての経験値

この業界においては、この経験値が一番活かされるものだと思います。

現在携帯電話販売に就いている人も、それまでは一人のユーザーだったはずです。

自分が購入に行った時や何かを相談しに行った時に、スタッフさんから感じたことや店内を見て思ったことなど、販売業において、お客様目線で見るということは非常に大切なのです。

販売員側がこのユーザー目線を持ち続けることにより、接客の上で「共感」と「気遣い」に繋がります。

そうすることでお客様との間に信頼関係が生まれます。

使っているからこそわかること、とういうのは何よりも強いものです。

販売も含む接客業の経験

内容は何であれ、携帯電話販売は接客業です。

アルバイトでも接客業を経験したことがある人は、その経験が活かせるでしょう。

接客業をされていた方は、お客様に挨拶をしたりお声がけすることに躊躇がないと思いますし、まずは何より笑顔で対応することが重要ですので、十分に経験を活かせるでしょう。

また、販売業の経験をお持ちの方は「オープン質問」「クローズ質問」といったスキルも活かせるでしょう。

パソコン使用の経験

今やどんな職業においても、パソコンスキルはあった方が有利ではあります。

携帯電話販売においても同様です。

専用のシステムにお客様情報を入力したり、情報を検索したりと、パソコンは多岐にわたり使用します。

そのためやはり、パソコンを一切触ったことがない、キーボードが打てないというよりかは、初級でもパソコンを扱えた方が断然に有利です。

スマートフォンの普及で、携帯電話をパソコンと連動して使用する方も増えていますので、マニアックな知識がある方は更に良いでしょう。

コールセンターやテレフォンオペレーターの経験

少々ピンポイントな経験になりますが、このような経験をお持ちの方も、そのスキルが存分に活かせます。

コールセンターなどの電話を使った仕事は、相手の方の顔が見えない分話をしっかりと聞き、内容と要点を把握して応対をする必要があります。

電話での応対は表情やジェスチャーが使えない為、言葉の選び方、話すスピード、そして無駄の無い説明が求められるので、対面のコミュケーションスキルとは違うハイレベルなスキルを身につけられます。

これは携帯電話販売においても非常に重要になりますので、重宝されるでしょう。

携帯電話販売で働くメリットとは?

給料が高い

携帯電話販売は、ほとんどが派遣会社から派遣される派遣社員になります。

そして、携帯販売は派遣社員の中でも時給が高い職業の一つで、一般的な派遣職に比べると200円程高い時給で働くことができます。

また、派遣社員であっても業績を上げれば昇給する場合もあります。

正社員や契約社員の場合、給与は平均的ではありますが、携帯販売は昇給に繋がる制度が設けられています。

業績があがればインセンティブが付き、頑張った分だけしっかりと評価され、給与に反映されます。

また、資格制度もあり、そちらでもきちんと評価されます。

誰でも昇格や昇給にチャレンジできる場があるというのは、携帯販売のメリットの一つです。

携帯販売の年収は、こちらの記事を参考に!

コミュニケーションスキルが磨かれる

接客業ということもあり、言葉遣いや接客態度など、携帯電話に関する知識以外に求められるものが、このコミュニケーション能力です。

コミュニケーションの中でも難しいものの一つが、伝え方です。

この伝え方一つで、お客様に満足していただけることもありますが、反対にトラブルを招くこともあります。

携帯販売は販売業の中でも、お客様から質問されることが多い仕事ですので、この伝え方のコミュニケーションスキルは自然と身についていくでしょう。

これはお客様対応だけでなく、プレゼン能力アップにも繋がり、ビジネスシーンでも活用できますので、携帯販売業を離れ、別の仕事に就くことになった時も大いに役立つでしょう。

冷静な判断ができるようになる

携帯電話販売は、場合によってアフターケアなどの対応をしなくてはならないことがあります。

故障や紛失等、基本的には携帯電話業者とお客様とのやり取りにはなりますが、窓口となることはよくあります。

その際に、お客様からクレームを受けることもしばしばありますし、反対にこちらの過失により、お客様にご迷惑をかけてしまう場合もあります。

もちろん最終的には責任者が対応はしますが、その場で解決させることが基本になるので、そのような状況に立った時に冷静に判断し対応する力がつきます。

トラブル等は避けたいものではありますが、このような冷静な判断と、トラブルに対応する能力というのは、社会人として高く評価されるので、持っていて全く損はありません。

携帯電話以外の知識が身につく

何度もお話していますが、携帯電話は契約を通して販売するものです。

それにより個人情報を扱いますので、まずは個人情報保護法についての知識が身につきます。

さらに最近は、携帯電話事業者も差別化を図るため、インターネットや電気・ガス等の様々な事業展開をしています。

このようなライフラインに関する知識は、普段の生活ではあまり触れることのないものです。

働きながら知識を得られることは、大いにメリットと言えるでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

携帯販売は、大きく2つの働き方に分かれます。

単独で店舗展開をしている「ショップ」と、複合施設などで店舗展開をする「量販店」です。

勤める店舗によって、キャリアアップの道が変わってきます。

まずはショップですが、業績の他、資格の取得に励み、販売員からアドバイザーなどの昇格を目指しましょう。

契約社員であれば、正社員登用にチャレンジすれば、副店長や店長へのステップアップも可能になるでしょう。

その先には、各店舗を巡回する代理店営業や企画、人材教育といった業務など、幅広いキャリアアップ先があります。

量販店も同様に、まずは接客スキルを身につけ、正社員を目指します。

ショップと違うところは、上を目指すと、複数店舗のマネージメント等を行う業務に就く点です。

ショップに比べ販売色の強い量販店では、接客スキルの他、営業力が必要となってきますので、店舗毎の売上げを伸ばすバックアップを行うのです。

また、施設サイドとのやり取りも増える為、ビジネススキルも格段に上がります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

携帯電話販売は、派遣社員や契約社員が多いこともあり、多様な業種から人が集まります。

そして同様に、多様な業種へと転職される方も多いです。

ショップ、量販店に限らず、高い接客スキルが身についていますので、サービス業では即戦力として力を発揮できるでしょう。

また、契約書の記入やチェック等の細かい作業もあるので、事務などのオフィスワークでもその注意力は活かせます。

加えて、販売で培ったセールストークは、営業としても活躍できることでしょう。

総体的に見て、携帯電話販売を経験すると、引き出しがとても多くなります。

それは、たくさんの商品知識であったり、流行やユーザーのニーズなど、どんなお客様にでも対応できるように努力してきたという結果です。

その引き出しの多さというのは、社会人としても人としても魅力的です。

携帯販売は、大変な仕事という世間的なイメージがあります。

携帯電話販売をしていたというのは、大手携帯電話事業者で働いていたという印象と、コミュケーション能力や営業力が高く評価されるなど、転職に有利に働くこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どちらかと言うと、若い年齢層が働いているイメージのある携帯電話販売ですが、給与やキャリアアップの面から、そうでない方も多く働いています。

未経験からでも始めやすく、給与もいい。

そしてショップや量販店、地方や繁華街と、働く場所によってカラーが全く違いますので、働く場所を選べることも、携帯電話販売のいいところです。

覚えることも多く、時にはクレーム対応など大変なこともありますが、頑張った分の評価はしっかりとされますので、携帯電話に興味があったり、人と話すのが好き、自分を試してみたい。

そんな方は是非チャレンジして下さい。


関連キーワード

携帯販売求人