近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。

そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。

携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。

携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。

携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。

そんな中、各キャリアが求めている事のひとつに人間性という面が大きくかかわってきます。

そういった部分を細かくご紹介いたします。

「携帯電話販売」が自分に向いているか診断するにはこちら →

携帯販売はどんな仕事?

携帯電話販売員は、お客様に機種を販売するだけでなく機種が壊れたり、故障したりした時のサポートをしたりするお仕事です。

また、プランの変更や携帯電話の機種以外にも所属している通信キャリアの料金形態についても知識を持った携帯電話のプロフェッショナルといった存在です。

携帯販売の大まかな仕事内容

ここでは大まかなお仕事の内容をご紹介していきます。

接客がメインのお仕事になりますが、接客以外での個々の役割などもご紹介します。

仕事上の役割とは?

携帯電話販売員は基本的な料金プランや専用PCの操作方法、機種の特徴など一通りの研修を経てお客様の前に出るのですが、その中でも、個々で長けているスキルや特性を活かせるように配置されます。

フロアリーダー

ご来店されたお客様をお迎えし、お客様をお席へご案内したり待ち時間のご案内をする役割です。

サブフロアリーダー

フロアで携帯電話を購入でモックアップをみているお客様に機種のご説明やご相談内容をまとめたりする役割です。

ここでまとめた内容はカウンターでご対応するスタッフへ引き継ぎをする役目も担っています

カウンタースタッフ

カウンターで直接お客様へご対応するスタッフです。

上記のフロアリーダーもサブフロアリーダーもカウンターでのご対応も行いますし店舗によって違いはありますが、交代制で変わっていくような流れとなります

携帯販売の仕事はどんな人に向いている?

携帯電話販売員はPCの操作ができて、携帯電話の知識に長けていて難しそうと思われがちですが実際には全く違う所が求められます。

携帯電話の販売はどのような方が向いているのでしょう。

詳しくご紹介していきたいと思います。

人と関わる事が好きな人

最近は携帯電話のお手続きもオンラインで完結する事が増えてきましたが、それでも店舗へ足を運ぶ方も多くなっています。

PCや機械と睨めっこする作業も中にはありますが、メインのお仕事は【お客様】へのご対応です。

PCの操作などは【スキル】として身についていきますが、接客業としてお客様と、人と関わる事が好きな人はとても向いていると思います。

人前で堂々と会話ができる人

ご来店されるお客様には携帯電話やキャリアのプランにご不満をお持ちになりご来店される方もいらっしゃいます。

また、中には些細な事をご指摘してお話をされる方もいます。

接客やご対応を行うにあたって、自身が所属するキャリアの料金プランや携帯電話の機種に自信を持って会話をしていける方はこの職業に向いているいえます。

上記の2つが当てはまる方は携帯電話販売のお仕事に向いています。

また、会話や接客のスキルをさらに上げたいと考えている方にはとっても良い職場といえるでしょう。

PCのスキルや携帯電話の知識がなくても大丈夫です。

「携帯電話販売」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に携帯電話販売の仕事に向いていない人の特徴は?

上記では向いている人をご紹介しましたがその逆で向いていない人をご紹介します。

すべてに当てはまるわけではありませんが、ご説明いたします。

内向的な人

ご来店されるお客様にはさまざまな方がいらっしゃいます。

苦手なタイプのお客様や、理不尽なクレームを言ってくる方もちらほら。

また、接客業を行う方には経験があるかもしれませんが一度ご指摘が上がると、二度三度と立て続けに起こることがあります。

どんなに強固なメンタルをお持ちの方でもクレームが三度も続けば滅入ってしまう事もあるでしょう。

もちろん、内向的な人が絶対的に向いていないというわけではありませんが、接客業を行うにあたってメンタルを鍛えておくことが必要かもしれませんね。

自分本位な人

携帯電話の販売に関しては店舗だったり、家電量販店だったりするのですが決して自分ひとりで店舗を回しているわけではありません。

店舗に関わる方や、店舗の関係者と良好な関係を築く事ができると業務がやりやすくなることは間違いありません。

ですが、自分本位で行動したり常識が欠如していたりする方には携帯電話販売のお仕事は少し難しいかもしれません。

もちろん、スキルがあって知識があって高見を目指す方には自分本位で立ち回ることで上司を納得させることができるかもしれませんが、自分のスキルや経験におぼれている方には向かないお仕事かもしれませんね。

上記では向いない人をご紹介しました。

接客業になると些細な事でクレームになってしまったり、お客様を怒らせてしまったりする事があります。

どんなに感じの良いスタッフでもそういったお客様をご対応する事もありますが、きちんと会話をする事とお客様に向き合うという姿勢を見せる事で解決する場合もあります。

そういった行動をとれない方は向いていない職場かもしれません。

携帯販売の仕事で活かせる経験

ここでは携帯電話販売員として活かせる経験やスキルをご紹介します。

先ほども述べましたが、スキルや知識などは後からいくらでもついてきます。

その中でも就業に有利な経験などをご説明していきますね。

接客経験

どんな職種でもお客様と接する機会がある方は有利と言えます。

接客はお仕事以外の場所でも大いに役立つスキルです。

最初から備わっている方は面接でも評価が高いと思います。

PC操作

携帯電話販売員がよく操作しているPCですが、あれはエクセルやワードといったオフィス系のソフトは全く入っていません。

お客様情報を閲覧したり操作できる専用のPCとなっています。

なので、PC操作といってもオフィス系のソフトを使うよりもタイピングや文字の入力がある程度正確にできる方は強味になるでしょう。

語学力

これはなくても問題ないのですが、近年留学で他国から日本へ来られる方も多くなってきています。

そういった場合、外国の方の対応も行う場合もあります。

もちろん、通信キャリアのサポートセンターが電話越しで通訳をしてくれるので、喋れなくても問題はありません。

ですが、スムーズに応対できる語学力がある方は業務に活かせる事間違いなしです。

配属される店舗によっては全く外国のお客様がいらっしゃらない場合もあるのですが、スキルとして身についている場合は就職にも有利になると思います。

携帯販売で働くメリットとは?

接客力、会話力が身につく

現在日本にある大手通信キャリアは国内でも有数の大企業です。

その看板として販売員の育成にも力を入れています。

研修の内容もですが、大企業だからできる所業といっても過言ではありません。

そのスキルを吸収できる事はとてもメリットがある事ではないでしょうか。

ビジネスマナーを一から学べる

お客様のご対応をするにあたり、必要な言葉遣いや身だしなみ、表情の変え方など様々な事を学ぶ事ができます。

有名な講師を呼んで研修をする事もあります。

専門スキルよりもこういったマナーなどに力を入れている場合が多いので、興味がある方は積極的に研修へ参加する事をお勧めします。

「携帯電話販売」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

販売員として実力が認められれば店長になり、店舗運営をする本部での勤務も可能となります。

ですが販売員から店長になるまでには様々なハードルが待っています。

店舗の売り上げを上げる為にどうするかを考え、店長に提案書を出し実行に移して結果が本部に認められて初めてキャリアアップの道が見えてきます。

店舗なので他のスタッフとの協力関係も必要になってきます。

その努力や実績を認めてもらう事がキャリアアップへの近道になるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ビジネスマナーや会話力のスキルアップを目的とした研修があります。

他業種へ転職をする場合でも、会話力やマナーはとても役に立ちます。

面接や電話対応なども細かく教えてくれるので、転職にも有利な事が多いと思います。

自分にあった携帯販売の求人の選び方や注意点

上記では携帯電話販売のメリットやスキルなどに触れてきましたがここからは実際に応募するにあたっての選び方や注意点をご紹介していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

携帯電話販売員のお仕事は派遣社員と契約社員の雇用形態が主流です。

もちろん、正社員での求人もありますが、派遣や契約社員から実績を積み上げて正社員へ昇格するパターンが多いようです。

【選び方②】職種から探す

携帯電話販売員には家電量販店でのお仕事とキャリアショップでのお仕事があります。

携帯電話の販売という点では同じですが、家電量販店では主に新規受付や機種変更の受付がメインとなり、故障受付やプラン変更などはキャリアショップでの対応となっています。

接客を身に着けるという点ではどちらも同じ研修を受講できる為、家電量販店でスキルを磨いてキャリアショップへ転職という方もいます。

【選び方③】会社の業態から考える

現在、携帯電話を販売しているショップなどは主に代理店の企業が運営をしている場合がほとんどです。

代理店によって独自のキャンペーンを出していたりと集客方法が違ってきます。

また、雇用形態や給与形態も違いがでてくるので、代理店の業態から応募する店舗を探すのもいいと思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与に関しては上記で述べた通り、代理店によってさまざまです。

ここでは平均月収と平均時給をご紹介します。

  • 派遣社員:時給1100円~1500円
  • 契約社員:月給18万円~
  • 正社員 :月給18万円~

となっています。

契約社員と正社員の違いは福利厚生の部分にあります。

正社員は賞与があったり住宅手当があったりと契約社員と違い、年収という所で差がでてくるようです。

また、各キャリアには社内資格制度を導入されており、資格の取得に応じて給料に反映されます。

もちろん資格なので、筆記試験と実技試験をクリアしなければなりません。

また、一定の資格を所有していなければ、業務ができない場合もある為キャリアアップには資格の取得が必須ともいえるでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

自宅近くにキャリアショップがなく、携帯電話販売員を目指したい方は家電量販店への応募がいいでしょう。

キャリアショップにしても家電量販店にしても同じように求人の募集をしている所が多くあります。

定着率も高い職種ですが、逆に離職率も高い職種といえます。

自宅近や活動範囲内で探すのもいいですし、ちょっと離れた店舗へ応募していろいろな経験を積む事も後のスキルアップには大変役立つと思います。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

現在、ご使用されている通信キャリアの企業へ応募する事もいいと思います。

料金プランなど、聞き馴染みがある方が覚えやすい部分もありますし、意識せずともキャリアの特徴をつかんでいる場合が多いと思います。

ここはあくまでお好みの部分になりますが、どちらかというと現在使用している通信キャリアへの応募をお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

携帯電話販売員のお仕事は接客業の中でも知識やスキルが必要となってくる場合も多々あります。

研修時に覚える事も多く、最初でつまずいてしまう方も少なくありません。

接客スキルやビジネスマナーの向上を目指すのであれば最高の職場環境といえるでしょう。

ですが、半面に大変な事も多いという事も事実です。

冒頭でも述べましたが、携帯電話市場は劇的な転換期を迎えています。

格安SIMや格安スマホを提供する企業が多くなり、大手の通信キャリアも打撃を受けていることは間違いありません。

そういった拡大要素が見込める産業だからこそ、販売員の接客や対応が大事になってくると考えています。

この記事が皆様の応募への足掛けとなれば幸いです。