就職や転職活動のなかで、「契約社員」での求人があることは珍しくありません。

一般的には正社員としての就職を目指すことが普通となるので、このような求人を目にした場合に、どうするべきかを悩むと思います。

今回は、契約社員としても魅力がある職種3つを紹介しながら、契約社員という雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。

まずは「契約社員」の仕事例をチェック

契約社員求人のおすすめ職種3選

契約社員としての求人のなかでオススメの職種を3つ紹介します!

コントラクトMR

医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。

ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一時的な増員を行うことが製薬業界には多くあります。

このときに必要となるのがコントラクトMRと呼ばれる派遣型のMR職となります。

コントラクトMRは、製薬メーカーに所属せず、コントラクトMRを管理・派遣をする企業に所属をして、製薬メーカーに派遣をされることになります。

正社員として雇用させることもありますが、コントラクトMRの場合には、プロジェクトの終了をもって雇用が終了するため、契約社員として雇用期間を定めた形での就労となるケースが多くあります。

MRの経験や資格を保有して、結婚や出産などのライフイベントに合わせてプロジェクト単位で働きたいような人には向いている職種となります。

「コントラクトMR」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ITエンジニア

プログラミングやアプリ開発などもプロジェクト化され、期間を定めた働き方となる契約社員が多く採用される職種のひとつです。

企業に縛られた形ではなく、自らのスキルを活かしてフリーランスとして活躍をしたい人にオススメとなります。

「ITエンジニア」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大手広告代理店の営業職

電通や博報堂といった大手広告代理店は営業職の一部を契約社員として雇用することが多くあります。

クライアントや業界別に組織化した営業チームに契約社員として参加をし、業績などを認めらるとそのまま正社員として登用される可能性があることも魅力のひとつです。

一般的な正社員としての入社ルートが大変ハードルの高い狭き門となるため、リスクをとってチャンスを得ることができる契約社員も選択肢のひとつとしてもっておくことも重要でしょう。

「広告代理店の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員のおすすめ求人の特徴とは?

契約社員の求人でもメリットの大きい求人の特徴にはどのようなものあるのでしょうか?

年収が高い

契約社員として働くことには契約期間が限定されているなどリスクがいくつかあります。

これらのリスクを踏まえても、それを上回る報酬が約束されている場合にはあえて契約社員を選択することも有効でしょう。

リスクとメリットのバランスで考えることが重要です。

有名企業での募集

電通や博報堂といった国内屈指の有名企業で働くチャンスを得られるというのもメリットになります。

一派的なルートでは入社が難しい企業でも、リスクをとる代わりに入社できる可能性が高くなるのが契約社員での求人です。

契約社員として期間限定となってもこれらの企業で働いていたという経歴は次のステップにかなりのプラス要因になると同時に、場合によっては正社員登用のチャンスが得られることも珍しくありません。

契約社員はこんな人に向いている!

契約社員として働くことが向いている人のタイプを解説します。

家業を継ぐ予定がある人

実家が事業を営んでいて、将来的にはそこを継ぐことが予定されている人が、社会勉強やビジネススキルを向上させるために短期間働くのに契約社員は最適と言えます。

ライフプランやライフスタイルを優先したい人

近い将来に独立起業を目指す人や、仕事以外に重要視しているものがある人にとっても契約社員としての働き方にはメリットがあります。

起業に向けての資金準備や人脈形成、ビジネススキームの習得をしながらの起業の準備を進めることに契約社員は向いている働き方となりますし、趣味ややりたいことを働きながら注力していく場合にも最適な働き方となります。

契約社員は正社員とどう違う?

契約社員と正社員では、どのような違いがあるのでしょうか?

仕事の量や責任の度合いは変わる?

同じ役職で、同じ役割を与えられている場合に、正社員と契約社員の間で仕事の量や責任について違いはありません。

仕事内容は変わる?

仕事内容について違いはありません。

それぞれ求められるスキルは?

正社員と契約社員という雇用形態の違いで求められるスキルに違いはありません。

収入面は?

正社員と契約社員とで収入面でどのような違いがあるのかを解説します。

正社員

雇用期間に定めがない正社員の場合、企業や業種、職種などによって違いがありますが一般的な日本の企業では収入については以下のような特徴があります。

  • 年次昇給が制度化されており、年1回必ず年収の数パーセントが上がっていく
  • 社歴、年齢、業績評価などによる昇格によって月収3~5万円程度の昇給の機会がある
  • 賞与が年2~3回あり、合計で月収の5ヶ月分前後の金額が支給される
  • インセンティブと呼ばれる業績に応じた賞与制度がある企業では、決算時期に1年間の業績に応じた賞与が支給される

企業によって、上記制度の有り無しがあるため、全てが当てはまるわけではありませんが、以上のような給与面での特徴が正社員にはあります。

日本企業の正社員において最も特徴的なものは、年次昇給や昇格といった制度によって長く勤務することによって給与が上がる仕組みがあることです。

契約社員

契約社員の給与面での待遇については以下のようなものが一般的となります。

  • 契約期間の間は、契約締結時に設定をした年収額が固定化され、変更されることがない
  • 概ね年俸制をとることが多く、年収の1/12となる金額が毎月支給され、賞与がない
  • 業績に応じたインセンティブが付くケースもあるが、一般的でなく、その金額も正社員のそれと比べて少額となるケースが多い

契約社員の給与待遇については、契約期間中は固定化されることが一般的です。

期間や業績に応じた昇給や昇格がないことは注意すべきポイントとして理解をしておく必要があります。

契約社員の給料は、こちらの記事を参考に!

福利厚生や手当についての違いは?

正社員と契約社員によって受けられる福利厚生や手当に関する違いはありません。

交通費のほか、住宅手当や家族手当など、正社員が受けられるものを同様に契約社員も受けることが可能です。

自分にあった契約社員の求人の選び方や注意点

契約社員の求人についての選び方のポイントや気を付けるべき注意点を解説します。

【選び方①】雇用形態から探す

同じ契約社員という雇用形態の場合でも、「正規社員」と「非正規社員」によって内容が大きく異なります。

正規社員と非正規社員の違いとなりますが、大きく異なる点が「就業時間」となります。

正規社員については就業規則に定められた就業時間に従った働き方が義務付けられており、7時間45分となることが一般的です。

これよりも短い時間で限定的な仕事を行うのが非正規社員となり、終業時間が短いことから社会保険などの加入義務が生じないことも特徴です。

契約社員の場合、正規・非正規両方の雇用形態があり、正規社員として雇用期間を定めた働き方となる契約社員については、いわゆる正社員との違いがあまりありませんが、非正規で短時間労働を行う契約社員については、パートやアルバイトと同じような扱いとなり、業務内容から給料、手当など正社員と大きな違いが発生しますので注意が必要です。

【選び方②】職種から探す

職種によっては契約社員の形態をとることが多いものがあります。

自分がやりたいことやライフスタイルに応じて、契約社員を選択することも有効と言えます。

下記の職種は契約社員の形態をとることが多いです。

コントラクトMR

医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。

ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一時的な増員を行うことが製薬業界には多くあります。

このときに必要となるのがコントラクトMRと呼ばれる派遣型のMR職となります。

コントラクトMRは、製薬メーカーに所属せず、コントラクトMRを管理・派遣をする企業に所属をして、製薬メーカーに派遣をされることになります。

正社員として雇用させることもありますが、コントラクトMRの場合には、プロジェクトの終了をもって雇用が終了するため、契約社員として雇用期間を定めた形での就労となるケースが多くあります。

MRの経験や資格を保有して、結婚や出産などのライフイベントに合わせてプロジェクト単位で働きたいような人には向いている職種となります。

ITエンジニア

プログラミングやアプリ開発などもプロジェクト化され、期間を定めた働き方となる契約社員が多く採用される職種のひとつです。

企業に縛られた形ではなく、自らのスキルを活かしてフリーランスとして活躍をしたい人にオススメとなります。

大手広告代理店の営業職

電通や博報堂といった大手広告代理店は営業職の一部を契約社員として雇用することが多くあります。

クライアントや業界別に組織化した営業チームに契約社員として参加をし、業績などを認めらるとそのまま正社員として登用される可能性があることも魅力のひとつです。

一般的な正社員としての入社ルートが大変ハードルの高い狭き門となるため、リスクをとってチャンスを得ることができる契約社員も選択肢のひとつとしてもっておくことも重要でしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態によっては契約社員としての雇用形態を多くとるところもあります。

  • 外資系企業
  • IT系のプロジェクトによる開発業務を執り行う企業
  • 人材派遣企業

これらの業態については、期間を定めた形での労働量調整が必要となることが多く、契約社員としての採用を積極的に行います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与面や雇用条件を優先して考える場合には、正社員としての就業を目指すほうが適切です。

入社時の年収条件などは同じでも2年目以降については年次昇給や昇格、業績賞与などの影響があり正社員のほうが好条件となることが一般的です。

給与や雇用条件については契約社員には注意すべき点があるということを把握しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

エリアによる雇用形態の違いはあまりありません。

自分が就労を希望する勤務地について出ている求人を選択した場合に、雇用形態をチェックする程度で十分となります。

契約社員で働くメリット

契約社員として働くことのメリットについて解説をしていきます。

自分のライフプランにあった働き方ができる

契約社員の場合には、はじめから就労期間が最長3年間の間で設定がされます。

そのことによる特徴が以下の通りになります。

  • 入社後すぐに担当業務が与えられ、実績を積むことができる
  • 業務に関連する研修やトレーニングを集中的に受けることができ、短期的なビジネススキルの向上が望める

無期限雇用の正社員の場合には、長い場合に5年~10年単位でのキャリアパス形成が想定されていて、それに伴う研修やトレーニングプログラムを組むことが一般的です。

入社して半年から1年程度は補佐的な業務に終始することが多く、なかなか自分自身の単独業務が与えられず、業務を通じた成長が人によっては遅く感じることなどもあります。

このため、家業の継承や独立起業などを計画している人にとっては、正社員として働くよりも、契約社員として限られた期間に濃密なビジネス経験を得らることのほうがメリットになるケースがあります。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

結婚や出産などを経験して、家事や育児などを行いながら働きたい人や、仕事以外の活動などを行っており終身的な雇用形態を望まない人にも契約社員として働くことのメリットがあります。

自分が望むような就業期間での勤務を企業側と交渉をし、実現することができれば、自分の優先するライフスタイルを維持したなかで、希望する職種や企業での就労が可能となります

契約社員で働くデメリット

自分のライフスタイルやプランを優先することができる契約社員として働くことでデメリットはあるのでしょうか?

常に次のステップを考えなければいけない

契約社員として労働者を募ることの背景には、事業収益の状況如何によっては労働者を削減できるリスクヘッジを持ちたいという考えがあります。

契約社員は1回の契約期間を最長3年とし、その後最長で2年間契約延長が可能となっています。

そこから延長を行う際には、雇用期間を定めない正社員としての雇用が義務付けられているので、契約社員としてがんばっていればいつかは正社員になることができるという考え方もできます。

しかし、更新されないことをリスクを考えた場合には、常に次のステップに向けた準備が必要となります。

転職活動は準備などのことを踏まえると最低でも半年以上の時間を必要とするため、3年契約の場合であれば契約最終年については概ね転職活動を並行して行わなければならないのが一般的です。

次のステップが明確になっている人や、主婦など次のステップまで多少期間が空いても問題がない人以外は注意が必要です。

キャリアパスにおいて長期的な成長が難しい

契約社員の場合には、長期的なキャリアパスを企業側が用意をしてくれません。

与えられた業務を行うことがキャリアパスのステップアップにはつながらないというリスクがあります。

契約社員として働く前後のキャリアパスについての繋がりがある計画を自分自身で設計をしたうえで働くことが重要です。

昇給・昇格がない

無期雇用の正社員であれば年収アップについては、長く務めることである一定水準までは達成することが可能です。

契約社員についてはこのような自動的な年収アップは望めません。

また、契約満了後に次のステップを進む場合に必ず年収アップすることが保障されているわけでもありません。

契約社員として働きながら年収アップを望む場合には、次のキャリアを考えたうえで、年収アップができるための実績作りやスキルアップを行っていくことが重要となります。

まとめ

契約社員の求人について解説をしてきました。

契約社員として働くことは、ライフプランが定まっている人や、ライフスタイルへのこだわりがある人にとってはメリットが多い働き方と言えますが、年収アップや安定したキャリア形成という面ではリスクがあることも事実です。

自分自身がなにを目指しているのか、生活のなかでなにを重要視するのかを考えたうえで選択をするようにしましょう!



関連キーワード

働き方

契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かけるのが契約社員という文字。アルバイト、パート、派遣社員という言葉には馴染みがあると思いますが、契約社員という働き方を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などの保証はあるのか、お給料に違いはあるのかなど不明点が多いですよね。今回は契約社員のなり方やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方があっているのか見極めてみてください

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

契約社員の有給って取りやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はしっかりとしている事務所がほとんどであるため、有給休暇が取得できないということはありません。ただ、それと有給休暇取得のしやすさは事務所によって大きく変わってきます。そこで今回は、法律事務所における有給休暇取得のしやすさや、福利厚生制度について見ていきたいと思います。契約社員の有給って取りやすい?まず、契約社員だからと言って、有給休暇を取りづらいといった事情はありません。もちろん、職場ごとに有給休暇を取得するのが好ましい日にちと好ましくない日にちがあるでしょう。

契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?求人を探す前にぜひご覧下さい!

契約社員求人の募集に目が留まった方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどう見つければいいのかをここではお話しさせていただきます。契約社員として働くために必要なポイントについてや、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべき点にも触れていきますので、様々な注意点を把握して自分に合う求人を上手に選びましょう。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多い

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。契約社員と正社員は雇用形態の違いから、そこまで詳しく調べることもなく、多くの人が正社員のみを見ているのが現実です。しかし、自分に合った働き方というものはもっと多種多様なものであるはずです。今回は契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットという点から見ていきたいと思います。契約社員と正社員の違いとは?契約社員は期限が定められている社員のことをいいます。正社員は契約社員とは異なり契約期限というものがありません。そのため、両者の違いで最も顕著なのが、契約期間であるといえます。また、契約社員と正社

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

契約社員の給料はどのくらいだと思いますか?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介していきたいと思います。また、契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。あなたが働く前に、契約社員の平均年収や、具体的な業務内容、給与を上げるための方法をお話しさせていただきます。契約社員の給料の手取りに納得いかない人はこの記事を参考にご覧ください。契約社員の給料の相場はどのくらい?平均給与は20万円前後契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与契約

契約社員で働くメリットとは?良い求人・悪い求人の見極め方もご紹介します!

まず契約社員とは企業と期間を限定して雇用契約を締結して、労働ををする労働者のことをいいます。正社員との違いとしては、雇用期間の限定という点で大きく異なります。他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。それらの違いから一般的には正社員で入社できるのならば、契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。それでもなお、契約社員という雇用形態があるのは会社側の都合もあるでしょうが、労働者としてのメリットがあるからです。今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。契約社員で働くメリットとは?契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まって

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

契約社員とはどういう仕事?良い面・悪い面など働く場合に気をつけたいポイントもご紹介!

新卒での就職活動や、転職活動などにおいて、企業側から雇用形態を「契約社員」で提示をされるケースがあります。正社員としての就職を希望している場合に、契約社員としての条件提示を受けても大丈夫なのか悩んでしまうと思います。ここでは契約社員という雇用形態について、正社員などそのほかの雇用形態との違いを含めて、改めて解説をします。自分が求めるライフスタイルによっては、正社員よりもむしろ契約社員としての働き方のほうが適しているケースもありますので、契約社員がどのような働き方になるのかをよく理解をして、仕事選びの際の参考にしてください!契約社員とは?一般的に「契約社員」として称される雇用形態は、あらかじめ雇