まず契約社員とは企業と期間を限定して雇用契約を締結して、労働ををする労働者のことをいいます。

正社員との違いとしては、雇用期間の限定という点で大きく異なります。

他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。

それらの違いから一般的には正社員で入社できるのならば、契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。

それでもなお、契約社員という雇用形態があるのは会社側の都合もあるでしょうが、労働者としてのメリットがあるからです。

今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。

契約社員で働くメリットとは?

契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まっています。

また働く場所での労働条件も契約によって決まるため、労働時間、勤務地、どのような仕事をするのかといったことまで、その契約内容で決めなければなりません。

そして、その契約内容にどのような条件を付するのかまで、会社との交渉次第で決まります。

たとえば、残業はできる限りしないという条件や、転勤の有無まで決めることができます。

これだけを聞くと、就職の際にそのような条件を付けることは労働者側にとって採用されないというリスクがあるため難しいのではないかとも思えます。

しかし、精査品と異なりボーナスや退職金もなく、正社員よりも福利厚生のレベルが低くなっているといった待遇面での差がある以上、こちらからも譲れない条件は提示しなければなりません。

そのうえで、なお契約社員として働くのは、そこに働く人にとってのメリットがあるからです。

そして、そのメリットは会社や労働者によって異なるため一概にすべてを見ることはできませんが、一定のメリットをここからは見ていきたいと思います。

自分のスキルが活かせる

契約社員は、専門的な能力や経験による仕事ぶりを評価されたうえで、雇用されます。

そのため、自分の得意分野である知識と経験を活かして、自分に合った仕事ができます。

また、その人毎の実力に応じた報酬を提示されるため、実力のある人はよりたくさん稼ぐことができるということになります。

契約社員のなかには、月収単位の手取りでは正社員よりも高い月収を得ている人もいるようです。

ただし、それでもボーナスがない以上、年収では劣ることが大半です。

そのため、お金も大事ではありますが、お金以上にその人毎の仕事に対する姿勢や考え方が反映される働き方であるといえます。

副業も可能

契約社員の雇用契約においては、副業は基本的に禁止されることが少ないです。

そのため、その仕事以外の仕事をして稼ぐことも可能です。

本業とは全く別の分野における副業をすることによって、自分の知識や経験を広げることができます。

プライベートを大事にできる

契約社員は雇用契約ごとに条件が刷新されます。

子育て期には時短勤務をするなど、フレキシブルな時間設定で働くことが可能です。

これも雇用する会社側との交渉次第で決まるのですが、自分の人生にとって最も重要なことは何かという点を考えた上で、その人毎に期間が限定されている職場であることも踏まえて、契約社員として働くことを決めているようです。

労働者側としては、仕事が人生における全てですということは、近年ではむしろまれです。

自分の人生において、子育てや休日の過ごし方や、プライベートな時間のそれぞれをいかに充実させるかという点が近年では重要視されてきているためです。

そこでプライベートを重要なものとしている人にとっては、契約条件次第で契約社員として働くことを選ぶことが多いようです。

人間関係で悩むことが少ない

契約社員の雇用は期間が限られており、かつ、実際に働いてみて他の人とうまくかみ合わなかったときにも解雇されることがあります。

そのため一緒に働くのが嫌な人がいたとしても、短ければ数カ月、長くとも数年でその人とは会うことがなくなります。

そのことからすると、正社員のように一生嫌な人がいる職場で働かなければならないと悩むこともありません。

仮に数カ月働いてみて自分にとって嫌な職場であると思えば、こちらからさっさと次の新しい職場に転職してしまえばよいのです。

転職自体の大変さもありますが、一つの嫌な職場で我慢して働くくらいならば、自分に合った職場が他に必ず見つかります。

これらのことからすると、一生働くつもりで入社するのが前提となっている正社員よりも、契約社員の方が人間関係で悩むことは少ないといえます。

契約社員のメリット・デメリットは、こちらの記事も参考に!

契約社員の求人で良い求人、悪い求人の見極め方とは?

契約社員の求人の中には良い求人と悪い求人というものがあります。

良い求人とは、労働者である契約社員にとって働きやすい職場のことを言います。

たとえば、働いている職場の雰囲気や、仕事内容のきつさ、有給休暇の取りやすさなど様々なことから、その働きやすい職場環境かということは決まります。

その多くある職場環境の中でも自分の働きやすい職場が、良い求人であり、その逆が悪い求人であるといえます。

悪い求人のなかでも酷いものだと、男女兼用トイレしかないような職場も一昔前まであったようです。

このような悪条件はめったにないものですが、求人を見る段階で何を見なければいけないかの指標がないと、ひっかかってしまう人もいるようなので注意が必要です。

もちろん、悪い求人というものが働く前の段階、つまり求人広告を見てる状況でそのすべてがわかるわけではありません。

しかし、働いてからでないと悪い求人であったかがわからないというのでは、貴重な人生における時間の無駄遣いとなってしまいます。

そこでここからは、そんな求人広告においてどのような点を注意しなければならないのかを見ていきたいと思います。

ノルマの有無

特定の職業においてはノルマのある仕事もあります。

そのノルマをこなさなければ給料が出ないというわけではないのですが、その後の仕事をする際に不利益となる場合があります。

それはその後の仕事内容の厳しさや、職場における居心地の悪さというものにもつながります。

そして、ノルマというものに対して心理的にプレッシャーを感じるようになると、仕事そのものまで嫌になってしまうことが多いです。

そこでノルマの有無という点は求人広告を見た段階できっちりと確認しなければなりません。

また、求人広告に掲載されていない仕事であっても、仕事の内容次第では、働き始めてからノルマを課されてしまうこともあるので、面接の時などにきっちりと確認しておきましょう。

労働時間・残業時間

契約社員は正社員と異なり、労働時間がフレキシブルにできるという点が魅力の一つとなります。

そのため、労働時間・残業時間の有無という点は働く際に最も重要視する人が多い点でもあります。

人によって夜勤の場合であっても、行き帰りの電車が混雑していないことや、日中よりも電話対応が少ないといったことに対してメリットを感じる人も多いです。

そんな人たちにとっては当然確認している労働時間・残業時間ですが、不規則なシフト制などを採用している会社もあるため、自分の時間を無駄に減らさないためにも、労働時間については必ず確認しなければなりません。

有給休暇

契約社員は派遣社員と異なり、企業に直接雇用される労働者でもあるので、働く期間次第で有給休暇が与えられることがあります。

その有給休暇が与えられるまでにどのくらいの期間が必要なのか、有給休暇の日数は自分のプライベートの時間に直結することなので、必ず確認しましょう。

また重要なのが、有給休暇を与えられていてもそれを消化できる職場かどうかという点が別だということです。

もちろん、有給休暇は労働者の権利として認められているので、どのような理由であっても休むことができるものです。

しかし、その会社にとって一番忙しい日にあえて有給休暇を取るというのは、好ましいこととは言えません。

一人休むということは、その分の負担を他の人が補わなければならないということです。

その後も一緒に働いていく人のいる職場ですので、他の人にあまりに負担を押し付けるようなことは避けなければならないのが原則です。

そのため、有給休暇が労働者に認められている権利とはいっても、会社との信義則を破ってまで、権利を振りかざしてよいということにはならないのです。

契約社員の募集で良い求人を探すための方法

どのような仕事が自分にとってより良いのかを決めてから、その要望に合った求人を探すというのが通常ですが、どのような指標を持って求人を探すのがより良いのでしょうか。

今後働いていく会社を探すのですから、自分の指標を最重要なものとすべきですが、それ以外の指標も参考にした方が、より良い求人というものが見つかる確率が上がります。

そこでここからは、契約社員の求人において、より良い求人をさがすための方法を見ていきたいと思います。

1.自分のやりたい仕事で探す

これは当然そうしている人が多いと思っていましたが、実際は給料や職場までの時間を考えている人の方が多いようです。

しかし、自分が本来したい仕事とはどのようなものであったのかを、今一度具体的に考えてみるべきです。

そうすることで、その後の人生プランというものが変わってくるからです。

実際、契約社員として一生働き続けるという人は、ほとんどいません。

契約社員として働くのは、正社員として働くための経験を積むためであったり、ダブルワークをして貯金を貯めるためであったりといったことを理由として働いていることが多いです。

そのなかで自分のやりたいことよりも優先するものができない限り、自分のやりたい仕事をしなければ、その期間がひどく退屈なものとなってしまいます。

そのため、自分のやりたい仕事という指標は持つべきです。

2.正社員登用で探す

契約社員は雇用期間が限定されているため、その期間以降は新たに職探しをしなければなりません。

会社は契約満了日の30日前に予告する義務がありますので、最低でも30日前には通知されます。

しかし、契約更新を期待していたのに満了を通知されるとすぐに次の職を考えなければならないため、非常に焦ります。

もちろん雇用保険に通算1年以上加入しており、会社都合で契約満了となった後に解雇となれば、失業保険を給付制限なしでもらうことができますし、自己都合で契約満了となった場合でも給付制限付きではありますが、失業保険がもらえます。

そんな不安をなくす方法として正社員になってしまうというものがあります。

契約社員として働いている会社で、そのまま正社員になってしまえば、失業保険の有無などは考える必要すらなくなります。

また、正社員となることにより待遇面でもかなり異なってきますので、正社員登用で契約先を探す人も多いようです。

3.福利厚生の充実度で探す

契約社員として働くには、職場での働きやすさというものが重要となります。

それは、契約社員として働いている人でなくとも重要視することであるともいえます。

ただ、契約先を探しているうちに給料が高い方がいいのではないかといった点などが気になってしまい、福利厚生面はついついおろそかになりがちな部分でもあります。

もちろん、完璧にどんな条件でもそろっている契約先を探すというのは難しい面もあります。

しかし、福利厚生面は日々の仕事を行う上で重要なものといえます。

それは、休暇の日に割引を受けられるといったサービス的な分野ではなく、日々の仕事の中で会社としての設備の充実度が変わることにより、仕事のしやすさというものが変わってくるといえるからです。

そのため福利厚生面まで綿密に見た上で、どの会社と契約するかは判断するべきといえます。

まとめ

契約社員として働く人には様々な人がいます。

それは人それぞれの仕事に対する価値観や、仕事をするための自身の状況が異なるからです。

そのため、期間が限定されているという面や、ボーナスが出ないといったマイナス面はあるものの、条件次第で自分の働きやすい条件で働くことができるのが、契約社員という雇用形態といえます。

今回の記事によって、どのような求人のどのような条件を見ればいいのかということを知っていただき、人それぞれの働きやすい職場と巡り合うことができればと思います。

実際に契約社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

契約社員求人