契約社員の給料はどのくらい?

私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します。

契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。

契約社員として働く前におおよその給与や、その後の会社における契約社員の仕事内容、給与が上がるための方法まで見ていきたいと思います。

契約社員の給料の相場はどのくらい?

平均給与は20万円前後

契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。

契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

契約社員に対して会社は基本的に賞与を支払うことはありません。

そのため、この点が年収において正社員と大きな差を生む要因となっています。

昇給

契約次第ですが、賞与と同様に昇給もないのが基本です。

実際に会社において働く月日が限定的なため、昇給するには時間が足りないというのが現実です。

各種手当

契約社員でも福利厚生のなかには受けられるものもあります。

しかし、正社員と比較するとこの点でも差を設けているところが多いようです。

普段働いている状況での会社設備の利用に関しては、正社員と変わりなく利用できるのですが、休日の日の他の施設での割引利用等に関しては、少なからず利用できない等の差があるようです。

また、退職金は出ないところが多いです。

契約社員は正社員に比べてリストラのリスクも高く、契約期限を迎えると行進がない可能性もあるので、退職の際には預金がある程度ないと生活が苦しくなります。

給与が高い人は何が違うの?

その会社に入るまでの経験やスキル、業績への貢献度など様々な要因が重なって、給与に反映されています。

そのため、初期の契約段階において会社から提示される額に差があるというのは、契約社員の間ではよくあることといえます。

その給与の差により、業務において差を設けるなどをしている会社もあるようです。

スキル

スキルはそれまでの社会人になった後や、社会人になる前の学生の段階でどれほど積み重ねられるかにより決まります。

会社に入った後にスキルを高めるための研修等は行われたりすることはありません。

もちろん、日々の仕事の中で知らなかったパソコンスキルなどを教えていただくという機会はあります。

しかし、そういうことはむしろまれで、会社から課された仕事に対してどれほどの成果を出せるかで判断されるのが通常ですから、自分で調べて仕事をこなしていくというのがスタンダードであると考えた方が良いでしょう。

役職

契約社員は仕事内容としては通常の正社員と重なる部分も多いです。

しかし、契約社員に対して役職を与えるというのは、聞いたことがありません。

それは、契約社員が期間限定の社員であることとも関係します。

仮に課長などの役職を契約社員に与えたとしても、数年後には会社からいなくなるのが前提なのが基本なので、会社にとって課長という役職が不安定なものとなります。

もちろん正社員として採用されることを見越して、課長になるためのルートにあるような仕事を任せられることもあるかもしれません。

しかし、実際に役職に就くのは正社員になった後であることは変わりません。

そのため給与に役職が与える影響はほとんどないといって良いでしょう。

勤続年数

そもそも期間限定の社員というのが、契約社員という雇用形態であることから、勤続年数により給与が上がることもありません。

個々の契約において昇給を認めるような条件を付することができれば別ですが、勤続年数により、給与が上がるということはないと考えておいてほうが良いでしょう。

地域

東京や大阪、福岡、名古屋といった都市圏とその他地方では給与に差があります。

これは契約社員に限ったことではありませんが、地方格差と呼ばれるものが契約社員における雇用形態においても、反映されています。

契約社員の給料の決まり方

それまでのスキルや経験

契約社員の給与は当初の契約段階において、決まります。

そのため契約段階において、どのようなスキルや経験を得てきたかにより給与が決まります。

スキルや経験により任せられる仕事の内容が決まり、それによって会社に対してどの程度の利益を与えることのできる社員かが決まるといえるからです。

派遣社員からの契約切り替え

契約社員として入社するには、いきなり契約社員となることもありますが、派遣社員からの切り替えによる契約というものもあります。

そのためそれまで同じ会社に勤務していたことにより、会社の内情を知っており、より会社に貢献できる人材であると判断され、給与が決まることもあります。

契約社員で給料をあげるためにやるべき3個のこと

契約社員の給与に関することで昇給がないのが基本ですが、それはあくまで一般論で、個別の事情次第で昇給があることもあります。

そのため、ここからは昇給をするにはどうすればいいのかを見ていきたいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

給料アップの交渉をすると契約更新に不利になるかもしれないという理由から、そのような交渉を行わない人が多いのが現実です。

ですが、他の社員と比較してあまりに給与が少なかったり、仕事の量が多かったりするなどの待遇面での不満があるのであれば、早めに担当者に言っておくべきです。

そのような行動をしなければ、自身の負担がますます増えていくこととなってしまい、疲労感が増すばかりで、契約社員として働きにくくなっていってしまいます。

もちろん理不尽な給料アップの交渉は、相手の時間を無駄に割くことになるので控えるべきですが、そうでなければ、交渉をするのも一つの手ではあります。

スキルアップを図る

契約社員はそのスキルや経験によって雇用されています。

その期間だけでも必要とされるスキルや経験は存在するためです。

ですので、スキルアップを図るというのは、その後の給料に対する影響が少なからずあります。

思い切って転職する

期限が切れる前であっても転職活動はできます。

会社においてもそれは当然のこととして受けいれられています。

なぜなら、契約期間が切れてから就職活動をするのでは、数カ月間の間給与がない生活となってしまうことが目に見えているからです。

そのため、職場であまり露骨に転職活動をしていることを言うことがない限り、転職活動のための努力はしておくべきです。

以下では、その際の転職先の選び方について見ていきたいと思います。

転職先の選び方1:自分の生活に合った時間帯の就業時間

契約社員は期間限定という不安定な雇用形態である反面、その就業時間については融通が利く側面があります。

それは他の契約社員より1時間遅く出勤できるものであったり、残業時間を減らしてもらう働き方であったりします。

ボーナスや正社員登用を狙っていないのであれば、その時の自分の生活に合った就業時間を選択できないか調べてみる方が、より働きやすいものとなるでしょう。

転職先の選び方2:自分のやりたかった仕事ができる転職先

契約社員としてずっと生活していくのは給与の面で苦しい部分があるのが実情です。

そのため、いつかは正社員として働くか、自分で店を始めたりする人がいます。

その際に必要な経験を積めるような転職先を探すのはありです。

契約社員の良い面というのは、その会社にとらわれすぎずに働けるという点です。

その点を活かしつつ、自身にとって必要な仕事は何か、やりたい仕事はなにかを見極めて転職するのが、その後の人生プランに対してもより良い影響を及ぼしてくれることでしょう。

転職するときは、こちらの記事を参考に!

給料をアップさせるための求人の選び方

契約社員として働き始めてから給与の交渉等をすることはできない人のため、ここからは給料をアップさせるための求人について見ていきたいと思います。

給与相場が今よりも高いところを探そう

契約社員で給料が低いとはいってもそのなかでも高低差はあります。

ですので、自分に合った仕事を見極めつつ、どのくらいの給与であれば生活できるのかを踏まえて、就職活動を行うべきです。

賞与や昇給制度をチェック

契約社員には賞与や昇給制度がないのが通常です。

ですが、過去に賞与や昇給のあったという会社であれば、時給は低くとも一定期間を超えて働くことで、賞与や昇給により結果としてより多くの給与がもらえるチャンスがあるといえます。

そのため賞与や昇給制度については念のため確認はすべきです。

残業代はちゃんと出る?

残業代を出さない会社は労働法に抵触する行為を行っている可能性があります。

そのため、残業代を出さない分、給与がかなり高いなどの条件がない限り、労働者としての権利を失わないように、はっきりと伝えるべきことは伝えましょう。

交通費や福利厚生は?

交通費は一定額まで支給されるのが通常で、福利厚生面は正社員ほどではないにしても、受けられるのが通常です。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

派遣社員から直接契約への切り替え時

派遣社員時には1500円であった時給が直接契約になったことにより1700円まで上がったという実例があります。

たかが200円ではありますが、月収単位では数万円異なってきますので、契約社員にとってはかなり大きな金額であるといえます。

給料が上がる理由としては、仕事に対してより効率的に働けるようになったことへの評価と、その後に新人が入ってきた際に指導係としての仕事が増えることも加味しつつのものであるといえます。

仕事の内容が給料アップにより劇的に変化することはありません。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

雇用形態により月給や年収は歴然とした差がでます。

まず、給与が高いのが正社員、次いで契約社員、派遣社員、アルバイトという序列になっています。

正社員とそれ以外の雇用懈怠ではボーナスの有無が、圧倒的に年収としての差に響いてきます。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

正社員であれば福利厚生面を全面的に受けることができます。

そのため、その他の契約社員や派遣社員、アルバイトなどとは給与以外の点でもメリットがあるといえます。

一方で、仕事内容がよりハードになり、残業が多くなるのが正社員のデメリットといえます。

仕事内容としては、より多くのことを覚えなければならず、他の契約社員や派遣社員にも教えることが多いのが正社員です。

派遣

派遣社員は直接契約に移行するタイプの派遣社員と、派遣会社との契約のままの派遣社員がいます。

前者は一般的に紹介予定派遣といいます。

より長く務める気持ちがあるのであれば、紹介予定派遣の方を選択した方が後々の契約切り替えの際に、給与がアップしますので最初の選択を誤らないようにしないといけません。

派遣社員のメリットは、多くの仕事を押し付けられないという点です。

そのため仕事に慣れてしまえばあとはルーティンワークとしてこなしていけるので、日々のストレスがありません。

デメリットとしては雇用の不安定さが挙げられます。

一時期派遣切りという言葉もあったように、その雇用に対し常に不安はつきまといます。

契約社員

契約社員はこれまで述べてきたように、自分に合った仕事をしつつ、自分に合った時間で働けるというのが最大のメリットといえます。

デメリットとしては、派遣社員と同様に雇用の不安定さが挙げられます。

アルバイト

アルバイトはこのなかで最も責任の軽い働き方であるといえます。

その分、給与も安いのが難点ではありますが、年齢や経験、スキルを問わずに働き始めることができるので、働きやすさでいえば最も楽な形態であるというのがメリットといえます。

デメリットは有給休暇や賞与がないこと、基本給自体が他の雇用形態と比較して低いことが挙げられます。

まとめ

今回は契約社員の給与の相場や、各種手当から給与アップのための方法などを雇用形態の差なども含めて見てきました。

正社員と比べてしまうと、その給与の差や雇用としての安定性については劣るものの、契約社員という雇用形態が期限付きであることから、契約社員ならではの働き方もあります。

仕事に対してきっちりとこなさなければならない点では正社員と異なりませんが、ボーナスがない分、社内における評価を常に気にしながら仕事をしないといけないなんてこともありません。

今後、契約社員として働く人に本記事が参考になれば幸いです。


関連キーワード

契約社員求人