契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。

そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。

会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。

会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。

ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。

そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですので、契約社員になる時点で副業をすることについて、確認をしなければなりません。

では副業ができるとしたら、どのような副業があるのでしょうか。

今回はそんな副業について、実際にはどのような仕事があるのかを見ていきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

副業とはどんな仕事?

副業は、サイドビジネスやダブルワークといわれ、在宅ビジネス、内職などといったものに分かれます。

日本にはいろいろな副業がありますが、実際にはどのような仕事をしている人が多いのでしょうか。

ほとんどの人は、本業の仕事で疲れていて、かつ、他の仕事をする時間的余裕がない人であるため、家でも仕事が可能なため、インターネットを利用して稼ぐことが多いようです。

ただ、インターネットでの副業以外にも休日を利用した副業もあります。

ここでは、副業にはどのような仕事があるのかを具体的に見ていきたいと思います。

契約社員の副業はどんなものがある?

ライティング

ライティングは今話題となっているニュースや芸能ゴシップ、専門的な知識に関することなど、様々な内容についての記事を書く仕事のことをいいます。

記事に関する仕事については多くの場合、インターネットでライティングに関する仕事を見つけて行います。

この仕事については、1文字いくらで文字数は数千文字というような契約が多いです。

ライティングの仕事は時間を見つけて、家でできるのがいいところです。

満員電車に乗って会社まで行く必要もないですし、上司から急な仕事を振られて残業になるなんてこともないので、自分のペースで淡々と仕事をしていくことができます。

そのため、家で仕事をしたい人や自分のペースで仕事をしたい人に向いている仕事といえます。

また、文字の単価は難しい記事や書ける人が少ない記事であれば上がるため、専門的な知識がある人にも向いている仕事といえます。

ただ、文章を書く技術は多少の訓練が必要となるので、その点は注意が必要です。

ライティングに慣れてくると継続的な仕事の依頼が来るようになるので、仕事が見つからないということはなかなかありません。

継続的にライティングの仕事をすることで仕事にも慣れていき、文字単価も上がっていくので長期的にもできる仕事といえます。

コンビニなどのアルバイト

コンビニなど24時間営業をしているところであれば、仕事終わりにもアルバイトで働けるので、体力的に厳しくなければ副業としては考えられます。

深夜の時間では割増の時給となるため、それなりには稼ぐこともできます。

ただコンビニでのアルバイトといってもやる仕事の種類は様々で、初めてコンビニで働く人にとっては覚えるものも多く、生活が不規則となってしまうというデメリットもあります。

そのため男性の場合であれば、体力面で多少無理がきくかもしれませんが、女性の場合には本業に影響してしまうか、体調不良となる危険もあるのでおすすめはできません。

アフィリエイト

アフィリエイトは、インターネット上でサイトやブログを作成し、そこにいろいろな商品の広告を掲載して、その商品をサイトを見た人が買うことにより広告収入を得るというものです。

現代では商品に関する公告を出すのは企業だけでなく、個人でも可能です。

実際、私たちが生活する上で何かの商品を購入する際には、その商品に関する口コミを参考にすることも多いでしょう。

そしてインターネットを見ていて芸能人のブログや、個人のサイトが自身の趣味・趣向と合うものであれば、その人がおすすめしている商品を購入することもあるでしょう。

その商品を購入した際、ブログやサイトを作成した人に入る金銭が、アフィリエイトによる収入となります。

アフィリエイト収入を得るには、自分でブログやサイトを開設することが必要です。

また、広告収入を得るには、より多くの人の目に触れる必要があるので、多くの人に興味があるようなサイトを作らなければなりません。

ですので、最初のうちはあまり広告収入で生活するといったことはできません。

ただ、一度がんばってサイトやブログを作ると、その後は放っておいても収入が入ってくることがあるので、不労所得となります。

芸能人であれば自分のブログに日常のことを書いて、公告を掲載することで年収数千万円以上を稼ぐともいわれています。

ただ、一般人の場合には閲覧者数も少ないためほとんどの人が、稼げるようになる前にやめてしまうことも多いようです。

投資

株式による投資やFXといった投資もただのギャンブルではなく、副業の一つといえます。

それは、株式投資であれば企業に関する知識が必要となりますし、FXであれば国際情勢に関して見ておく必要があり、実力次第で稼ぐことのできる仕事だからです。

投資家と呼ばれる人達は一日で数百万円以上を動かすようですが、少額で始められる投資もあるため、一般的な人でも始められます。

そしてニュースなどを見て世界情勢に大きな変動があると、株の値段も活発に変動するため、少しの知識と経験により短期間で稼ぐことも可能です。

実際、日本は多くの人が投資を行っている投資大国で、その市場は日本に限らず世界に広げることも可能です。

そのため、ただのギャンブルとして考えるのではなく、一度投資について真剣に勉強してみるのもいいと思います。

せどり

せどりは、古本屋で安く仕入れ、他の店舗などに転売することで、その差額により収入を得ることをいいます。

古本に関する専門的な知識がないとできないことと考える人も多いようですが、現在ではいくらで買いますといったことがインターネット上に書いてあるため、それを利用して大量に買い入れることで稼ぐことができます。

ただし、一度に大量の古本を買わなければ最終的な儲けにはつながりにくいため、大量に仕入れることが必要となります。

そのため転売に失敗すると家のなかで古本の置き場に困ることにもなります。

また一日に一つの古本屋だけでなく、いくつかの店舗を回らなければならないため、休日がつぶれてしまうことにもなります。

そのため、古本について一度きっちりと調べてからでないと労力の割に稼げないなんてことにもなるので注意しなければなりません。

アンケート調査

アンケート調査はいくつかの項目に対して答えることで、収入を得るというものです。

携帯電話・スマートフォンですぐにできるアンケートは一つ10円くらいのため、小遣い稼ぎにすらならないものが多いです。

ただ、アンケート会社に登録したうえで依頼される仕事は単価も高く、稼げる仕事といえます。

特に、平日でもアンケート会社や指定された場所に行くことができる人であれば、より稼ぐことのできる座談会というものがあります。

これは事前に映画の予告を観たり、商品を食べたりしたうえで感想を複数人で言い合うというものです。

この座談会については、時給換算しても割りがいいアルバイトといえます。

家事代行サービス

これは女性限定の副業になりますが、依頼者の家に行って家事を行うという仕事があります。

その内容は、家の掃除や、炊事、洗濯と家事そのものです。

会ったこともない知らない人の家に行くことに抵抗を感じたり、危険を感じる人もいるかと思いますが、家事代行サービスを行っている会社に登録して行うので、相手の人の身分は知ることができます。

また、慣れてくると依頼者の家のカギを預かり、依頼者のいない状況で行うものなので、監視されることなく仕事ができます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

契約社員でもおすすめの副業とは?

ライティング

ライティングは上記のように自分の時間を大切にしつつ、することのできる仕事なのでおすすめの副業といえます。

記事の内容によっては、書きたくないものもあるかもしれませんが、そのような記事については断ることもできるので、自由度は他のアルバイトなどに比べると高いといえます。

またトップクラスの人となると月に百万円以上稼ぐ人もいるようなので、長期的に行うことで、かなり稼ぐことの目指せる仕事といえます。

ライターの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

治験

治験とは医療に関する新薬を試す人体実験のことです。

人体実験というと体に有害なことが起きるのではないかと心配する人も多いのですが、実際に事故が起きることはほとんどなく、安全性は危険な工事現場での仕事よりもはるかに高いものといわれています。

また、治験はその薬の効果が判明させるために行うものなので、拘束時間は長くなります。

ただ、治験中の活動は本を読むなどをしてもいいため、自分次第で有効に時間を使うことができます。

その報酬もかなり高いもののため、副業としておすすめできる仕事といえます。

一度やってみるのもいいのではないでしょうか。

覆面モニター

お店に実際に行き、指定されて食事をすることで金銭を得る仕事です。

多くの場合、お得に外で食事ができるということを目的としているので、その収入により生活をするというものではありません。

しかし、普通に行くと高いお店であっても、覆面モニターで行くことでかなり安く食べられ、かつ、普段は食べないような場所での食事もできることで人気な副業でもあります。

また、日頃の本業での疲れを癒すための外食ができるので、おすすめの副業でもあります。

私が実際に体験した副業の仕事

ライティング

私が実際に体験した副業の仕事の一つが、ライティングです。

元々文章を書くことについては得意ということもあり、この副業を行うことにしました。

最初のうちは、文章を書くことは得意であったものの改めて記事として核となると、慣れないこともありました。

そのためライティングの仕事を始めた当初は、あまり稼ぐことができませんでした。

そこで原因分析をしたところ、稼げていない原因は自分の苦手な記事を受けてしまったということにありました。

これは自分に全く知識のない記事について書こうとすると、かなりの時間をその記事について事前に調べなければならず、記事の前提事項について調べる時間が長くなってしまうことで、効率が悪くなり、時給に換算するとかなり割りが悪い仕事になってしまっていたのです。

しかし、そのような自分に知識のない記事については仕事を受けなければいいのです。

ライティングの仕事は、どのような記事を書くかは仕事を受ける側が、最初に選ぶことができます。

もちろん、継続的な仕事の依頼の場合には効率が悪くても受ける場合もあるかもしれませんが、特に最初のうちは自分の得意不得意を分けて、書くようにすると副業として十分に成立します。

自分のやりやすい仕事に的を絞ることで、記事自体も書きやすくなりますし、時給に換算しても文字単価が上がり、徐々に割のいい仕事が増えます。

カラオケのアルバイト

カラオケは昼から次の日の早朝まで営業しているところがほとんどです。

ただ、契約社員の場合、カラオケでのアルバイトをするのならば、深夜から早朝までといった時間帯のシフトで入ることになるはずです。

カラオケ店の場合、繁忙期でもある年末の忘年会の時期は忙しすぎて、体力が持たないことが多々ありました。

なんとか仕事を続けたものの、忘年会の時期は酔ったお客さんが90%以上ですので、その対応にも苦労しました。

お客さんのなかには翌日に料金が高すぎるとクレームを言いにくるお客さんもいて、その対応をするのも大変でした。

まとめ

今回は契約社員の副業について色々な職業を見てきました。

本業と両立させつつ、副業も頑張れれば、自分へ稼いだ分のご褒美を買うことができます。

ただ、自分に合わない副業をすると本業へも影響してしまい、本末転倒となってしまうので十分に注意しつつ、副業を成功させましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

副業 契約社員求人

契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かけるのが契約社員という文字。アルバイト、パート、派遣社員という言葉には馴染みがあると思いますが、契約社員という働き方を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などの保証はあるのか、お給料に違いはあるのかなど不明点が多いですよね。今回は契約社員のなり方やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方があっているのか見極めてみてください

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

契約社員の有給って取りやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はしっかりとしている事務所がほとんどであるため、有給休暇が取得できないということはありません。ただ、それと有給休暇取得のしやすさは事務所によって大きく変わってきます。そこで今回は、法律事務所における有給休暇取得のしやすさや、福利厚生制度について見ていきたいと思います。契約社員の有給って取りやすい?まず、契約社員だからと言って、有給休暇を取りづらいといった事情はありません。もちろん、職場ごとに有給休暇を取得するのが好ましい日にちと好ましくない日にちがあるでしょう。

契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?求人を探す前にぜひご覧下さい!

契約社員求人の募集に目が留まった方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどう見つければいいのかをここではお話しさせていただきます。契約社員として働くために必要なポイントについてや、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべき点にも触れていきますので、様々な注意点を把握して自分に合う求人を上手に選びましょう。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多い

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。契約社員と正社員は雇用形態の違いから、そこまで詳しく調べることもなく、多くの人が正社員のみを見ているのが現実です。しかし、自分に合った働き方というものはもっと多種多様なものであるはずです。今回は契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットという点から見ていきたいと思います。契約社員と正社員の違いとは?契約社員は期限が定められている社員のことをいいます。正社員は契約社員とは異なり契約期限というものがありません。そのため、両者の違いで最も顕著なのが、契約期間であるといえます。また、契約社員と正社

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

契約社員の給料はどのくらいだと思いますか?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介していきたいと思います。また、契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。あなたが働く前に、契約社員の平均年収や、具体的な業務内容、給与を上げるための方法をお話しさせていただきます。契約社員の給料の手取りに納得いかない人はこの記事を参考にご覧ください。契約社員の給料の相場はどのくらい?平均給与は20万円前後契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与契約

契約社員で働くメリットとは?良い求人・悪い求人の見極め方もご紹介します!

まず契約社員とは企業と期間を限定して雇用契約を締結して、労働ををする労働者のことをいいます。正社員との違いとしては、雇用期間の限定という点で大きく異なります。他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。それらの違いから一般的には正社員で入社できるのならば、契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。それでもなお、契約社員という雇用形態があるのは会社側の都合もあるでしょうが、労働者としてのメリットがあるからです。今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。契約社員で働くメリットとは?契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まって

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

契約社員とはどういう仕事?良い面・悪い面など働く場合に気をつけたいポイントもご紹介!

新卒での就職活動や、転職活動などにおいて、企業側から雇用形態を「契約社員」で提示をされるケースがあります。正社員としての就職を希望している場合に、契約社員としての条件提示を受けても大丈夫なのか悩んでしまうと思います。ここでは契約社員という雇用形態について、正社員などそのほかの雇用形態との違いを含めて、改めて解説をします。自分が求めるライフスタイルによっては、正社員よりもむしろ契約社員としての働き方のほうが適しているケースもありますので、契約社員がどのような働き方になるのかをよく理解をして、仕事選びの際の参考にしてください!契約社員とは?一般的に「契約社員」として称される雇用形態は、あらかじめ雇