まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。

また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。

これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。

ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。

そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。

東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由

東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。

それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持っていることが要因となるからです。

これは大手転職サービスのコンサルタントに向けたアンケート結果で証明されています。

もちろんリーダーシップや業界特有の知識、人脈ということが評価されることもあります。

しかし、それらの要因を押さえて圧倒的に評価されるのが専門的なスキルとされています。

では専門的なスキルとはどのようなものをいうのでしょうか。

それはIT・インターネット、メーカー、コンサルティングのこと、経営企画や事業企画ができる人のことマーケティング戦略ができる人のこと、法務職、建築施工管理技師などのことをいます。

ただ、このような専門的スキルを身につけていない人が多いのが現実です。

そのようななかでも契約社員として働いている人に人気の職種としては、事務職が人気です。

事務職

ここでいう事務職は電話対応などクライアントへの対応の他に、各種手続きをWordやExcelを用いて仕事を行う職業のことを言います。

人気な理由

専門的なスキルを問われることが少なく、働きやすいという点で人気となっています。

実際、結婚をしている女性で育児と両立したいという女性はこのような事務職で働きたがる傾向にあり、仕事以外を充実させたいという希望との両立が可能となる仕事と言えます。

また、残業が多くないという点でも人気の理由となっています。

経営企画やマーケティング職

人気のある職種という点でいえば、経営企画や事業企画を行える人とマーケティングを行ったことのある人を企業が求める傾向にあります。

企業が新規事業を立ち上げるさいにはこれまで事業企画を行ってきた経験を持つ人が必要となりますが、そういった経験を持つ人は少ないため、就職市場で不足しています。

人気な理由

マーケティング職は製品、価格、流通、販売促進という4つの戦略によって商品やサービスをより多くの人に売るために必要となります。

社会一般でいわれるクリエイティブな職種といえます。

一般的に営業職として入社した中で優秀な人が企画を任され、そこから一人前といわれるまでに数年かかるといわれているため、その人数が足りていないため人気の職種となっています。

時給(or年収)が高い職種と高くなる理由

時給や年収は企業側の需要に沿って上がっていくものです。

そのため、時給や年収が高い職種というのは企業側の需要に対して、就職希望者数が少ない職種ということになります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは企業経営における課題をシステムを用いて解決する仕事のことです。

システムエンジニアと異なり、企業全体について観察しつつ、その企業に合ったシステムを構築していくことが必要となります。

時給(or年収)が高い理由

ITコンサルタントはいままで以上の情報社会、グローバル化が進む社会において不可欠なIT事業部門を強化しつつ企業として効率的に発展していくために、各会社がこぞって欲しがる人材です。

そのため、今後も需要に沿って給料も高くなり、将来性の高い職業として人気となっています。

法務職

法務職は企業経営におけるリスク管理のために必要とされます。

近年ではよく聞く言葉として企業コンプライアンスという言葉があるように、事業を行っていくうえで重要なリスク管理には法律に関する知識が不可欠となります。

そこで法務職に対する求人が増え、給料として上がり将来有望な職種となっています。

時給(or年収)が高い理由

法律に関する知識が必要不可欠となる以上、一定の期間、法律を学んだものでないと就職できないため、求人が追いついていないため時給、年収が高くなっています。

東京の契約社員でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

東京では東京オリンピックが2020年に迫っていることから、それにかかわる業界の求人が増えています。

建築施工管理技士

建築士高管理費氏は施工管理技士という国家資格のうちの一つで、合格率10~20%の専門的職業の一つです。

他にも同種の資格はあるものの一級施工管理技士の場合鉄筋工事や舗装工事、ガラス工事、塗装工事等といった幅広い業務が可能であることから、求人が他の資格よりも増えています。

注目を集めそうな理由

2020年の東京オリンピックに関する事業であり、キャンセル等の心配がないため仕事としては確定しています。

東京オリンピックの会場設営が2020年までに行わなければならないため、建設業界の建築施工管理技士の求人が増えています。

求人の増加にもかかわらず、仕事ができる人が少ないため、50歳以上という比較的年配の人でも即採用が決まる状況となっています。

東京ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

地方と東京では事務仕事や専門職などでは差がないことが普通です。

ITに関してもどこでどのようなプログラムを作るかで差は出ません。

そのようななかであえて東京という枠の中で面白い職業をご紹介していきます。

イベントスタッフ

東京ならではの仕事という枠の中でいえば、イベントスタッフというものがあります。

東京は地方と異なり、どこかの町でイベントが行われています。

そのようなイベント好きな人であれば、イベントに関する仕事は働き甲斐も得られるでしょう。

おすすめポイント

自分の趣味や興味のあるイベントに参加できれば一石二鳥以上のものといえます。

また、自分に興味のないイベントであっても、新しい興味が湧くかもしれませんし、スタッフとしての経験はその後の役にも立ちます。

まとめ

今回は東京における求人について見てきました。

給料なのか働きやすさなのか、それ以外の経験なのか、何を仕事に求めるかは人それぞれですが、今回の記事がその自分に合った仕事を見つけられる一助となればと思います。


関連キーワード

契約社員求人