最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。

契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。

契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。

実に現代社会ならではの働き方ですよね。

保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。

今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。

契約社員として働くメリットとは?

まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような点にメリットを感じているのでしょうか?

契約社員として働くメリットをいくつか挙げてみましょう。

契約内容を相談できる

契約社員としての契約内容は面談で相談の上決めることができます。

ある程度は会社の規定があり守らなければいけないこともありますが、例えば残業を無しにしてもらう、専門的なスキルを持っている分他の人よりも優遇してもらうなどの交渉も可能です。

例えば子育てをしながらも会社で働きたいという人は、残業無しという契約はかなり魅力的でしょう。

その他にも定期的に長期の海外旅行に行きたい、スキルを磨いたら独立したいなど自分なりのこだわりがある場合は契約社員として働くほうが向いている人もいるかもしれませんね。

特に外資の場合は個人の希望を尊重してくれる傾向にあるので、自分なりのプランがある人は挑戦してみるといいでしょう。

契約期間が決まっている

契約社員の場合は半年、1年、2年などの短期で契約が結ばれます。

リストラも多い時代ですから、必ずしも契約を延長できる保証はありません。

ですが逆に考えれば、「半年だけ働いて留学したい」「1年かけてノウハウを学び、他の会社でチャレンジしたい」などのプランを叶えることができるのです。

正社員として働いて辞める場合、辞表を出したり上司の説得を振り切ったりという面倒なプロセスを踏まなくて良いのです。

何か目標があったり将来のプランがあって、同じ会社で長く働くつもりがない人にとってはとても都合の良い働き方と言えるでしょう。

専門的なスキルが必要な場合だとなかなか代わりが見つからないため、契約延長や正社員にならないかという誘いがある場合もあるようです。

採用率が高い

簡単に言ってしまえば、正社員として採用されるよりも契約社員として採用される方がハードルが低いのです。

いきなり正社員として雇うのは厳しいけれど契約社員としてなら、という選択をしてくれる企業も多くあります。

実際に契約社員として働き始めてしっかりと結果を出し、正社員登用されたというケースはたくさんあります。

もちろん契約期間中にしっかりと結果を出すことが大前提です。

ゆくゆくは正社員になりたいという希望があれば、契約社員から正社員への登用があるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

仕事量が少ない

正社員になると自分の仕事の他にも新人研修や飲み会の幹事、取引先との接待など、仕事がどんどん増えていきます。

一方契約社員の場合は任された仕事のみをこなし、それに専念すれば良いので気持ち的には楽だと思います。

目の前の仕事に専念して定時になったら帰る、という理想の働き方ができるのです。

いくつもの仕事を同時にこなすのが苦手な人、気持ちに余裕を持って働きたい人にはぴったりだと思います。

転勤がない

契約社員の場合は基本的に転勤はありません。

正社員になると会社の規模や職種によっては転勤を言い渡されることもあります。

地元を離れたくない、家族と離れて暮らすのは嫌だという人にとっては魅力的ですよね。

いつ転勤を言い渡されるかビクビクしながら働くこともありません。

親の介護やその他いろいろな事情で生活圏を変えることが難しい人はたくさんいます。

そういった人が転勤の心配なく働けるのは嬉しいですね。

副業ができる

契約社員は副業を禁止されていないため、別のアルバイトと掛け持ちすることができます。

私の知り合いは契約社員として働いている会社を定時の17時に上がって、自宅で毎日1〜2時間ネットショップの仕事をしていました。

販売が安定するようになってからはダブルで収入が入るため、かなりお金に余裕ができたと話していましたよ!

他にも週末だけ好きなカフェやパン屋さんで働いたり、在宅ワークをしたりと副業をしている人は結構います。

副業の内容にもよりますが、うまくいけば正社員よりも稼げる可能性があるのです。

ダブル収入があれば、有給を使って長めの海外旅行に行ったり、欲しいものも我慢せずに買うことができますよね!

働く時間が増えるのは大変かもしれませんが、より充実した生活を送ることができるかもしれません。

人間関係にとらわれることがない

正社員で働いた場合、辞表を出すかよっぽどのことがなければ解雇されることはありません。

ということは同じ環境で同じ人たちと働き続けることになるのです。

職場に付きものなのが人間関係の悩み。

派閥だったり意見の違いだったりで悩む方も多くいると思います。

契約社員なら一生同じ会社で働く長くわけではないので、周りの人とはある程度割り切って付き合っていくことができるでしょう。

人間関係にとらわれて悩んだりしたくないという人にはとても気が楽だと思いますよ!

逆に、契約社員として働くデメリットとは?

もちろん契約社員は都合の良いことばかりではありません。

デメリットに感じるのはどんなところなのでしょうか?

契約延長の保証がない

契約社員の場合は、自分が契約を延長して働き続けたいと思っても、契約期間が終了すると更新されずに終わってしまうこともあります。

雇用が安定しないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

長期で安定した雇用・お給料を求めるのであれば、正社員の道を選ぶことをおすすめします。

また契約社員から正社員登用を希望する場合は、そういったシステムがあるかを必ず確認しておきましょう。

契約社員から正社員になるという流れは一般に多くありますが、全ての企業で取り入れられているわけではありません。

あとあとがっかりしないためにも確認が必要です。

賞与がない

正社員で働く人たちにはボーナスという大きな楽しみがありますが、契約社員には残念ながらボーナスはありません。

大きな買い物や海外旅行などをボーナスから捻出する人も多い中、契約社員はコツコツと貯金をしなくてはならないのです。

ちなみに退職金もありませんので、もらえるのは毎月のお給料のみということになります。

出世の可能性はない

契約社員はいわば期限付きの社員ですから、出世することはありません。

将来出世を望むのであれば、契約社員をステップアップの期間と捉えてスキルアップを目指しましょう。

短いスパンで契約している場合は転職活動を早めに進めておくことをおすすめします。

契約社員に向いている人ってどんな人?

最近は働き方も様々な種類があり、アルバイト、派遣社員、契約社員など雇用形態を選べる時代になってきました。

そんな中契約社員という働き方が向いているのはどんな人なのでしょうか?

目標や理由があって期限付きで働きたい人

例えば一年後に留学する予定がある人、スキルアップしてから転職を考えている人など、目標や理由があって期限付きで働きたい人には都合の良い働き方だと思います。

面接の時にその旨を伝えておけば、退職する時もスムーズです。

家庭やプライベートを充実させたい人

契約社員は残業を頼まれることもほとんどなく、休みもしっかり取ることができます。

お子さんがいる女性や、プライベートをしっかりと充実させたい人には向いていると言えるでしょう。

そういった場合、自分がこういう理由で契約社員を希望したということをしっかりと伝えておくことが大切です。

自分が優先したいことがはっきりと決まっていれば、それに合わせて希望する働き方ができるのが契約社員の良いところですね。

副業を持っている人

例えば自身のネットショップを持っていたり、ネット系のライターなどで副業をしている人は基本的に正社員として働くことはできません。

契約社員の特権は、仕事の掛け持ちができるというところです。

福利厚生や社会保険などのことを考えず月の収入だけで計算すると契約社員で副業を持っている人の方が稼げると言えるでしょう。

ゆくゆくは副業の方を本業にするため、軌道にのるまで契約社員として働くというケースも許されるのです。

自分の特技をいかしたい人

特別なスキルを持っている場合に限り契約社員として採用される場合があります。

要はそのスキルを持っている人が足りないので、正社員にならなくてもいいからうちで働いてください!というケースです。

その場合は待遇も良いですし、何より本人が働きやすいと思います。

簿記や秘書検定などの事務系から看護師の免許や大型トラックの免許まで、特別な資格や免許を持っていることは仕事を選ぶ上で大きな強みになります。

せっかく時間やお金をかけて得た特技なんですから、これをいかさない手はないでしょう。

転職を希望している人

転職活動をしていて希望の会社が見つかるまで契約社員として働くというパターンを選ぶ人が最近増えているようです。

契約社員だとプライベートの時間も充実しますから、その時間をいかして資格学校に通ったり勉強したりしてスキルアップを図る人が増えています。

だいたいの転職時期から逆算して、希望する契約期間で働くことができれば収入はあるし無駄もありません。

とても効率的な働き方ができますね!

これがあるから頑張れる、契約社員のやりがい、嬉しいこととは?

仕事をする上で大切なのはモチベーションです。

モチベーションを保つためにはやりがいや楽しいことが必要ですよね!

契約社員ならではの頑張れるポイント、やりがいや嬉しいことを見てみましょう。

必要されている実感がある

契約社員として入ると少々肩身の狭い思いをするのではないか?と思っている方もいるかもしれません。

でも実際はそんなことありません。

むしろ会社側はその人のスキルが必要だから採用したわけですから、仕事も任せてもらえますし頼りにされる機会も多いでしょう。

必要とされている実感があるとモチベーションも上がりますよね!

契約社員でも仕事を覚えてスキルが上がっていけば大きなプロジェクトに関わらせてもらったりすることもあります。

契約の種類など気にせず、自分のスキルを存分に発揮しましょう。

定時で帰ることができる

契約社員の最大の魅力はなんといっても定時で上がれること、休みがしっかり取れることでしょう。

仕事が終わらない…今日も残業かも…そう考えると仕事はどんどんはかどらなくなるものです。

プライベートが充実すると仕事も頑張れますよね!

正社員になると担当業務の他にも研修の準備や飲み会の幹事、クライアントとの食事会など仕事がはかどらない要因がどんどん増えていきます。

それに比べて契約社員は仕事内容が限られているので、担当業務だけに集中して定時きっかりに帰ることができるのです。

友達と買い物や食事に行くも良し、趣味に費やすも良し!

しっかり働きながらプライベートを充実させましょう。

正社員登用の可能性

契約社員を選ぶ人の理由は様々だと思います。

中には正社員での採用が決まらなくて契約社員を選んだ人もいるでしょう。

できれば正社員で働きたかった…。

そんな人も正社員への道を諦めることはありません。

契約社員から正社員になれる可能性は十分にあります。

もちろんそれは仕事できちんと結果を出し、会社が必要とすればの話です。

正社員への誘いが来るよう、日々の仕事をしっかり丁寧にこなしましょう。

働き先で過去に契約社員から正社員登用があったかどうかもさりげなくチェックしてみるといいですね!

契約社員あるある5選

契約社員ならではのあるある話を見てみましょう。

正社員からの影口

契約社員よりも正社員の方が仕事量が圧倒的に多いため、忙しくなってくると影口を叩かれることも。

ドラマのような話ですが、友人は給湯室で先輩が契約社員として働く自分の仕事の量に文句を言っているのを聞いてしまったのだとか。

人は忙しかったり心に余裕がなくなると悪口を言いたくなるもの…と心を落ち着けたそうです。

限られた仕事に専念できるため定時で上がれる契約社員は正社員から見ると羨ましく思える部分があるのでしょうね。

どんな職場にも人間関係の悩みは付きものです。

契約社員であれば職場の人と長く付き合うこともありません。

多少の影口や嫌がらせは気にせず、割り切って付き合っていきましょう。

ランチをご馳走になることも

優しい正社員の先輩とランチに出かけると、ご馳走してもらえることも…!

私の働いていた会社にいた契約社員さんは留学費用を貯めるために1年の契約で働いていました。

周りの人もそれを知っていたので、たまにみんなで外でランチをする時はその人の分をご馳走してあげていましたよ。

そういったやり取りがあったからこそ、その人はとても働きやすそうで仕事もどんどんできるようになっていきました。

正社員よりも仕事ができる人が多い

自分のスキルを生かすために契約社員として入ってきた人は、正社員よりも仕事ができる人が多い傾向にあります。

中には正社員から一目置かれるような人も。

そういう人は目的があって契約社員を選んでいるわけですから、会社が契約を更新したいと思っても本人が更新を希望しない場合もあります。

いずれにしてもこういう仕事ができるタイプが会社にいてくれるととても重宝されますし、本人も働きやすいでしょうね。

将来が不安になることも…

給料が低いことや、保険や年金の保証がないことに不安になることもしばしばあるようです。

特にボーナスの時期などは周りから何に使うかなどの会話が聞こえてくるため、どうしても自分と比べてしまうんですね。

契約を更新したいと本人が思っていても、次に更新できるかの保証は全くありません。

そう考えると無駄な出費ができず、できるだけ貯金に回そうと考える人が多いようです。

飲み会などに誘われにくい

契約社員は基本的には定時で帰ることが多いため、飲み会などに誘われる事は少ないと言えるでしょう。

正社員は残業が当たり前なので、飲み会が始まるのは遅い時間が多く、契約社員が参加するのはなかなか難しいのです。

飲み会でざっくばらんに話すことで人と人の距離が縮まることも多いと思いますが、なかなかその機会がないため正社員に対して壁のようなものを感じてしまう人もいるようです。

契約社員としての仕事を考えている方々へ、知っておいてほしいこと

契約社員というのは時にとても微妙な立場になることがあります。

待遇や環境によって居心地が悪いと感じてしまうこともあるかもしれません。

中には職場に行くのが憂鬱になってしまう人も…。

そんなことがないように、契約社員として働く前にいくつかの店をしっかりと確認しておきましょう。

待遇について

契約社員の待遇については、働く前によく理解しておきましょう。

簡単に説明すると正社員>契約社員>パート・アルバイトと考えてください。

要は正社員とアルバイトの中間雇用といった感じです。

基本的には給料は正社員よりも低いことが多いですが、特殊技術などを持っていて採用された場合は同等かそれ以上もらえる場合があります。

正社員は保険や年金が給料から天引きされますが、契約社員は自分で支払わなくてはなりません。

福利厚生も正社員よりは限られる場合があります。

待遇ついては働き先によってかなり違いますので、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

契約の期間について

契約を延長することは簡単だと思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

繁忙期や産休社員の代わりだったりする場合、その期間が終われば契約は終了となります。

良い結果を残したからといって契約を延長できるとは限らないのです。

くれぐれも最初の契約期間で終了するということを前提に考えておいてください。

契約が延長できるのはラッキーな場合と考えておくのが良いでしょう。

有給について

契約社員でも有給休暇をもらうことができます。

これはあまり知られていないのではないでしょうか?

規定としては、入社して6ヶ月以上経過していること、その8割以上出勤していることです。

それが満たされていれば基本的には年に10日間の有給休暇を取ることができます。

契約社員だからといって遠慮することはありません!

条件を満たしているなら堂々と有給を取りましょう。

契約社員から社員を目指すにはどうするの?

契約社員から正社員になるためには、契約期間中になるべく多くの結果を残すことです。

たとえ採用の時は臨時要員と思っていても、会社に有益となる結果を残してくれるのであれば契約更新、ゆくゆくは正社員への登用も十分にあり得ます。

私の友人は契約社員で働いているときに、仕事後の時間を有効に使い資格を取得して正社員になりました。

その会社に入ってからどんなスキルが必要なのかをしっかりと見極め、必要なスキルを磨いたり資格を取ることで正社員への道が近づいてくるのです。

正社員になるための頑張りを見ていれば、周りの人も必ず応援してくれるはずです。

無理にアピールする必要はありませんが、正社員になりたいと言う意思表示をするのは効果的かもしれませんね!

まとめ

契約社員は正社員に比べると立場が弱い、待遇が悪いというイメージが強いかもしれませんが、メリットもたくさんあることがお分かりいただけたでしょうか?

確かに給料が低かったり、保険や年金等がないのは不安に思うかもしれませんが、それよりも自分にとって何が大切で何を優先したいのかが一番大切なのではないでしょうか。

今の時代は自分らしい人生を送るに、働き方を色々と選べる時代です。

留学したい、ステップアップして転職したい、家庭を大切にしたいなど、優先したいことがはっきりしているなら契約社員として働くのに向いているでしょう。

仕事とプライベートを充実させて楽しい人生設計ができたら最高ですよね!

正社員という働き方にこだわらず、広い視野で考えてみることをおすすめしたいです。

くれぐれも働き始めてから後悔することがないように、あらかじめ契約社員のメリット・デメリットについてはしっかりと確認しておいてくださいね。


関連キーワード

契約社員求人

契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい


契約社員求人に関するコラム

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かけるのが契約社員という文字。アルバイト、パート、派遣社員という言葉には馴染みがあると思いますが、契約社員という働き方を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などの保証はあるのか、お給料に違いはあるのかなど不明点が多いですよね。今回は契約社員のなり方やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方があっているのか見極めてみてください

契約社員の有給ってとりやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり、会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はきっちりとしている事務所がほとんどのため、有給休暇が取れないということはありません。ただ、それと有給休暇の取りやすさは必ずしも一致しないものです。そこで今回は法律事務所における有給の取りやすさや、福利厚生について見ていきたいと思います。契約社員の有給ってとりやすい?契約社員だからといって有給を取りにくいといった事情はありません。もちろん職場ごとに有給を取るのが好ましい日にちと、好ましくない日にちがあるでしょう。有給はたしかに労働者の権利ですが、その権利をむや

契約社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどうみつければいいのでしょうか。今回は、契約社員として働くために必要なポイントについて、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべきポイントまで見ていきたいと思います。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多いのでしょうか。ここからは契約社員の求人募集でよくある施設や事業形態、職種のパターンについて見ていきたいと思います。契約社員求人の募集でよくある施設や事業