契約社員と正社員の違いとは?

向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

契約社員と正社員は雇用形態の違いから、そこまで詳しく調べることもなく、多くの人が正社員のみを見ているのが現実です。

しかし、自分に合った働き方というものはもっと多種多様なものであるはずです。

今回は契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットという点から見ていきたいと思います。

契約社員と正社員の違いとは?

契約社員は期限が定められている社員のことをいいます。

正社員は契約社員とは異なり契約期限というものがありません。

そのため、両者の違いで最も顕著なのが、契約期間であるといえます。

また、契約社員と正社員では給料、賞与、昇給、福利厚生面で違いがあることが普通です。

給料は正社員と契約社員を一概には比較できませんが、正社員の方が高いという会社の割合の方が多いです。

また、ボーナスは契約社員にはありません。

そのため、年収面で契約社員が正社員より稼ぐことはまずありません。

さらに福利厚生面でいうと、正社員の方が契約社員よりも充実している会社の方が多いのが実態です。

これらの点からすると、一般的には契約社員よりも正社員として働くほうが安定しており、かつ給与の面でも優れている雇用形態といえます。

契約社員と正社員の仕事はどんな人に向いている?

上記のように、契約社員と正社員には様々な違いがあります。

そのようななかでも契約社員として働く人も多くいます。

それは働く状況が人それぞれ異なるためであり、正社員として一生その会社で働くつもりがないのならば、一般的には正社員として就職することはないというのが就職活動における重要な建前であるといえます。

では契約社員と正社員の仕事はそれぞれどのような違いがあり、どのような人に向いているといえるのでしょうか。

ここからは、契約社員と正社員の仕事の向き不向きについて見ていきたいと思います。

契約社員

仕事以外に重要なものがある人

上記のように契約社員と正社員との違いはその雇用期間にあります。

そうすると、建前上であれ正社員は一生その会社で働くことになります。

そうすると、会社というものが人生において占める割合は必然的に高くなってしまいます。

しかし、仕事に対してどれほど時間を割き、その後の人生プランを立てるかは人それぞれ異なるのが普通です。

そこで、期間が限定されている契約社員という雇用形態が存在するのです。

契約社員として働く人の中には子育てをしている人や、資格試験の勉強をしている人、趣味を大事にしている人など様々な人がいます。

そこで、そのように仕事以外に重要なものがある人は契約社員に向いている人といえます。

スキルがあり、自分に合った仕事をしたい人

契約社員と正社員の違いとしてはその仕事内容にもあります。

契約社員として雇用される人の中にはスキルを認められて、そのスキルを会社において活かして欲しいといわれて雇用される人もいます。

そのときの労働者側の人がなにをもっているかによって、その仕事内容も変わってきます。

そして、条件を付けた雇用契約を会社と労働者の間で締結することにより、その後、契約社員として働くことになります。

その条件を付ける際には自分に合った労働条件かどうかにより、その会社で働くかを決めることができます。

そして、そのような労働契約を結ぶことにより、労働者の側としては、自分に合った仕事ができるようになります。

正社員

安定を求める人

正社員は契約社員と異なり、雇用に対する不安がありません。

もちろん、今の時代リストラというものは珍しいものではありませんが、契約社員と比較すると契約期間が切れた際に更新があるのか、ないのかなどの不安がなく、給料を安定して得られるのが正社員の強みでもあります。

そこで、正社員に向いている人は安定を求める人であるといえます。

一つの仕事を突き詰めることができる人

建前上とはいえ、正社員として会社に雇用されるのであれば、その会社で一生働くことを意味します。

なかには途中で転職する人もいますが、転職を考えつつ、正社員としての就職活動を行っている人はいません。

そのため、正社員として働いていくということはその会社で一生、会社のための仕事をし続けるということになります。

会社ごとの業態にもよりますが、たとえば、飲食業であれば飲食業として商売をし続けるというのが一般的であり、量販店であれば量販店として続いていくというものです。

急に会社の行っている業態が急変することは稀で、通常は入社当初から定年までの仕事はおおよその展開が同じものとなります。

そのため、多種多様な仕事を行うというよりも会社におけるその仕事を突き詰められる人の方が正社員に向いている人であるといえます。

逆に契約社員と正社員の仕事で向いていない人とは?

ここまで契約社員と正社員の仕事内容に触れつつ、その違いから契約社員に向いている人と正社員に向いている人を見てきました。

では、その逆はどのような人になるのでしょうか。

ここからは、契約社員に向いていない人と正社員に向いていない人について見ていきたいと思います。

契約社員

とりあえず仕事をしているような人

契約社員とはいっても会社との雇用契約によって採用されている以上、会社にとって利益をもたらすような存在でなければなりません。

そうすると、とりあえずで仕事をするような人は契約社員には向いていません。

正社員よりも様々な点で劣ってはいる契約形態ではあるものの、契約社員であっても仕事をする以上は責任感を持って職務をこなさなければなりません。

もちろん、必要以上に頑張ることはありませんが、とりあえず仕事でもしとこうという人は、職場全体の点から見ても契約社員んいは向いていないといえます。

仕事を第一に考えている人

仕事を人生においてどのように位置づけるかは人それぞれですが、仕事を第一に考えたい人にとって契約社員は向いていません。

そのような人は正社員として働いてこそ能力が発揮されます。

契約社員が仕事に対していい加減にこなすという意味ではなく、契約社員は仕事以外も合わせて人生におけるプランニングをしたうえで契約社員として働いた方がより良いということです。

そのため、仕事を第一に考えている人は契約社員ではなく、正社員として働くべきです。

生活水準を下げられない人

これは契約社員と正社員の大きな違いの一つでありますが、生活をしていくうえで重要な給与が正社員の方が、年収面では圧倒的に高くなります。

そのため、契約社員として働くのであれば、正社員よりも生活レベルは多少下げざるを得ないのが現実です。

多くの人はこの点で契約社員よりも正社員として働くほうを選択します。

また、人生を長い目で見た時には生涯年収という点でも一年でも多く、正社員として働くほうが預貯金を貯めることができます。

また、毎年昇給する正社員とは異なり、契約社員は昇給というものがほとんどありません。

そのため、生活レベルを上げていきたいという人は契約社員には向かないといえます。

正社員

様々な仕事をしたい人

上記で述べたように、会社の業態が急変することはない以上、正社員は一つの種類の仕事を深く掘り下げていくことになります。

そのため広く浅くというよりも、狭く深く一つのことを極めるのが正社員として働くことのイメージに近いといえます。

そうすると様々なことに対して興味があり、様々なことを仕事にしたいという欲求がある人は正社員には向かない人といえます。

それは転職をしたところで同じで、正社員としての雇用形態を選択する以上、一つのことを突き詰めることのできる人でなければ向いていないといえます。

仕事を見つけられない人

契約社員は仕事を会社から割り当てられるものですが、正社員となると自分の力で新しく仕事を見つける力が必要となります。

そのため、仕事を常に与えられるものとして考えている人は正社員に向かない人といえます。

契約社員で働くメリット・デメリットとは?

自分の時間を大切にする働き方ができることのメリット

契約社員の良いところは、正社員よりもフレキシブルな働き方ができることです。

これは、正社員と契約社員の会社に対する責任の差とも捉えられがちです。

ですが、時間をどのように使うかはその時の人それぞれ異なるのですから、それを働き方に対して反映させなければなりません。

そこで、契約社員は雇用条件において具体的な条件を示すことで、柔軟に対応できる働き方となっています。

たとえば、残業を極力少なくして働くことで、仕事以外の時間を自分の好きなことに使えるようになります。

それは趣味に対する活動であったり、今後の就職先を考える上での資格取得やスキル取得のための時間にもなります。

この自分の時間を大切にしつつ働ける契約社員の働き方は、契約社員にとってのメリットであるといえます。

人間関係に悩むことが少ないというメリット

契約社員は期間限定で会社にいるため、一生会社で働く正社員と異なり、人間関係について深く悩まなくて済みます。

その会社で働くかを決める際にも重要な指標である人間関係ですが、それに対して悩むことが少ないというのは、契約社員にとっては大きなメリットといえます。

たとえば、仕事に対する意識を休日に割くというようなこともなく、相手に対して必要以上に気を使い続けなければならないということもありません。

安定性が無いというデメリット

契約社員は雇用期間経過するとともに、リストラの危機を迎えるものです。

そのため、正社員と異なり、安定性という点では劣ると言わざるを得ません。

もちろんこれまで述べてきた契約社員のメリットとの比較により、どのように働くかを決めるべきですが、安定性がないというデメリットは契約社員に付きまとう問題であるとはいえます。

収入面での不安というデメリット

正社員と異なり収入面では、契約社員のほうが年収単位で圧倒的に少なくなります。

そのため、生活水準には自ずと差が出ざるを得ません。

働く中で金銭面をどの程度重視するか、その後の人生プランとよく考えて決定しなければならないことにはなります。

正社員で働くメリット・デメリットとは?

安定性についてのメリット

正社員はリストラの危機が契約社員よりも圧倒的に少ないといえます。

日々のニュースやインターネットでリストラが騒がれていたこともありますが、それは正社員のリストラがそれほど珍しいということへの裏返しともいえます。

この安定性は生涯年収という点でも、契約社員とは差をつける結果となります。

そのため、正社員における雇用の保障という安定性は大きなメリットであるといえます。

より深く仕事を探求できるというメリット

正社員と契約社員では任される仕事の内容が、質と量ともに異なります。

それは正社員と契約社員では、契約期間という期限による条件があるため、いつかはいなくなってしまう契約社員には任せることのできない仕事があるためです。

そのため、正社員の方が契約社員よりもより多くの業務を任されるため、それだけ仕事への理解が深まります。

仕事に対して割く人生の割合が大きいというデメリット

正社員ともなると、契約社員と異なり仕事への責任感が増します。

そのため、契約社員の人と正社員の人であれば残業時間は正社員の人の方が長いですし、仕事へ割く時間というものが必然的に長くなります。

新しいことへのチそうすると、仕事以外の新しいことにチャレンジすることがなくなってきてしまいます。

休みの日は何か新しいことを始めるよりも、寝て体力回復に努めるというのが現実のようです。

人間関係で悩むというデメリット

正社員は建前上であれ、一生をその会社で働くということになっています。

そのため、契約社員と異なり、周囲との関係性を重んじながら仕事をしなければならないことになります。

そうすると、一人でも自分勝手な人がいるとその人への対策を練らなければなりません。

このように自分の仕事以外の点でも、考えなければならない時間があるため正社員にとってのデメリットであるといえます。

まとめ

今回は、契約社員と正社員の違いからそれらの仕事に対する向き不向きを見てきました。

雇用形態は異なりますが、仕事である以上できる限りのことをするという点では同じではありますが、その雇用形態の違いから必然的に向き不向きというものも出てきます。

今回の記事でみなさんの雇用について考える一助となればと思います。


関連キーワード

契約社員求人