契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどうみつければいいのでしょうか。

今回は、契約社員として働くために必要なポイントについて、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべきポイントまで見ていきたいと思います。

契約社員求人にはどんな種類があるの?

契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。

そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。

では、具体的にはどのような施設や事業形態が多いのでしょうか。

ここからは契約社員の求人募集でよくある施設や事業形態、職種のパターンについて見ていきたいと思います。

契約社員求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

施設について

契約社員といっても働く場所は正社員と変わりません。

それは、契約社員が正社員同様、会社と契約する労働者であり、労働法という法律によって守られているため、不当な差別は会社側もできないからです。

そのため、働く施設は正社員と変わらない場所ということになります。

また勤務地が地方なのか大都市圏なのかによって、施設自体の外観・内観にも差は出ます。

当然ですが、大都市圏であれば高層ビル、地方であれば小規模の事務所が多く、それぞれの良し悪しがあります。

どちらが自分に合っているかは会社の特性と合わせて、判断して決めることになります。

高層ビルだから内装がきれいで、小規模事務所であるから内装がぼろぼろなんてことはありません。

高層ビルの方が、掃除に関しては専門の作業員を雇っていることが多く、清潔にしていることがある確率が高いというだけで、小規模事業所であってもきれいな内装のところはよくあります。

事業形態について

事業形態としては、個人事業とするか法人事業とするかの選択を会社が選択します。

法人事業とすることで、法人税が毎年7万円かかってしまうものの、経費、税金その他の面でも会社経営においては、法人事業とするほうが安く済みます。

ただ、新規設立された会社はそのほとんどが個人事業として始めるので、一概にどちらの会社の方が働きやすいとは言い切れません。

一般的には、法人事業の方の信用性が高いとされていますが、それは、会社内の業績や資本金等が客観的な数値として登記簿や定款に記載されているからです。

個人事業の場合、社内の業績というものは外からは見えづらく、その分、信用性が落ちると判断されてしまうのです。

そのため契約社員として働く場所を探す段階で、その求人の大半は法人化されているもののはずです。

法人であれば、よくある中小企業や大会社の一社員として働くことが多く、個人事業であっても、その後の正社員登用が狙える確率が上がるという面があります。

契約社員求人の募集でよくある職種

エンジニア

システムエンジニア、インフラエンジニア、Webエンジニアという技術職は契約社員の求人募集にはよくあります。

技術職だけあって、求人は途切れません。

また入社当初は、契約社員で入社するものの半年ほどで契約社員から正社員になることも多いようです。

販売・サービス職

販売・サービス業という職種ではあるものの、その仕事は店舗で商品を売るための接客業、商品に関する問い合わせへの対応といったものから、学校での教育のためのスクールスタッフ、保育事業の運営管理というものまで様々です。

事務職

どこの会社であっても必要とされるのが事務職です。

パソコンに関するWord、Excelという基本的なスキルは必要とされ、また、経理・財務に関する事務や人事事務、法務事務など、その分野に関するスキルが要求される場合には、経験者が優遇されるところが多いです。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

自分の働く場所としてどのような場所がいいかを決めなければ、自分に合った仕事は見つけることができません。

それは自分が仕事をする上で、何を重視するかを見極めることと同じ意味です。

たとえば将来、正社員として働きたいのか、契約社員のまま働くのか、給料はどのくらいで、どういった地域で働きたいのかを詳細に決めなければなりません。

逆にそれらがはっきりと決まっていれば、就職先もかなり絞り込めるのであとは希望の会社に申し込むだけになります。

そのため、最初に自分の働きたい場所を具体的に想像しつつ決めてから、契約社員の求人を見ることが自分に合った仕事を見つけるために最も効率のいい探し方といえます。

契約社員求人でよくある募集内容とは?

契約社員として働くか、正社員として働くかを決めるためには、契約社員の求人をより詳しく知っている方が比較検討をしやすくなります。

そこでここからは契約社員求人でよくある募集内容を見ていきたいと思います。

給与相場

給与相場は20万円~30万円が最も多いです。

もちろん、なかには年収600万円以上という求人もあります。

しかしそのような場合のほとんどは、これまでの社会人としての経験や専門的な知識・資格によって給与が設定されています。

勤務時間や休日、残業

契約社員は9:00~18:00で、土日休み、平常時の残業は少ないものの、繁忙期には残業ありといった内容の求人が多いです。

福利厚生

福利厚生については、社会保険を完備(雇用・健康・労災・厚生年金)しているところが多く、通勤手当として毎月5万円まで支給されるようです。

また、なかにはその仕事に関するエキスパートを育成するために、資格取得支援及び資格取得後の手当てを設けているところがあります。

勤務場所

勤務場所については、職種によって全く異なってきます。

エンジニア関連の仕事の場合、会議などの打ち合わせで必要とあれば相手方の会社に行くこともあります。

ただ、本社にしても支社にしても会社内で仕事をするのが通常です。

販売・サービス業は会社というより、現場で働くことが多いです。

接客業でも教育に関する仕事でも、毎日人と接する仕事ですので、勤務場所は固定されるものの、店舗にいることがほとんどです。

事務職は会社で働く社員の典型例です。

職場では固定のスタッフが働いており、都市圏の中小企業以上であればスタッフも多く働いています。

求められる人物像

契約社員として働くにはどのような人物がそこで求められているかを知らなければ、就職活動で失敗してしまいます。

そこでここからは契約社員として求められる人物像について、見ていきたいと思います。

基本的なパソコンスキル

どの仕事であってもパソコンについて一定レベル以上は取得しておかなければなりません。

仕事をする上で基本的なパソコンスキルは、当然身につけているものとして扱われますし、それが身についていないと他の人に比べて大きく出遅れてしまいます。

そして仕事の遅さは周囲からの不満につながり、円滑なコミュニケーションさえ妨げてしまう一つの要因となってしまいます。

基本的なパソコンスキルであれば、2週間ほど自分で練習すれば取得できるものですので、きっちりと身につけましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は仕事を効率的に行う上で必須です。

ここでいうコミュニケーション能力は、学生同士で会話するようなその場しのぎの明るさのようなものではなく、いわゆる報告、連絡、相談ができるかというものです。

具体的には自分に何がわかっていて、何がわかっていないのかを把握しつつ、わからないことについては自分で最低限考え、調べた上で相手に聞くといった姿勢ができるかということです。

これは採用担当の面接官からすると、就職した後、適切に仕事を処理できるかという点で見られています。

会社で仕事ができるかは、偏差値的な意味での頭の良さではなく、適切に仕事を処理できるかという面での頭の良さが要求されるため、仕事をする上でのコミュニケーション能力が重要視されます。

責任感

最も重要なのは会社から給与をもらって行う仕事である以上、責任感を持って仕事をするということです。

自分に与えられた仕事についてわからないことがあれば、まずは自分で調べるのが当然です。

誰かに聞けば何とかしてもらえるという発想は、会社全体の仕事効率という点からすると非常に問題視されます。

相手にもその能力に合った仕事が課せられており、相手の人も自分の仕事をまず終わらせなければならない状況にあるため、なにか些細なことがあるたびに話しを聞く時間はないからです。

自分に与えられた仕事については、まず、自分で最後までやってみようとする姿勢があるか。

これは採用担当の人からしても重要な点といえます。

必要なスキルや資格、経験

専門的な知識を要する仕事であれば、求人情報に必ず資格の有無についても書いてあります。

また一般的にWord、Excelに関する基本的なスキルは必須です。

契約社員求人のおすすめ求人のポイント

その人が何を重要視するかで、契約社員求人でのおすすめ求人ポイントも変わってきます。

ただ、そのようななかでも見るべきポイントというものがあります。

そこでここからはその見るべき契約社員求人のおすすめ求人ポイントについて、見ていきたいと思います。

正社員登用があるところ

契約社員として働きたいという人は割合でいうと少ないのが現実です。

それは契約社員には雇用契約に期限が付されているからです。

そんな契約社員の求人のなかにも、正社員登用ありというものがあります。

これは、契約社員として使用期間を設けつつ、その後は正社員として雇用するというものですので、正社員として働きたいと考えている人は、必ず確認しましょう。

福利厚生面の充実

これは保険を完備しているかという点だけでなく、その会社独自のものがあるかという点を見ることが大切です。

たとえば、専門的な知識が要求される職場であれば、資格取得支援をしているかという点がこれにあたります。

このようにその職場ごとでの福利厚生があるというのは、それだけ会社が社員を育てるという観点から見ているということであり、社員を大切に扱う会社であるかが見えてきます。

そのため、福利厚生面については何か特色がないかを見るとよいでしょう。

社内の様子が分かる写真

どれだけ給与や福利厚生が充実していても、ともに働く人がどのような人かが大切です。

そこで、会社のHPなどで実際に働いている人たちの雰囲気が見れるかを確認しましょう。

今後、入社した際にはその人たちと共にずっと働くことになるかもしれないので社内の雰囲気は大切です。

自分にあった契約社員の求人の選び方や注意点

ここまで、契約社員の求人で見るべきポイントを見てきましたが、自分に合った求人とはどのように選べばよいのでしょうか。

ここからはその選び方や注意点を見ていきたいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

契約社員のまま働きたいのか、正社員として働くのかは必ず求人広告に掲載があるので確認しましょう。

【選び方②】職種から探す

自分の頑張れる仕事はどのような仕事なのか、じっくり考え、イメージと重なる職を選びましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

大企業、中小企業、零細企業だけでなく、その会社がどのような経緯からその事業を行っているかを、過去から現在まで見てみると、意外な発見があるかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

生活していくうえで給与や雇用条件は、第一に浮かぶものかもしれません。

完全週休2日制と週休2日制の違いなどに注意しつつ、給与を考えましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

通勤時の時間帯によっては電車が混雑するので、その苦痛に日々耐えられるかを考えなければなりません。

注意点

正社員登用という文言があっても、これまで実績がなかったり、その確率がかなり低かったりする場合があります。

そのため、正社員を目指している場合にはどの程度の採用実績があるのかを確認しましょう。

契約社員求人についてよくある疑問

ここからは契約社員として働くためにどのようにすればいいのか、見ていきたいと思います。

応募方法

「契約社員 求人」で検索すると、転職サービスをしている会社のサイトがあります。

そしてそこから、各会社の求人情報を見ることができ、応募もできます。

直接会社を調べるのは、会社を絞るまでは非効率なのでやめておきましょう。

面接で聞かれること

面接では仕事への理解度、これまでの経験の有無、資格の有無などを聞かれます。

特に仕事についての理解は自分で調べて、応えられるようにしておかなければ採用は難しいでしょう。

経験による差

経験不問という文言が求人情報にない限り、その仕事の経験の有無は聞かれます。

また、採用する側も、経験者の方が指導する手間が多少省けるので優遇されることがあります。

しかし、会社によって細かな違いは必ずあるため、変にそれまでの経験によって仕事をされることで現場が混乱してしまうこともあります。

そのため、経験があったとしてもコミュニケーション能力に難があれば、採用されにくいといえます。

資格による差

専門職でない限り、資格の有無で差は設けません。

語学力が必須であれば、採用試験に英語があるため、そちらの点数で判断されるのが通常です。

まとめ

今回は契約社員の求人についてその募集内容や、おすすめのポイント、採用されるためにはどうすればいいのかまで、見てきました。

どの仕事でも大切なのは、一人でやるものでない以上、他者との連携がうまくできるかという点です。

自分らしく働くためには、まず、その職場の雰囲気をつかみ、そこで馴染むことから始まるといえます。

この記事がいろいろな人の採用に役立つことができれば幸いです。


関連キーワード

契約社員求人