「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。

本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。

また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。

このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。

多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。

だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。

ですから、事前の情報集めや面接での話し合いや質問等をしっかり行なった上で納得してから働き始めたいものです。

そこで今回は、契約社員の転職で注意したほうが良い10個のことをご紹介します。

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

契約社員という働き方が始めてという方が多いかと思いますので、そういう方向けに契約社員の転職で注意したほうが良い10個のことをご紹介します。

給与について

契約社員の転職で最も注意したほうが良いことは給与です。

やはり、転職してから一番誤解や不満を感じやすいからです。

最近では、ハローワークや他の求人サイトも表示がわかりやすくなり、そのようなことは少なくなりましたが、それでも入社してからのトラブルは頻繁しています。

面接の段階で気になることは全て確認しましょう。

休暇について

休暇についても注意しましょう。

特に有給休暇の有無は非常に重要です。

契約社員の場合は、ほとんどの企業で有給休暇は取得できるようになってはいますが、まだ導入されてないところも少なからずあります。

また、年間休日数も忘れずにチェックしたいところです。

連休がどれくらいまとめて取得できるかも重要です。

賞与について

賞与についても誤解が生じやすいところです。

「賞与あり」とだけの記載の場合は、1ヶ月分にも満たない金額が年に1回だけ支給されるだけかもしれませんので、確認しずらいポイントではありますが、必ず確認しましょう。

長い目でみれば、非常に大きなポイントです。

マイホームや自家用車の購入においては賞与の回数や金額は借り入れを受ける上において非常に大きな要素となりますのでしっかりと確認しましょう。

福利厚生について

福利厚生についてもしっかり注意しましょう。

正社員のみが対象なのか、契約社員も対象なのか曖昧な求人内容も多いので注意が必要です。

最近では、契約社員でも、財形貯蓄や持ち株会を利用出来たり、厚生年金だけではなくて企業年金、確定拠出年金を利用できる会社が増えました。

負担の掛かることですから、闇雲に利用できるものではありませんが、将来に向けて資産形成をされたい方には大変重要なことですので、気になることは全て確認しましょう。

正社員登用はあるか

正社員の道を諦めて、契約社員の道を選んだ方は一旦、契約社員で入社したとしてもいずれは正社員登用を目指したいと思われているでしょう。

求人案内に書いてあることだけではなく、過去にどの程度の正社員登用実績があるか確認しましょう。

「正社員登用あり」と書いてあっても実際はなかなか登用への道は平坦ではありませんが、それは新卒でも同じことなので、契約社員として入社後も諦めずに地道に努力を重ねて頑張りましょう。

寮や住宅手当について

地方にお住まいの方にとっては、大変大きな点です。

東京や大阪で一人暮らしを始めるには最低でも50万円ほどは初期費用で掛かります。

引っ越して、仕事を始めて最初の給料が振り込まれるまでの期間は無収入でひたすら出費が続きますので、当面の生活費の蓄えも必要です。

ですから、寮完備の会社や住宅手当のある会社を最初から候補として転職選びをされることをおすすめします。

継続出来るかどうか

条件がとても良い会社に転職出来たとしても、継続出来なければ意味がありません。

自分の特性に合っているかどうかを自分自身で客観的に把握してみましょう。

若い方でしたら、異業種に転職して仕事を一から覚える時間的余裕がありますが、ある程度の年齢の方は出来れば今までの経験が活かせるような転職のほうが早く結果を出せますし、昇給にも繋がりますので、モチベーションを維持することができますので、長く続けることも可能です。

通勤時間について

契約社員の働き方を選択された方は、「自分の時間」を大切にされている方が多いと思いますが、せっかく休暇がしっかり取れ、残業もない仕事でも、通勤時間が片道何時間も掛かるようでは、お金だけではなく、肝心の自分の時間も放棄しているようなものです。

ですから、通勤時間のこともしっかり念頭に置いて転職先を選びましょう。

わずかな給料の差なら遠方よりも近場のほうが通勤の負担も少なくいろいろな意味でラクでしょう。

社会保険について

最近はパート勤務でも雇用保険に加入できるようになりました。

加入出来れば社会保険料の負担が会社と従業員で折半なので、社会保険料の負担が軽減されます。

また労災保険があるかどうかも非常に重要です。

退職した後でも失業保険の給付を受けたり、怪我や病気で長期間休む場合に、傷病手当を受け取ることができたりと計り知れないメリットがあります。

ある程度の期間、契約社員で働くのでしたら、社会保険を完備している会社を選びましょう。

年金について

年金についても、厚生年金に加入出来ると、保険料の支払いが会社と折半なので、契約社員で転職を考えている方は年金のことも踏まえて判断しましょう。

毎日のように年金に関するニュースが報道されており、あまり良いとは思えない内容のニュースばかりですが、年金を納めることは国民の義務ですので、当然納めなければいけないものでありますが、少しでも将来の給付が手厚いものになるよう勤め先の年金制度には関心を持ちましょう。

契約社員での転職、職場変更を成功させるためには何をすれば良い?

転職は転職が決まるまでが全てではなく、決まってからが全てです。

折角、転職先が決まっても、仕事で成果を挙げられなければ転職が成功したとはいえません。

そこで、契約社員での転職、職場変更を成功させるためには何をすれば良いかをご紹介します。

良好な人間関係を築く

やはり、何より大事なのは良好な人間関係を築くことです。

いくら自分がやりたい仕事であっても人間関係が良くなければ続けていくことは困難です。

人間ですから、自分と合いそうな人もいれば、そうでない人もいます。

しかし、仕事は友達を作る場所ではありませんので、何かしら折り合いをつけて苦手意識を持たず、むしろ苦手と思われる人にこそ、積極的に接していくようにしましょう。

仕事というのは、自分が苦手な人、嫌いなタイプの人にこそ実は自分の成長のヒントがあるものです。

仕事を早く覚える

とにかく、仕事を早く覚えましょう。

簡単に覚えられることからまずは始めて、覚えるのに時間がかかりそうなことは人に聞いたり、いっぺんに覚えようとせずに少しずつ覚えるとよいでしょう。

どんな転職先でも、全ては仕事を覚えなければ、何も始まりません。

それは人間関係にも大きく影響します。

過去を忘れる

前職が輝かしいほど人はその栄光をなかなか手放せないものです。

新しい職場でもついついそのことを周りの人達にひけらかしたりしてしまいがちです。

しかし、そういう姿勢はあまり歓迎はされませんし、そういう姿勢は新しい職場での人間関係の形成や新しい技術の習得の妨げになります。

何かの縁があって、一緒に働くことになったわけですから、新しい職場で一緒に働くことになった人に興味を持ち、逆に色々なことを聞いてみましょう。

新しい仕事に興味を持つ

仕事というのは、興味を持って取り組むと思いのほかはかどります。

真摯で謙虚な姿勢で慣れない仕事に打ち込む姿勢にいつしか周りの人たちが助け船を出してくれることでしょう。

そのやりとりが新しい人間関係をいつしか築き、いつしか新しい職場であなたが戦力としてあてにされるような環境を作り出すのです。

勤め先の人の顔と名前を覚える

コミュニケーションの基本はまずは自分から相手を受け入れることです。

その第一の基本は、相手の顔と名前を覚えることではないでしょうか。

自分の名前を呼ばれて嫌な気分を持つ方はまずいません。

ですから、意識して新しい勤め先の人の顔を覚えるようにしましょう。

契約社員で持っているとお得なスキル、資格とは?

新しい転職先で様々な新しいスキルを身につけたりするでしょうが、今までの社会経験で身に付けたスキルや取得した資格は有効に使いたいですよね。

そこで契約社員で持っているとお得なスキル、資格をご紹介します。

自動車免許

どんな職種でも、確実に役に立つのがなんと言っても自動車免許です。

更に大型免許や二種免許、フォークリフトなどの免許があれば更に役立ちます。

オートマ限定の免許でもほとんどの会社で自動車免許として認められていますから、転職までの間に何か資格をということでしたら、自動車免許をまだお持ちでなければ自動車免許の取得を強くおすすめします。

簿記

簿記の資格は、経理や会計だけではなく、会社のお金の仕組みを理解する為には最適ともいえる資格です。

ひと昔前までは、簿記3級は履歴書に持っていても書かないほうがいい資格と言われていましたが、今はそんなことはなく、無資格の人よりは経理の人から、ある程度、経理の専門用語が通じる人と認識されますので、仕事に広がりをもたらしてくれますから、必ず所持していることをアピールしましょう。

MOS

今やほとんどの事務の仕事はパソコンが必須ですが、その割にはパソコンの資格というものがほとんどありません。

また、パソコンの能力を証明する資格というのもあまりありません。

そんななかで、MOSはある程度のパソコンの実務能力を証明するものですので、資格を持っている人はアピールしましょう。

全部、お持ちでなくても一つだけでも持っていれば申告しましょう。

TOEIC

年々、国際化が進む日本では、外国籍の方が増加し、それに伴い、日常生活や仕事でも外国の方と接する機会が増えてきました。

業務で英語を使わない職場でも同僚が外国籍の方だったり、お客様か外国籍の方であるケースが増え、今後更に増えていくのは間違いありません。

やはり、語学力を客観的に証明するものとしては、TOEICが筆頭に挙げられるでしょう。

英検も有力な資格ではありますが、試験が年に3回しかないことと、二次試験もあるため、社会人の方にとっては日程の確保も大変ですので、TOEIC中心に受験回数をこなし、スコアを徐々に上げていくことをおすすめします。

社会保険労務士

難易度の高い資格ですが、有資格者が会社にいない場合は、大変重宝され、正社員登用にも繋がります。

もし、失業中でかなり勉強時間を割くことが可能でしたら、是非取得をおすすめします。

転職するに当たっての必要な心構え

言うまでもなく、仕事は遊びではありません。

ある程度、自分を抑えなければいけないのは間違いありません。

しかし、必要以上に下手に出る必要もありません。

確かに、心機一転新たな気持ちを持つことは大事ですが、今まで社会人として積み重ねてきた自信は全面に出していきたいものです。

ここでは、転職するにあたっての必要な心構えをご紹介します。

新しい環境に慣れること

さまざまな転職活動の末、新たなスタートを切った職場で、知らず知らずのうちに前の職場や自分の前歴を話すことに熱心な方は多いです。

確かに表面的には関心を示してくれる方もいらっしゃるでしょうが、内心ではそれなら前の職場でずっと勤めていればよかったのにと冷ややかな目で見られてしまい、本当の意味での信頼関係を築くのに弊害が生じてしまうかもしれません。

それよりは、逆に新しい勤め先のことや仕事について質問したほうか勤め先の方は熱心に話してくれるでしょうし、あなたに親近感を持つことでしょう。

どうか、新しい環境に慣れるように努力しましょう。

仕事をする上での目標を見つけること

仕事に限らず、物事を継続していく上で目標を持つということは大事なことです。

自己研鑽のためにも、仕事をする上での目標を見つけましょう。

感謝の気持ちを持つ

新しい職場で働き始めることは入社する側も大変なことですが、受け入れる側も大変なことです。

仕事の手を休めて、様々なサポートをして頂くわけですから、そういう周りの方々の心遣いに感謝の気持ちを持つ余裕のある方は意外に少ないのではないでしょうか。

新しい環境に慣れるので精一杯ですから、それも無理はありませんが、ほんの少しでも周りの人に対する感謝の気持ちを表すように心掛けてみましょう。

安易にまた次があると考えない

ここに骨を埋めるつもりで真剣に取り組みましょう。

ここが駄目ならまた違う場所があるという心構えでやっていれば、いつまでたっても新しい職場に溶け込めませんし、仕事に心が入らないので、いつか大きなミスをしてしまうかもしれません。

ですから、安易に次があると考えないようにしましょう。

契約社員の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収というのは、働く上で大変大事なことですよね。

シンプルに考えると、働くことというのはお金を稼ぐことだと思います。

お金がたくさんあって、お金に困ってなければ誰も無理して働きませんよね。

生活を安定させる、将来の備えなどは働くことでしか達成することは出来ません。

その為には年収を上げなければなりません。

ここでは転職で年収を上げるためにやるべきことをご紹介します。

仕事の質を上げる

言うまでもありませんが、高い給料というのは、その給料を生み出す仕事をこなさなければ発生しません。

高い給料を会社が出すための利益を会社にもたらさなければ、高い給料は発生しようがありません。

日々の業務を決して疎かにせず、やみくもに新しいことばかりに手を出さず、 しっかりと質の高い仕事を繰り返し、会社に少しずつ利益をもたらすようなことを積み重ねていけば、年に一回の昇給で給料は見直しをされ、知らず知らずのうちに年収は上がっていくことでしょう。

残業をする

本来、時間内に終わる仕事を無理に時間を伸ばして、残業代を稼ぐのは論外ですが、上司からの依頼やチーム全体の仕事の進捗が遅れているような場合には積極的に残業に協力するというのも年収を上げたり、評価が上がることにも繋がります。

転職した直後でしたら、余計に周りの人達との繋がりを深めるきっかけにもなりますし、更に仕事の領域を広げ、仕事が楽しくなり、結果的に手取り収入が増えることに繋がっていくことでしょう。

資格を取る

新しい勤務先で資格取得を推奨しているのでしたらもちろんのこと、そうでなくても仕事に役立つような資格を取ることはご自身の年収アップに繋がります。

中には取得の為のスクール通いや通信教育の受講、受験料まで全額負担又は一部負担している会社もある程です。

向学心のある方には最高な環境ですね。

資格手当はその会社に勤めている限りは恒常的に支払われますので、より安定した生活を営なんでいけますね。

勉強会や研修に積極的に参加する

社員教育の一貫として、勉強会や研修を頻繁に行っている会社は多いです。

そういう機会がありましたら是非積極的に参加しましょう。

新しい知識や技術を習得出来る上に、向上心や向学心がある人物と評価されることにも繋がります。

新しい勤め先でのネットワーク作り

もちろん会社は友達を作る場所では決してありませんが、良い意味でお互いが高めあえるような仲間関係は決してマイナスにはなりません。

日頃、自分と接する方はもちろん、他部署や関係機関の方々と仕事を超えた付き合いを常日頃から蓄積し、ご自身の仕事が円滑にスピーディーに進むようなネットワークを作りあげれば、やがては年収アップに繋がっていくでしょう。

契約社員で転職する人は多い?

正社員の求人が減少傾向にある中、契約社員の求人は増加傾向にあります。

元々、正社員として会社勤めしていた方が、個人的な事情で契約社員として転職することになった方や、自分がやりたい仕事、又は自分が入社したい会社が正社員としての求人がなく、契約社員としての求人しかなかったので契約社員として転職することになった方、今までアルバイトやパート、派遣社員であった人がステップアップとして契約社員として転職することになった方など。

契約社員の採用枠は非常に広いので実に様々な人達を受け入れる門戸が開かれています。

よって、契約社員として転職する人は多いのです。

契約社員でよくある転職理由

契約社員として会社に入社する方の転職理由は実に様々です。

ここでは契約社員でよくある転職理由をご紹介します。

最終的に正社員になるため

一番多い理由としては、本当は正社員として転職先を探していたものの、見つからなくて契約社員として転職したという理由ではないでしょうか。

そして、最終的に正社員を目指すという目標を持っているという契約社員入社組の中では最も志がしっかりとした方々です。

仕事以外に目標があるため

例えば、近い将来に稼業を継ぐためや海外などに留学したり、移住したりなど仕事意外に何か目標があって、長期間その仕事が出来ない事情がある方が契約社員という働き方を選択していることが多いです。

仕事と家庭の両立のため

正社員ですと残業があったり、休日出勤があったりと自分の時間が削られることが多いことから、主婦の方、特に子育て世代の方には、正社員という働き方は負担が大きく、しかしながらパートやアルバイトでは活かしきれない経験や知識を持つ能力の高い方には契約社員という働き方が合っているため、その数が年々急増しています。

パート・アルバイトからのステップアップ

パートやアルバイトで始めた方が、その経験や能力を買われ、その仕事で契約社員として再雇用されるケースも非常に多いです。

このケースも本人にとってはひとつの大きな成果であり、生活がより安定するケースであります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は契約社員の転職で注意したほうがいい10個のことをご紹介しました。

契約社員というのは、間違いなく正社員と比較すれば求人数も多く、採用される可能性はかなり高いです。

しかしながら、契約社員だから正社員より責任は軽いし、必死にやる必要はないなどと志の低いことは決して考えないでください。

良い仕事をたくさんこなして会社にしっかりと定着し、1日でも早く正社員になることを目標にして下さい。


関連キーワード

契約社員求人