「契約社員」で転職を考えている方の中には、それが最終ゴールではないという方も多いと思います。

本来なら正社員を目指せる能力がある方でも、昨今の長期低迷が続く転職事情から正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。

また、将来の目標があり、決まった期間だけ働きたいという理由で契約社員の仕事を探しているという方もいるかもしれません。

このように一口に契約社員を目指していると言っても、その背景は実に様々です。

正社員に比べて多種多様な働き方ができるのが契約社員だと言えるでしょう。

だからこそ、働き始めてからトラブルが生じることも決して少なくはないのです。

だからこそ、事前の情報集めや面接での話し合い・質問等をしっかり行った上で納得してから働き始めたいものですね。

そこで今回は、契約社員の転職で注意すべき点や必要な心構えなどについてご紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員の転職で注意したほうが良い9個のこと

契約社員という働き方が初めてという方も多いかと思いますので、そういう方向けに契約社員の転職で注意したほうが良い9個のことをご紹介します。

基本給について

給料に関することは、やはり転職してから一番誤解や不満を感じやすいところになります。

最近はハローワークや他の求人サイトも表示が分かりやすくなり不信や不満は少なくなりましたが、それでも入社してからのトラブルは頻発しています。

残業が発生した場合には残業代がつくのか、退職金はあるのかなど、面接の段階で気になることは全て確認するようにしましょう。

賞与について

賞与についても誤解が生じやすいところです。

マイホームや自家用車の購入においては、賞与の回数や金額は借り入れをする上で非常に大きな要素となります。

「賞与あり」とだけ記載されている場合は1ヶ月分にも満たない金額が年に1度支給されるのみかもしれませんので、確認しづらいことではありますが必ず訊いておきましょう。

休日・休暇について

休日・休暇については、年間休日数や有給休暇の取得率を確認しておきましょう。

契約社員の場合も条件を満たせば有給休暇が付与されますが、その取得率は企業によって様々です。

転職先を選ぶ際の参考になると思いますので、ぜひチェックしておきたいところです。

福利厚生について

福利厚生についても、正社員のみが対象なのか契約社員も対象なのかが曖昧な求人内容も多いので、注意が必要です。

最近では契約社員でも財形貯蓄や持ち株会を利用できたり、厚生年金だけではなく企業年金や確定拠出年金を利用できる会社も増えました。

金銭面で負担のかかることですのでむやみやたらと利用できるものではありませんが、将来に向けて資産形成をされたい方には大変重要なことですので気になることは全て確認しておきましょう。

正社員登用について

正社員を一旦諦めて契約社員の道を選んだ方は、いずれは正社員登用を目指したいと思われているでしょう。

求人内容に書かれていることだけではなく、過去にどの程度の正社員登用実績があるのかも確認しておくと良いですね。

正社員登用の道もなかなか平坦ではありませんが、諦めずに地道に努力を重ねて頑張りましょう。

寮や住宅手当について

寮や住宅手当があるかどうかは生活費に関わる問題ですので、大変重要なポイントです。

東京や大阪で一人暮らしを始めようと思うと、初期費用で最低でも50万円ほどはかかります。

引っ越してから最初の給料が振り込まれるまでの期間は無収入でひたすら出費が続きますので、当面の生活費の蓄えも必要です。

そのため、寮が完備されている、または住宅手当のある会社を候補として職探しをされることをおすすめします。

継続できるかどうか

条件がとても良い会社に転職できたとしても、継続できなければ意味がありません。

自分の特性に合っているかどうかを自分自身で客観的に分析してみましょう。

若い方でしたら異業種に転職しても仕事を一から覚える時間的余裕がありますが、ある程度の年齢の方はできれば今までの経験が活かせる仕事のほうが良いでしょう。

そのほうが早く結果を出せてモチベーションも維持できますし、仕事もやりやすいのではないでしょうか。

通勤時間について

契約社員という働き方を選択された方の中には、「自分の時間」を大切にされている方も多いと思います。

せっかく休暇が取りやすく残業もない仕事でも、通勤時間に何時間もとられてしまっては元も子もありません。

通勤の負担も、ゆくゆくは仕事を続けられるかどうかに関わってきます。

そのため、通勤時間のこともしっかり念頭に置いて転職先を選びましょう。

社会保険について

最近は、パート勤務でも社会保険に加入できるようになりました。

加入できれば社会保険料の負担が会社と従業員で折半なので、経済的な負担が軽減されます。

失業保険の給付を受けられたり、怪我や病気で長期間休んだり退職をせざるを得なくなった場合に傷病手当を受け取ることができたりと計り知れないメリットがあるのです。

年金についても厚生年金に加入できると保険料の半分を会社が負担してくれるため、安心ですね。

ある程度の期間を契約社員として働くのでしたら、社会保険を完備している会社を選ぶようにしましょう。

契約社員の転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職は、仕事が決まるまでも大変ですが、決まってからがスタートです。

せっかく転職先が決まっても、仕事で成果をあげられなければ転職が成功したとは言えません。

そこで、契約社員の転職を成功させるためには何をすれば良いのかをご紹介します。

良好な人間関係を築く

やはり何より大切なのは良好な人間関係を築くことです。

いくら自分がやりたい仕事であっても、人間関係が良くなければ続けていくことは困難でしょう。

人間ですから、どうしても相性などがあります。

しかし職場は友達を作る場所ではありませんので、何かしら折り合いをつけて苦手意識を持たず、むしろ苦手と思われる人にこそ積極的に接していくようにしましょう。

そうすることで、自分もまた一つ成長できるかもしれません。

仕事を早く覚える

とにかく、仕事を早く覚えましょう。

簡単に覚えられることから定着させて、覚えるのに時間がかかりそうなことはメモやノートを見返したり人に訊いたりしながら回数を重ねて少しずつ覚えていくと良いでしょう。

どんな転職先でも、まずは仕事を覚えなければ何も始まりません。

覚えようという高い意識を持ち、同じことを何度も人に訊かないなどの心がけが大切です。

過去を忘れ、今を大切にする

前職が輝かしいほど、その栄光をなかなか手放せないものです。

新しい職場でもついついそのことを周りの人たちにひけらかしてしまいがちです。

しかし、そういう姿勢はあまり歓迎されませんし、新しい職場での人間関係の形成や技術の習得の妨げになります。

何かの縁があって一緒に働くことになったわけですから、今の職場の方々に興味を持ち、様々な話を聞いてみましょう。

新しい仕事に興味を持つ

仕事というのは、興味を持って取り組むと思いの外捗るものです。

慣れない仕事でも真摯に取り組んでいれば、周りの人たちのサポートも受けられるでしょう。

そうして少しずつ人間関係の輪を広げていき、いつしかあなたが戦力として便りにされるような環境を作り出すのです。

勤め先の人の顔と名前を覚える

コミュニケーションの第一の基本は、相手の顔と名前を覚えるところから始まります。

自分の名前を呼ばれて嫌な気分になる人はあまりいないでしょう。

ですから、意識して新しい勤め先の人の顔と名前を一致させるようにしましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員で持っていると役立つスキル、資格とは?

新しい転職先でも様々なスキルを身につけると思いますが、今までの社会経験で身につけたスキルや取得した資格も有効に使いたいですよね。

そこで契約社員で持っていると役立つスキルや資格をご紹介します。

自動車免許

どんな職種でも役に立つのが、なんと言っても自動車免許です。

大型免許や二種免許、フォークリフトなどの免許があれば尚良いでしょう。

オートマ限定の免許でもほとんどの会社で自動車免許として認められていますので、転職までの間に何か資格を取りたいというのであれば自動車免許の取得を強くおすすめします。

簿記

簿記の資格は経理や会計だけでなく、会社のお金の仕組みを理解するためにも最適とも言える資格です。

ひと昔前までは簿記3級というと持っていても履歴書に書かないほうが良い資格と言われていましたが、今はそんなことはありません。

無資格の人よりはある程度経理の専門用語が通じる人と認識され仕事に広がりをもたらしてくれるので、必ず所持していることをアピールしましょう。

MOS

今やほとんどの事務の仕事でパソコンが必須となっています。

数少ないパソコンの資格の中でもMOSはある程度のパソコンの実務能力を証明するものですので、持っている人はアピールしましょう。

WordやExcelなどいくつかの内一つだけでも持っていれば申告しましょう。

TOEIC

この国際社会の中で、日本でも日常生活や仕事において外国の方と接する機会が増えてきました。

業務では英語を使わない職場でも、同僚がやお客様が外国籍の方であるケースが増え、今後更に増えていくことも予想されます。

やはり、語学力を客観的に証明するものとしてはTOEICが筆頭に挙げられるでしょう。

英検も有力な資格ではありますが、試験が年に3回しかないことと二次試験もあるため、社会人の方にとっては日程の確保も大変です。

TOEICを中心に受験回数をこなし、スコアを徐々に上げていくことをおすすめします。

社会保険労務士

難度の高い資格ですが、有資格者が少ない分持っていると大変重宝され、正社員登用にも繋がります。

もし失業中でかなり勉強時間を割くことが可能な場合は、是非取得することをおすすめします。

転職するにあたっての必要な心構え

次に、転職するにあたって必要な心構えをご紹介します。

新しい環境に慣れること

様々な転職活動の末に新たなスタートを切った職場で、知らず知らずの内に前の職場や自分の前歴を話すことに熱心な方は多いです。

確かに表面的には関心を示してくれる方もいらっしゃるでしょうが、内心ではそれなら前の職場でずっと勤めていれば良かったのに…と冷ややかな目で見られてしまい、本当の意味での信頼関係を築くのに弊害が生じてしまうかもしれません。

それよりは新しい勤め先のことや仕事について質問したほうが、勤め先の方は熱心に話してくれるでしょうし、あなたに親近感を持つことでしょう。

新しい環境に慣れるように努力しましょう。

仕事をする上での目標を見つけること

仕事に限らず物事を継続していく上で目標を持つということは大切なことです。

自己研鑽のためにも、仕事をする上での目標を見つけましょう。

感謝の気持ちを持つ

新しい職場で働き始めるということは、入社する側も大変ですが受け入れる側も大変なことなのです。

仕事の手を休めて様々なサポートをして頂くわけですから、そういう周りの方々の心遣いに感謝の気持ちを持てると良いですね。

新しい環境に慣れるのに精一杯で難しいとは思いますが、ほんの少しでも周りの人に感謝の気持ちを表すように心掛けてみましょう。

安易にまた次があると考えない

新しい職場に骨を埋めるつもりで真剣に取り組みましょう。

ここが駄目ならまた違う場所があるという心構えでやっていると、いつまで経っても新しい職場に溶け込めませんし、仕事に身が入らずいつか大きなミスをしてしまうかもしれません。

契約社員の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収というのは、働く上でとても大切なことですよね。

シンプルに考えると、働くというのはお金を稼ぐことだと思います。

お金に困っていなければ誰も無理して働きませんよね。

生活を安定させたり将来の備えをするためには、働いて年収を上げなければなりません。

ここでは、転職で年収を上げるためにやるべきことをご紹介します。

仕事の質を上げる

言うまでもありませんが、高い給料というのは、その給料を生み出す仕事をこなさなければ発生しません。

高い給料を会社が出すに見合った利益をもたらさなければ、高い給料を貰うことはできません。

日々の業務を決して疎かにせず、やみくもに新しいことばかりに手を出さず、 しっかりと質の高い仕事を繰り返し会社に少しずつ利益をもたらすようなことを積み重ねていけば、昇給のタイミングで給料は見直しをされ、知らず知らずの内に年収は上がっていくことでしょう。

残業をする

時間内に終わるような仕事を無理に時間を延ばして残業代を稼ぐのは論外ですが、上司からの依頼やチーム全体の仕事の進捗が遅れているような場合には積極的に残業に協力することで年収や評価を上げることに繋がります。

転職した直後なら尚更周りの人たちと関わるきっかけにもなりますし、仕事の領域が広がって仕事が楽しくなり、結果的に手取り収入が増えることにも繋がっていくでしょう。

資格を取る

新しい勤務先で資格取得を推奨しているならもちろん、そうでなくても仕事に役立つような資格を取ることは、自身の年収アップに繋がります。

中には、取得のためのスクールや通信教育の受講料、そして受験料まで全額負担または一部負担している会社もありまsす。

向学心のある方には最高な環境ですね。

資格手当はその会社に勤めている限りは恒常的に支払われますので、より安定した生活を営んでいけます。

勉強会や研修に積極的に参加する

社員教育の一貫として勉強会や研修を頻繁に行っている会社は多いです。

そういう機会があれば、是非積極的に参加しましょう。

新しい知識や技術を習得できる上に、向上心や向学心がある人物と評価されることにも繋がります。

新しい勤め先でのネットワーク作り

もちろん会社は友達を作る場所ではありませんが、良い意味でお互いを高め合えるような仲間関係は決してマイナスにはなりません。

日頃から、他部署や関係者の方々と仕事を越えて交流し、自身の仕事が円滑にスピーディーに進むようなネットワークを作りあげれば、やがては年収アップに繋がっていくでしょう。

契約社員で転職する人は多い?

正社員の求人が減少傾向にある中、契約社員の求人は増加傾向にあります。

元々正社員として会社勤めしていた方が個人的な事情で契約社員として転職することになったり、自分がやりたい仕事または自分が入社したい会社に正社員としての求人がなく契約社員としての求人しかなかったので契約社員として転職することになった方、今までアルバイト・パートや派遣社員だったけどステップアップとして契約社員として転職することになった方など…。

契約社員の採用枠は非常に広いので、実に様々な人達を受け入れる門戸が開かれています。

契約社員でよくある転職理由

契約社員として会社に入社する方の転職理由は実に様々です。

ここではその転職理由について、よくある例をご紹介します。

最終的に正社員になるため

一番多い理由としては、本当は正社員として転職先を探していたものの、見つからなくて契約社員として転職したというケースではないでしょうか。

そして「最終的には正社員を目指す」という目標を持った志のしっかりした方々ですね。

仕事以外に目標があるため

例えば、近い将来に家業を継いだり海外に留学したり移住したりなど、仕事意外に何か目標があって長期間その仕事ができない事情がある方が、契約社員という働き方を選択していることが多いです。

仕事と家庭の両立のため

正社員の場合は残業があったり、休日出勤があったりと自分の時間を削られることが多いことから、主婦の方、特に子育て世代の方には、正社員という働き方は負担が大きいものです。

しかしパートやアルバイトではこれまでの経験を活かしきれないという理由から、契約社員という働き方を選択する人が年々増えてきています。

パート・アルバイトからのステップアップ

パートやアルバイトで入社した方が、その経験や能力を買われ、その仕事で契約社員として再雇用されるケースも非常に多いです。

このケースも本人にとっては一つの大きな成果であり、生活もより安定していきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、契約社員の転職での注意点などをご紹介しました。

契約社員というのは、正社員と比較すれば間違いなく求人数も多く採用される可能性は高いです。

しかしながら、契約社員だから正社員より責任は軽いし必死にやる必要はないなどと志の低いことは決して考えないでください。

良い仕事を数多くこなして、会社にしっかりと貢献できるよう頑張って下さいね。




契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かける契約社員という文字。まず最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などはあるのか、お給料に違いはあるのかなど気になる点が多いですよね。今回は契約社員になる方法やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方が合っているのか見極めてみてください。雇用期間の違い契約社員と正社員の一番大きな違いは雇用期間です。正社員は無期限なのに対して、契約社員は働く期間が決まっています。1回で契約

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

契約社員の有給って取りやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はしっかりとしている事務所がほとんどであるため、有給休暇が取得できないということはありません。ただ、それと有給休暇取得のしやすさは事務所によって大きく変わってきます。そこで今回は、法律事務所における有給休暇取得のしやすさや、福利厚生制度について見ていきたいと思います。契約社員の有給って取りやすい?まず、契約社員だからと言って、有給休暇を取りづらいといった事情はありません。もちろん、職場ごとに有給休暇を取得するのが好ましい日にちと好ましくない日にちがあるでしょう。

契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?求人を探す前にぜひご覧下さい!

契約社員求人の募集に目が留まった方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどう見つければいいのかをここではお話しさせていただきます。契約社員として働くために必要なポイントについてや、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべき点にも触れていきますので、様々な注意点を把握して自分に合う求人を上手に選びましょう。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多い

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します

契約社員と正社員の違いとは一体何でしょうか?多くの人は、雇用形態の違いというだけでそこまで詳しく調べることもなく、必然的に正社員を目指しているというのが実情だと思います。今回は、契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットから見ていきたいと思います。きっと、自分に合った働き方がより明確になるはずです。契約社員と正社員の違いとは?契約社員とは、雇用期間が定められている社員のことを指します。一方で正社員は契約期限というものがなく、余程の理由がない限り一生そこで働くことも可能です。そのため、両者の違いで最も顕著なのは「雇用期間」であると言えます。また、契約社員と正社員では一般的に

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

契約社員の給料はどのくらいだと思いますか?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介していきたいと思います。また、契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。あなたが働く前に、契約社員の平均年収や、具体的な業務内容、給与を上げるための方法をお話しさせていただきます。契約社員の給料の手取りに納得いかない人はこの記事を参考にご覧ください。契約社員の給料の相場はどのくらい?平均給与は20万円前後契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与契約

契約社員で働くメリットとは?良い求人・悪い求人の見極め方もご紹介します!

契約社員とは、企業と期間を限定した雇用契約を締結する労働者のことを言います。正社員との違いは、雇用期間が限定されているという点です。他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。それらの違いから、一般的には正社員で入社できるのならば契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。それでも尚契約社員という雇用形態があるのは、会社側の都合もあるでしょうが労働者としてのメリットもあるからです。今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。契約社員で働くメリットとは?契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まっています。また働く場所での労働条

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

契約社員とは雇用期間が限られている従業員のことを言います。また正社員とは異なり、賞与や退職金がないことも少なくありません。これらのことから、正社員のほうが待遇面で良いということが分かります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合などには適した働き方になっています。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中からおすすめをいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめの職種とその理由東京の契約社員でおすすめの職種は、専門的なスキルを活かせる仕事です。その理由としては、専門的なスキルを持っていることで転職後に給料が上がる確率が高いからです。これは、大手転職サービスのコンサルタントに向

契約社員とはどういう仕事?良い面・悪い面など働く場合に気をつけたいポイントもご紹介!

新卒での就職活動や転職活動などにおいて、企業側から雇用形態を「契約社員」で提示をされるケースがあります。正社員としての就職を希望している場合に契約社員としての条件提示を受けても大丈夫なのか悩んでしまうと思います。この記事では契約社員という雇用形態について、正社員などその他の雇用形態との違いを含めて解説をします。自身が求めるライフスタイルによっては、正社員よりもむしろ契約社員としての働き方のほうが適しているケースもありますので、契約社員がどのような働き方になるのかをよく理解し、仕事選びの参考にしてください!契約社員とは?一般的に「契約社員」と称される雇用形態は予め雇用期間を定めた契約を結んで働く