最近の求人募集でよく見かける契約社員という文字。

まず最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。

その他にも保険などはあるのか、お給料に違いはあるのかなど気になる点が多いですよね。

今回は契約社員になる方法やシステムについて詳しくご説明したいと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?

契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?

条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方が合っているのか見極めてみてください。

雇用期間の違い

契約社員と正社員の一番大きな違いは雇用期間です。

正社員は無期限なのに対して、契約社員は働く期間が決まっています。

1回で契約できる期間は最大3年で、それ以降は更新するか退社するかのどちらかになります。

通算5年を超えた場合、無期契約に転換しなければならないというルールもあります。

例えば産休などの理由で社員が足りなくなったときに、臨時で契約社員を雇ったりする場合があります。

その場合産休を取っていた社員が復帰するまでという契約で契約社員となり、契約が満了したら退社するという仕組みです。

もちろん会社的にその人材が欲しいということになれば引き続き契約更新、もしくは正社員になれる可能もあります。

給与や手当の違い

契約社員はお給料も正社員に比べると低い場合が多いのですが、特別なスキルや難易度の高い資格などを持っている場合は同等かそれより高い場合もあります。

しかし、契約社員はボーナスが少ない、もしくは貰えない場合があり、交通費が出なかったり福利厚生が使えない場合もあります。

また退職金も貰えないので、退職後が不安という声もあります。

金銭的な安定を求めるなら、契約社員という働き方はなかなか厳しいかもしれませんね。

信用度の違い

契約社員は正社員と比べて社会的な信用度が低いと言えます。

例えばローンを組む場合、契約社員では審査に時間がかかったり通らなかったりする場合があります。

やはり期限付きの社員ということで収入が突然なくなる可能性があることが理由です。

車や住宅などの購入をする場合、契約社員ではローンを組むのが難しいと考えておくべきでしょう。

カードの限度額を上げる際にも断られたり、多少審査に時間がかかる場合があります。

契約社員と正社員の違いは、こちらの記事も参考に!

派遣社員とはどう違うの?

派遣社員と契約社員の大きな違いは、どこに雇用されるかです。

派遣社員は企業と派遣社員を結ぶ派遣会社に雇用されます。

契約社員は企業側に直接雇用されることになります。

契約社員の場合は給料や交通費の支給等の雇用契約に求める条件を自分で交渉しなくてはなりません。

一方派遣社員の場合は何か不満や希望があれば担当者が話をしてくれるので気持ち的にはとても楽と言えるでしょう。

給料の面で言うと、派遣社員は時給制で契約社員は月給または年俸制です。

時給換算すると派遣社員の方が割りが良い場合もありますが、その反面交通費の支給がないなどのデメリットもあります。

契約社員はほとんどの場合で交通費も支給され、福利厚生なども利用することができる場合があります。

しかし正社員のようにボーナスや退職金はない場合が多いため、その辺りは派遣社員と変わらないと言えるでしょう。

契約社員と派遣社員の違いは、こちらの記事も参考に!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員として働くためにはどうすればいいの?

では、契約社員として働くためにはどうすれば良いのでしょうか?

契約社員の募集に応募する

契約社員になる方法として、まずは求人を見るときに契約社員の募集を探してみましょう。

アルバイト情報サイトや転職サイトには多くの契約社員募集の求人情報が掲載されています。

ネットであれば検索の際に契約社員で絞ると探しやすいです。

また「試用期間あり」「アルバイトからの契約社員登用あり」などのコメントが添えられている場合もあるので、しっかりチェックしてみましょう。

アルバイトからのステップアップ

アルバイトから契約社員になる方法としては、アルバイトとして働いていた先で契約社員にならないか?という誘いを受ける場合があります。

日数や時間数が多い場合はアルバイトよりも契約社員として働く方が条件が良いのでメリットが大きいと言えるでしょう。

ステップアップの道がある職場なら、契約社員を経て正社員になれる場合もあります。

本人の意思表示も大切なので、人事担当の人に予め契約社員や正社員になりたいという旨を伝えておきましょう。

派遣社員から直接雇用へ

その他には、派遣には紹介予定派遣というものがあります。

派遣として働いた後、その会社の直接雇用になれる可能があるのが紹介予定派遣です。

直接雇用になった際に契約社員を選択することもできます。

例えば家庭の事情などで残業ができなかったり出勤できない曜日があったりする場合は正社員としてではなく契約社員として働かせてもらうという選択肢があります。

自分が無理なく自分らしく働けるのが契約社員の良いところです。

契約社員という制度を設けている会社であれば、ぜひ希望する働き方について話をしてみましょう。

派遣社員として働いている期間にしっかりと良い結果を残していれば、契約社員の道も開けてくるはずです。

企業のホームページをチェック

求人情報を探す際には、企業のホームページには大抵「採用」のページがあります。

そこには中途採用などの契約社員募集が掲載されている場合があり、アルバイトの情報誌よりも募集要項が詳しく書かれていることもあるので、こまめにチェックしてみましょう。

応募や面接の際には、採用担当の人と話ができるのも大きなメリットです。

質問や希望があればしっかりと伝えるようにしましょう。

契約社員として働くための注意点とは?

契約社員として働く際の注意点をいくつか挙げてみましょう。

リストラのリスク

企業の業績が悪化した際に真っ先にリストラの対象とされるのがアルバイト、派遣、契約社員です。

どうしても人員を削減しなくてはならない場合は、正社員を残すために非正規社員からリストラする傾向にあります。

余程優れた人材でなければ、リストラを行う際に契約を切られてしまう可能性が高いと言えます。

そのような点で雇用が不安定だということを念頭に置いておく必要があるでしょう。

社会からの信頼度

契約社員はあくまでも雇用期間が決まっている社員のため、ローン等を組む際に審査が通らなかったり時間がかかる場合があります。

正社員に比べるとやはり社会的な信用度は低いと言えるでしょう。

高額な買い物をする予定等がある方は気を付けてください。

次の就業先を探しておく

契約社員の場合、二度三度契約が更新できてもその先ずっと更新し続けられるとは限りません。

契約が満了となった場合に困らないよう、次の就職先の候補をいくつか探しておきましょう。

同じ業種であれば経験を買われて雇用される可能性は高いと思います。

医療保険の種類の確認

契約社員の場合は働く時間の長さなどによって社会保険に加入できない場合があり、その場合は国民健康保険になります。

社会保険と違って金額が高くなりますので、契約社員として入社する際には社会保険に入れてもらえるかの確認をしておくと安心です。

契約社員としてオススメの会社はどのようなところ?  

契約社員として働くのであれば、どのような会社が良いのでしょうか?

ファッションメーカー

ファッション業界は人の入れ替わりが激しい業界です。

しかし契約社員正社員と言う立場に関係なく、センスと実力を持っていれば出世できる可能性があります。

特に正社員登用を希望している人にはオススメです。

ファッションが好きな人にとっては、社割などのメリットがついてくるのもメリットです。

また働き口も多いので、転職もしやすいでしょう。

貿易会社

英語が得意、外資で働いた経験がある人は貿易系の会社がオススメです。

特別なスキルを持った人を探している場合が多いため、条件がマッチすれば長く雇用してもらえる可能性が高いと言えます。

特に英語が堪能な場合は重宝されるでしょう。

外資系の貿易会社の場合は、正社員登用される場合も多いようです。

同業種から転職する場合は良さそうな企業に的を絞ってそこでスキルアップし、正社員の道を開いていくのも良いでしょう。

旅行代理店

旅行好きの人にはぜひ旅行代理店をオススメしたいと思います。

同業で働いた経験があり知識を持っている場合は、即戦力として歓迎されます。

為替のレートや世界情勢に詳しい人も重宝されるでしょう。

働きながら旅の知識を得られる他、自分自身が旅行に行く際も割引等が効いてお得です。

私服勤務の所も多いので、仕事後に遊びに行ったり食事に行ったりすることが多い人にはオススメですよ!

運送会社

今最も人材を欲している業種の一つが運送です。

インターネット販売の普及に伴い配送が追いつかず、人員も足りていません。

最近はニュースでもよく取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

大手運送会社は契約社員にも良い条件を提示して積極的に採用していこうとしています。

配送者だけでなく経理などの事務にも人手が足りていないので、事務職を探している方もチェックしてみると良いでしょう。

運送会社は拠点が各地に点在しているため、家から近い所で働き先が見つかる場合もあります。

将来的にもまだまだ伸びていく業界なので、正社員への登用も可能性があるかもしれませんね!

契約社員はどんな人にオススメ?

契約社員として働くのはどんな人にオススメなのでしょうか?

期限付きで働きたい人

契約社員は、例えば結婚や留学を控えているなど何か理由があって期限付きで働きたい人にはオススメです。

予めいつまでという希望を出しておけば契約更新の際にトラブルになることもありません。

資格やスキルを活かしたい人

特殊技術を持った人材を求めて契約社員を募集している企業もあります。

そういう特別な技術や資格を持っている場合はお給料の待遇なども良い場合が多く、オススメです。

自分の得意分野に特化して働けるため、気持ち的にも余裕ができて楽しく働けると思います。

良い結果を残せば契約社員の期間を経て正社員になれる可能性も高いでしょう。

家庭を優先させたい人

親の介護や子供のお迎えなどで残業ができない、持ち家があって家族がいるので転勤はしたくないという人にもオススメです。

契約社員は基本的に転勤はありません。

生活環境を変えたくないという人には、仕事を探す際に転勤がないというのが前提となりますよね。

また残業をすることが難しい場合は、契約を結ぶ際に事情を説明して残業なしにしてもらえば後々心配することなく働けます。

予め自分の状況を説明しておけば、何かあった時も有給休暇を取りやすくなるでしょう。

プライベートを優先したい人

残業なしで週休2日をしっかり取り旅行などのプライベートを充実させたい人にも契約社員はオススメです。

正社員になるとどうしても残業が多くなったりお付き合いで食事会に顔を出したりしなければならないため、プライベートを充実させるのは難しくなってしまいます。

しかし契約社員に対しては残業やその他の食事会などは強要されないため、基本的には定時に上がることができます。

平日でも友達と食事に行ったりショッピングに出かけることも可能でしょう。

高いお給料を貰うよりも楽しくプライベートを充実させたいという人には、契約社員という働き方が向いていると思いますよ!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

契約社員という働き方についてお分りいただけたでしょうか?

融通が利きやすいのが契約社員の最大のメリットです。

自分の働き方をもっと自由にしたい、プライベートを充実させたいなど、個人の希望に合わせて働けるまさに現代的な働き方と言えるでしょう。

契約社員だからと言って必ずしも立場が低いわけではなく、結果を残せば正社員になれる可能性もありますし、契約社員のままでも待遇が良くなることもあります。

人生のかなりの時間を仕事に費やすわけですから、できるだけ楽しく自分らしく働きたいですよね!

自分にはどんな働き方が合っているのか、将来どんな道に進みたいのか、今一度立ち止まって考えてみるのも良いと思います。

今まではアルバイトや派遣社員として働いてきた人も、希望する条件に合うならば契約社員という選択肢を選ぶのも一つの手段でしょう。

求人募集を見てみると意外にも沢山の企業が契約社員を募集しています。

条件をよく見て希望に合った仕事があれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね!



関連キーワード

契約社員求人

契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」で転職を考えている方の中には、それが最終ゴールではないという方も多いと思います。本来なら正社員を目指せる能力がある方でも、昨今の長期低迷が続く転職事情から正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来の目標があり、決まった期間だけ働きたいという理由で契約社員の仕事を探しているという方もいるかもしれません。このように一口に契約社員を目指していると言っても、その背景は実に様々です。正社員に比べて多種多様な働き方ができるのが契約社員だと言えるでしょう。だからこそ、働き始めてからトラブルが生じることも決して少なくはないのです。だからこそ、事前の情報集めや面

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

契約社員の有給って取りやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はしっかりとしている事務所がほとんどであるため、有給休暇が取得できないということはありません。ただ、それと有給休暇取得のしやすさは事務所によって大きく変わってきます。そこで今回は、法律事務所における有給休暇取得のしやすさや、福利厚生制度について見ていきたいと思います。契約社員の有給って取りやすい?まず、契約社員だからと言って、有給休暇を取りづらいといった事情はありません。もちろん、職場ごとに有給休暇を取得するのが好ましい日にちと好ましくない日にちがあるでしょう。

契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?求人を探す前にぜひご覧下さい!

契約社員求人の募集に目が留まった方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどう見つければいいのかをここではお話しさせていただきます。契約社員として働くために必要なポイントについてや、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべき点にも触れていきますので、様々な注意点を把握して自分に合う求人を上手に選びましょう。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多い

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します

契約社員と正社員の違いとは一体何でしょうか?多くの人は、雇用形態の違いというだけでそこまで詳しく調べることもなく、必然的に正社員を目指しているというのが実情だと思います。今回は、契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットから見ていきたいと思います。きっと、自分に合った働き方がより明確になるはずです。契約社員と正社員の違いとは?契約社員とは、雇用期間が定められている社員のことを指します。一方で正社員は契約期限というものがなく、余程の理由がない限り一生そこで働くことも可能です。そのため、両者の違いで最も顕著なのは「雇用期間」であると言えます。また、契約社員と正社員では一般的に

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

契約社員の給料はどのくらいだと思いますか?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介していきたいと思います。また、契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。あなたが働く前に、契約社員の平均年収や、具体的な業務内容、給与を上げるための方法をお話しさせていただきます。契約社員の給料の手取りに納得いかない人はこの記事を参考にご覧ください。契約社員の給料の相場はどのくらい?平均給与は20万円前後契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与契約

契約社員で働くメリットとは?良い求人・悪い求人の見極め方もご紹介します!

契約社員とは、企業と期間を限定した雇用契約を締結する労働者のことを言います。正社員との違いは、雇用期間が限定されているという点です。他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。それらの違いから、一般的には正社員で入社できるのならば契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。それでも尚契約社員という雇用形態があるのは、会社側の都合もあるでしょうが労働者としてのメリットもあるからです。今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。契約社員で働くメリットとは?契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まっています。また働く場所での労働条

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

契約社員とは雇用期間が限られている従業員のことを言います。また正社員とは異なり、賞与や退職金がないことも少なくありません。これらのことから、正社員のほうが待遇面で良いということが分かります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合などには適した働き方になっています。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中からおすすめをいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめの職種とその理由東京の契約社員でおすすめの職種は、専門的なスキルを活かせる仕事です。その理由としては、専門的なスキルを持っていることで転職後に給料が上がる確率が高いからです。これは、大手転職サービスのコンサルタントに向

契約社員とはどういう仕事?良い面・悪い面など働く場合に気をつけたいポイントもご紹介!

新卒での就職活動や転職活動などにおいて、企業側から雇用形態を「契約社員」で提示をされるケースがあります。正社員としての就職を希望している場合に契約社員としての条件提示を受けても大丈夫なのか悩んでしまうと思います。この記事では契約社員という雇用形態について、正社員などその他の雇用形態との違いを含めて解説をします。自身が求めるライフスタイルによっては、正社員よりもむしろ契約社員としての働き方のほうが適しているケースもありますので、契約社員がどのような働き方になるのかをよく理解し、仕事選びの参考にしてください!契約社員とは?一般的に「契約社員」と称される雇用形態は予め雇用期間を定めた契約を結んで働く