仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。

また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。

契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。

にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。

企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環境の改善や将来のことの改善に取り組んでいる会社はほとんどないように思われます。

ですから現在、契約社員として働いている方が自分の労働環境や自分の将来は自分で考えるしか変えていく方法はないというのが現状なのではないでしょうか。

できるものなら続けていきたい、でも色々な悩みから辞めたほうがいいという葛藤もある、でも折角馴染んで愛着のある会社だから何とか続けていきたい。

そんな葛藤を抱えたまま働いている方も少なからずいらっしゃるでしょう。

今回は、契約社員を辞めたい、、、と感じる人の10個の理由と乗り越え方をご紹介します。

「契約社員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員のおおまかな仕事内容とは?

契約社員といってもどういう経緯で契約社員になったかで意味合いが変わってくると思います。

パートやアルバイトから契約社員になった方はステップアップでしょうし、正社員だった方が転職活動の末、契約社員で再就職した場合は、後ろ向きな気持ちになってしまうかもしれません。

今現在の日本社会においては、契約社員という働き方はかなりポピュラーとなっており、年々働く条件や待遇が良くなっているのは間違いありません。

おおまかな契約社員の仕事内容は正社員の補佐であり、パートやアルバイトの統括のような役割を担うことです。

契約社員で働いている方は若い方が多いので、パソコンを使う作業や緻密な作業などそれなりに難易度のある仕事を任されることが多いです。

実は、このことが契約社員で働いているかたが不満に思う大きな要因なのです。

要は社歴の長い正社員の人よりも難易度の高い作業をやっているにもかかわらず、給料は上がらず、正社員に昇進できず、責任だけは着実に増していくことが能力に高い契約社員の方の大きな不満なのです。

「契約社員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

契約社員を辞めたいと感じる人の10個の理由とは?

門戸は広く開けられていても、そこから昇進したり、スキルを磨いたり、人脈を広げたりというような正社員のように経験値を重ねていくということが契約社員では難しく、折角、頑張っても志半ばで退職する人が後を絶ちません。

そこまで契約社員として働いていくことに悲願して、最終的に会社を辞めたいと感じる人達が最も契約社員を辞めたいと思う理由は何なのか気になりますよね。

それでは、契約社員を辞めたいと感じる人の10個の理由をご紹介します。

正社員並みの仕事量や責任を負わされる

契約社員の方は若い方の比率が高く、難易度の高い緻密な作業を依頼されるケースが多々あり、結果的に作業量が膨大となり、それでいて、給料の査定や昇進の対象とはならず、仕事を依頼された直属の上司の手柄になってしまい、自分の仕事が自分にあまり還元されないケースが非常に多いです。

それでいて、何かトラブルが発生した場合はその責任はとことん追求されますから、一生懸命頑張って会社に貢献している契約社員の方ほど、ちょっとしたミスやトラブルで会社に失望し、せっかく勤めてきた会社を辞めてしまうということが後を絶ちません。

それを乗り越えるための方法とは?

結局、最終的には正社員や契約社員といった雇用形態を超えたところで、どれくらいやっている仕事に自信を持ち、こなしている作業に誇りを持ち、勤めている会社に愛着を持てるかという部分に尽きるのではないでしょうか。

その度合いが強ければ、自分自身の雇用形態以上に大事なものを見出せるのではないでしょうか。

また、万が一、理不尽な理由で退職せざるを得ないような状況に追い込まれた場合は決して泣き寝入りせずに会社の労働組合や外部の労働相談所などに相談しましょう。

責任の重さが原因の人は、もう少し楽な仕事を探してみるのも一つの手です。詳しくは以下の記事を見てみて下さい。

楽な仕事おすすめ21選。とにかく楽に働ける職種を解説!

どんなに頑張っても評価されない

毎日、会社に行くのが楽しくて、大変仕事にやり甲斐があって、目標も次々に達成しているのに、何故か自分よりもお世辞にも仕事が出来るとは思えない正社員の同僚の方が上司に評価されるようなことが多々あります。

結局、契約社員はどんなに頑張っても正社員以上の評価を会社から得ることは出来ないという絶望感を感じる方も少なくはないでしょう。

成果・結果主義を打ち出している会社でこういうことがまかり通っているのなら、有能な契約社員の方はやる気がでませんよね。

それを乗り越えるための方法とは?

一番大切なことは「何のために自分が頑張るのか」というところではないでしょうか。

仕事というのは何のためにおこなうのでしょうか。

会社のためでしょうか。

上司のためでしょうか。

同僚のためでしょうか。

答えはそれらのどれでもないはずです。

仕事というのは自分のためにおこなうのではないでしょうか。

自分以外の何かのためではないはずです。

自分のために仕事をおこなうのですから、精一杯頑張って、会社や上司や同僚から認められなくても自分自身が自分を認めてあげればそれでいいのではないでしょうか。

もっと大きな自分の目標のために今の仕事を頑張りましょう。

仕事が単調

正社員、特に総合職の場合は、定期的に人事異動があったり、転勤があったりと様々な経験を積む機会に恵まれますが、契約社員の場合はほとんど持ち場が変わることはなく、仕事に大きな変化がなく、よって仕事が単調になりがちです。

一緒に働く正社員の人は定期的に人事移動があるので、作業のレクチャーなどを契約社員が担当することも珍しくありません。

こういう状況に身を置いていると、必要以上に悲観的になって、契約社員はどうせ使い捨てだから誰にも出来るような仕事しかやらせてもらえないんだと思いつめてしまい、仕事はおろか人生にさえも悲観するしまう恐れが出てしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

単調になることを逆手にとって、この仕事であれば社内の誰にも負けないスペシャリストとして会社に居場所を作ればいいのではないでしょうか。

会社から必要とされているという実感はあなたの承認要求を大いに満たし、継続して更に腕を磨いていくというモチベーションを高めてくれるでしょう。

給料が上がらない

正社員では普通、年に一回昇給がありますが、契約社員の場合はなかなか昇給することが少ないという話を聞きます。

定期的に給料が上がることがわかっていれば張り合いも出て仕事への取り組みも熱心になりますが、少ないということだと少しブレーキがかかっても仕方ないかもしれません。

そうは言っても生きていく上で仕事というのは大変大事なことですし、仕事が出来なくなれば生活が成り立たなくなってしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

とにかく仕事の精度を上げて、評価を上げて給料を上げるための努力をするしかないですが、それでも上がる兆候が見えなければ、いっそのこと、会社を退社し、新しい会社に転職をするのもいいかもしれません。

仕事というのは、お金を稼ぐ為におこなう訳ですから、満足出来る収入が得られないのであれば、やはり自分を高く評価してくれ、高い給料を払ってくれる会社に移籍するのはプロの判断としては当然でしょう。

どこにどんな巡り合わせがあるかなど誰にもわかりませんし、行動しなければ拉致があかないので、どんなに悩んでも答えは出ませんので、とにかく行動してみましょう。

将来が不安定

若い時は、契約社員という働き方は時間の融通が利いたり、長期休暇が取れたりと大変都合の良い働き方ですが、年齢を重ねるごとに自分を取り巻く環境がシビアになります。

正社員であれば、年齢給など在籍年数によって毎年のように給料が上がっていきますが、契約社員の場合はそうはいきません。

親から将来、相続出来そうな財産があれば多少は安心ですが、人生何が起こるかわかりません。

ご両親が長生きされ、介護が必要になったりすると大変お金がかかりますので、場合によってはご両親の死後、相続どころか負担が増え、逆に両親を介護するために出費が必要になってくるかも知れません。

それを乗り越えるための方法とは?

会社だけに自分の将来を委ねるという考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、契約社員という立場でも会社から受ける恩恵は大きいわけですから、会社を出来る限り利用し、財形貯蓄とか持ち株会を利用して少しずつ財産形成をするのも良いですし、確定拠出年金を始めて年金の不足分を補う為の積み立てを始めたり、会社から退職金が出ないのなら、その確定拠出年金の受け取りを一時金としてまとめて受けとれば、退職金控除が適用されるので、税金面で大変優遇されます。

それでもまだ不安でしたら、積み立てNISAも良いのではないでしょうか。

投資の値上がり益には税金が掛かりますが、積み立てNISAは値上がり益には税金が掛かりません。

株ということで値上がりしたり、値下げしたりの繰り返しですが、長期の積み立てですと、購入コストを平準化できるので、目先の株価に振り回される心配があまりありません。

また、保険ですが、病気を心配されて本来不必要な高額な保険に入られ方は多いですが、高額な医療費がかかった場合はある一定の限度額以上の治療費は免除される制度があるので、独身の方や契約社員の方は積極的に活用し、不必要な保険加入は考え直しましょう。

賞与がない

最近では、契約社員でも賞与が支給される会社が増えてきましたが、正社員と比較するとその額はあまりに低く、世間では毎年のようにボーナスの金額が上がっていっていますが、それは一部の企業に限定されているようでなかなか労働者全体にその恩恵が行き届いているとは言い難い状況です。

それを乗り越えるための方法とは?

会社からの収入が頭打ちなら、会社外の収入を増やすしかありません。

週休二日制の方なら休みの日に自分の得意な分野でアルバイトをしたり、平日の勤務後に二〜三日アルバイトをしてもいいですし、在宅で出来る仕事や通勤時間にスマートフォンで出来る仕事もいいでしょう。

ヤフオクやメルカリで不用品を売ったり、NISAを利用して株式投資を始めてみてもいいのではないでしょうか。

500円貯金をして半年ごとに引き落とし、それを賞与とするのも良いアイデアかもしれません。

賞与を自分自身で作りだす工夫は、仕事や自分自身の生活にも応用が出来るのではないでしょうか。

退職金がない

退職金の支給が契約社員にある会社はまだほとんどありません。

定年まで勤めあげるにしても、中途で退職するにしても、退職金はかなりまとまった金額ですので、仕事を続けていく上ではかなり大きなモチベーションに繋がります。

特に定年退職後に受けとる場合は、老後の資産形成において大きな資産作りが可能となりますので老後の安心感が大きく変わってきます。

例えば、住宅ローンの残債を退職金で精算したり、子育てで使い尽くして預金が全くなくなって老後資産がゼロでも、退職金があれば、あとは65歳からの年金である程度の生活は可能になります。

それを乗り越えるための方法とは?

退職金というのはそもそもは自分の給料の一部を会社が少しずつ積み立てて退職時にまとめて支払われるのです。

ですから、会社の代わりに自分で退職金を作るという発想を持って毎月少しずつ貯金をして60歳の時に長年頑張ってきた自分に退職金として支払うというのもいいのではないでしょうか。

確定拠出年金を利用すれば、所得税や住民税が安くなりますし、受け取りを一時金として受け取れば、退職金控除が利用できます。

結婚して家庭を持つことが出来ない

契約社員の方の大きな葛藤だと思いますが、契約社員だから収入が不安定で結婚出来ないという不安を持っている人は多いと思います。

当人同士が良くても、親御さんの理解が得られないというケースが多いのではないでしょうか。

男性はまだしも、女性は出産や子育てという問題がありますので、そんなに悠長に構えていられないという事情もあります。

果たして、契約社員で家庭を持つことは不可能なことでしょうか。

それを乗り越えるための方法とは?

年配の方には正社員でなければ所帯を持てないという固定観念を持っている人はまだまだ多いですが、若い世代の方は昔ほどはそういう固定観念を持っていません。

逆に良い相手に恵まれた場合は早目に結婚され夫婦共働きで頑張り、子育てに関しても親世代がまだ若いうちなら親に協力してもらいながら、二人で協力していけばいいのではないでしょうか。

契約社員だからといって人としての幸せをあきらめてはいけません。

二人で協力して、フルタイムで働けば、お互いが契約社員だとしても結婚は不可能ではありません。

契約社員の経歴が転職の足かせになる

大学を卒業し、正社員として会社勤めしていた方が、何らかの事情で会社を退職し、転職活動をするものの、正社員としての転職をすることが出来ずに仕方なく契約社員として転職。

今度こそ、正社員としての転職を成功するために三度転職活動を始めるにあたり、契約社員の経歴がもしかしたら次の転職活動の足かせになってしまうのではないかという不安を抱く人も少なくないでしょう。

果たして、そんなに重い悩みほど、契約社員としての経歴は転職の足かせななってしまうのでしょうか。

それを乗り越えるための方法とは?

契約社員の経験も立派な職歴です。

この間にあなたがこなした仕事に誇りが持てたとしたら、面接の時にも堂々と胸を張ってアピールすることが出来るでしょう。

問題なのは、仕事をしない期間があまりに長いことであって、新卒後に正社員としての勤務経験があり、契約社員で働いていた時代も雇用形態よりも、インターバルを置かないことに比重を置いていたことを重視しての判断だったということが面接官に伝われば、勤労意欲はある人だという評価はされるのでその問題は容易に突破出来るでしょう。

どうか契約社員時代の勤務経験にも誇りを持って下さい。

ローンを組みづらい

自動車や住宅ローンを組むのが、契約社員では組みづらい場合が多いです。

保証人が必要なケースがほとんどで、仮にローンが組めたとしても、金利の高いローンしか組めず、金利の安いローンは正社員であることや、金融財産が無ければまず審査が通りません。

契約社員はローンを組んで、自動車や住宅を買ってはいけないのでしょうか。

それを乗り越えるための方法とは?

購入をする前に本当にそれが必要なものかもう一度よく考え直しましょう。

自動車でしたら、自動車だけではなく、ガソリン代や自動車税も掛かりますし、住宅の場合は固定資産税や修繕管理費などが掛かります。

自動車だったら、新車ではなく手頃な中古車をローンではなく一括で購入したりレンタカーやカーシェアで賄えないか、住宅なら賃貸や中古住宅を購入するとか将来的に実家を相続するとかいろいろな選択肢があるはずです。

高価な買い物は絶対に衝動的に契約を決めてはいけません。

「契約社員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辞めたい時もあるけど、契約社員がおすすめの理由

色々な理由で辞めたい時もあるかもしれませんが、それでも契約社員がおすすめの理由をいくつかご紹介します。

正社員になれる可能性がある

契約社員から正社員になるのは正直大変ですが、それでも契約社員を続けていれば正社員になれる可能性はありますので、いろいろな理由で辞めたい時もありますが契約社員を続けたほうがいいです。

正社員になりたい方で現在、契約社員の方はまた新たに転職活動をするよりはこのまま契約社員として頑張って働いて、スキルを上げて、経験を積んで、資格を取って今の努力の延長で正社員を目指しましょう。

派遣社員やアルバイトより安定している

正社員と比較すれば、不安定ですが、派遣社員やアルバイトよりは安定していますし、仕事の幅も広いですからやり甲斐はあるはずです。

ですから、派遣社員やアルバイトよりは契約社員の方がおすすめです。

契約社員だからといって、派遣社員やアルバイトの人を蔑むのは絶対に慎まなければならないことですが、仕事の事で悩んでいる方がいらしたら積極的に力になれるように教えてあけなければいけません。

時間の融通が利く

契約社員がおすすめの理由としては、時間の融通が利くというのがあります。

正社員の場合は、責任が重いので、休日出勤があったり、有休休暇が取れないということが多々ありますが、契約社員の場合は比較的、休日出勤は少ないです。

資格を取るための勉強をしたり、自己研鑽のための習い事に時間を割きたい方や仕事以外の時間を充実させたい方にはおすすめです。

海外旅行が趣味の方や将来、海外で働きたい希望を持っている場合は断然、契約社員の方が時間に融通が利きます。

転勤がない

職種によっては正社員の場合、頻繁に転勤があります。

余程のことがなければ、転勤の辞令を断ることは出来ません。

しかし、契約社員の場合は、基本的には転勤はありません。

正社員の宿命とも言える転勤をどうしても避けたい方には契約社員はおすすめです。

転勤先で、また新たな人間関係や信頼関係を築き上げるのは大変ですからね。

「契約社員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回は、契約社員を辞めたいと考える人の10個の理由と、乗り越え方をご紹介しました。

契約社員で働く人の数は年々増加しています。

契約社員の待遇や社会保障も少しずつ良くなってきています。

一番大事なことは人生において自分自身が何を成し遂げたいのか、何をやりたいのか、自分自身の人生設計をしっかり作りあげ、それを成し遂げるのには正社員でなければいけないのか、契約社員のほうが都合が良いのか自ずとはっきりするでしょう。

仕事というのは目的ではなく、手段でしかないと思います。

正社員であろうと契約社員であろうとなることが目的ではなく、なってから何をするかが大事なのです。

自分の人生の目標を描いて、その為に契約社員という働き方を選択したのなら、どうかその選択に誇りを持ち、契約社員としてしっかりと働き、自分自身の人生を実り豊かなものにしましょう。

「契約社員」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

契約社員求人

契約社員求人についてもっと深堀りした情報を見る

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい


契約社員求人に関するコラム

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かけるのが契約社員という文字。アルバイト、パート、派遣社員という言葉には馴染みがあると思いますが、契約社員という働き方を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などの保証はあるのか、お給料に違いはあるのかなど不明点が多いですよね。今回は契約社員のなり方やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方があっているのか見極めてみてください

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

契約社員の有給ってとりやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり、会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はきっちりとしている事務所がほとんどのため、有給休暇が取れないということはありません。ただ、それと有給休暇の取りやすさは必ずしも一致しないものです。そこで今回は法律事務所における有給の取りやすさや、福利厚生について見ていきたいと思います。契約社員の有給ってとりやすい?契約社員だからといって有給を取りにくいといった事情はありません。もちろん職場ごとに有給を取るのが好ましい日にちと、好ましくない日にちがあるでしょう。有給はたしかに労働者の権利ですが、その権利をむや

契約社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどうみつければいいのでしょうか。今回は、契約社員として働くために必要なポイントについて、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべきポイントまで見ていきたいと思います。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多いのでしょうか。ここからは契約社員の求人募集でよくある施設や事業形態、職種のパターンについて見ていきたいと思います。契約社員求人の募集でよくある施設や事業