皆さんこんにちは!

新緑の季節が始まり、4月に入社した新入社員もようやく仕事に慣れてきた頃でしょうか。

最近では一生その企業で働こうと考えている新入社員は少なく、自らのキャリアアップにつながるなら転職も特に気にならない、むしろ積極的に転職をしようという傾向があるようです。

日本の高度経済成長を支えてきた終身雇用制が崩壊してもうずいぶん経ち、社会人の価値観にも変化が現れています。

確かに自分に合わない職場で面白くない仕事を続けていくよりは、生活面で余裕があるなら将来のキャリアアップに向けてやりがいのある仕事を探して見るのも一つの選択肢かも知れません。

今回はそのような転職について、特に岡山県での転職活動をする際に注意する点やおすすめの仕事、企業についてご紹介させていただければと思います。

岡山の転職で注意すべきこと

企業の選び方4選

岡山県のような地方都市での転職の際は、都市圏のようにたくさんの企業があるわけではありませんので、やはりいくつかの視点から企業を研究し、自分に合った企業を選ぶことが大切になります。

まず、どの様な視点で企業を選ぶべきか紹介させていただきます。

独自性で選ぶ

岡山県で最も規模、勢い共にある業界は「製造業」です。

岡山の製造業の中には大手企業もたくさんありますが、岡山に本社を置く大地元企業の中にも、その独自性で日本のみならず海外でもトップシェアの製品を作り出している企業がたくさんあります。

資本金や売上高以外の点でも、その企業がどの程度の独自性を持っているかを確認することは大切です。

独自性が強い企業は、自社の製品が、市場に対して大きな競争力を持っているということですから、高い利益率を誇り、それに伴って従業員の待遇面も良い場合があります。

大手企業と比較して知名度が劣るので、逆に他の転職者からの人気が低く、採用につながりやすいというメリットもあります。

企業名が有名、イコール待遇面が良いと言うことではなく、名前はあまり聞いたことがないですが、実は全国的に見ても有料企業という会社は沢山あります。

そのような企業を見つけ出す一つの視点として、その企業の提供するサービスや製品に独自性があるかと言う点はとても重要です。

成長性で選ぶ

転職先で自身の給与を上げていこうとする際に、何年にもわたって売り上げが伸びていない企業の場合は、従業員に還元するお金の容量も変化しないと言うことですから、避けた方が賢明だと言うことができます。

周囲の人間との競争は必須ですが、やはり成長している企業というのは従業員に対する還元率も高く、昇級の期待値も多くなります。

ただし成長のスピードが早ければいいといいというわけではありません。

株式上場などにより資金が潤沢にある場合は、急激に企業規模が拡大する場合もありますが、新規に投資した分野が伸びても、既存の分野が不振ではいずれ頭打ちになり、急激に業績が悪化する危険性も秘めています。

企業の成長度を分析する場合は、製造業ならその会社の主力製品の状況はどうなのか、小売業なら既存店の売上高の伸びはどうなのかをチェックする必要があります。

その企業のベースとなる分野がしっかり安定し、その上に新たな業績が積み上がることで成長している企業は着実な成長が見込まれます。

成長度を見るときはその成長の中身をしっかり分析しておかないと、ただ忙しいだけで給与が上がらず、気づけば業績が悪化していたなど、最悪の事態になる可能性もあります。

歴史で選ぶ

地元で古くから続いている企業というのは、どの地域にもありますが、総じて提供する製品は長年の積み重ねによる知名度が高く、業績が安定している場合が多くなります。

地域にしっかりと密着し、地域に愛されているが故に競争力が強いという企業は、特に地方都市において多く存在しています。

地元出身ではなくても、その企業の創業以来の歴史を調べることで、その地域における優位性が有るか無いかを見極めることができますし、当然優位性がある企業は安定して発展している企業と判断することができます。

企業風土で選ぶ

地方都市の企業は全国展開している企業と比較して規模が小さい為、独自の企業風土を有している場合が多いです。

大企業の様に、しっかりとした規則規定やルールは無い反面、どこかアットホームな雰囲気で、従業員同士がお互いにチームワークを大切にしながら仕事をしています。

但し、職場が自分に合った環境であればメリットが大きいですが、自分に合わない環境の場合は逆にデメリットとなってしまいます。

その様な状況を防ぐ為に、その企業の社風、風土を知るという事は、特に地元のあまり規模の大きくない企業を選ぶ場合は必要になります。

企業風土をどの様に知れば良いのか、困惑することもあるかと思いますが、その様な企業の風土を判断する際、最も効果的な事は、その企業のトップに会う事です。

企業は規模が小さくなればなるほど、その企業のトップの人間性が会社の風土として色濃く反映されてきます。

企業のトップに会って話をし、自分がその人についていきたいと思うなら、その企業は貴方にとって「合う会社」ということができますし、逆に価値観が違うと感じれば、その企業は合わないと判断することができます。

面接の際や企業研究の際に、積極的にトップと接する機会を求めてみましょう。

転職を成功させる為には何をすれば良い?

まずは自己分析とその企業で働くイメージづくり

企業研究により候補となる会社をいくつか選んだら、次に自分がその企業で活躍するシーンを想像してみましょう。

自分のこれまでに培ってきた経験やスキルがこの会社のどの様な仕事で活用することができるのか、自分の性格はこの企業に合っているのか、自分はこの企業でどこまで登りつめたいか、数年後のことだけではなく、10年後、20年後の将来の事も合わせてイメージしてみましょう。

当然思い描いた通りにはいかないことの方が多いですが、ただ漠然と仕事を始めるのではなく、特に転職する場合は執拗なくらい、「そこで働く自分」をイメージする事が重要です。

受け入れる企業側も、新入社員ではなく、即戦力としての期待をかけています。

自分がスムーズに転職先で業務を始める為にも、事前に色々と考えておきましょう。

採用面接に臨む際のポイント

アピールは「狭く深く」

その企業で働くイメージを考え抜いたら、面接等でその結果をアピールしましょう。

この際に注意すべき点は、いかに「狭く深く」アピールする事ができるかという点です。

新卒採用と違い、中途採用はその企業にとって即戦力を必要とする採用です。

新卒採用の場合は基本的な人間性やマナーや態度などが重要視され、どの様な仕事をするかはむしろ採用してから教える前提の為、軽視されがちですが、転職の場合は真逆であり、性格よりもその会社における職務遂行能力が第一に必要とされます。

その為、「どの様な部門でどの様な仕事に自分のスキル、経験が活用できる」といった、より「具体的」なアピールができる方が、採用により近づきます。

先程のイメージづくりが重要と述べたのは、仕事開始の際だけではなく、面接対策としても非常に効果的だからです。

とにかく自信を持って

横柄な態度はダメですが、面接の際には自信満々に振る舞う様にしましょう。

これも新卒採用とは真逆の部分です。

面接官の心象として、自信満々な新入社員は、むしろ採用後に始める教育研修など、会社側が指導することを吸収しにくいのではないかといったデメリットを感じやすいですが、転職の場合は、むしろすぐに仕事をこなしてくれそうだという頼もしさに転化されやすいです。

遠慮してへりくだる事は日本人の美徳ですが、転職の際は、多少不安があっても堂々とした態度で臨むようにしましょう。

提出する書類作成に関してのポイント

履歴書

基本はパソコンで作成するのが良いでしょう。

手書きの場合はとにかく丁寧に、綺麗に字を書く必要があります。

周りに硬筆習字など、字を書くのが上手い方がいれば、遠慮なく手伝ってもらいましょう。

履歴書は自分で書くというイメージを持っている人が多いですが、別に他人に書いてもらっても構いません。

手書きの場合は大切なのは「字が綺麗かどうか」だけです。

字が綺麗に書ける方、書いてくれる人がいる場合は手書きで作成しても良いですが、どちらも無い場合は素直にパソコンで作成しましょう。

人間味は薄れますが字が汚いよりは数倍ましです。

履歴書は書いてある内容よりも「書類としての見た目」が大切です。

面接における身だしなみと同じで、第一印象に当たるものだと思っておけば良いでしょう。

同じ理由で履歴書に貼る「写真」も重要です。

証明写真の自動販売機で作成する場合が多いかと思いますが、できれば写真店で専門家に撮ってもらいましょう。

1000円程高くなりますが、履歴書に貼った際の印象が格段に違ってきます。

職務経歴書

履歴書が面接における身だしなみなど、第一印象に相当するものだとすれば、職務経歴書は面接で話す内容、つまり中身に相当するものという事ができます。

これまでの自身の経験や業績について、詳細に、数字がある場合は数字を上げて、説得力のある文章でアピールしましょう。

職務経歴書の内容は面接でも掘り下げて聞かれる可能性が高いので、書面内で完結させるのではなく、その後の面接で広げれる様に、あらかじめ想定しておく必要があります。

いずれにせよ、面接試験でのコミュニケーションのきっかけとなるべき書類なので、その後の面接と合わせてアピールできる様に準備をしておきましょう。

転職するに当たっての必要な心構え

次の仕事に就くメリットは何か?

転職をするという事は以前の会社を辞めて他へ行くという事です。

自分自身のキャリアアップや、やりたい仕事を求めて転職する場合は良いですが、単純に今の仕事が嫌だからという理由で辞めて、働かないといけないからという理由で転職する事はお勧めできません。

転職は自分自身の人生を左右する重大なイベントです。

ネガティブな理由で行うのではなく、せっかく自分の人生をかけるのならポジティブな行動を起こす方が、転職後の仕事への活力も違ってきます。

自分の人生にとって何が必要か、自分は仕事に対して何を求めているか、しっかり見極めてから行動を起こしましょう。

転職活動は仕事を辞めてから?

仕事を辞めてから転職活動をすることと、仕事を続けながら転職活動を行うことでは、どちらが良いのでしょうか。

仕事を辞めるという事は1日を転職に必要な企業研究や自己分析に使えるという事であり、メリットがあると思いがちですが、お勧めは断然仕事をしながら転職活動を行う方です。

確かに仕事を辞めないことにより時間の制約を受けますが、生活する上で必要なお金は途切れる事なく入ってきますし、何より仕事を続ける事で自分が社会とつながっている状態のままでいるという事が一番大きなメリットです。

仕事を辞めて家にいると、外出をする事はあるにせよ、どうしても社会や人とのコミュニケーションが希薄になってきます。

その為、仕事をしている時には身に付いている、一種の緊張感が薄まってしまい、いざ就職活動をする際に、社会人としての人間力が弱くなってしまいます。

引退した人と現役の人の違いの様な印象で、面接官の心象も悪くなってきます。

生活に必要なお金を稼ぎつつ、現役選手としての活力も維持できる為、転職活動は仕事を続けながら行い、内定が出てから退職を申し出ると良いでしょう。

最初は一番未熟者だと覚悟する

どんなに経験やスキルがあり、どんなに能力が高くても、転職先では一番下のキャリアからスタートするという覚悟を決めておきましょう。

これはあらかじめ管理職などで採用される場合でも同じです。

企業は人と人とのコミュニケーションで成り立っています。

どんなに高い役職で迎え入れられたとしても、転職先の会社内の人間関係においては一番の未熟者になります。

そして仕事を成功させるためには職場内のコミュニケーションが最も大切です。

仮に管理職採用で転職した場合は、新しく転職してきたこの管理職はどういう人間か、社内の注目度は非常に高くなります。

そしてその中で横柄な態度をとったり、人間関係が醸成されていない中で厳しく接したりすると、注目度が高い分、評判も非常に早い段階で悪化してしまい、あっという間に、いわゆる「人がついてこない」状況になってしまいます。

皆が注目している最初が肝心です。

謙虚に周囲の意見を取り入れながら積極的に人間関係を構築しましょう。

一旦周りに受け入れられると、非常に円滑に仕事を進めることもできますし、人間関係に悩むことも無く仕事に集中できる環境を手に入れることもできます。

経営理念を理解し、価値観をリセットする

どんな小さな企業にも存在する「経営理念」は、創業者や経営トップの、その会社に対する経営の方向性や企業風土などを定めたもので、その企業における「性格」や「価値観」というべきものです。

どんなに優秀で仕事ができてもその企業の経営理念に沿った行動ができないと、その企業において貢献できているとは言えず、職場においても孤立してしまいます。

そして企業で働く人はそれぞれの経営理念に沿った行動することによって、企業内で共通の価値観を持つようになります。

一生その企業で働く場合は問題ありませんが、転職した場合、それまでの職場で染み付いている価値観を一旦リセットし、転職先の新しい価値観を受け入れる取り組みを意識的に行う必要があります。

知らず知らずのうちに、行動基準が前職の価値観に沿ったものになっていますので、意識して行動することが必要です。

岡山で人気な職種や業界とその理由

それでは、ここから転職する際に必要な企業選びに役立つ、岡山県で人気な職種や業界を紹介していきましょう。

製造業

岡山県は県南の倉敷市水島地区や県北の津山市を中心に製造業が非常に盛んな地域です。

鉄鋼や造船、自動車や金属加工などの重工業や、繊維、化学産業から食品メーカーまで、数多くの製造業がしのぎを削っています。

岡山県のセールスポイントは中国地方、四国地方、近畿地方のいずれにも2時間以内で行けるという交通の弁の良さと、「晴れの国」と呼ばれるほど、降水量1ミリ以下の日が全国一多い気候の温暖さです。

この様な特徴により、全国から大手メーカーの製造工場が集まり、また地元の製造業もオンリーワンの技術を持ち全国トップシェアの製品を作るなど、企業規模の大小に関わらず経営が安定した、強い製造業が多い地区になります。

小売業

岡山県は前述した交通の弁の良さに加え、瀬戸内海を中心とした海運業も盛んな為、物流の規模が大きく、モノが集積し、拡散しやすい地域です。

その為小売業のチェーン展開が盛んであり、ディスカウントストアやドラッグストア、スーパーマーケットなど、岡山に本社を置き、中四国地方や関西圏、全国へと店舗を拡大していく企業が多い地域になります。

また和菓子やパン、乳製品など食品メーカーの地元企業や大手企業の工場が多く集まっている為、食品に携わる仕事の求人も非常に多くなっています。

農業・漁業

岡山県は「晴れの国」と呼ばれるほど温暖な気候を活かして、農業が盛んな地域でもあります。

特に県南部の「桃」や「ぶどう」を中心とした果物産業、県北部の蒜山高原を中心とした酪農産業が盛んであり、白桃やマスカット、ジャージー牛など全国一の生産量を誇る農産物が多くあります。

また瀬戸内海の入り組んだ地形や波の穏やかな水面を利用した牡蠣や海苔などの養殖漁業も盛んです。

企業に就職することにあまり乗り気でない方は、自然を相手にした農業や漁業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

岡山県の求人の探し方や企業研究の仕方の注意点

【探し方①】インターネットで探す

特にUターン、Iターンの場合は、交通費がかかってしまいますので、インターネットによる企業研究が中心になると思います。

リクナビやマイナビなどの大手転職サイトで探すのも良いですが、掲載されているのは大手企業が多く、必然的に就職するまでの競争力が高くなってきます。

知名度は低くても良い会社は岡山にはたくさんあります。

大手ではないですが、地元の魅力的な企業を見つけるためには、やはり地元に密着した媒体を活用する方法が効果的です。

岡山県に本社を置く「山陽新聞」や、地元の情報誌や求人誌を作っている(株)ビザビ、(株)シーズ、(株)キャリアプランニングなどの、メディア展開と人材紹介を並行して行なっている企業を活用すれば、地元岡山のより詳しい企業情報を手に入れることができます。

また最近はYouTubeや企業ホームページなどで先輩インタビューや職場見学などの動画配信が行われている場合も多いです。

文章だけではどうしてもイメージがしにくいことが多いので、積極的に活用し、企業イメージの理解に努めてください。

【探し方②】県主催の合同企業説明会に参加する

岡山県が主催するUターン、Iターン向けの合同企業説明会に参加することも、企業の採用担当者の生の声を聞くことができる貴重な機会です。

現在は東京、大阪などの大都市圏で定期的に開催されていますので、岡山県のホームページなどをチェックし、参加してみても良いでしょう。

また岡山県の周辺に住んでいる方は、県内でも同様な説明会は開かれていますし、参加者に対してかなり多くの企業が出展していますので是非活用してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は岡山県での転職について、失敗しないための注意点や企業選びのポイントなどを紹介させていただきました。

転職をする際のポイントは2点あり、一つ目は企業や仕事に関する点、もう一つは住むことになる地域での生活に関する点です。

岡山県は気候も温暖で、交通の便も良く、全国で3番目に災害の少ない地域であり、また地方都市なので物価もあまり高くない為、全国的にみても住みやすく、生活しやすい地域であると言えます。

生活面に関してはあまり考えず、企業や仕事に関する点に注力して転職活動を行っていただければと思います。

Uターンの方もIターンの方も、自己分析と企業研究を通じて、自分に合った、自分が本当に能力を発揮できる仕事を見つけていただき、「晴れの国」岡山で新たな人生のスタートを切っていただければと思います。

岡山で仕事探しをする時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

岡山求人

岡山求人についてもっと深堀りした情報を見る

岡山パート求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

皆さんこんにちは。今回はお仕事紹介シリーズとして、岡山県におけるパート求人について、オススメの職種や時給相場などについて紹介させて頂きます。「晴れの国」のキャッチフレーズを持つ岡山県は、その名の通り天候が温暖で災害も少なく、また瀬戸内海と中国山地という、代表的な海と山を持ち、更に広島、大阪などの大都市圏を始め、四国や山陰地方など、東西南北の主要な都市にいずれも2時間程度で行くことができるなど、交通の便も非常によい地域であり、そのような地の利を生かした様々な産業が発展しています。今回はそんな岡山県におけるパート社員の働き方について、オススメの職種や地域などを紹介させて頂きます。どうぞ最後までお付

岡山派遣求人のおすすめ職種9選。時給や仕事内容も解説!正社員になれる仕事もある?

皆さんこんにちは。今回は岡山県の派遣業界について、タイプ別のおすすめの仕事を紹介させていただこうと思います。どうぞ最後までお付き合いください。岡山派遣でおすすめな職種や業界とその理由それではまず岡山県の派遣業務でオススメな職種、業界についてご紹介させていただきます。OA事務企業において、来客者の受付や応対、書類のコピーや簡単なデータ入力、資料のファイル整理、会議室の予約やスケジュール管理などを担当する仕事です。事務職の中でもサポート色の強い仕事になります。人気な理由事務職の中でも専門的な知識があまり必要でない業務の為、その仕事の単純さや覚えやすさから人気となっています。Windows Offi

岡山で就職探すなら!正社員・派遣や目的別に紹介!

皆さんこんにちは。今回は岡山でお仕事を探すなら!と言うテーマでお送りしていきたいと思います。皆さんは岡山県と言うと、どの様なイメージを持たれるでしょうか。桃太郎?瀬戸大橋?どちらかと言うと、全国的に見てもあまり知名度の大きい県では無いと思いますが、岡山県にも魅力的な特徴はたくさんあります。「晴れの国」と言うキャッチコピーで有名な岡山県は、その名の通り、温暖な気候と災害の比較的少ない地域という事で、移住者の数も全国的にみても多い県であり、大阪や広島、そして四国や山陰へも、ほぼ2時間という交通の便の良さも加わって、人の出入りが非常に多い地域でもあります。その様な暮らしやすく、移動しやすい岡山県で生

岡山ハローワーク求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・給与相場を解説します

「晴れの国」の異名を取り、気候が穏やかで災害も少ない岡山県は、他県からの移住者ランキングで3位に入った事があるなど、人の流入が盛んな地域でもあります。今回はそんな岡山県のハローワーク求人で人気の求人や、おすすめの働く地域について、紹介させていただきたいと思います。岡山のハローワークの所在地と電話番号を知りたい人は、以下の岡山労働局の「ハローワーク一覧」をご覧下さい。→岡山のハローワーク一覧岡山のハローワークの求人を見たい人は、以下の求人一覧をご覧下さい。→岡山のハローワークの求人一覧岡山ハローワーク求人のおすすめ募集内容の特徴岡山県は温暖な気候を生かしての果物栽培を中心とした農業、県南の水島工

岡山人事求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

こんにちは。今回は求人情報のテーマの中で、特に「岡山県」における「人事担当者」に特化した情報を紹介させていただきます。人事はどんな仕事?人事の仕事は大きく分けて「採用」「教育」「労務管理」の3つに別れます。従業員を採用し、教育を施し、働きやすく成長しやすい様、環境を整備することによって、その企業に貢献できる人材を育成することが最終的な目標になります。岡山人事求人のおすすめ募集内容の特徴それでは岡山での人事求人について、おすすめの募集内容の特徴をあげてみたいと思います。職種がはっきりしている前述した様に人事は職種が3つに分かれています。最終的な目標は同じですが、一般的には何名かの担当者がついて、

岡山で仕事するなら!おすすめの職種や安定した仕事から年収相場や岡山らしい人気な仕事まで!

皆さんこんにちは!桜の季節も終わり、季節も春爛漫といった感じで過ごしやすくなってきました。毎年この3月から5月にかけては人が一番移動する時期であり、それに伴って就職活動や企業の採用活動が最も活発化する時期だと言われています。最近では大都市圏への流入が一段落し、収入や地位よりも生活のしやすさを求めて、地方都市圏へUターン、Iターンをする人たちも増えてきました。今回はそんな地方都市の一つである岡山県の仕事について、岡山県の特徴や産業の種類、オススメのお仕事について紹介させていただきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。岡山ってどんな街?中国地方に位置する岡山県は、北は中国山地、南は瀬戸

岡山バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?人気なバイト職種も解説します

地方でありながらも成長がみられる岡山では働く場所もたくさんあり、バイト求人も豊富に掲載されています。バイトを選ぶ際に仕事内容の他に勤務時間や時給、定休など様々な面から選ぶことができます。今回は岡山で募集がされているバイトはどんなものがあるのか、募集内容に触れながら詳しくご紹介します。岡山バイトで人気な職種や業界とその理由求人募集がたくさんある中で特に人気のバイトをまとめました。岡山ならではの人気のバイトやその理由も一緒に合わせてご紹介します。岡山でバイトをしたいと考えている人は参考にしてみてください。アパレル岡山にはアウトレットや大型ショッピングモール、岡山駅や駅地下にたくさんのアパレルショッ

岡山正社員求人で人気な職種や正社員で働くメリット・デメリットとは?

岡山県には意外にも有名企業の本社がたくさんあることをご存知でしょうか。また地域密着型の企業も数多く存在します。ではなぜ岡山県に企業が集まっているのか、岡山の正社員求人で人気の職種や正社員で働くメリットやデメリットなど気になる内容をピックアップしてご紹介します。岡山ってどんな街??岡山は自然災害が少なく温暖で気候が良いため比較的住みやすい街です。そのため都会から田舎暮らしをしたい方や災害が少ないという理由で移住する人が増えており、その支援にも力を入れています。また交通の便でも近畿地方や四国・九州へのアクセスがしやすいことや四国の交通の要所となっているため便利さも兼ね備えています。このような気候条