総務関係へ転職をお考えの方で、転職活動の際の悩みは個々に違うと思います。

そもそも総務関係の仕事は会社によって業種が変わるなど仕事内容に多種多様な面を持ち合わせている職種でもあるので、転職活動の際に求人を見てもどの会社の総務職が良いのか分からなくなってしまい悩む人も多いはずです。

では、転職活動をより良いものにしていくため、その問題をどのように解決していくことが正しいのでしょうか。

そこで、総務関係の転職活動に頭を抱えている方に参考にしていただけるよう、総務関係の転職活動が成功するためのコツをご紹介していきます。

総務募集の探し方の他にも、転職活動の際に採用されるために知っておきたいポイントをまとめましたのでどうぞご覧ください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

総務募集の探し方を解説!

まず、総務職の募集をしている求人広告の見分け方をご紹介していきます。

総務関係の求人がどのように掲載されていて、どこを押さえれば良い会社と巡り合うことができるのかも、ここではお見せできたらと思います。

大企業の正社員雇用はハードルが高い

総務職で募集をかけている会社が大手の企業だったら、正社員登用は困難な道のりであると考えてください。

働く環境が良いと知名度から分かる会社の募集は倍率も高く、正社員になるための条件を会社側は予め決定している状態での採用になるはずです。

もちろん、将来性を考慮すれば大手企業が優れているので、転職が成功した後は安定した職場内環境を満喫することができるでしょう。

中小企業は兼務の場合も多い

総務職の求人だからといって、実際にやるのは総務関係の業務のみとは限りません。

特に中小企業が募集をかけている総務職は他の事務仕事を兼務したり、会社の業種によっては現場作業も兼務することもあります。

業務の掛け持ちに抵抗がないという方にはおすすめしますが、総務関係の仕事のみを極めたいという方にとっては注意が必要です。

また、業務内容を求人広告に記載していない会社もあります。

会社の規模や環境を見てからでも、判断を下すのは遅くありません。

働きたい環境を考えて募集を探そう

会社の規模に関わらず、総務関係の職種希望の他に会社の業種でも希望するものがあることは求人検索において有益です。

総務関係の職種に絞るまでは転職活動をされている方全てに共通して言えますが、具体的にどのような会社が良いかを希望していくことは、自分の働き方を明確に説明できるチャンスでもあります。

転職活動をする際には、会社の業種をしっかりと考えることも転職活動を成功に導く鍵となります。

総務職への転職活動、どう行動するべき?

会社の規模による傾向や求人の見分け方がある程度掴めたら、転職に向け行動していきましょう。

実際に求人情報を集めて応募するにあたり、注意しておきたいポイントをまとめました。

未経験なら教育制度が整っている企業を探そう

総務関係の仕事は未経験であれば、しっかりと現場教育をしてもらえる会社に転職するのがおすすめです。

特に未経験であることに引け目を感じる必要はなく、下積みがないからといって転職ができないということは全くありません。

しかし、未経験であることは何かと不安を抱かせる要因になると思います。

そういう場合には、会社が未経験の採用を積極的に行っているかどうかを調べてみても良いでしょう。

求人広告の中には「未経験可」と書かれた求人もありますので注意しながら探してみましょう。

求人は沢山集めよう

選択肢があまりに少ないと、かえって転職活動が失敗する可能性があります。

転職活動で気になった求人広告は集めておきましょう。

集めることによって、何枚もの求人を比較することができます。

記載されている求人案内を手に取って見比べることができるので、沢山集めておくのは良いことです。

ひとつの企業に絞らず沢山応募しよう

転職活動だからといって、応募数は1社ではいけません。

同時に何社でも応募していただいて問題はありません。

面接や試験は1社のみ応募していたら他の魅力的な求人の期日が過ぎてしまい、スムーズな転職活動の妨げになってしまいます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

採用されやすいルートや方法は?

では、総務関係の仕事に転職する際、採用されやすい方法とは何でしょうか。

総務関係の転職は、様々なところでコツが見え隠れしています。

ここからはそのポイントをご紹介していきます。

事務やアシスタントとしての採用から

最初の職種が総務職とは違った形で採用される場合もあります。

例えば、総務職と表記された求人でも最初は受付事務や事務アシスタントからのスタートであることが条件になっている会社もあります。

募集要項に雇用関係の条件があるところはそれだけ採用後のステップが明確になっているので、比較的採用されやすいケースでもあります。

派遣社員やパートならハードルが低い

雇用形態にこだわりがないという方は、正社員ではなく派遣社員やパート・アルバイトなどの非正規雇用も視野に入れると採用される難易度がぐっと下がります。

正社員と比較すると給与や処遇などが違ってきますが、職種にこだわりがあり雇用形態は問わないという考えである場合、特に未経験からスタートする方はこういった形でスタートを切っても良いでしょう。

外資系の企業なら外国語ができると採用されやすい

求人広告の中に「外国語(英語)会話がある程度できる」のような文面を見たことはありませんか?

外資系の会社が出す条件で、そのような文面は度々見られます。

外資系の会社はクライアントが外国人の方も多く、日常的に外国語と触れ合います。

そういった会社への転職を考える際には、英語が話せることが条件になります。

総務経験や資格があると有利

総務関係の資格を持っている総務経験者は転職に有利です。

実際、会社としては即戦力で転職してくる人を希望しています。

そのため、資格を取得していれば他の人と比べて採用されやすくなります。

経験も売りになるので、経験と資格があればかなり有利に転職活動が進んでいくと思います。

採用されやすい人柄の特徴

転職活動を進めていく中で、内定をもらえないという人がいるかもしれません。

その人は、採用されやすい人の特徴からどこか欠けている可能性があります。

では、採用されやすい人というのはどんな特徴を持っているのでしょうか。

ビジネスマナーがきちんとしている

社会人として常識ですが、ビジネスマナーを普段から心掛けている人は採用されやすい傾向にあります。

普段から気を付けていると、自然に自分の姿勢を見せることができます。

少しの気配りや物の渡し方、挨拶などがしっかりできていると相手に伝われば、好印象を持ってもらうことができるのです。

人見知りしない・人当たりが良い

普段から人付き合いを上手くしている人は採用されやすいです。

同じ会社の人同士でコミュニケーションを取ることは総務の仕事の一環であるため、普段から人見知りをしたり人からの評判が悪買ったりすると面接の際に悪影響になります。

普段から人付き合いの場を大切にしていくことが大事なのです。

細かいところまで気が利く

細かいところに配慮をすることで、「気づける人間」と特別感を抱かせることができます。

細かい配慮は、転職が成功してからも昇進などで大切なスキルになります。

転職活動の際にもこれからも、どんどん使っていきましょう。

まとめ

総務職に限らず、転職活動は少しのポイントで成功率が上がります。

特に総務職は様々な業務内容での募集があるので頭を悩ませている人もいると思いますが、コツさえつかめば後は問題ないでしょう。

ぜひ、転職活動を成功させていきましょう!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

総務求人

総務求人についてもっと深堀りした情報を見る

総務の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

総務の給与っていくらもらえるのでしょうか?総務の平均年収ってどれぐらいなの?そんな疑問を今回は解決していきたいと思います。総務の年収や給与の相場感を詳しくお教えしますし、年収を上げるために行うべきこともしっかりご紹介しますので、今総務の方も、これからこの職業に就いてみたいという方もとにかく必見です。どうぞ最後までお付き合いください。総務の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の総務も給料相場一般的に総務担当者の給与は管理職以外は営業職と比較して少ない場合が多く、業績などでインセンティブも付きにくくなっていますが、新卒給与は同額スタートが基本ですので、営業職と同じ場合が多いです。残業無

総務の仕事とは?難しい?経験者が大変なことや将来性についてお話しします!

こんにちは!今回はお仕事紹介シリーズとして、私も現在所属している総務のお仕事についてお話してみたいと思います。事務職の代表として認識されている総務、しかしもう一つの代表とされる財務経理に比べて、何をやっているのか分からないイメージがあるのではないでしょうか?今回は仕事内容からその後のキャリア、向いている人のタイプまで、総務のお仕事とはどの様なものなのか、語り尽くしてみたいと思います。総務とはどんな仕事?総務のお仕事はその名前の通り、「総合的な事務」とも言うべきものとなります。企業の組織の中で、事務として最初にできる部署が総務であり、その後企業規模が大きくなるに従って「財務」「人事」「労務」「法

総務の仕事に向いてる人はどんな人?仕事内容と一緒に特徴や活かせる経験などご紹介します

皆さんこんにちは。本日のテーマは「総務の仕事」ということで、その仕事内容や向いている人について紹介していきます。「総務」という言葉は「総合的な事務」という意味にとられ、何となく庶務や労務、財務などと比較して専門的な職務が見えない言葉に思えてしまいます。企業内でも「何だか担当がよく分からない仕事は取り敢えず総務に振っておこうか」という便利屋的な職務だと捉えられがちです。今回はそんな漠然としたイメージのある総務の仕事において、現在求められている職責や向いている人材などについて紹介していこうと思います。総務はどんな仕事?元々「総務」という仕事は企業における管理全体を指す言葉であり、企業の成長に伴う組

総務とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、やりがいなど詳しく解説します!

総務と聞くと、何となく会社の偉い人達が集まっていて 大切なことを決めたり会社の大切な情報を管理したりしている部署なんだろうな・・・と思っている方は多いはず。総務とは入社したとき、退社するときに関わることが多いですね。そんな総務部のやりがいやどんな業務内容を具体的に行っているのかを解説します。総務を楽しいと思える向いている人の性格や、総務の役割をこの記事でしっかり把握して、この職業に就いてみたいという方が少しでも増えたらいいなと思います。総務とはどんな仕事?会社の様々な部署の業務が社外に対して行っているのに対し、総務とは、社員や社内のこと、もしくは社員の家族などに対して関わりを持つことが多い部署

総務正社員求人でよくある募集内容やよくある疑問について答えます

総務正社員の転職を希望している方の中には、未経験から転職を決めようとしている方も多くいらっしゃいます。ではその転職をしてみたいと思う総務職は実際はどのような仕事なのか、詳しくご存知でしょうか。ここでは、総務職の経験者の方から伺った、転職者が抱える様々な疑問や質問をまとめてみました。ぜひ、総務職がどのような仕事なのか、イメージを膨らませてみてください。総務正社員求人でよくある募集内容総務職で正社員の求人を探していると、求人情報から読み取れることも沢山ありますが、果たして記載事項のみで得られる情報が詳細なものなのかといったら、求人内容によってばらつきがあるのが現状です。そこで、総務職の経験者から、

総務の仕事内容17個とやりがいについて具体的に紹介します!

総務職の求人を探していると、たくさんの業種が検索としてヒットされることが多いと思います。検索をする中で、自分が総務職として何を目的としているかがキーワードになってくるわけですが、実際に求人広告を閲覧しているとどれが一番自分に合った求人かどうか迷ってしまいますよね。では、実際にどの総務職の求人が一番合っているかを見極めることができるのか。総務の具体的な仕事内容ややりがいについてご紹介していくので、参考にしてみてください。会社をあるべき姿にするのが総務の仕事総務職というのは、会社の様々な職を担う職種です。会社内の幅広い事務職のほか、衛生管理や労務管理など、様々な業種を担う職種でもあります。しかし、

総務の転職で知っておくべき5個のこと

転職活動をしているとき、希望している職種の求人広告を見てもしっくりこないことはありませんか?転職活動をする際に目的が明確でないことや、求人広告を漠然と検索するだけではしっくりくる求人に出会えないなど、原因は様々です。では、より良い求人情報を探すにはどのような方法があるのでしょうか。今回は総務職の転職を希望している人の転職活動に有利になるようなことをご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご参考程度に見てみてください。総務への転職をお考えの方へ総務職の転職を希望している方は、どのような転職プランを形成していますか?総務職と簡単に言っても、具体的にどのような総務職を目指しているのかを、できる限り明確か

総務派遣求人の選び方を7個のポイントで紹介します

現代では、働きたい職種を探していく中で「雇用形態」がどのような状態で就業するかに注目しつつある世になってきたと思います。正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー・アルバイトなど、働き方はその人によって自由選択ができますが、「この働き方だとどのような人生を謳歌していくのか」と悩む人も多く、働き方が人生に与える影響は大きいです。その影響の大きさが、昨今働き方というものが注目される原因になってきていると思います。そこで、今回は総務職で派遣社員として働く上でどのような注意を払っていけば良いかということに着目して考えてみましょう。派遣社員として働くにあたり、総務職として「何が求められているか」あなたは