皆さんこんにちは。

今回は総務の仕事における給与について、相場感や年収を上げるために行うべきことなどを紹介していきます。

どうぞ最後までお付き合いください。

総務の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合の総務も給料相場

一般的に総務担当者の給与は管理職以外は営業職と比較して少ない場合が多く、業績などでインセンティブも付きにくくなっていますが、新卒給与は同額スタートが基本ですので、営業職と同じ場合が多いです。

残業無しで月額支給額は20万円前後、手取りで16万円前後が相場です。

正社員で転職した場合の総務の給料相場

専門的な知識を活かしたり、管理職で転職したりする以外であれば前職と同じ、もしくは少し下がる場合が多いです。

残業無しで月の支給額25万円前後が一般的です。

パート・アルバイトの総務の給料相場

パートやアルバイトはOA事務担当的な役割が多く、給与もそこまで高くありません。

新規入社で時給900円程度、専門的な業務にステップアップした場合でも時給1,200円程度が相場です。

年収にも響いてくる賞与や手当は、どうなっているの?

賞与

賞与は規程により正社員を中心に支払われますが、営業と比較して業績による査定が少ないため、金額も平均額に落ち着きます。

企業にもよりますが基本給の3倍~8倍程度が相場です。

昇給

昇給幅も業績が加味されないので、1年で上がる率は少なく、基本給の2%程度です。

業務の幅を広げたり専門的な仕事ができるようになったりすると、職責に合わせて昇給するので、毎年というよりは数年に一度大きくアップするという印象です。

各種手当

職種手当などはほとんど付きません。

専門性の高い仕事をするために必要な資格を取得した場合に貰える資格手当などの他は、一般的な家族手当や通勤手当などが支給される程度です。

給与が高い人は何が違うの?

総務担当者として給与を上げるためには「管理職となる」か「専門性の高い仕事をする」かという二択があります。

管理職となる

主任、課長、次長、部長などの部署内における管理職登用の場合は、手当が支給され給与が大幅にアップします。

管理職になるためには、部署内の業務知識を全て把握していることに加え、部下の育成や「やる気」を維持するための対人能力も必要となります。

専門性の高い仕事をする

社会保険や雇用保険に対する知識、あるいは従業員の健康を管理するためのメンタルヘルスの知識のような資格を取得し専門性の高い仕事を行う場合は、資格手当などが支給されます。

資格は難易度により様々な種類があるので、自身の経験年数やスキルアップ計画に合わせて勉強することになります。

勤続年数

かつては年功序列型の給与制度であり、勤続年数が給与に反映された時期もありましたが、現在は職務能力型の給与制度が一般的であり、勤続年数は給与額にはほとんど関係がありません。

地域

大都市圏と地方都市圏では生活コストが異なるため若干の格差がありますが、それ以外は地域によって給与額が変わるということはありません。

総務の給料の決まり方

担当職種によるもの

人事、労務、法務などの専門性の高い仕事に就く場合と、OA事務のように作業的要素が強い仕事に就く場合で給与格差が生じます。

職責によるもの

係や課、部など組織の規模と、受け持つ部下の数により給与格差が生じます。

総務で給料を上げるためにやるべき3個のこと

それでは総務担当者として、給与を上げるためには今どの様に行動すべきか、いくつか挙げてみたいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

組合による団体交渉であれば多少の効果があると思いますが、個人による交渉はほとんど効果はありません。

敢えて交渉する場合は、交渉以前に自身が会社にどの様に貢献しており、いかに他に代え難い人材であるかを客観的に示す必要があります。

スキルアップを図る

恐らく最も一般的ですぐに行動に移せるのがスキルアップだと思います。

総務のスキルアップは二種類あり、「専門家」になるか「何でも屋」になるかです。

総務業務は非常に多岐にわたっていますので、一つの分野の専門家と同じくらい、どの部署においてもそつなく仕事をこなせる万能タイプも必要とされています。

自身の適性に合わせて選択してみてください。

思い切って転職する

転職はキャリアアップの重要な機会なので利用するのは良いですが、転職先の仕事によっては給与が下がってしまう可能性があるので注意が必要です。

転職先の選び方1:自分の得意分野の仕事

前述したように総務担当職で給与が上がるのは「専門職」か「管理職」の場合です。

専門家として転職する場合は転職先の仕事内容が自身の得意分野かどうかを必ず確認しましょう。

転職先の選び方2:管理職としての仕事

もう一つの可能性である管理職としての転職は、業務としてはどの企業においても共通する点が多いので仕事内容を精査する必要はあまりありません。

それよりも、企業風土や組織におけるミッションなどを事前に確認し、自分が馴染めそうかを考慮しておきましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんな時

専門職になった時と管理職になった時の給与アップ額

最後に、総務担当者の私が実際に給与アップした時のことについて紹介します。

最初は担当職から経験を積んで専門職になった時のことです。

当時は人事職と労務職と二つの専門職を兼ねたので、年収ベースで100万円ほど上がりました。

次は人事課長として管理職となった時で、この時も年収ベースで100万円程度のアップでした。

一般職から専門職になる場合は年収で50万円、管理職になる場合は100万円程度の昇給額と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は総務の給与や年収について紹介しました。

総務で給与を上げる方法は三つ、「専門職」かその反対の「何でも屋」、それらのキャリアを下地にしての「管理職」のどれかです。

いずれにせよ、営業職のような数字で見える業績がない仕事ですので、自身のスキルアップが重要になり、年功序列は関係ありません。

自分がこの三つのどこに一番向いているか分析を行い、しっかりと目標を定めて努力をすることが給与アップの近道と言えるでしょう。

将来のビジョンをしっかり持って行動していただければと思います。


関連キーワード

総務求人

総務求人についてもっと深堀りした情報を見る

総務とはどんな仕事?その仕事内容や会社においての役割、やりがいなど詳しく解説します!

総務と聞くと、何となく会社の偉い人達が集まっていて 大切なことを決めたり会社の大切な情報を管理したりしている部署なんだろうな・・・と思っている方は多いはず。入社したとき、退社するときに関わることが多いですね。そんな総務部がどんな業務を行っているのかを解説します。総務とはどんな仕事?会社の様々な部署の業務が社外に対して行っているのに対し、総務とは、社員や社内のこと、もしくは社員の家族などに対して関わりを持つことが多い部署です。業務を担う社員が働きやすい環境づくりをしたり、入社退社時の手続きなどを行うため、入社するときに、最初に関わる会社内の人間は「総務」であることがほとんどです。総務部の中に人事

総務正社員求人でよくある募集内容やよくある疑問について答えます

総務正社員の転職を希望している方の中には、未経験から転職を決めようとしている方も多くいらっしゃいます。ではその転職をしてみたいと思う総務職は実際はどのような仕事なのか、詳しくご存知でしょうか。ここでは、総務職の経験者の方から伺った、転職者が抱える様々な疑問や質問をまとめてみました。ぜひ、総務職がどのような仕事なのか、イメージを膨らませてみてください。総務正社員求人でよくある募集内容総務職で正社員の求人を探していると、求人情報から読み取れることも沢山ありますが、果たして記載事項のみで得られる情報が詳細なものなのかといったら、求人内容によってばらつきがあるのが現状です。そこで、総務職の経験者から、

総務募集の探し方を解説!総務経験者が教える採用されやすいルートや方法とは?

総務関係の転職をお考えの方で、転職活動の際に悩ましき問題はここに違うと思いますが、そもそも総務関係の仕事は会社によって業種が変わってきたりと仕事内容に多種多様な面を持ち合わせている職種でもあり、転職活動の際に求人を見てもどの会社の総務職が良いのかとわからなくなってしまい悩む人も多いはずです。では、その問題をどのように解決し転職活動をより良いものにしていくことが正しいのでしょうか。そこで総務関係の転職活動に頭を抱えている方に参考にしていただけるように総務関係の転職活動が成功するためのコツをご紹介していけたらと思います。総務募集の探し方のほかにも、転職活動の際に採用されるまでのポイントをまとめまし

総務の仕事は会社を支える屋台骨!会社に貢献している3個のポイント

どの会社でも、事務の部署がある会社であれば、「総務」という職種が存在していると思います。では実際に、総務職という職種は会社でどのような立場として、仕事をしているのでしょうか。総務職というのは、明確には表現できないほど業務内容が定まらない職種でもあります。というのも、総務という部署や役割がある会社では、その会社が総務に何を求めているかによって業務内容が変わってくるからです。ではもし、今後総務職に就こうと考えた時や総務職の転職を検討しているという方は漠然とした情報しか得ることができないのか・・・いいえ、できます。では、なぜ漠然としているかという理由を含めた上で、総務職はどのような職種なのかというこ

総務の転職で知っておくべき5個のこと

転職活動をしているとき、希望している職種の求人広告を見てもしっくりこないことはありませんか?転職活動をする際に目的が明確でないことや、求人広告を漠然と検索するだけではしっくりくる求人に出会えないなど、原因は様々です。では、より良い求人情報を探すにはどのような方法があるのでしょうか。今回は総務職の転職を希望している人の転職活動に有利になるようなことをご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご参考程度に見てみてください。総務への転職をお考えの方へ総務職の転職を希望している方は、どのような転職プランを形成していますか?総務職と簡単に言っても、具体的にどのような総務職を目指しているのかを、できる限り明確か

総務派遣求人の選び方を7個のポイントで紹介します

現代では働きたい職種を探していく中で、「雇用形態」がどのような状態で就業するかどうかを注目しつつある世になってきたと思います。正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー・アルバイトなど、働き方はその人によって自由選択ができますが、この働き方がどのような人生を謳歌していくかどうかが注目される原因にもなってきていると思います。そこで、今回は総務職で派遣社員として働くうえでどのような注意を払っていけばよいかということを着目して考えてみましょう。派遣社員として働き、総務職として「何を求めているか」あなたは説明できますか?派遣会社に登録して派遣先でお仕事をする派遣社員そもそも「派遣社員」はどういうシス


総務求人に関するコラム

総務人事の仕事内容16個の業務。経験者が教えます!

総務人事のお仕事とはどういったものでしょうか。一言で表現すると「経営陣と現場の橋渡し役」といえます。会社が一丸となり運営がスムーズに行われるよう調整をする役割です。営業のように目立つポジションではありませんが、組織にとって必要不可欠な存在です。採用業務や給与計算、来客対応など多くの業務を請け負っており、どれも責任が伴います。ひとつのことを追求するというよりは、マルチタスクに複数のことを処理する能力が求められます。法律に関する知識も必要となります。これからひとつひとつ仕事内容を解説していきましょう。会社の規模などにより総務部・人事部と分かれている場合もあります。総務と人事のおおまかな仕事内容大き

総務の仕事内容を具体的に17個紹介します

総務職の求人を探していると、たくさんの業種が検索としてヒットされることが多いと思います。検索をする中で、自分が総務職として何を目的としているかがキーワードになってくるわけですが、実際に求人広告を閲覧しているとどれが一番自分に合った求人かどうか迷ってしまいますよね。では、実際にどの総務職の求人が一番合っているかを見極めることができるのか。総務職の仕事をご紹介しながら、求人のポイントを絞っていきましょう。会社をあるべき姿にするのが総務の仕事総務職というのは、会社の様々な職を担う職種です。会社内の幅広い事務職のほか、衛生管理や労務管理など、様々な業種を担う職種でもあります。しかし、実際には総務職とい