広告会社に就職したいという人は多いと思いますが、実際に業界に飛び込むとなると、お給料の相場が気になるところです。

そこで広告会社の営業職の平均的な賃金事情と、入社後、高待遇を得るコツをご紹介していきます。

広告会社営業の給料の相場はどのくらい?

広告に関わる会社には、電通や博報堂などTVメディアなどにも関わる大手広告代理店では給料も高くなる傾向にありますが、一般的な広告会社の場合、それとはかなり格差があり年収にして300万円以上〜400万円未満の条件で働いている人が一番多いのではないかと言われています。

正社員で新卒入社した場合

新卒で広告会社に正社員入社した場合、おおよそ20万円前半からのスタートとなる例が多いでしょう。

キャリアを積むまではあまりスキルを高く評価してもらっての昇給も難しいので、継続して勤務してお客様と会社の信頼を得られるよう地道に取り組むのが待遇アップの近道です。

正社員で転職した場合

目立ったスキルがなければ、新卒同様、待遇的には非常にシビアで厳しい業界であると言えます。

ただ、昨今はwebやSNSでの広告展開が商材となり、そういったデジタルメディアを使った広告戦略やマーケティングにスキルがある人は高待遇で珍重される傾向があります。

転職で広告会社に入社するなら、こういったスキル&キャリアを培ってのステップアップが有効です。

パート・アルバイト

営業としては賃金・待遇の問題というより、パート・アルバイトでの募集自体がほぼ皆無とみていいでしょう。

営業をアシストするサポート役を置いている企業の場合は、パート・アルバイト雇用もあり得るかもしれません。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

業界自体が非常にシビアで実力主義なところがあります。

求人情報に明確な数字の提示があっても、社則で会社全体や個人の売り上げ成績によって賞与の有無と額を厳しく査定する旨を取り決めている会社もあります。

昇給

勤続年数を重ねることによる経験値は、給与額の査定に反映させてもらえる業界だと思います。

一つの会社でキャリアアップするにしても転職するにしても、よく業界を知り、経験を積むことが重要です。

各種手当

一通り完備されているところが多いでしょう。

ただ納期がある仕事で、かつクライアントさま主導の仕事ですので、休日の規定や残業の規定には充分留意しましょう。

給与が高い人は何が違うの?

広告業界の営業で昨今評価が高いのが、営業職であっても広告企画も同時にでき、積極的にクライアント様に提案ができることと、どういう広告の仕掛けをすれば、どういった効果やデータが得られるかを明確にできる広告に関するマーケティングができる人が待遇においても高評価を得ています。

スキル

マーケティング。

企画・プランニングのスキル。

webや印刷物の知識。

役職

マネージャー(部長)クラスで、知識・スキルは持ちながらも部下を運用して効率的な営業を組織で行える人。

勤続年数

キャリアは結構、重要視してもらえる業界でしょう。

5年以上はしっかり積み重ねをしたいところです。

広告会社営業の給料の決まり方

成績

商社で物を売っても、広告会社で広告の提案をするにしても営業職である以上、成績は高評価を得るのには必須です。

新しいスキル

広告業界は次々と新しいメディアや概念が商材になる進化と淘汰が激しい業界。

世の中や業界の情勢に合ったスキルや知識が常にアドバンテージになります。

広告会社営業で給料をあげるためにやるべき3個のこと

非常にシビアで厳しい広告業界の営業職で評価を上げ、給料アップを目指すなら次のことに意識して取り組みましょう。

今の勤務先でできること

スキルアップを図る

広告媒体の進化は日進月歩です。

現状ではwebや各種SNSを使った広告展開も商材の一つとして「取り扱えて当たり前」のものとなっています。

それを売る営業職も当然、それらに精通している必要があります。

特にwebマーケティング、SNSを使った広告展開についてのスキルや知識は、高評価を狙うなら習得は必須となるでしょう。

経験をしっかり蓄える

数ある広告商材の中からクライアント様の業種や希望に沿ったものをしっかりマッチングさせて売り込んでいくために経験は大切です。

思い切って転職する

広告会社は規模によって扱うメディアの大きさや数、クライアント数が大きく違うという例もあります。

自分に自信があるなら、より規模が大きく、革新的なことに取り組んでいる会社への転職を考えてみてもいいでしょう。

転職先の選び方1:より多くの商材・クライアントを持つ会社に転職する

一口に広告会社と言っても規模も扱う商材もまちまち。

待遇アップを目的に転職を考えるなら、まず仕事の数が多い会社、そして扱える広告媒体が多い会社にトライしてみるのがいいでしょう。

転職先の選び方2:デジタルマーケティングなど新しいことに取り組んでいる会社に転職する

昨今、広告もwebやSNS、動画を利用したデジタル・メディアを使うことも珍しくなくなってきました。

そして、それらデジタル・メディアを使った場合の広告効果の予測や、マーケティングプランの提案も広告会社の仕事となってきています。

待遇アップを目的に転職を考えるなら、これらのスキルを取得し、これらの業務に力を入れている企業へ転職するもアリです。

まとめ

基本的にお給料的には厳しい業種ではありますが、昨今、しっかりと実力を査定してもらえる会社や、デジタルのメディアなどに対してプロフェッショナルな知識を持つスタッフには高額の報酬を支払う会社も増えてきています。

また、一般的な広告会社とは一部取り扱う商材は違いますが、TVCMなどの大きな広告を扱う大手広告代理店に就職できれば賃金的には大幅にアップします。

また、最近では「手当たり次第に広告を打つ」という風潮から、しっかりマーケティングをしてターゲットや内容を精査してから広告を展開するという考えにクライアントである企業の考えが変わってきています。

ですので、従来の広告に関する知識だけでなくマーケティングの基礎をしっかり持った人などは高待遇の対象となりやすくなっています。


関連キーワード

営業求人