少子高齢化に伴い、働ける世代の人口が減少していくと同時に、時代の変化によって、多くの業界の仕事が姿を消しているもの事実です。

近年のあらゆる情報の電子化の流れを受けて、紙媒体の新聞を読む所帯も減少しています。

どの業界も人手不足で、職業選択に不自由しない時代の中で、新聞配達員の仕事を新しく始めると言う人は少ないです。

「新聞配達員って実際にどんな仕事なの?」

「新聞配達員ってやりがいはあるの?」

今回は新聞奨学生として、新聞屋で働いていた私が、仕事内容と実際に体験した失敗談などをまとめて行きます。

「働き方のスタイルを変えたい」

「新聞奨学生で大学に通いたい」

そんな方の、視野を少しでも広げるきっかけになれば幸いです。

新聞屋の大まかな仕事内容

新聞屋の一番大きな仕事は「配達業務」です。

もしかしたら「新聞配達のバイトをしていた」という人も多いかもしれません。

一概に配達といっても、配達する区域、新聞社、働いているサービスセンターによって色合いは大きく変わります。

例えば、朝日新聞や読売新聞は、購読者数が多い為に、区域範囲は狭いですが、その中で多くの部数を配達することになります。

日経新聞・毎日新聞になれば、購読者数が朝日・読売よりも減る為に、より広い区域を受け持つことになります。

なので一概に、「どの新聞社が楽」というのはないと感じます。

次に、新しいお客様の契約を獲得する為に「拡張業務」があります。

これは、「営業」と意味合いは一緒です。

既存のお客様の継続契約を結んだり、新しいお客様と新規契約を結んだりと様々です。

最後に、お客様から新聞代を集める「集金業務」があります。

近年は、クレジットカード払いや口座振替などが主流ですが、年配の世代にとっては実際に家まで来てくれる方が重宝されます。

ここでは、それぞれの業務について、より細かく説明して行きます。

新聞屋の仕事は大きく3個の役割に分けられる

配達業務

主に朝刊と夕刊の配達を行います。

しかし、配達をする為には多くの準備作業があります。

それぞれの作業については、次の項目でより詳しく説明をして行きます。

拡張業務

一般企業で言う所の「営業活動」です。

区域の配達部数を増やす為に、社員の方が営業活動を行い、契約の種類によってポイント化されます。

ここは基本的に営業会社と変わらないので、拡張でポイントを多く獲得すれば、その分、給与に反映されます。

しかし、ポイントにおける実際に貰える報酬は、お店によって大きな差があります。

沢山拡張をしても、対価の報酬を渋るお店もあれば、実際の結果に応じて、正当な報酬を与えるお店もあります。

集金業務

お客様から新聞代を集金する仕事です。

楽な仕事のように思えますが、お客様は基本平日は仕事で捕まらない、家に居るはずなのに出て来ないなどもあります。

時間を変えながら、何度も訪問しないといけないなどの、大変さもあります。

しかし、実際にお客様とお話が出来たり、パンやお菓子なども貰えるので、接客が好きな人にはおすすめの仕事です。

集金業務は、主にその地域のパートさんが、やって居ることが多いです。

配達業務の8個の業務

新聞の荷下ろし

新聞屋の仕事の始まりは、新聞店に届く新聞の荷下ろしから始まります。

地域によって新聞が届く時間は変動しますが、私が働いていた千葉県の新聞店は、2時前後に新聞が届きます。

新聞が届くと、店の人が総出で店内に新聞を運びます。

私が働いていたお店では5000部を下ろしていました。

新聞へのチラシ入れ

届いた新聞に対して、チラシを入れて行きます。

私が働いていた新聞店では、パートの方が日中チラシを作成します。

土曜日、日曜日などはチラシが厚くなります。

私は260部の朝刊を働き始めた当初チラシ入れをしていましたが、チラシ入れだけで1時間以上掛かっていました。

慣れてくると全然関係ないことを考えながら、30分ほどでチラシ入れも出来るようになったりします。

新聞の積み込み

チラシを入れた新聞を積み込んで行きます。

チラシが入った新聞はバイクの後ろに積むと、簡単にバイクの最大積載量を超える重さになります。

雨が降った場合には、新聞をビニールで梱包する為、積み方を考える必要があります。

配達

新聞の配達を行います。

お店によって決められた配達区域があり、区域に1人が配達を行います。

配達する家の中には、「早入れ」指定の家もあります。

これは「4時までに新聞を入れて欲しい」などの指定のことです。

配達が遅れてしまった場合は、「早入れ」の家を優先的に投入して行きます。

また新聞は奥までしっかり落とし込まないと、お客様側から見たら「届いてない」ように見えることもあります。

私は過去に新聞をポストの奥まで入れずに、お客様からクレームを受けたことがあります。

細かなことではありますが、相手が見える場所に新聞を届けることが大切です。

不着対応

全ての配達が終わった時に、「新聞が届いてない」とお客様から連絡が来ます。

基本的には当番制で、当番の人が届いていない家に新聞を届けます。

届けなければいけないものが届いていないので、誠意を持って謝罪する必要があります。

お客様によっては物凄い剣幕で怒る人もいます。

自分のミスではないことを謝らないといけない為、ストレスが掛かりやすい仕事です。

ポスティング

自分が配達する順路を覚える為に、新聞を購読するチラシを入れることもやっていました。

配達を始めた当初は順路帳と呼ばれる道順を示したものを見ながらの配達になるので、時間が掛かってしまいます。

その為、ポスティングなどを繰り返し行うことで、体に配達するルートを落とし込んで行きます。

私は自分の配達区域を覚える為に仕事を始めた当初は、朝刊の配達後にポスティングを行なっていました。

また、配達での届け忘れが何日か続いた時にも、復習のためにポスティングを行なっていたりしていました。

夕刊配達

新聞の契約には「朝刊のみ」と「朝夕刊セット」の契約があります。

基本的には「朝刊のみ」で契約する所帯も多いため、夕刊の配達は朝刊よりも少なくなります。

私は朝刊で1区域260部ほど配達していましたが、夕刊だと170〜180部ほどでした。

夕刊配達の時間は、実際にお客様も家に居る時間ではある為、直接顔を合わせて世間話をすることもあります。

また、地域の子供達が外で遊んでいたりして、挨拶をされることも多いので、とても楽しく配達出来ます。

順路帳更新

新聞契約は月単位で行われるので、月が変われば新しく新聞を購読する家、新聞を読むのを辞める家も出てきます。

せっかく覚えた順路も、月ごとに新聞を入れる家が変わる為、対応が必要です。

また、自身が仕事を休む際に、代わりに自分の区域を配達する人の為に、順路帳を更新して行きます。

拡張業務の4個の業務

既存顧客の更新契約(縛り・半縛り)

契約の中で一番ハードルが低い契約です。

今現在も新聞を購読されている方の更新契約です。

契約があった状態での延長契約が「縛り」、2年以上契約をしている上での延長契約が「半縛り」と呼ばれます。

基本的にはお得意様なので、契約に至りやすい傾向にありますが、経済的な変化によって新聞を辞める家庭も多いです。

新規顧客の契約対応(新歓・白地)

過去に新聞を購読していないお客様の契約のことです。

この契約はほとんど飛び込み営業と変わらないので、ハードルが物凄く高いです。

この記事を読んでいる方も、急に家のピンポンを押されて、新聞契約がしつこいという思いをされた方も多いと思います。

そこから契約が取れたものを新聞店側では「新歓」と呼ぶことが多いですし、場合によっては「白地」という人もいます。

この契約は問題にもなりやすく、「持ってくると言った商品を持ってこない」

「認知症の母と契約した」

「断っても引き下がらない」

などの問題を引き起こしてしまいます。

未来の契約対応(起こし、先起こし)

お客様によっては「半年は朝日、半年は読売」という形で新聞を取る方も多いです。

今は他社の新聞を契約していても、その先に自社の新聞を契約する予定の場合は、先に未来の契約を行います。

今は自社契約がない場合の未来の契約は「起こし」、現在も自社契約があり、未来の契約を結ぶ契約を「先起こし」と呼びます。

紹介からの契約対応

新聞店では時期によって「紹介キャンペーン」と呼ばれるものがあります。

これは自分の周りの知り合いなどが新聞を契約した場合に、通常よりも多いインセンティブが入るというものです。

私も大学卒業と同時に新聞店を辞めてから、半年後に当時の社員の方から「新聞を契約してくれ」と言われたことがあります。

この記事を読んでいる方ももし、そのような経験がある場合は、新聞店での紹介キャンペーンの影響だと思われます。

集金業務の3個の業務

領収書の受け取り

新聞店から領収書を受け取ります。

この領収書を持って集金に出発します。

集金業務

集金の時間は特に決まっていません。

お客様によって家に居る時間は様々です。

朝・昼・夜のどれかであれば確実に居る人なら話は早いですが、「13時〜14時の間じゃないと無理」などの細かい指定がある所も多いです。

集金には月ごとに集金率を計算されます。

お店によっては「指定日までに集金率80%を超えている」などの条件で、プラスでインセンティブを支給する場所もあります。

集金を行なって居る人は、主にその区域に住んで居るお話好きのパートさんが多いです。

集金する所帯の数は、配達数が300部ある地域であれば、200部ほどは集金するような割合になると思います。(残りの100部は口座振替、クレカ払いなど)

集金した額の納金

実際に集金を行なった金額を、新聞店に納金します。

もちろん一円でも違うと、その分は自己負担になるお店が多いので、お金の管理にはシビアになる必要があります。

新聞屋の仕事の良いところ

「新聞屋の良いところってどこ?」

世の中に無数ある仕事の中でも「新聞屋がいい」と思うポイントは、実際に働いていた私にはあります。

それを少し説明していこうと思います。

ひとりで仕事をするのが好きな人におすすめ

結論としては、これに尽きると思います。

世の中にある仕事の大半は、誰かと一緒になってひとつの仕事をすることが多いです。

しかし、これはかなりストレスに繋がる要因で、「あいつが居ると仕事が進まない」などと言う軋轢が生じやすいです。

そう言う意味では、新聞屋の仕事はひとりで完結する部分が多いです。

配達に関しても、決して誰かに監視される訳ではなく、時間にも余裕があれば、途中で休憩することだって出来ます。

拡張や集金においても、基本は個人の裁量なので、結果を出すことは前提で、休みたい時には好きな時に休めます。

「自分の仕事のペースを崩されるのが嫌い」

「誰かと一緒に仕事をするのが強烈なストレスだ」

そんな人にはとてもおすすめです。

面白いポイント

私は過去に営業職もやってきましたが、「営業するぞ」と言う空気感は、想像以上に相手に伝わるものです。

なかなか上手くいかなかったり、自分の意思と反することを言った時に相手に見透かされたりします。

そう言う意味でも、「いかに自然体で相手と向き合えるか」を突き詰めた時に、自分らしい営業が出来た感覚があります。

勧誘と聞くとイメージは悪いですが、「心からこれが良いんですよね!」と言うものを相手に伝えると、相手の心は動いたりします。

営業職に共通して言えることですが、結果が出るまでは長いですが、思考錯誤して結果が出た時の喜びが大きいのが面白いポイントです。

「トラブルを起きないように対策をする仕事」は、見えない所で手を打つことばかりなのでなかなか褒められません。

自分のやってきたことが、数字として分かりやすく反映されるのが魅力だと感じます。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は新聞屋で行われている業務について、経験を踏まえてお話をさせて頂きました。

職業を選ぶ際に多くが誤解していることは、「給与が高そう」「企業が安定していそう」など、会社に全ての要因を委ねる場合が多いです。

それ以上に、「私はどちらかといえば営業よりだな」

「ずっと机に座る仕事は出来ないな」

と言うような、自分の特徴にフォーカスして職業選択をすることが大切だと感じます。

新聞屋は現代において選ばれる職業ではないですが、自分の適性を見定めながら選択をする際の参考にして頂ければ嬉しいです。


関連キーワード

新聞屋求人