少子高齢化がどんどんと進む日本。

高齢者がさらに増えていくということは、介護や看護助手の仕事はこれからもどんどん需要が高まるということでもあります。

看護助手の仕事と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?

力仕事だし、看護や夜勤があるから大変そう!という方が多いと思います。

介護士の仕事と並んで、体力を必要とする仕事の部類に入るのではないでしょうか?

もちろん体力は必要ですし、人相手の仕事なのでコミュニケーションスキルも必要になってきます。

しかし働いてみてから初めてわかるやりがいや魅力もたくさんあります。

今回は看護助手の給料事情、転職事情、その他もろもろ役に立つたくさんの情報をお教えします!

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

看護助手として働くには、必ず取得していないとならない資格はないので無資格でも働くことができます。

高校を卒業して大学の福祉学科や、医療福祉の専門学校に進学した場合、卒業と同時に「介護福祉士」や「社会福祉主事」などを取得できることがあります。

大学や専門学校で学び新卒として病院や施設に勤めた場合、学校に通い勉強をしてきていることや、資格を取得していることもあり、給料が比較的高く設定されているところが多いです。

地域差もありますが、平均すると年収250~300万程です。

正社員で転職した場合

異業種からの転職ですと未経験となるため、資格取得していなければ年収250~280万程、資格を取得していれば年収280万~300万程となります。

前職で介護経験があるとその勤務先にもよりますが、今までの経験を考慮してくれるところなら基本給をあげてくれるところもあります。

そうなると年収300万~となります。

パート・アルバイト

扶養の範囲内で働きたい、小さい子供がいるので保育園にいっている昼間だけ時短で働きたい、介護は未経験なのでいきなりフルで働くのは・・・とお考えでしたらパート・アルバイトがいいでしょう。

パート・アルバイトですと時給換算になりますが、週の勤務時間、勤務日数が少なく、自分の希望する勤務で働けるため、介護や子育てと両立したいという方はこの勤務体系がオススメです。

給料は正社員と比べると少なくなり、扶養の範囲内でしたら年収103~130万まで、時短で勤務となると週4日・1日5時間とすると、地域差もありますが看護助手の時給が平均850~1,000円なので、年収100万程となります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

正社員の特権ともいえる「賞与」。

これは正社員で働く上で大きな収入源であり、仕事のモチベーションアップにつながる大切なものです。

遅刻や欠勤などの勤務態度、普段の職場での働き方、院内、院外研修への積極的な参加などを様々な面から査定して支給されるので、普段から積極的に業務にあたることが大切です。

看護助手も正社員であればもちろん賞与があり、平均すると夏冬合わせて3.8カ月分~、多いところだと4.5か月分支給してくれるところもあります。

昇給

1年を過ぎ、2年目に入る時初めての昇給があり、その後は1~2年ごとに1,000~3,000円単位ずつ昇給していくことが多いです。

各種手当

手当としては、無遅刻・無欠勤ですと精勤手当、土日祝に勤務すると休日手当、北海道などの寒冷地ですと燃料手当、その他住宅手当があります。

資格取得していれば資格手当として介護福祉士ですと10,000~18,000円、夜勤があれば夜勤手当6,000~10,000円となります。

給与が高い人は何が違うの?

経験年数が長かったり、リーダーや主任などの役職がある方は給与が高い傾向があります。

その他には介護福祉士以外の国家資格を取得しているなど、経験が長いことで得られるものが大きいように思います。

スキル

やはり経験が長かったり、病院だけでなく施設など様々な職場で働いたことがあると、自ずと介護のケアスキルも高くなっていきます。

スキルが高いということはそれだけ臨機応変にその場の判断を考えることができるということ、様々な患者さんをみてきたということはそれだけ多種多様な介護技術が身についているということでもあります。

これはどこにいっても即戦力になる、ということにつながります。

役職

看護助手では役職というと看護助手全体を統括する「ケアワーカーリーダー」や、「(介護)主任」と呼ばれる役職がよく聞かれます。

その他の役職となるとケアワーカーリーダーの次のサブリーダーという役職があるところもありますが、あるところは少ないです。

リーダーなど役職がつくと手当がつくので、給与も高くなります。

勤続年数

勤続年数が長いことを考慮して基本給をあげてくれたり、昇給の金額をあげてくれるところが多いです。

その勤務先での勤続年数だけでなく、今までの経験年数も考慮してくれるところもあるので、面接時などに確認してみるといいと思います。

地域

やはり都心部や中核都市と地方では地域差大きいです。

都心部では地方と比べて基本給や時給が高い傾向があります。

正社員で比較すると、都心部では年収300~350万程、地方では280~300万となり、けっこうな開きがあります。

パート・アルバイトの時給を比較しても、都心部では時給1,000~1,500円、地方では850~1,100円と差が大きいと400円近くも違います。

資格

「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」を修了しているのと、「介護福祉士」を取得しているのでは資格手当に大きな差があります。

介護職員初任者研修終了は以前のホームヘルパー2級と同等、実務者研修はホームヘルパー1級と同等の資格となり、資格手当としては5,000~1,000円、介護福祉士だと10,000~18,000円となります。

この金額差は塵も積もれば大きな差になると思います。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護助手の給料の決まり方

基本給

基本給は未経験ですと平均140,000円台から、経験ありですと平均160,000円台からという基本給が多いと思います。

以前の病院や施設での経験年数や、勤務先での勤続年数を基本給に考慮してくれるところもあります。

各種手当

基本給の他に、上記で述べた夜勤手当や資格手当、役職手当、精勤手当、休日手当など各種手当が、看護助手の給料のベースになります。

看護助手で給料をあげるためにやるべき4個のこと

看護助手の仕事は体力もいるし、状況によっては精神的に疲労することもしばしば・・・。

毎日一生懸命働いているみなさんの給料アップを目指すために、オススメの方法をリサーチしてみました。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

もし入職して2年を過ぎているけれど、一度も昇給がない場合。

これは昇給してもらえないか交渉の相談にいくことも一案です。

入職した時に「昇給あり」と記載があったにも関わらず今まで昇給がなかった場合は一度上司に相談してみてもいいと思います。

スキルアップを図る

院内で行う体位交換やオムツ交換などのスキルアップ研修、院外での看護助手向けの講演会、研修は積極的に参加してみるといいと思います。

介護の経験が浅い方は技術を身につける目的で、経験がそれなりにある方も今までの技術の復習や、最新の介護技術を取り入れるという意味でも、更なるスキルアップになります。

また、こういった研修に参加することで賞与の査定時にプラスに働くことがあるので、看護助手の仕事に関する研修がある時はどんどん参加してみてください。

資格を取得する

介護職員初任者研修や実務者研修の方は、ぜひ介護福祉士の取得を考えてみてください。

資格手当もあがりますし、何より転職する時に介護福祉士を取得していると雇ってもらいやすいというのは確かです。

思い切って転職する

その人その人の考えにもよりますが、ひとつの勤務先に長く腰を据えたいという方もいれば、病院でも様々な科の職場で働いていろんな経験を積みたいという方もいらっしゃいますよね。

給料アップのための転職についてお答えします。

転職先の選び方1

給料アップを兼ねて転職をするなら、医療法人や社会福祉法人などの規模の大きい病院の求人を探してみるといいと思います。

規模が大きい病院は給料が高い傾向があり、基本給自体が他と比べても高い、賞与の支給額が多い、手当がしっかりついているなど給料面でも手厚いところが多いです。

転職先の選び方2

もし看護助手としてスキルアップしたいとお考えなら、今まで働いたことのない診療科や部門で働いてみるのもいい経験になると思います。

内科の一般病棟の患者さんと、高齢者の多いリウマチ科の患者さんでは介助・介護の方法に大きな違いがあることがあります。

その科ごと、その患者さんの状態などで必要な介助・介護方法は異なるので、スキルアップを兼ねて働いたことのない診療科に勤務するのもいいと思います。

転職先の選び方3

看護助手としての経験が身体介護のみなら、メッセンジャーの仕事もオススメです。

主に診療で使った器具の洗浄や滅菌、院内の備品の管理、院内の環境整備などです。

手術室に配属になると、手術室で使用する器具の洗浄や滅菌とその管理、手術室内や中央材料室の清掃、看護師の補助業務など、みなさんのイメージしている看護助手の仕事とはまた違った仕事が経験できます。

大切な仕事なのでメッセンジャーとして働くこともいい経験になると思います。

給料をアップさせるための求人の選び方

給料アップを目指して転職!となると、求人の探し方にもコツがあります。

給与相場が今よりも高いところを探そう

今までの介護経験を活かすことができ、かつ給料の高いところを探すといいと思います。

その病院にもよると思いますが今までの求人を見てきた傾向ですと、基本給が高いと賞与支給額が少なく、逆に基本給が安いと賞与支給額が多いようで、基本給と賞与のバランスを考えた方がいいと思います。

賞与や昇給制度をチェック

正社員なら賞与や昇給はとても大切です。

病院によっては契約社員や準社員でも、額は少ないですが賞与を支給してくれるところもあります。

面接時に確認するといいと思います。

残業代はちゃんと出る?

残業代は出るかどうか、どのような条件で出るのかを確認することも大切です。

残業代が出ると記載があっても、院内の研修や病棟会議などでの残業は出ないことが多いです。

交通費や福利厚生は?

交通費はほとんどのところが支給してくれると思いますが、勤務先から自宅がすぐ近くだったり、車なら「〇〇Km以内は支給しない」という規定がある場合があるので、しっかり確認しましょう。

「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

入社2年目

入社して丸1年が経ち、2年目に入る時に昇給として基本給が1000円あがりました。

その後も勤続年数が増えるに従って、2000~3000円くらいの昇給がありました。

資格を取得した時

入職した時は、ホームヘルパー1級(現在の介護職員実務者研修)の資格しか持っていなかったのですが、その後仕事をしながら勉強し、介護福祉士を取得しました。

その時は、ホームヘルパー1級の5000円から、介護福祉士を取得したことで15000円までアップしました。

資格手当があがって単純にうれしかったのと、個人的に仕事に対するモチベーションアップにつながりました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと多様な働き方ができますが、雇用形態が異なれば給料に大きな差が出てきます。

正社員ですと賞与や昇給があるので生活していくのに問題ないくらいの給料をもらえるでしょう。

契約社員は正社員よりも給料はやや下がるものの、勤務先によっては少ないが賞与を支給してくれたり、期間の定めがあるだけで正社員とあまり給料が変わらない、というところもあります。

派遣社員は派遣会社との契約になり、時給換算となるので働けば働くほど給料アップは見込めます。

それに派遣会社の時給は高いことでも有名です。

パート・アルバイトは、時短勤務であったり勤務日数が少ないため正社員と比べるとやはり給料は少なくなります。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

良い点・契約社員や派遣社員やパートなどの看護助手の中心となって働くことができ、何かあったとき判断できるのは正社員です。

悪い点・夜勤や予定外の時間外労働など、体力が必要です。

派遣

良い点・病院とは直接契約せず、派遣会社との契約なので何かトラブルがあった時は派遣会社を通じて話をしてもらえます。

悪い点・3カ月や1年などの期間雇用だが、雇用主(病院側)が契約終了と判断したら、辞めなければなりません。

契約社員

良い点・1年~などの期間雇用なので、辞めやすい。

様々な分野でいろんな経験を積みたい人には向いています。

悪い点・期間雇用であるので、雇用主が契約終了と判断したら、辞めなければなりません。

アルバイト

良い点・勤務時間が短く、日数も少ないので子育てと両立したい人などは働きやすいです。

シフトも前もって伝えておくと融通がきくことが多いです。

悪い点・社会保険がついていないので、ご自身で国民健康保険などに加入する必要があります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

夜勤もできるだけこなして給料をガッチリ稼ぎたい!病棟の看護助手の中心となって張り合いのある仕事をしたい!というエネルギッシュな人は、とても向いていると思います。

正社員は日々の業務もやることが多いですが、何より看護助手の業務自体がとても体力の必要な仕事です。

職員間の認識が異なっていることで起こるインシデントもありますし、看護師とチームを組んで連携をとりながら仕事をしなければならないのでとてもたいへんですが、その分給料や賞与に反映されます。

正社員の魅力といえば、たくさん経験できることと、その分たくさん稼げることですね。

契約社員

多くは1年~などの期間雇用なので、いろんな病院に勤務して様々な経験を積みたい人に向いています。

近々結婚予定の人でしたら妊娠も視野にいれながら、契約社員での働き方をオススメします。

しっかり探せば、期間の定めがあるだけで正社員とほぼ同等の勤務条件で働けるところもまれにあるので、いろいろな求人を見てみるといいでしょう。

アルバイト

子育ての合間や、昼間の空いている時間だけ働きたいという人に向いています。

アルバイトなら扶養の範囲内での勤務も可能です。

看護助手として転職してみたいけれど介護業界は未経験なので、まずはアルバイトから…という人ももちろん大丈夫です。

給料はそれなりですが、体を壊してしまったら元も子もありません。

体を慣らす、という意味でもアルバイトから入って、少しずつ勤務を増やしていってもいいと思います。

派遣

派遣社員は多様な働き方ができ、希望すれば正社員と同じフルタイムでも働けますし、扶養の範囲内での勤務や、パートやアルバイトなどと同じように時短勤務でも働けます。

派遣社員は時給も高く設定されているので、フルタイムで働けるのなら正社員と同じくらいの給料を稼ぐことも可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

看護助手の仕事、給料や年収についていろいろな情報をお伝えしてきました。

今まさに看護助手として働いているけど、給料アップも兼ねて転職したい方。

これから看護助手として働いてみようとお考えの方のお力になれればうれしいです!

看護助手の仕事に少しでも興味が湧いたらぜひ、一歩踏み出してみてください。


関連キーワード

看護助手求人

看護助手求人についてもっと深堀りした情報を見る

看護助手として転職を成功させるために!狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3つの注意点

今回は、看護助手として転職を成功させる為に狙い目な職場の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を、下記のテーマに沿ってご紹介していきたいと思います。どうか、皆様の転職に向けてお役に立てます様、ご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。看護助手で転職する人は多い?看護助手として働く人の中での、転職者はどのくらい居るのでしょうか?実際、他の業種に勤めていたとしても転職する方は大勢います。その中でも今回は看護助手として働いている人の転職理由について下記にて見ていきたいと思います。また、転職しようと思う方の中には、どんな理由で転職をするのかを見ていきましょう。では早速、ご参考にどう

看護助手正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

求人広告やハローワークで「看護助手」って見た事はありますか?看護師さんはわかるけど、看護助手って?資格がいるんじゃないの?パッと聞いただけではイメージがわきませんよね!今回は看護助手がどんな仕事をするのか、将来につなげる事ができるのか、看護助手正社員求人の気になるところを全部解説します。「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護助手の大まかな仕事内容看護助手はその名の通り、看護師さん達のお手伝いをすると思えばイメージしやすいかと思います。お手伝いと言ってもやる事の幅は広く、勤め先によって変わってくるでしょう。仕事内容は、院内の清掃、食事配膳の補助、入浴時の手伝い(入浴介助と呼ば

看護助手とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師の資格はなくても、医療現場でチームの一員として活躍できる看護助手は、とても素晴らしい仕事です。詳しい仕事内容、看護においての役割やなり方などを詳しく紹介していきます。これから看護助手の仕事をしてみようと思っている人は必見ですよ!「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護助手とはどんな仕事?看護助手は国家資格がないため、注射や点滴などの医療行為を行うことはできません。そんな中、患者様に適切な医療行為が行われるための手助けをすること、医療行為にあたらない範囲で、患者様の援助やケアを行うなど、幅広い仕事内容が大きな特徴といえるでしょう。看護助手の役割とは?看護士のサポート看護師

看護助手の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「資格は持っていないけど、看護師の仕事に憧れがあり、病院で患者様のために働きたい!」そんな思いを持った人は多いのではないでしょうか?社会人枠の看護学校では、看護助手の仕事をする傍ら、本格的な看護師を目指して勉強をしている人もたくさんいます。今回は、そんな看護助手の仕事について、詳しく説明していきたいと思います。「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護助手はどんな仕事?看護助手の仕事は、簡単に言うと医療現場における看護師の仕事を手助けする役割があります。看護師と違って国家資格を持たないこと、採血、注射などの医療行為ができないことが特徴です。それでも、看護師一人では無理な力仕事、

看護助手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

今日本は高齢化が進み、これからさらに医療や介護を必要とする人が増えると予想されます。そんな中、重要視される介護の仕事。これから病院や高齢者施設で働きたいという方や、介護の仕事をしていたが、スキルアップのために看護助手として転職したい!とお考えの方。今回は介護業界の中で、介護福祉士と並んで広く知られる「看護助手」の年収とお仕事をご紹介したいと思います。「看護助手」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護助手の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合福祉系の専門学校や、大学で福祉科を専攻し、卒業と同時に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得。そのまま正社員として就職する場合、一般的


看護助手求人に関するコラム

看護助手になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

看護助手になるために必要な事は、いくつかあります。同じ国家資格のいらない医療事務にはよく資格が必要であると言われていますが、看護助手の場合は正直そこまで必要はないでしょう。ただ自分の為として資格を持っておいて損はないです。どういう資格が必要になってくるか、また看護助手の適正とはなにか?それらも全てお答えさせて頂きます。看護助手になりたい方は参考にしてみてください。看護助手になるには?看護助手になるには、特に必要な資格はいりません。精神的な部分と、肉体的な問題かもしれませんね。募集要項に記載されている事がないためご存知のない方もいるでしょうが、看護助手の資格というものは存在します。同じように国家

看護助手アルバイトをやってて良かった3つのことや、ここで身に付く力とは?

こんにちは!今回のこの記事では、看護助手アルバイトをやってて良かったことや、ここで身に付く力について書いていきます。看護助手のアルバイト先や、アルバイトの時給、やりがい、身についたスキルや、そしてどんな人に向いているかや、おススメのアルバイトの探し方など、これから、看護助手のアルバイトとして働きたいと考えている方の一つの知識となりますよう書いていきたいと思います。私はこんなところで看護助手のアルバイトをやりました私が看護助手のアルバイトをしたのは、大きな大学病院の中にある入院病棟でした。内科の病棟だった為、病状の重い患者様が大変多くいて、常に忙しい職場でした。勿論そこには、医者から看護師、看護

看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法。

看護助手の悩み事とは何か?医療系の場合は普通の職業と異なり、やる事はとても多く失敗が許されないものが多いです。何せ患者の命を預かる仕事ですからね。ふざけてやって良い職業ではありません。その為向き不向きがあるのは事実ですが、当人のやる気次第で何とかなります。私は過去に看護助手として働いていたのですが、何に悩んでいたのか、またその悩みをどうやって解決していったのかお伝えしていきましょう。看護助手の悩みで多い5個のこととその解決法とは?看護助手の悩みはどんなものがあるかと申しますと、第一にコミュニケーションがあげられるでしょう。私自身は仕事でのミス、知識不足、精神的なことや体力的な事に悩まされました

看護助手辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

医療系の仕事は大変という話をよく聞くかと思います。実際医療系の仕事というのは簡単なものではなく、精神的に苦痛を伴うものも多いです。それは患者さんの対応だけではなく、病院やクリニックないでの嫌な環境にあります。医療事務のようにちょっと距離が離れているのであれば良いのですが、看護師と四六時中一緒にいるのでちょっときついかも知れません。また病院やクリニックなどの環境によって、そのキツさがまた変わってきます。看護助手を辞める理由はどんなものか?その実態に迫っていきましょう。経験者が紹介!看護助手を辞めたいと思った理由やつらさとは?看護助手を辞めたいと思うのは、正直結構多いかもしれませんね。そもそも看護

外来看護助手の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

看護助手という仕事は近年よく耳にすることが多いと思いますが、どんな仕事かと申しますと看護師のアシスタント業務であると考えて下さいませ。近年看護師と並び、看護助手の求人も増えてきてはいますが、病院や個人経営のクリニックなどによって大きく形態が変わります。病院は大体同じ業務である可能性が高いですが、クリニックの場合は内科や歯科などによって大きく変わるため、経験があったとしても同じとは限りません。私は過去に耳鼻咽喉科、総合病院で勤務していたことありました。外来看護助手とはどういう仕事であるか、どんな仕事内容であるか、何を覚えしなければいけないか、そして看護助手の仕事のやりがいについてお伝えしていきま