IRの仕事と聞いてすぐに即答出来る人はそんなに多くは無いと思います。

非常に知る人が限られた情報を扱う仕事である上に、上場企業に勤めている人並びに投資家、及び投資に興味のある人以外には、あまり関係が無い仕事でもあるからです。

それではIRの仕事とはどんな仕事を指すのでしょうか。

また、具体的な仕事の内容とは?IRの採用はどのような会社がしているのか?

ここではそれを見て行きたいと思います。

IRの採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?

ではここで実際に、IRの採用をしている会社ではどのような募集がされているのかを見て行きたいと思います。

HP等で募集を行っているところを見てみると、具体的な業務内容として以下のような業務があがって来ているようです。

仕事内容としては、主に以下のような内容が挙げられます。

決算発表ストーリーおよび決算コンテンツ作成業務/開示資料の作成/IR戦略の立案/機関投資家対応/各種資料・報告書作成/証券会社、投資顧問会社対応/株主通信の作成/決算説明会、株主総会などの運営等が中心の求人となっています。

また必要な経験及び歓迎スキルとしては、以下のようなスキルが求められます。

IR業務の経験 /WEBページ作成等のITスキル/財務諸表分析等の基礎的知識(監査法人勤務経験者、事業法人のIR経験者等)/企業の財務諸表分析等が挙げられることが多いです。

年収に関しては、500万円前後から、役職付きになると1200万円位までの求人があるようです。

IRの大まかな仕事内容

IRの大まかな仕事内容としては、上記にも出ていますが、まずは決算発表があります。

決算発表を中心にIRの仕事は回っていきますので、IRの繁忙期は決算が三月の会社であれば、その三ヶ月後の六月ということが多くなります。

六月一日は大手上場企業の決算発表が集中する日としても有名で、広報業務等の担当者はその日は新聞社に出入り、連絡等を敢えてしないようにしたりする事もあります。(新聞社の繁忙期となるため)

この決算発表を中心に/決算発表会の実施/決算資料の作成/決算発表会の告知/個人・期間投資家対応。等の業務が発生してきます。

また、現在では株式に関連のある事柄をHP上で一定期間開示する等の義務も上場企業には発生してきます。

実際に定められた期間開示されているかどうかを監視してくれる企業もあります。

IRを採用している4個の会社のタイプとは?

それではIRを採用している会社のタイプにはどのような所があるのでしょうか?

ここではそれを簡単に見て行きたいと思います。

上場前の会社

今では、上場を視野に入れて会社を起業する起業家も多くなって来ました。

なぜならやはり起業を大きくしていく上で最も重要な「事業拡大」に向けて資金調達を株主から行えるという事は起業を運営していく上では大きな追い風になるからです。

しかし上場するという事は公である起業がさらに公的存在になる事にもなります。

上場をする為には最低ラインの必要要件があり、それらをクリアしていく事で、財務体質的にも社内体質的にも健全化が求められているといえるでしょう。

そうした会社が上場を目指して進んで行く中で、舵取りの役割を担うのが、財務部であったりまた財務部と連携してIRを実施していくIRセクションであったりする場合が多くあります。

そうゆう意味で上場前のIRセクションの業務は財務知識や財務部との連携が非情に大事になる上、経営企画部等との連携が必須になって来ます。

上場後の会社

上場後の企業には、上場している企業としての責務が生じます。

金融商品取引法(金商法)と呼ばれる法律があり、起業はここに示されている法律的義務を上場と同時に課せられる事になります。

上場起業は財務の健全性及び経営情報の的確な開示を求められますので、財務部の具体的な活動をステークスホルターに対して発信していく事が求められて来ます。

この活動を上場起業内で行うのが上場後の起業内におけるIRの業務の1つと言えます。

上場後他の市場への上場を検討している会社

上場後に現在の市場から、他の市場への上場を検討する会社というのがあります。

これは上場二部の企業が上場一部へと上場しなおす場合をさします。

それでは東証一部と二部の違いとは何でしょうか?

東証一部は東証二部よりも時価総額が小さく流動性も乏しい中小企業が上場する市場とされています。

なので企業は二部よりも一部に上場する事によって、企業信頼性を向上し、より資金調達がしやすい一部への上場を検討します。

この時に必要になってくるのが、IR業務となります。

この場合も前段でお伝えした通り、上場時と同じような財務との連携を取り、社長室や経営企画室との連携を取った上で、厳しい一部上場への審査をクリアしていくというミッションが発生してきます。

上場後、株取引がなかなか進まない会社

上場して十年近くたってもあまり株価の流動性が上がらず、いわゆる塩漬け株と言われる株の流動化が進まない状態が続いている企業がまれに存在します。

そうした企業にはIR担当や広報がいない、もしくは業態ゆえになかなか世の中に知られる存在になりにくく、株の塩漬け状態が長引いてしまったというケースがあります。

この状態をテコ入れする為にIR専任の担当を雇い内外に広く自分たちの財務の健全性や企業のあり方等を発信していく事があります。

こうしたIRの場合には広報部との連携を取り互いにシナジーが上がるようなIRプランの企画と実施、運営が必要になる事もあります。

IRが会社から求められていることとは?

IR担当が会社から求められている事にはどんな事があるでしょうか?

時に株価を上げる事と答える方がいますが、これらは企業にもコントロールのできない事になります。

詳しくは下記で書いて行きますが、そうゆう企業には気をつけた方が良いかもしれません。

株価を上げること

IRの専任が来た!これで株価が上がるだろう!という考え方をする企業や取締役、そして社長が結構な割合で存在します。

しかし株価の上昇は実際の企業の業績に左右されるものです。

業績が伸びている、もしくは、業績が伸びる要因が多数あるにもかかわらず株価が上がらないのは、IRの業務が上手く行っていないというケースが考えられますが、業績が不振に陥っているのに株価が上がっている時は何かの他意が市場にあるケースといえるでしょう。

しかし、市場をコントロールするような事をしてはいけないのがIRの業務です。

IRの業務の本質は、健全な発行株の流通促進及び運営並びに発行企業の健全性の主張であり、株価をコントロールする事ではありません。

IRに求められる株価を上げる事とは、企業の体質が健全であり、かつ業績が伸びている時にそれをPRする事にあると言えるのではないでしょうか。

IRの募集で良い求人を探すための方法

IR担当を目指す人にIRの求人で見た方が良いポイントについてお伝えしていきたいと思います。

「IR」「担当募集」で探すのがポイントとなるでしょう。

IRの担当に応募したいのであれば「IR」、「担当」というキーワードで検索をかければ多くの求人が出てくると思います。

そこの中で企業としてどこまでをIRにもとめているかを判断して応募すれば問題はありません。

企業の中には「決算説明会」のみを求めてくる企業と「株主総会」もIRに求めてくる企業もあります。

これはその企業の職務分掌等にもよります。

株主総会の運営は総務部が主幹となって行う企業もあります。

また「決算説明会」においても財務部が財務的部分に関しては資料を作成するケースもありますので、募集内容を良くよみ、IR担当者がその企業で何を求められているのかを判断し、それを実施していく事が大事だと言えるでしょう。

まとめ

ここまでIRに関しての求人内容や業務内容について見てきました。

いかがでしたでしょうか?

見えにくいIRの業務が少しでも伝わる事が出来たのなら幸いです。

IR担当として転職を検討している方々の参考に少しでもなればと思います。

実際にIR求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

IR求人