臨床心理士と最初聞いた時にパッと頭に浮かぶ方は多くはないのではないでしょうか。

もっと皆さんの生活に近い言葉でいうと、心理カウンセラーという職業に当たります。

また、心理系資格の中でも信頼のある日本臨床心理士資格協会で定められた資格を取得しなければなりません。

どういった仕事内容なのかをこれから詳しく説明していきます。

臨床心理士の大まかな仕事内容

人々が日々生活する上での人間関係の悩み、子供の発達についての悩み、心や体についての悩み、生き辛さの悩みを聞き、相談者自身が社会的に問題なく生活できるよう専門的な知識を使いサポートをするのが臨床心理士の仕事です。

相談者の心理状態を分析し、必要に応じてテストや面接を行います。

働く場所によって相談内容も変わるので、専門性が問われる仕事といえるでしょう。

例えば学校で働いている臨床心理士は、いわゆるスクールカウンセラーと呼ばれます。

学生同士のいじめや問題行動、不登校の生徒が抱えている問題に対して相談者を始め学校の先生や家族への面接も行い、相談者がうまく学校生活が過ごせるようアプローチしていきます。

企業で働く場合には産業カウンセラーと呼ばれたり、企業が持っているメンタルヘルス対策室などで働きます。

企業で働く社員のカウンセリングや相談、健康管理などを担当します。

他にも、病院の精神科、裁判所、警察署、ハローワーク、保健センター、留置所など働く場所は多岐に渡ります。

常駐勤務する場合もありますが、複数の職場を掛け持ちで勤務する事も多く自営業として開業し働く方もいます。

臨床心理士の仕事は大きく4個の役割に分けられる

臨床心理士の仕事は4つの仕事に分類されると考えられます。

心理状況の査定、相談者との面接、地域援助、調査・研究になります。

それぞれの役割に関して説明していきます。

心理状況の査定

診断し、悪い所を治すために投薬を行うのが医師です。

臨床心理士は医療行為は行いません。

相談者の精神状況を会話や行動から見定め、相談者となる相手がどのような状況なのかを確立します。

状況により医師や別の専門機関に相談します。

病院、地域の保険センター、老人保養施設などの場合は一時的窓口を介しているので相談者の情報をつかむ事は可能です。

もちろん別の状況もありますので一概には言えません。

相談者の話す問題に耳を傾け相談者がどのような性格をしていて、どのように考えているのかを知る事が最初の過程になります。

相談者との面接

ここが臨床心理士としての仕事で一番大事な部分になります。

先の査定した結果を踏まえ面接を行います。

様々な技法と経験が必要になります。

これからどうすれば良いのか、といった問題の解決に向け話し合います。

面接の記録を残す事も仕事の一部です。

生まれた時の事、子供時代、会社で何をしているのか、一緒に住んでいる人の事など相談者の生活に密接に関わる話を交えながら、問題の本質を探ってゆく工程です。

地域援助

個人だけではなく周辺地域との調整や、その他専門機関との連携をとります。

学校への支援、医療への支援、被災者支援など多岐に渡ります。

支援は国内のみではなく海外にも及びます。

海外での支援で有名な国境なき医師団の日本支部においては募集要項の必須条件にもなっています。

調査・研究

臨床心理士としての技術向上のため、上記3つの調査・研究をし資質の向上を行います。

スクールカウンセラーの場合はカウンセリングの内容を教育委員会に報告する義務があります。

その報告内容は各機関に情報共有され、連絡会議において更に調査、研究が行われます。

調査・研究するための臨床心理士の資格を持った研究職もありますがそこは狭き門と言われていますのでごく少数派の人です。

心理状況を査定するの3個の業務

行動の観察

相談者がどのような事を話し、どのような行動をとるのか観察します。

座り方やドアの入り方なども精神状況により変化を表すこともあるので細かく観察します。

観察する方法としては自然観察法(話し方や態度などから読み取る)、実験観察法(ある一定の条件下での反応を見る)などがあります。

またここでは、相談者に対しアドバイス、意見する事はありません。

面接の場以外でも、トイレに向かう時や廊下で人とすれ違う時などいろいろな状況を加味し相談者の今の状況を判断します。

初回面接

実際に相談者と面接を行います。

1対1で行う個人面接や、子供の場合だと両親と一緒に複数人で行う複数面接など対象者の問題に対して1番良い面接法を実施します。

ここでは初回面接となるので、リラックスしてもらい自分がどういう人間なのかを説明する必要があります。

対象者の繊細な話に触れていくので、必要になってくるのは相談者や保護者との信頼感です。

他愛もない話などをしながら相談者の緊張を解きほぐし、話しやすい環境を作ることが大切です。

また、相手の意見や見識に意見する事なく全て受け止め、同意する事が大事です。

1回1時間から2時間ほど、必要であれば数回に分ける事もあります。

検査

心理検査はパーソナリティを理解するために行われます。

心理テストとも呼ばれます。

質問紙法、投影法、作業検査法が主な検査の内容です。

決められた設問に答えてもらったり、インクの染みが何に見えますか?

記憶力の検査として、耳から入る情報と目で見て覚える情報ではどちらの方が優位にあるかなどを調べます。

検査結果は相談者に開示します。

相談者に結果を返す事で、問題の解決につながる事もありますが伝える際は最大の配慮を行います。

結果が全てではなく、面接や今までの行動など総合的に判断するための材料として使用します。

以上の3つから相談者の個性を見極め、相談者が持つ問題の糸口をどのように掴んでいけばいいかを判断していきます。

面接の2個の業務

相談者の話を聞く

相談者の抱えている問題やストレスについて耳を傾けアプローチしていきます。

ここでは相談者の話に対し、批判をしたり、途中で止めてしまう事は良しとされていません。

うなづいたり、相槌を打ったりし相談者が戸惑う事なく本来の問題について言及してくれる事を待ち会話の内容から問題を汲み取れるように進めます。

様々な面接療法があり、相談者に対し適切な方法で面接を進めていきます。

対象が子供であった場合は、大人のように言葉を形にする事が難しいので遊戯療法や箱庭療法といった遊びを使った療法を用います。

だいたい12歳くらいまでの子供に対して行い、色々な道具を使い遊びながら自由に内面を表現し成長していく事を目的とした療法です。

また対象者が不安に襲われて悩んでいる場合は認知行動療法といって、普段起きる出来事から対象者が不安に思ってしまう受け取り方をカウンセラーが分析し、修正していく療法です。

今後の方針を決める

検査結果をもとに、どのようなプログラムが適しているのか、何をしたらいいのかを相談しながら決めていきます。

検査結果では相談者自身もわからなかった自分の内面が判明することもあるので、相談者自身に今の状況を把握してもらう事も目標としています。

把握してもらう事で、今現在抱えている問題を解決する手がかりにしてもらいます。

場合によっては、別の専門機関を紹介する事もあります。

地域援助の2個の業務

対象者を取り巻く環境へアプローチ

病院や学校、保健所など色々な場所で相談を受け、相談内容において個人では解決しない問題が生じた場合は各機関、団体へ連絡し問題が解決するよう働きかけます。

相談内容が他の人にも分かってしまうのでもちろん本人の同意を得てからのアプローチになります。

相談者と1対1で行う面接とは違い、家族間の問題があると判断された場合は家族と面談を行います。

学校で問題が起きている場合は学校の先生やクラスメイト、職場での問題は一緒に働いている人や上司と面談を行います。

災害などによる被災地への援助

阪神大震災や東日本大震災などの大きな震災が起きた後、生活に問題が起きてしまった人達のケアを行います。

どのような被害に遭ってしまったのか、どのような問題が起きているかなどの聞き取りが行われます。

また、実際に救助に向かった自衛隊や消防士の心のケアなども行います。

調査・研究の2個の業務

調査・研究

相談を受ける側として、専門的な知識を常に最新にしておくために研修や講習を受けておく必要があります。

協会が文部科学省から依頼を受け調査研究を行なった資料に目を通す事や、自身が行なった心理査定や、面接を記録し文章に起こし発表する事などがこれに当たります。

そのため臨床心理士は何かしらの団体に属し研究結果を発表しています。

また臨床心理士である自分自身もカウンセリングを受けフィードバックしてもらう事も有ります。

たった1人で問題に取り組むため、それが間違っていたかもしれない、本当はこうした方が良かったのかもしれないなど他人と相談しながらできる仕事ではないので悩む事もあります。

そういう時は恩師であったり、先輩であったり同業者に話を聞き、改善策を自分なりに作っていきます。

資格更新

臨床心理士というとても専門的な業務内容を維持するためには5年ごとに資格の更新を行わなければなりません。

日本臨床心理士資格協会が定めた臨床心理士研修会や、心の健康会議、ワークショップ型研修会、定例型研修会に参加し定められたポイントを獲得しなければなりません。

参加するポイントを取得する方法として、発表者なのか、司会なのか、口頭発表のみなのか、論文提出なのかと細かく定められています。

スクールカウンセラー業務内容(例)

臨床心理士の業務は多岐にわたる為、わかりやすくスクールカウンセラーを例に業務内容を説明していきます。

スクールカウンセラーの業務内容は文部科学省で定められており、以下のような内容が記されています。

  • 生徒・保護者・教員の面接や相談を行う。
  • 問題解決への方法を提示します。
  • 問題に対し、各担当者が集い情報を共有・理解できるよう働きかけます。
  • 学校で働く教員、生徒の保護者、地域を対象とした講義などを行います。
  • 児童や生徒に対しストレスチェックなどの調査を行い学校に報告します。
  • 児童や生徒にストレスが強いと判断された場合にはストレスを下げる時間をカウンセラーが提供します。

臨床心理士の仕事の良いところ

やりがいはとてもあります。

困っている人を助けるといった点ではとても素敵な仕事です。

現代にはたくさんの悩みを抱えた人が溢れ、臨床心理士が足りないと言われています。

やりがいを感じるポイント

簡単にいうと、たった1日で済んでしまうものもあれば、年単位でその人の人生の1部になりそうな程深く関わる場合もあります。

やはり人間なので、すぐに考え方が変わったり行動できるようになりましたとはいかないものです。

途中で来てくれなくなってしまったり、話をしてくれなくなってしまったり、心配になる事もたくさんあります。

それでも日々、お付き合いする中で少し出来るようになった、とか成長したな、と感じる部分があるととても嬉しいですしやりがいを感じます。

常に目の前にいる相談者さんが良くなって暮らしやすくなる方法を考えているので、実際にそれを目の前で見れるのはとても嬉しいですし感動します。

1つの職場に長く常駐するような仕事だと、カウンセリング以外にも色々な雑務や、事務、院内のイベントなどにも関われますので面白いですよ。

面白いポイント

勤務形態が幅広く、色々な職場を掛け持ちして働けるところが経験が積めて面白いなと感じます。

裁判所や警察など司法の場で働くには公務員になりますがそれ以外は、非常勤である場合が多いです。

自分自身のスキルアップの為にも色々なシチュエーションを経験し、相談を受けることで引き出しが増え臨床心理士としてのレベルが上がります。

学校、病院、保健所、企業など色々な場所を訪問できること、沢山の業種の人に会える事がとても面白い部分です。

専門分野にもよりますが、年齢も赤ちゃんから歳をとった方まで幅広く対応するのでとても面白いですね。

色々な人がいて、色々な悩みがあって、答えは1つではないので頭の中でこうした方がいいかな、こうすればどうかなと1人で試行錯誤するのも面白いと思うポイントです。

まとめ

臨床心理士はまず、指定された大学から大学院へ行き、修了してから受験資格を得られますので、資格を取得するまでにとても時間がかかります。

全く別の学校を卒業し別の仕事をしてから臨床心理士になろうと思ってもなれる人は限られてくるのではないでしょうか。

また実際に資格を取得してから働き出したとしても求人はそう多くはありません。

求人を見つけ働けたとしても短時間や週に数回などの出勤が多く、その仕事1本では生計が立てられないため、複数の仕事を掛け持ちして働く場合が多いです。

安定した職場を望むならさらに公務員採用試験を受け、地方公務員として働く方法が良いと思います。

臨床心理士として、子供と関わっていきたいのか、医療の分野を望んで病院で働きたいのか、臨床心理士という仕事を持っていれば色々な分野に挑戦していけるのでまずは自分がどのような分野に興味があり、将来的にどうなりたいかを明確にする必要があります。

そうでないと長い勉強生活に嫌気がさしてしまい、一般企業に就職という人も後を絶ちません。

とても長い道のりですがやりがいのある仕事です。


関連キーワード

臨床心理士求人