バス運転士として働くことに興味をお持ちの方に、ぜひ知っておいていただきたい給料に関することを解説していきます。

「バス運転手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バス運転手の給料の相場はどのくらい?

正社員

運行するバスのタイプや運行するダイヤによって、給料の相場は細かく変動していきます。

給料が比較的安いバス会社ですと約17万円~22万円、名前も有名な大手のバス会社ですと約25万円~40万円が相場です。

勤務の量や質により毎月の手当の額が変動する事になります。

ちなみに年収で計算すると平均として400〜500万となります。

今の日本での年収としては比較的良い年収だと思います。

派遣社員

派遣社員としてバス運転士を募集する事はほとんどありませんが、人手不足が深刻な現場では派遣社員でバス運転士を採用しているバス会社もあります。

運転する車種としてはマイクロバスに限定されている場合がほとんどです。

給料の相場については、時給制であるか月給制であるかで変わりますが、時給制であれば約1000円~1600円で、パート・アルバイトと同じかやや高い程度です。

月給制であれば、運転に関わる時間によって大きく異なっていきます。

パート・アルバイト

パート・アルバイトでのバス運転士の募集はあまり見かける事はありませんが、パート・アルバイトで運転士として採用された場合はマイクロバスを運転して決まったルートを巡回する事になります。

給料の相場として、大型免許や中型免許が必要なだけあって、時給は約1000円~1500円と比較的高い設定となっています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

バス会社では賞与が平均として2回設けてある企業がほとんどです。

金額は基本給の1ヶ月分か2ヶ月分で、大手のバス会社であれば最大で4ヶ月分も賞与がでる会社があります。

賞与の額は今後の収入に大幅な差をつける大切な点なので、見逃せないポイントです。

昇給

バス業界に継続して勤務していると半年か1年に1度昇給されます。

昇級の金額はバス会社によって異なりますが、数千円程度が基本給の金額に加算される事になります。

普段から給与の変動が大きいバス業界の為、数千円の昇給にはあまり増えたという実感があまり感じられないかもしれません。

昇級の金額は、会社側の評価により決まるので、運転士によって異なります。

評価は、普段のバス運転業務の中で、調査員が覆面調査を行い審査を行う事で決まる事が多く、それ以外では普段の業務態度や営業に大きく貢献した場合などで変化していきます。

評価によっては前回の額よりも減ってしまう事があるので注意してください。

各種手当

バス会社には多くの手当てが用意されています。

路線や高速バスを運転した際にかかる走行距離によって1キロ単位で数円ですがキロ手当てとして支給されます。

そして、1ヶ月無事故・無違反で運行できた場合に、無事故無違反手当が支給されます。

平均として1キロあたり4〜10円程の手当になり、毎月の収入はこの手当によって大幅に変動することになるでしょう。

それ以外にも日々の勤怠の実績や交通費、残業手当といった他の業種にも設けられている手当が複数用意されております。

基本給よりも各種手当の割合が多くなるのがバス業界の特徴です。

給与が高い人は何が違うの?

走るダイヤによって、拘束時間と走行距離が変わって来ます。

就業規則に合わせた拘束時間ちょうどに終わる事ができるダイヤもあれば、それより早く終わるダイヤ、やや長くなるダイヤも中にはありますし、人手不足の場合や、道路上のトラブルなどで通常の運行ダイヤに支障が発生した場合には、業務に含まれていない便も走ることになるかもしれません。

そうなると当然残業代も発生します。

残業を何度も行うことで、他の残業をしていない運転士と比較すると月の給与にも差が出て来ます。

もちろん勤続年数が長い人と短い人、役職がある人でも給与に差が生まれますが、給与が高い人は残業時間が多いように思われます。

残業以外にも、普段の業務実績や調査員や上司からの評価により昇給という形で差が開いてくる事もあります。

給料が高い人はバスの走行中や停止時の揺れがほとんど無かったり、車内アナウンスが分かりやすかったり、接客が丁寧だったりと評価されるに値する良い点が沢山あります。

より高い給料を狙っている人は、他の運転士のいい所をどんどん取り入れる事が重要になります。

役職

基本的には、勤続年数の長いベテランの人も新人でも役職は同じ、バス運転士になります。

大型二種免許とは別に、国家資格である運行管理者の資格を取得する事で、運行管理者として働く事もできます。

運行管理者になると、運転士ごとのダイヤを管理し、より安全に運行する為に社員の健康状態を管理したり、運転指導を行う事になります。

ただ運行前と運行後の点呼を行い、運行を指示するだけの仕事と思われがちですが、運転士同様に大変な仕事であることには変わりありません。

運行管理者として働く事で、それに対する役職手当が付くものの、日中のほとんどを事務所で過ごす事になるので、走行距離に応じて手当が出る「キロ手当」がほとんど無くなってしまう事を考慮すると、所得としてはそう大差ないのかもしれません。

勤続年数

同じバス会社に長く勤める事によるメリットとして、昇給はもちろんですが、一番大きいのが退職金を貰えるようになる事です。

退職金の金額は近年のバス業界の合理化によって年々と金額は少なくなっていると感じられますが、退職金が無い会社も多く存在する中、少ない金額でも退職金を用意している会社は長期的に働く事にメリットは大きいです。

昇給も日々の業務態度で増減します。

そのため、日々真面目に仕事に取組み、常に評価される運転士になることで、給料はどんどん右肩上がりに増えていく事になるでしょう。

雇用形態ごとに給与の違いは出てくる?どんな人におすすめ? 

バス業界での色々な雇用形態、その違いを解説していきます。

正社員

最初は契約社員からスタートですが、長期的に働く事で正社員として働くことができます。

もちろん、1人前の運転士となり、他の先輩運転士と同じ運行ダイヤを走行している事が大前提となります。

契約社員と比較して大きな違いはあまりありませんが、1度入社すれば大きな事故や、免許停止といった行政処分がない限り、定年までリストラの可能性は非常に少ないため、より安定して働くことができるようになります。

派遣

派遣会社からバス運転士を派遣することは滅多にありませんが、マイクロバスなどの中型車を使った送迎バス運転士という役割として雇われることがあります。

送迎バスの特徴として、決まった時間の送迎になるので、午前中のみや午後のみといった勤務形態もあり、スキマ時間を活かしやすい職種です。

また、マイクロバスの為、他の路線バスや観光バスと比較すると運転しやすいので、精神的なプレッシャーは少なく仕事に臨めるでしょう。

基本的に、マイクロバスを利用する所は、学校やデイサービス、病院や大手の会社と言ったものが多く、毎日ほとんど決まったお客様が乗る事になる為、コミュニケーションも取りやすく、楽しめる仕事でもあります。

しかし、路線バスと比較して小さいとはいえ、人の命を預かって運行する点は変わりありませんので、安全に運行する事が最低限必要です。

契約社員

免許の有無に関わらず、最初は契約社員からの契約になるバス会社が多いでしょう。

大型二種免許を持っていない場合は自動車学校に通うところからスタートとなり、免許を取ってから現場教育になります。

他のバス業界やトラック運転手としての経験があり、即戦力な状態でも最低でも1ヶ月は先輩による教育を受ける事になります。

教育を受けている間は、基本給と運転に関する手当以外の支給になる為、少しの間は金銭的に厳しいかもしれません。

また、会社負担で自動車学校の費用を負担してもらう「養成制度」を利用した場合は、給料から少しずつ費用を返済する形になるので、その分の給料が少なくなっていきます。

先輩運転士の教育を経て1人前の運転士として働けるようになると、基本給にバス運転に関わる各種手当も支給されるようになるので、養成期間よりも安定した給料を受け取る事が出来る様になります。

パート・アルバイト

運転士のパート・アルバイトは派遣での運転士よりも見かけない、珍しい雇用形態です。

基本的に業務内容はマイクロバス等の小型バスを運転しての送迎になります。

給与は時給計算になりますが、運転している時間が勤務時間となり、バス停留所や車庫での待機時間は業務時間として扱われないのがバス会社の一般的なルールとなっていますので注意が必要です。

「バス運転手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バス運転手の給料の決まり方

民間のバス運転士か、公営の運転士か

路線バスの運転士には、民間と公営に分かれています。

公営の運転士は、地方自治体の職員という扱いになりますので、地方公務員という事になります。

主に、市営バスや都営バスの運転士がそれにあたります。

このバスの運転士は公務員です。

公務員ですと、民間の運転士と比較して給料が多く、待遇面も充実しています。

運転するバスの種類で違うところ

路線バスと、観光・貸切バスでは、1日の業務内での走行距離が異なります。

街を走っている路線バスは、1キロあたりの手当の額が高めに設定されており、逆に高速道路などで必然的にキロ数が大きくなる観光バスや貸切バスは1キロあたりの手当の額は少なめになっております。

当然どちらも走れば走った分だけ給料に差は生まれて来ますが、基本的に月のキロ手当の額は、路線バスも貸切・観光バスも大差がないようになっています。

給与の決まり方

バス会社の給料は、基本給に複数の手当が加算される事で毎月の給料が決まります。

他の会社員でも支給される交通費や残業代とは別で、1ヶ月無事故・無違反で運行できた時には、無事故・無違反手当が付きますし、運行時の走行距離に応じてキロ手当が加算され支給されます。

評価での給料を上げる

運転している間はお客様との関わりがほとんどで、会社の人との関わりは無線を通じた時以外と、駅で待機している時以外はほとんど無く、しがらみがないバス会社ですが、たまに調査員が覆面調査としてバスに乗車する事があります。

乗務中や待機中でもしっかりと制服を正しく着用しているか、走行中や停車時の揺れが少なく、運転は荒くないか、接客は丁寧かなど、細かく乗務中の姿勢をチェックされます。

その時の評価が今後の給料に響く事がありますので、日頃から仕事は真面目に取り組む必要があります。

もちろん、高い評価を得る事ができれば、給料や賞与に期待ができますが、逆に評価が悪いと今までよりも給料や賞与が減ってしまう事もあり得ます。

運転以外でも給料が増やせる場合がある

バスを走らせる事で給料を稼いでいるバス会社ですが、実は運転以外でも特別に手当をもらう事ができます。

例えば、お客様にバスの回数券を買っていただいたり、会社のグッズを買っていただく事ができた場合に手当を用意しているバス会社も多くあります。

そのため、運転や接客以外にも営業の能力も、時として必要になります。

営業以外にも、ルールを守らずに乗車する不正乗車を発見した際に、それが評価に繋がり給料がアップする例もあります。

バス運転手として給料を上げるためにやるべき5個のこと

給料が安いと言われがちのバス運転士、給料を増やす為にやるべき事を解説します。

仕事の中でやれる給料の増やし方

とにかく長距離を走ってキロ手当を増やす

バス業界の特徴であるキロ手当をより多く受け取る事で、給料をあげる事が簡単にできます。

1キロあたりの単価は4〜10円程度の微々たる額ですが、毎日のようにバスを運転していれば塵も積もっていきます。

とは言え、始業前にタコグラフという運行記録用計器を付ける事になります。

タコグラフはその日の運転を自動的にグラフ化されてしまうので、あからさまに走行距離を稼ぐとバレてしまう危険がありますので、気をつけなければいけません。

始業スケジュール外のダイヤを運行する事で自然な形でキロ数を増やすのが王道といえます。

残業をして残業代を増やして稼ぐ

バス会社は人手不足のところが多く、日々の運行ダイヤをスムーズに運行する為に日々頭を抱えています。

バス運転士も朝早くから仕事を始め、帰りは夜遅くになる拘束時間が非常に長い仕事です。

しかし拘束時間の中にはバスを運転していない時間として「中休時間」が設けられています。

その時間を運転者がいないダイヤを走行する事で、残業代としてプラスする事ができます。

残業代もバス会社によって金額に差があり、民間のバス運転士と比較すると、公務員である公営のバス運転士の方が割高に設定されています。

気をつける点としては、体を休める時間を削っている為、当然負担になっていきます。

自分への健康管理を第一とし、無理のないように残業代を稼ぐようにしてください。

乗務以外の部分で給料を増やす

バス運転業務以外にも、回数券や会社のグッズ販売などを行う事で特別に手当を受け取れるバス会社もあります。

営業の技術があるのであれば、お客様を対象に行ってみるのも、給料を増やす点でいいと思います。

評価を上げる事で給料を増やす

バス運転業務を続けていると、ある日調査員が覆面調査としてバスに乗車する事があります。

調査員は運転姿勢や、服装や髪形といった身だしなみ、接客の質などをチェックしています。

もちろん良い評価を得る事で昇給の額が増えますし、賞与も期待できます。

また、調査員以外にも、会社内での勤務姿勢を上司が評価する事も多くありますので、真面目に取り組めばそれが給料という形に直結します。

思い切って転職する

今のバス会社が給料に限界がある・・・バス会社より他の仕事で稼ぎたい人はどうしたらいい?

転職先の選び方1:いいバス会社に転職する

バス会社の求人は常にあり、求人誌やハローワークだけでなく、求人転職サイトにも複数あります。

転職サイトを詳しく知らない人でも「バス運転士 求人」で検索すれば非常に多くのバス運転士の求人と巡り合う事が出来ます。

求人の中には今勤めているバス会社よりも良い待遇のバス会社も複数見つかると思います。

遠方のバス会社でも寮を用意していたり、住宅手当を用意しているところもありますので、引越しに抵抗がなく、とにかくバス運転士として稼いでいきたい人は遠い場所であっても思い切って他のバス会社に転職するのも1つの方法です。

基本的に大型二種免許を持っていて、あるていど運転している人であれば、即戦力としてどのバス会社からも重宝されます。

民間バスの運転士より公営のバスの運転士の方が給料や待遇面で優れていますので、公営のバス運転士の求人を探してみるのもいいと思います。

しかし、営業所を民間に委託しているバス会社の場合は、公務員として扱われずに待遇が民間と変わらない場合がありますので注意が必要です。

転職先の選び方2:バス会社以外を探してみる

バス会社から他の業界に転職する際、有利になるのはやはり車を運転する仕事になります。

人と関わる事が好きな上で仕事として車を運転したいのであれば、タクシーの運転士や代行運転・マイクロバスでの送迎を転職先として選ぶのがおすすめです。

しかし、バス運転士よりお客様との距離感が近くなり、1:1の接客を求められる場面がほとんどになります。

タクシーはバスと違って車が小さいから運転が楽、と考えるのは自由ですが、バスにはない辛い面もある事を踏まえて転職を考えましょう。

接客をとにかく避け、ただ単に大型車を運転したい人であれば、トラックの運転士がおすすめですが、荷物の積み降ろしが業務に含まれる為、力仕事が多く肉体的な負担がかなりあります。

給料はバス運転士よりトラックの運転士の方が多くもらえる所が多いですが、給料で転職を決める前に、自分の適性を考えてから転職先を選びましょう。

給料をアップさせるための求人の選び方 

今よりも給料を増やしたい人にチェックしてほしい求人の選び方を紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

求人でチェックすべき大切なポイントは基本給の額と手当の額です。

基本給はその後の賞与の額に影響する事になりますので、総支給額の割合が基本給より手当の額の方が多いところより、基本給の割合が高い企業がおすすめとなります。

手当は額も大切ですが、多くの種類の手当を設けている会社の方が給料が多くなります。

賞与や昇給制度をチェック

会社によっては賞与や昇級がなく、いつまでも定額で働く事になる会社もあります。

賞与もボーナスも出るのが当たり前、と思っていると痛い目を見てしまいます。

必ず支給されるか確認してください。

そして支給される額がどのくらいなのかも余裕があればチェックするようにして、転職先を検討するようにしてください。

残業代はちゃんと出る?

会社によっては残業をしていても、残業代が支給されないブラック企業があります。

求人では残業代に関する記載があっても、いざ入社すると話が違う場合もありますので、残業代の有無は運の要素が含まれてしまいます。

入社後、あまりにも残業代が支給されない場合は労働基準局に相談する事になるかもしれません。

転職を決める前に、インターネットで会社名を検索し、細かく情報は仕入れておくといいでしょう。

SNSや会社見学の際に、社員の人と知り合って情報を得るのもいいでしょう。

福利厚生は?

仕事を選ぶにあたって金銭の事も大切ですが、見落としがちなのが福利厚生です。

まだ小さい子供がいる家庭や、遠方から仕事に来ている人など、社員によって抱えている事情は様々です。

そこに柔軟に対応できる、福利厚生はチェックするべき重要なポイントになります。

「バス運転手の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

バス会社は子供の憧れの職業ですが、実際はとても厳しい業界です。

しかし、バス会社には人間関係のストレスがほとんどない事による働きやすさや、お客様に感謝される事で仕事に対してやりがいを感じる仕事でもあり、向いている人にはとことん向いている職種でもあります。

非情な話ですが「バスが好き」や「車の運転が好き」だけでは務まる仕事ではありません。

バス会社に勤める為に最も重要な技術は「大型車両の運転技術」だけで、路線を覚えたり接客を覚えるのは二の次で大丈夫です。

この職業に適性がある人は、バス運転士を続けているうちに「この仕事でしか食っていけない」と口を揃えて話します。

自分の適性をしっかり把握して、よく判断した上で、バス会社に就職または転職を検討してください。


関連キーワード

バス運転手求人

バス運転手求人についてもっと深堀りした情報を見る

バス運転手の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

普段、日常生活において利用することがあるバスですが、バス運転手は年収いくらもらっているか気になるところです。バス運転手といっても実は民間バス会社で働くバス運転手と公営のバス運転手、いわゆる公務員として働くバス運転手の大きく分けて2種類あります。当然ですが民間と公営では給料事情は異なってきますし、民間バスのバス運転手は、民間バスが主催する試験を受けるのですが、公営バスのバス運転手は公務員ですので公務員試験を受ける必要があります。今回は、バス運転手の給料事情について紹介します。バス運転手の給料の相場はどのくらい?バス運転手の給与事情について調べてみました。バス運転手の収入モデルケースを見つけたので

バス運転手の転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

目指せバスの運転手!バスの運転手への転職で、つまずかない為のポイントを紹介していきます。よくある転職理由なぜバス業界に転職を考えるのか、よくある転職理由とは?車の運転に慣れているから普段運転していて、運転することに慣れている人にとって、バスの運転手はプライベートの延長のように感じるかもしれません。もし、車の運転が好きであれば、好きな事をしながらお金を貰えるという事になりますので、天職になるでしょう。運転する車の大きさが変わること以外には、道路上で覚えておきたい事と言えば交通ルールくらいなので、他の業界と比較して覚えるべき事は少なく、普段から行なっている事がほとんどですので、心配な点は少なく転職

バス運転手の仕事はどんな人に向いている?得意な人の7個の特徴やキャリアについて解説します

バス運転手の仕事はどんな人に向いているか、向いている人の7個の特徴やキャリアについて細かく解説しますバス運転手の大まかな仕事内容バス運転士には大きく分けて4つに分類されます。1つ目が、勤務地周辺の街を走り、各バス停で待っているお客様を乗せて、目的地まで案内する路線バス運転士。2つ目が特定の場所でお客様を乗せた後、高速道路を走り、東京や大阪など遠くの決まった目的地まで案内する高速バスの運転士です。3つ目がバスの大きさは全長7mのマイクロバス~全長12mの大型バスと依頼先によって異なりますが、目的への往復を行う送迎バス。最後にプランに合わせて決まった人員のお客様を目的地へ送る観光目的の観光バスです


バス運転手求人に関するコラム

バス運転手になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

こちらの記事では、バス運転手になりたい方、興味をお持ちの方のために、必要な資格や勉強、適性の見分け方、就職先の見つけ方を実体験を元に解説していきます。バス運転手にはどんな種類があるの?一言でバス運転手と言っても様々な運転手のスタイルがある為、バス運転手の働き方は多種多様です。大まかに分類すると、バス営業所を中心とした市街を走る「乗合バス」と高速道路を利用し、遠くの町へ向かう「高速バス」が主なバス運転手の仕事としてあげられます。それ以外にも、観光ツアーや修学旅行といった固定された人数で貸し切って運行する「貸切バス」と、幼稚園に通っている園児やデイサービスなどを利用している高齢者の送迎、会社員の送

バス運転手の面接前にチェック!面接時によく聞かれること、事前に準備すべきこと、逆質問しておくべきこと

バス運転手の仕事に興味を持った時、気になるのは実際の仕事内容や面接でどんなことを聞かれるかなど様々ですよね。バス運転手の面接の前に読みたい!よくある質問や注意点を中心に、少しずつ解説します。興味をお持ちの方はぜひ最後までお読みくださいね。バス運転手の採用をしている会社で多い募集内容は?募集内容で多いのはどんな条件?バス会社での求人の募集内容を紹介します。大まかな仕事内容路線バスや貸切バスなどバスの種類は様々で、それぞれバスの運行目的と運行内容は異なります。どのバスでも変わらない事はお客様を安全に目的地へと送り届ける事になります。出社時に1日の予定が書かれている運行表を用意し、そのスケジュールに

バス運転手は女性でも出来る?できること・大変なことなどを解説します

バスの運転手は女性でもできるのか、解説していきたいと思います。バス運転手はどんな仕事?大型車や中型車のバスを運転し、お客様を乗せて目的地に運ぶ事が大まかな仕事内容になります。運転するバスの用途によって走る内容が異なっていきますが、普段街中を走っている路線バスや、特定のお客様を乗車させた後は、高速道路を使いまっすぐ目的地へ向かう、高速バスなど様々なバスの運転手の仕事があります。バス運転手の1日の流れは?アルコール検査出社したら、機械にてアルコール検査を行います。検査方法は簡単で、機械にストローを刺し、5秒間息を吹き続けるだけです。検査結果として0,0000mg/Lであれば乗務できます。少しでも酒

バス運転手になるには?免許や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

公共交通機関で普段通勤や通学などで使う機会のあるバスですが、意外と身近にあるため、どういうことにやりがいを感じて、どういうことがバスの運転手をする上でチャレンジなことなのか、転職や就職事情など知らないことだらけではないかと思います。小さい頃に路線バスの運転手を見て憧れた人は少なくないとは思いますが、いざ、バスの運転手を目指そうと思ってもどうしたらいいのかわからないところです。今回は、バスの運転手について仕事内容ややりがい、バスの運転手になるにはどうしたらいいのかなどについて紹介していきます。バス運転手の大まかな仕事内容は?バス運転手は、バスを運転してお客様を目的地へ運ぶことが大まかな仕事内容で