ブライダルカメラマンの仕事について今回は解説していきたいと思います。

女性が人生で最も美しく輝く花嫁さんになる瞬間を、撮影するブライダルカメラマンになってみたいと憧れの気持ちを持った方も多いはず。

結婚式の間をずっと撮影する仕事内容のブライダルカメラマンはきつい業務なのでしょうか?

今回はそんな気になる業務についてを具体的にご紹介いたします。

カメラマンのやりがいや、この職業に向いている人・向いていない人の適性についてもお話しますのでぜひ最後までご覧ください。

「カメラマンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ブライダルカメラマンってどんな仕事?

ブライダルカメラマンとは、その名が示す通り、結婚式・披露宴で写真撮影をしているカメラマンを指しています。

また、ビデオで結婚式の映像を撮影しているカメラマンをブライダルカメラマンと含めて呼ぶことがあります。

ブライダルカメラマンは結婚式・披露宴の場で新郎新婦を撮影すると共に、親族を交えた集合写真や二人の立ち姿などを撮影します。

また、新郎新婦の要望を聞き入れて、ロケーション撮影や前撮りといった写真を撮ることもあります。

ブライダルカメラマンの仕事は大きく2つに分けられる

ブライダルカメラマンの仕事1:写真撮影

さて、一口にブライダルカメラマンと言っても、そこには写真を撮るカメラマンとビデオの撮影をするカメラマンとがいます。

両者をまとめてブライダルカメラマンと呼ぶこともありますが、一般的には、結婚式の写真をシャッターで1枚1枚切り取っているカメラマンを「ブライダルカメラマン」と呼んでいます。

ブライダルカメラマンは結婚式や披露宴、前撮りといった結婚式全般に携わり、その一つ一つの場面を写真に収めていきます。

更に、出来上がった写真を整理して編集するなどアルバムづくりに参加することもあります。

ブライダルカメラマンの仕事2:ビデオ撮影

一方で、結婚式や披露宴で、映像(=動画)の撮影に携わっているのがブライダルビデオカメラマンです。

ビデオカメラマンの仕事では、結婚式や披露宴を単に記録するだけでなく、その日その場面の「雰囲気」を切り取ることが大切です。

そのため、三脚にしっかりとカメラを固定して撮影するシーン、手持ち撮影で自在に動き回るシーンとのメリハリをつけることも重要です。

また、カメラの向きや位置を工夫するなど、予め編集に備えた撮影をしておくことも大切です。

ブライダルカメラマン(写真撮影)の3つの業務

ブライダルカメラマン(写真撮影)の業務1:結婚式

ブライダルカメラマンの仕事の中でも、特に重要なのが結婚式場での撮影です。

結婚式場内には、洋風和風を問わず、神聖視されている場所が幾つかあります。

例えば、バージンロード…土足で無闇に踏み込んでしまっては大変です。

そういった結婚式ならではの約束事、そして決まり事をしっかりと理解しておくことも、特に許可を得て入場を許されているブライダルカメラマンだからこそ、心得ておかなければならない点です。

結婚式は儀式ですので、まずは、まごつくことなく失礼のない対応で式に臨むことが求められています。

ブライダルカメラマン(写真撮影)の業務2:披露宴

披露宴は結婚式とは趣を異にしますが、次から次と重要な場面が現われます。

お祝いの席ですから、当初の予定にはなかったハプニングやサプライズが起こることも珍しくありません。

日本人の社会習慣の中にあって付き物の胴上げ。

また、新郎新婦の初々しさを引き出そうと、キスを求める声も会場内でよく耳にします。

披露宴で起こるハプニングやサプライズは、新郎新婦にとって、後々まで思い出に残る場面です。

ブライダルカメラマンがこれを見逃す手はありません。

その場の雰囲気に上手く馴染みながら、常に冷静な眼で撮影に備えていなくてはなりません。

ブライダルカメラマン(写真撮影)の業務3:前撮りや立ち姿の撮影など

ブライダルカメラマンの仕事の中には、他にも前撮りやロケーション撮影といった仕事があります。

披露宴入場前の姿や披露宴終了後の姿も、新郎新婦にとってはブライダルカメラマンに是非おさえておいてほしい写真の一つかもしれません。

ブライダルカメラマン(ビデオ撮影)の3つの業務

ブライダルカメラマン(ビデオ撮影)の業務1:結婚式

結婚式場で写真を撮っているカメラマン同様、ビデオ撮影に携わるカメラマンも、式場内のマナーには大変気を遣います。

例えば、先にも述べたバージンロードのように、結婚式にはノウハウがあります。

ならば、日本式の神前結婚では?西洋式のチャペルでは?と、予め対処法を学んでおかなければなりません。

更に経験も必要になります。

身勝手に構図を優先させた場所取りなどをしていると、主宰者に迷惑をかけ悪い印象を与えてしまいますので、これにも注意が必要です。

また、これに加えて、同じ式場内で写真を撮っているブライダルカメラマンの映り込みを最小限にするなどの工夫も必要です。

ブライダルカメラマン(ビデオ撮影)の業務2:披露宴

写真撮影と同じく、ビデオカメラマンは、披露宴会場で忙しく動き回ります。

招待客の入場シーンから披露宴はすでに始まっています。

そのため、カメラマンは早めにスタンバイOKの状態を作ります。

披露宴会場では、新郎新婦と共に招待された方々も重要なアクター(=出演者)です。

会場全体の情景描写だけでなく、一人一人の姿を確実に押さえておくことを忘れてはなりません。

披露宴は、結婚式に招かれた人たちが交わる歓談の場です。

そのため、ケーキ入刀や余興など、魅力的な場面を随時場所を変えて撮っておくことが大切です。

披露宴の映像は最終的に、会場を後にする人たちの笑顔へと繋がっていなければなりません。

ブライダルカメラマン(ビデオ撮影)の業務3:コメント取りや新郎新婦のコメント撮影など

披露宴の合間には、主役の新郎新婦不在の時間があります。

この時間は、招待客同士の歓談の時間になりますが、ビデオカメラマンにとっては招待客からコメントを頂くのに持って来いの「間」になります。

招待客のコメントは、結婚式のビデオ映像の中でも切り離すことのできない楽しい映像です。

各卓を回っていると、酔いも手伝い、皆さん協力してくれます。

また、新郎新婦に対しても、式が始まる前に「今日は緊張していますか?」「ドレスアップしたお互いをみていかがですか?」など、質問をしてコメントを撮影します。

他にも「ご両親に感謝の気持ちをどうぞ」「今日は1日いかがでしたか」など披露宴終了後にもコメントを撮影することがあります。

「カメラマンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ブライダルカメラマンの仕事はどんな人に向いている?

クオリティに妥協せず、瞬間へのこだわりがある人

一般的に、結婚式は一生に一度の大きなイベントです。

そのため、結婚式の撮影では失敗が許されません。

大切な写真を撮り損ねてしまったので再度お願いします、という相談は「できない相談」です。

結婚式・披露宴の撮影では、カメラマンとしての責任と自覚が何よりも大切です。

どんな出来事にも瞬時に反応し、またその瞬間を最高のかたちで表現するためのクオリティへのこだわりは特に大切です。

新郎新婦のニーズを汲みとれる人

結婚式に臨むこだわりは新郎新婦それぞれにあり、カップルの数だけその好みが異なります。

写真に対するイメージもそれと同じで、結婚式の写真にカップルが何を期待しているか、何を望んでいるか、それだけで写真の仕上がりイメージも異なってきます。

結婚式を「思い出」として残すことはもちろんのこと、「希望」「憧れ」「歓喜」「幸福」といったイメージを併せて写真に残したい、とカップルが抱く結婚式のイメージは様々です。

事前の打ち合わせで出会った時の様子や結婚式・披露宴で感じた雰囲気などからその好みを汲みとり、どのような写真にするかを予めカメラマン自身が把握しておかなければなりません。

反対にブライダルカメラマンに向いていない人の特徴は?

柔軟性に欠ける人

結婚式・披露宴の撮影では毎回違う人たちのいる場所へ出向くため、二度と同じ状況は再現されません。

そのため、コミュニケートの仕方、アプローチの仕方もその都度変わります。

この場合、単純作業を好みマニュアルに沿った動きにこだわる人にブライダルカメラマンは向いていないということです。

ブライダルカメラマンは柔軟性ある対応が求められているため、ルーティンワークを望む人には適さない職業です。

臨機応変な対応が苦手な人

結婚式・披露宴には段取りや進行表があります。

進行表は事前に確認できるので、「次はケーキ入刀だから彼方へ移動しておこう」など自分なりのプランを練ります。

しかし、披露宴には急なサプライズや予定の変更も時には入ってきます。

そんな時には慌てずに、今目の前で何が起きているか、その点だけにカメラを向けていきます。

プランは詳細に練る必要はありません。

しかし進行表をしっかりと把握して、しかも「遊び心」にも似た余裕を残しておくことが大切です。

最初から最後まで計画通りに物事を進めたいと思う人にブライダルカメラマンは向いていません。

「カメラマンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

結婚式・披露宴は、緊張感を伴った特殊な環境下にあるので、しっかりとブライダルカメラマンの経験を積むと、どのような撮影でも対応可能な技術が身につきます。

例えば同じような緊張感を求められる報道カメラマンは、ブライダルカメラマンのキャリアアップの道として適しています。

また、ブライダルカメラマンは一瞬へのこだわりを体験的に身につけた人なので、写真館やフォトスタジオのような場所であっても必ずやその技術を活かせる道を見い出せます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ウェディングプランナー、または披露宴の進行を管理するキャプテンと呼ばれる責任者の仕事は、ブライダルカメラマンと一線上にある仕事です。

ここでも、経験を活かすことが可能です。

結婚式・披露宴をよく知るブライダルカメラマンは、他の人にはないカメラマン経験者なりのアイデアが湧いてくるはずです。

また、多くの現場体験から、不測の事態への備えもできています。

他にも、結婚式・披露宴をカメラマンの目線から見てきた過去を活かして、ドレス販売の仕事などに関わることも適しています。

写真写りの良さという観点から衣装を見て、適切なアドバイスを送れることは間違いありません。

結婚式・披露宴を仕事場としてきたブライダルカメラマンは、自らそれを望むならば、結婚式に関わるあらゆる仕事場で力を発揮することができるでしょう。

ブライダルカメラマンの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

幸せな空気に包まれて、感謝される

結婚式・披露宴会場は、一日を通じて常に幸せな空気に満ちています。

そのようなハッピーな場所で新郎新婦のお役に立てたことを喜びながら、更に、新郎新婦だけでなくご両親や招待客からも多くの感謝の言葉を頂けます。

御祝儀が貰えることもある

場合によっては披露宴終了後にプチギフトを頂いたり御祝儀を頂くこともあります。

それ自体への嬉しさや感謝ももちろんありますが、「今日は本当にありがとうございました」などと新郎新婦からお手紙を添えて頂くと、一生大切にしたくなるくらい嬉しい思い出になります。

面白いポイント

新郎新婦の馴れ初めや人となりが知れる

多くの結婚式、披露宴に参加していると、新郎新婦の数だけ馴れ初めや人となりを知ることができます。

「そんな出会い方もあるんだなぁ」「新郎はちょっと変わった人だけどとても面白いな」「こんな夫婦もすごく憧れるな」など多くのカップルを知ることができるのも、結婚式場のスタッフならではの出会いも楽しみの一つだと言えます。

酔っぱらった招待客に絡まれる

接客業ではありませんが、場所柄、酔った招待客と歓談することも稀ではありません。

幸せな時間を共有する場ですから悪酔いする人はほとんどいませんが、「休みの日なのに仕事?大変だね」とグラス片手にねぎらってくれる酔客をかわして撮影を進めていくのも、それはそれで慣れてくると楽しいものです。

まとめ

結婚式・披露宴の写真撮影は、失敗が許されない責任感の伴う仕事です。

また一方では、多くの新郎新婦から感謝され、仕事場にはいつでも幸せな空気が満ちています。

この責任感と幸福感は、結婚式そのものです。

この体験を自分のものとして、あるいは日常的に感じることは、この上もなく充実した日々に繋がります。

ブライダルカメラマンの仕事はキャリアアップが可能で、その上キャリアを他の仕事にも活かせる広範囲の知識を吸収できる場だと言えるでしょう。

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。



ブライダルカメラマン求人についてもっと深堀りした情報を見る

ブライダルカメラマンの年収はどのくらい?給料を上げたい人も要チェック!

「結婚式」という、人生の華やかな瞬間。それを目に見える形で残すのが「ブライダルカメラマン」の仕事です。多くの人のライフイベントに関わる重要な仕事ですが、ブライダルカメラマンは、どのような条件で働いているのでしょうか。気になる点は沢山ありますよね。そこで今回は、ブライダルカメラマンの仕事と収入について詳しく解説してみます。ブライダルカメラマンにはどんな人が向いているの?結婚式場を仕事場にしているブライダルカメラマン。一体どのような人が向いているのでしょうか。輝く瞬間を逃すことなく撮れる人言うまでもなく、輝く瞬間を見逃すことなく撮れる人。それは、ブライダルカメラマンに限らず、カメラマン全般について

ブライダルカメラマンのアルバイトをやっていて良かった2つのこと

ブライダルカメラマンのアルバイトというのは、どのような場所で求人の募集をしているのか知っていますか?私の場合はアルバイト情報誌でたまたま見つけて働くことになったのですが、あまり多くはない求人の一つかと思います。そもそもアルバイトでも勤まるものなのでしょうか?今回は私が経験した結婚式のカメラマンのバイトについてその内容をお話します。その時に経験して良かった事やこの職業に向いている人についてもお伝えできればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。私はこんなところでブライダルカメラマンのアルバイトをやりました私は学生時代にブライダルカメラマンのアルバイトをしていました。結婚式の装花やドレス・ビデオ

ブライダルカメラマンが向いている人の3つの特徴や必要なスキルとは?

ブライダルカメラマンてなんだか素敵な職業ですよね。そんな結婚式や披露宴の写真を撮影するカメラマンのスキルはどのようなレベルが要されるのでしょうか?また、ブライダルカメラマンは女性でも可能なのでしょうか?そもそもどのような特徴を持つ人が向いているのかも気になりますよね。では、どのようなことに注意をして撮影に臨んでいるのかをこの記事を読んで学んでみましょう。あなたのカメラスキルを活かせる職業に就いてみましょう。ブライダルカメラマンとはどんな仕事?ブライダルカメラマンは、結婚式の思い出をかたちに残すことを目的としている仕事です。結婚式の主役は言うまでもなく新郎新婦ですが、当日はお二人に関わりのある方