ブライダルカメラマンのアルバイトというのは、どのような場所で求人の募集をしているのでしょうか。

また、アルバイトでも勤まるものなのでしょうか。

経験者がブライダルカメラマンのアルバイトについてその内容をお話します。

私はこんなところでブライダルカメラマンのアルバイトをやりました

私は学生時代にブライダルカメラマンのアルバイトをしていました。

普通にフリーペーパーのアルバイト情報誌で見つけ、結婚式の装花やドレス・ビデオや写真をトータルで提供しているブライダル関連会社での募集求人に応募しました。

渋谷の雑居ビルに事務所を構えており、そこで面接をし、未経験ではありましたが、学生時代には写真部であったことと、接客業の経験があることで採用が決まりました。

ブライダルカメラマンアルバイトの仕事内容ってどんな内容?

学生アルバイトとはいえ、新郎新婦に対しては「弊社のブライダルカメラマンです」と紹介されます。

一生に一度の写真撮影を任されるため通常のブライダルカメラマンと同じです。

土日祝日のみの勤務でしたので、事前に事務所からファックスで結婚式・披露宴に関する情報が送られてくると、当日そこに直行直帰するという流れでした。

ブライダルカメラマンアルバイトの仕事内容1:現地集合現地解散で1時間前に会場入り

当日は結婚、披露宴の開始時間の1時間前に会場入りします。

会場についたらまずは式場やホテルの外観の撮影をします。

その後、会場の担当者や司会者、新郎新婦やご両親にご挨拶をします。

そして、式や披露宴の流れを簡単に確認し、その後挙式会場での撮影や、定位置に着くための準備を行います。

ブライダルカメラマンアルバイトの仕事内容2:挙式撮影

チャペルでの挙式が行われる場合は、バージンロードにはブライダルカメラマンは入ってはいけない、あるいは祭壇には上がってはいけないなどの細かい注意事項があります。

会場により異なりますので、どこからであれば撮影しても良いかを事前に会場担当者に確認をします。

また、ビデオカメラマンがいる場合はビデオカメラマンとも入念に打ち合わせをし、お互いがお互いのカメラに写りこまないように注意します。

会場によってはどこからも撮影してはだめ!と言われ、招待客の方と同じ客席からの撮影を余儀なくされることもありました。

ブライダルカメラマンアルバイトの仕事内容3:披露宴撮影

挙式が終わると披露宴の撮影です。

早めに披露宴会場に先回りし、ケーキや会場・装花などの撮影を招待客の方が入ってくる前に済ませます。

そして、招待客の方が入ってくる様子や、テーブルの上に置いてある手紙や席札などを楽しそうに眺める様子なども撮影をします。

新郎新婦の入場が近づいてきたら入場してくる場所の前を確保し、入場の瞬間を確実に押さえるための準備をします。

その後は段取りを確認しながら撮影を進め、新郎新婦がお色直し中には招待客の様子を撮影しつつ、お色直しのメイクシーンを撮影することもあります。

披露宴終了後に二人の立ち姿の撮影などがあれば撮影し、すべて終了したら会場担当者や新郎新婦に挨拶をし、事務所に終了の電話連絡を入れ、直帰となります。

ブライダルカメラマンのアルバイトの時給は?

私の場合は時給1,300円でした。

ブライダルカメラマンのアルバイトの時給の相場は1200円~1,600円ですので妥当かと思います。

しかし、1時間前に会場入りしたり、披露宴終了後に撮影などを行ったとしても時給が支給されるのは結婚式30分・披露宴3時間分のみでした。

そのため、よほど新郎新婦や会場の都合で「披露宴が長引いた」と証明できない限り1,300円×3時間30分しかお給料がもらえなかったのはしんどいなと思いました。

会社により規定が異なりますので、これからブライダルカメラマンのアルバイトを始める方は事前に確認することをおすすめします。

ブライダルカメラマンのアルバイトをやってて良かった2つのこと

時給面での不満はありましたが、通常のアルバイトでは経験できないような感動を味わえたことなど良かったこともたくさんありました。

ブライダルカメラマンのアルバイトをやってて良かったこと1:新郎新婦やご両親にとても感謝される

やはり一生に一度の幸せの場に立ち会える仕事ですし、そこに携わるということで、新郎新婦やご両親からの感謝の言葉を直接頂けるのはとても嬉しかったです。

また、テンションの上がった招待客の皆様と楽しい時間を過ごせることも楽しい経験でした。

結婚式に出席し、お酒も入りテンションがあがったおじさまに、「きみ、うちの息子の嫁にどう?」なんて話しかけられることも多くありました。

ブライダルカメラマンのアルバイトをやってて良かったこと2:ご祝儀を頂ける場合もある

近年ではあまりない風習ですが、昔は結婚式の担当者や当日関わった方に対し、チップのようなご祝儀をお渡しすることが多くありました。

その風習をご存じの方からはご祝儀を頂くこともありました。

ご両親にご挨拶に伺った際にこっそりとポチ袋を手渡されることもありますし、新郎新婦から可愛いプチギフトを頂くこともありました。

そこにお手紙がついていて「今日は本当にありがとうございました」と書いてあると、当日の緊張感や苦労も吹き飛ぶほどに嬉しい思い出となりました。

ブライダルカメラマンのアルバイトはこんな人におすすめです!

それではブライダルカメラマンのアルバイトをまだ迷っている方に、どのような人が向いているかをお伝えします。

ブライダルカメラマンのアルバイトにおすすめな人1:人が喜ぶ顔を見るのが好きな人

なによりも、その場にいる人はほとんど全員笑顔で嬉しい気持ちになっている場所で働くことが出来ます。

また、自分が一生懸命撮影をすることで、新郎新婦やご友人、ご両親に喜んで頂くことができます。

人を喜ばせたい、楽しんでいる顔がみたいと思っている方にはぴったりのアルバイトだと思います。

ブライダルカメラマンのアルバイトにおすすめな人2:人と接するのが好きな人

結婚式・披露宴には多くの人が関わっています。

お客様である新郎新婦やご両親とのコミュニケ―ションだけでなく、会場担当者や司会者、キャプテンとのコミュニケーションをとらなくてはなりません。

初対面であっても、たくさんの人と接することが苦にならず、また楽しいと思うことが出来る人には、ブライダルカメラマンの仕事は向いていると思います。

まとめ

ブライダルカメラマンのアルバイトは決して楽して儲かる仕事ではありません。

しかし、通常のアルバイトでは得ることのできない素晴らしい感動や喜びを得ることが出来ました。

人を喜ばせることが好きな方、将来ブライダル関連の仕事に就きたいと考えている方にはおすすめのアルバイトです。

実際にアルバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!



ブライダルカメラマン求人についてもっと深堀りした情報を見る

ブライダルカメラマンの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

女性が人生で最も美しく輝く花嫁さんになる瞬間を、撮影するブライダルカメラマンの仕事に、憧れの気持ちを持った方も多いと思います。そんなブライダルカメラマンの仕事内容や、向いている人・向いていない人の適性について説明します。ブライダルカメラマンってどんな仕事?ブライダルカメラマンは、その名の通り結婚式や披露宴での写真撮影をするカメラマンのことを言います。結婚式場や写真館によっては、ビデオの映像撮影をするビデオカメラマンのことも含めて、ブライダルカメラマンという場合もあります。基本的には、結婚式や披露宴の当日に、新郎新婦につきっきりで結婚式や披露宴の様子を撮影し、また親族写真や二人の立ち姿の撮影も合

ブライダルカメラマンが向いている人の3個の特徴や必要なスキルとは?

結婚式や披露宴の写真を撮影するブライダルカメラマンの仕事内容は、どのようなものがあるのでしょうか。どのような特徴を持つ人が向いており、どのようなことに注意をして仕事に臨んでいるのでしょうか。ブライダルカメラマンとはどんな仕事?ブライダルカメラマンとはどのような仕事をしているのでしょうか?フリーでブライダルカメラマンをする場合と、式場やブライダルカメラマンの専属の会社に所属する場合がありますが、基本的には仕事内容は同じです。式当日の前には新郎新婦や会場との事前打ち合わせを行い、当日は式開始の約1時間前に直接会場入りし、撮影の準備を行ないます。そして式・披露宴が終了すると現地解散となります。場合に