「結婚式」という、人生の中でも最高に華やかな瞬間。

それを目に見える形で残すのが、「ブライダルカメラマン」の仕事。

他人のライフイベントにも関わる重要な仕事です。

では、そんなブライダルカメラマンはどのような条件で働いているのでしょうか。

給与は?雇用形態は?など、気になることがたくさんありますよね。

今回はそんなブライダルカメラマンについて解説したいと思います。

ブライダルカメラマンにはどんな人が向いているの?

ただのカメラマンではなく、結婚式という現場を専門とするカメラマン。

一体どのような人が向いているのでしょうか。

輝く瞬間を逃すことなく撮れる

これはカメラマンに取って、業界関係なく必要不可欠なことかもしれませんね。

しかし、ブライダルのカメラマンは被写体が一般人。

カメラを意識してポーズや表情を作るモデルさんとは違い、カメラの前でキメることはできません。

したがって、自然な表情の中でも「ここぞ!」というところを確実に抑えるような技術が必要です。

前撮りなどのちゃんとした撮影機会の場では、一般人から魅力的な表情を引き出せるかどうかというのも腕の見せ所。

輝く瞬間をきちんと捉える力があるといいでしょう。

段取りを把握し、的確に動ける

結婚式と一口に言っても、その内容や形式は様々。

和装もあれば洋装もあり、小さな式もあれば大きな式もあります。

どんな結婚式でも確実に段取りを把握し、進行の妨げにならないように撮影する技術が必要です。

また、結婚式中に何かトラブルが起こった時や、段取りと違う進行になった時も臨機応変に動かなくてはなりません。

しっかりと空気を読み、的確に行動できる人の方が向いていると言えるでしょう。

新郎新婦の希望を叶えられる人

前撮りなどの構図は、新郎新婦と相談しながら決めることもしばしば。

しかし、先ほども述べたように新郎新婦のほとんどは一般人であり、カメラに関する知識はありません。

そのため、カメラマンは新郎新婦の要望をきちんと聞き出し、時には自らの提案しながら構図を決めていかなければならないのです。

したがって新郎新婦が何を望んでいるのか、しっかりと聞き、イメージを膨らませることができる人の方が向いているでしょう。

ブライダルカメラマンの給料の相場はどのくらい?  

ブライダルカメラマンとして働くには、いくつかの方法があります。

まず一つ目は、結婚式場に所属して働くというパターン。

二つ目は、撮影スタジオに所属するパターン。

そして三つ目は、フリーランスとして活動するパターン。

どこかに所属する場合は「正社員」として採用されるケースがほとんです。

では、それぞれの給与相場について見ていきましょう。

正社員で新卒入社した場合

正社員として新卒でどこかに所属した場合、給与の相場は16万円〜20万円ほど。

所属する施設や働く地域によって多少の差があります。

正社員で転職した場合

転職の場合、給与相場は概ね20万円〜30万円ほど。

そこそこのキャリアや技術が求められるため、新卒よりも給与相場は上がります。

パート・アルバイト

アルバイトという求人の場合、以下の2つのケースが考えられます。

  • フリーランスで活動している人を求めている
  • 専属カメラマンのアシスタントを求めている

前者の場合、ギャランティーは交渉制である可能性も。

自身のキャリアや腕がものを言います。

後者の場合は、日給であることがほとんど。

相場は6000円〜8000円といったところです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与の有無は会社によって異なります。

例えば数名のカメラマンが所属しており、顧客からの指名制だった場合、指名が多い人はインセンティブがもらえることもあるでしょう。

また、一般的なサラリーマンにもあるように、ボーナスが支払われるというところもあります。

昇給

キャリアや年数、腕前によって昇級することも。

昇級の基準は会社によって異なります。

各種手当

フリーランスの場合も含め、いずれも交通費は支給される可能性が高いです。

また、写真の現像代などの諸費用も支給されることがほとんど。

さらに、どこかに所属している場合はカメラの備品代などが支払われることもあります。

給与が高い人は何が違うの?

ブライダルカメラマンの中には、日給10万円以上という人も稀にいます。

そういう方は、他のカメラマンと何が違うのでしょうか。

以下にまとめます。

スキル

単純にいい写真が撮れるか否かというスキルが、給与に大きく影響します。

結婚式場であれば式場の利用者、スタジオであれば撮影依頼者からの口コミなどから人気の有無が分かれることも。

人気が出れば出るほど指名が増え、その分スキルも上がり、結果的に給与も上がるという仕組みです。

役職

カメラマンとして所属する場合、役職の上下というものはあまりありません。

キャリアや勤続年数によって給与が判断されます。

また、賞の受賞歴などが給与の影響するということも。

勤続年数

上記でもご紹介した通り、勤続年数やキャリアというのは、ブライダルカメラマンの給与に大きく影響します。

「勤続年数が長い=キャリアを積んでいる」と判断されることもありますから、大事な基準と言えるでしょう。

地域

地域も給与に影響を与えます。

これは単純に最低賃金や給与水準といった観点からですが、地方よりも都内の方が給与は高い傾向にあります。

また、結婚式場が多い地域はブライダルカメラマンの奪い合いになることもあるため、給与が高く設定されているというケースもあります。

ブライダルカメラマンの給料の決まり方

ブライダルカメラマンは、特別な資格のいらない仕事。

では、どのように給与が決まるのでしょうか?

いくつか下記にてご紹介いたします。

カメラマンとしてのキャリア

新人カメラマンよりも、カメラマンとして長く活動している方が給料は高くなります。

つまり、キャリアが給料に大きく影響するのです。

キャリアが長いとその分腕があると判断されるため、給料アップに有効です。

コンテストでの受賞歴

「カメラマン」という特別な資格はありません。

しかし、様々なコンテストが開催されています。

そのコンテストで何らかの賞を受賞したり、受賞歴があったりすると、給料が高くなるということも。

給料を上げたい方はチャレンジ必須です。

利用者からの口コミ

口コミでの評判が高いカメラマンというのは、転職時に給料が高くなるということも。

いわゆる”人気カメラマン”と呼ばれる人たちなので、高い給料で採用してもらえる可能性があります。

ブライダルカメラマンで給料をあげるためにやるべき3個のこと

では、ブライダルカメラマンとして出世していくためには、どのようなことをしたらいいのでしょうか。

以下にその方法をまとめます。

まずは数をこなす!

一番大切なのは、数をこなすこと。

場数を踏むことで、自然とスキルは上がります。

スキルが上がることで表現の幅も広がりますし、仕事の幅も増えるもの。

その結果、給料も徐々に上がるのです。

コンテストに参加し、賞を受賞する!

続いて大切なのはこちら。

場数を踏み、腕を磨いたらコンテストに参加してみましょう。

他の人の作品をみたり触れたりすることで自身の感性が磨かれますし、賞を受賞することができればそれがキャリアとなり、給料アップにも繋がります。

賞の受賞歴は転職やフリーランスとして活動するに当たっても大きな意味を持ちますから、非常に重要です。

独立してフリーランスになる!

企業に所属しているうちは、基本的には月給制。

毎月決められた金額が支給され、運が良ければボーナスがもらえる程度。

しかし、独立してフリーランスとして活動していれば、ギャランティーは全て自分で決めることができます。

中には1日10万円以上の金額で活動するという人もいるほど。

当然、腕やキャリアがあってのことですので、ある程度のキャリアは必須です。

給料をアップさせるための求人の選び方

求人の選び方でも、給料がアップする可能性があります。

そのポイントについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

給与水準をチェックする

まずは単純にこちら。

現在所属するところよりも給料が高いところに転職すれば、当然給料は上がります。

自身が所属するところと他のところを比較し、待遇がいいところへの転職を検討してみてください。

賞与の有無をチェックする

単純に額面が少なくても、賞与やインセンティブの有無によっては現状より高くなることがあります。

月収ではなく、年収を見るようなイメージです。

ボーナスがあれば月収が少なくても現状を上回る可能性がありますし、インセンティブがあれば頑張り次第では現状より稼げる可能性が高いです。

昇級の有無をチェックする

こちらも上記同様、月収の額面は少なくても昇給があるところであれば、将来的に給料は上がる可能性が高いです。

この場合はその場所で長く働くことが条件でもあるので、長期勤務が可能かどうかも合わせて考えるようにしましょう。

地域を変える

当然、地方よりも都心の方が給与水準は高いです。

したがって、今地方でブライダルカメラマンをしているのなら、都心の方で求人を探すというのも給与をあげる一つの手。

仕事内容はそんなに大きくは変わりません。

様子をみるためにも、単発の仕事から初めてみるというのもおすすめです。

所属施設を変える

地域の他に、所属施設を変えるという方法もおすすめ。

現在撮影スタジオに所属しているのであれば結婚式場へ、現在結婚式場に所属しているのであれば撮影スタジオへと視野を広げてみてください。

今よりも給料が上がる可能性があります。

個人名義で仕事を募集してみる

最終手段とまでは言いませんが、個人名義で仕事を募集してみるというのもあり。

この場合、ギャランティーを最初に提示した上で募集をします。

依頼があれば希望したギャランティーで仕事ができるため、給料をあげることも可能でしょう。

募集方法は専門のサイトもあればInstagramなどSNSを活用する方法など様々。

一度チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

実際に給料がアップしたのはこんなとき

指名が増えたとき

結婚式場、撮影スタジオ、どちらに勤務する場合でも指名制であることがあります。

依頼者が所属するカメラマンの中から希望のカメラマンを選ぶという仕組みです。

この指名が増えると、給料がアップすることがあります。

もしくは月給とは別にインセンティブという形でプラスアルファの賃金が支払われるというケースも。

指名の数が増えれば増えるほど、給料は上がるといっても過言ではないでしょう。

賞を受賞したとき

コンテストなどで賞を受賞すると、その成績がキャリアやスキルとして認められ、給料が上がります。

賞を取ったからといって翌日から給料が増えるわけではなく、契約更新や査定の時期などに反映されることがほとんど。

仮に現在所属するところで給料が上がらなかったとしても、その経歴を持って転職すれば給料が上がる可能性は大いにあります。

せっかく実力が認められているわけですから、有効に使えるよう工夫してみてください。

独立したとき

上記でも述べたとおり、独立するとギャランティーはクライアントとの交渉を持って自ら決めることができます。

つまり、今までの自分の給与水準より高い金額でOKが出れば、給料をあげることができるのです。

自ら仕事を探さなくても依頼が舞い込んでくるようになれば、クライアントから金額を提示してくれることも。

その場合は金額や内容をみて仕事を選ぶことができるようになるため、仕事の質も変わってきます。

いずれにせよ、実力やキャリアが認められての話ですので、まずは場数をこなすところから始めてみてください。

まとめ

以上、ブライダルカメラマンという職業についてまとめました。

ただの「カメラマン」ではなく、「ブライダルの現場専門のカメラマン」ということで、市場はとてもニッチ。

しかし、確実に需要がある現場でもあります。

人が幸せの絶頂にいる瞬間を納められるわけですから、そのやりがいは一際強いもの。

毎日幸せな気分を味わいながら働けるなんて、魅力的ですよね。

ブライダルのカメラマンを目指している方はぜひ、結婚式場や撮影スタジオを当たるところから始めてみてくださいね。

実際にブライダルカメラマンの求人を探すときは、こちらの記事を参考に!



ブライダルカメラマン求人についてもっと深堀りした情報を見る

ブライダルカメラマンの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

女性が人生で最も美しく輝く花嫁さんになる瞬間を、撮影するブライダルカメラマンの仕事に、憧れの気持ちを持った方も多いと思います。そんなブライダルカメラマンの仕事内容や、向いている人・向いていない人の適性について説明します。ブライダルカメラマンってどんな仕事?ブライダルカメラマンは、その名の通り結婚式や披露宴での写真撮影をするカメラマンのことを言います。結婚式場や写真館によっては、ビデオの映像撮影をするビデオカメラマンのことも含めて、ブライダルカメラマンという場合もあります。基本的には、結婚式や披露宴の当日に、新郎新婦につきっきりで結婚式や披露宴の様子を撮影し、また親族写真や二人の立ち姿の撮影も合

ブライダルカメラマンが向いている人の3個の特徴や必要なスキルとは?

結婚式や披露宴の写真を撮影するブライダルカメラマンの仕事内容は、どのようなものがあるのでしょうか。どのような特徴を持つ人が向いており、どのようなことに注意をして仕事に臨んでいるのでしょうか。ブライダルカメラマンとはどんな仕事?ブライダルカメラマンとはどのような仕事をしているのでしょうか?フリーでブライダルカメラマンをする場合と、式場やブライダルカメラマンの専属の会社に所属する場合がありますが、基本的には仕事内容は同じです。式当日の前には新郎新婦や会場との事前打ち合わせを行い、当日は式開始の約1時間前に直接会場入りし、撮影の準備を行ないます。そして式・披露宴が終了すると現地解散となります。場合に