働くなら絶対に花屋がいい!どうしても花屋で働きたい!とか、花屋で働きたいなぁといって、なんとなく花屋で働くことを考えている方はいませんか?

今回は花屋で仕事をするにあたって、いったい花屋の仕事とはどんな人に向いているのか、また花屋の仕事に向いている人の特徴やキャリアについてもお話ししていきます。

これから花屋で働こうと考えている方は要チェックです!

花屋の仕事はどんな仕事?

まず初めに花屋の仕事について簡単に説明したいと思います。

花屋の仕事は大きく分けて2つの仕事に分かれています。

1つ目は花屋で販売する花を市場で買い付けたり、花屋で作った花束などをスーパーや他のお店などで売る仕事です。

買い付けや販売といった仕事内容になります。

2つ目は花屋の店頭に立ち来店されたお客さんに対し接客し、花を売ったり、お客さんから花束や花かごの注文や予約を受け付け、お客さんに頼まれた花束や花かごを作り売る仕事です。

販売だけでなく、お店に商品として並べる用に花束を作ったり、花をまとめ売りするために花束を作るといった作業もあります。

あとは、お店の商品として並べている鉢植えの手入れや水やり、店頭に並んでいる花の手入れといった作業もあります。

こちらが皆さんがよく知っている花屋の基本的な仕事内容になります。

花屋の大まかな仕事内容

花屋の仕事内容を大まかに分け、1つ1つ詳しく説明していきます。

また、皆さんが働くのは買い付けや販売といった仕事ではなく、実際に店頭に立ち、お客さんの接客をしながら花の販売をする仕事だと思うので、今回は買い付けや販売といった仕事内容は省かせていただきます。

花の手入れ

花の手入れはとても必要な作業の1つです。

花は売り物として店頭に並んでいる商品です。

その花が枯れたり傷んだりしていないか、毎日手入れし確認する必要があります。

花を購入してもらうのに枯れたり傷んだりした花を、お客さんに購入してもらうわけにはいきませんよね。

また、毎日花を手入れしたり確認していても、お店に並んでいる花を1つ1つ確認していくわけにもいきませんよね。

そのため、お客さんに販売する前に花を包む前などに、もう一度枯れたり傷んだりしていないか確認する必要があります。

鉢植えには毎日決まった時間に水やりをしたり、枯れてきている花や葉はないか、傷んでいる花や葉はないか、また虫に食べれれている花や葉はないかなどを毎日チェックします。

店頭に並んでいる花は花を入れているバケツの水を確認し、汚くなったり、水の量が減っていると新しい水に交換したり、また鉢植え同様に、枯れてきている花や葉はないか、傷んでいる花や葉はないか、また虫に食べれれている花や葉はないか、折れてしまっている花はないかなどを確認します。

花の販売

店頭に立ち来店したお客さんの接客をしながら花の販売をします。

その際に今日新しく入荷した花があったり、季節の花の入荷があると今日のおすすめの花としてお客さんに知らせてあげます。

また、どの花を買おうか迷っているお客さんがいれば、話を聞きお客さんと一緒に花を選んであげたりします。

花の販売をするときにはある程度のコミュニケーション能力が必要になってきます。

ちょっとした会話をしながらお客さんの花選びをお手伝いしたり、決して押し売りにならないように適度なコミュニケーションを取り、お客さんがいったいどういった花の購入を求めているのかを考えます。

こうして簡単なコミュニケーションをとることにより、お客さんがどういった花の購入を求めているのかがわかったり、またお客さんにも楽しく買い物をしてもらえるようになります。

販売だからといってただ販売するだけでなく、どうすればお客さんに喜んでもらえるかなど工夫しながら働くといいかもしれません。

注文や予約の受け入れ

花屋では花束や花かごの注文や予約も受け付けています。

しかし、花束や花かごの注文を受けたからと言って自分の好きなように作ってはいけません。

花束も花かごも冠婚葬祭が関係してくるものがあるので、まず初めにどういった内容で花束や花かごを作ってほしいのか確認します。

また入れて欲しい花や、入れて欲しくない花、どんな色にまとめて欲しいかなど、できるだけお客さんのリクエストに答えられるようにします。

もしお任せでお願いしますと言われたら、その時は自分の好きなように作っても大丈夫です。

あとは金額の確認もします。

大体何円以内で作りますか?とか、大体このくらいの本数でこのくらいの大きさだといくらになりますが大丈夫ですか?といった金額の確認も必要になってきます。

その後に受け取りの日時の確認をし、必ず電話番号とお名前も確認しておきます。

注文や予約を受けた後に、お客さんのリクエストに合った花束や花かごを作っていきます。

その際にある程度冠婚葬祭についての花の知識があるといいです。

商品として店頭で売る花束

花屋さんでは1本1本単品売りじゃなく、花束にして販売しているお店も多くありますよね。

花を買いに来たけどどういった花を買えばいいかわからないといったお客さんも多くいるため、自分で1本1本単品で購入していくのではなく、こうした花束になっている花などを買っていくお客さんも多くいます。

そういったお客さんのためにもいくつかアレンジで店頭で花束を作り、その花束も商品として店頭に並べることがあります。

働きだしてまだ日も浅く、お客さんから注文や予約で受けた花束を作ることができないようでしたら、こういった店頭で販売する小さな花束などを練習に作らせてもらうのもいいかもしれませんね。

花屋の仕事はどんな人に向いている?向いている人の4個の特徴とは?

さて、花屋の仕事とはいったいどういった人に向いている仕事なのか、花屋の仕事に向いている人の気になる特徴などについてまとめてみました。

花が好きな人

花が好きで花に興味があり、詳しい人は向いている仕事かもしれません。

花は季節ごとにたくさんの花があります。

花屋でも毎月のように入荷する花が変わってくることがあります。

正直、花の名前を覚えるのは大変です。

しかし、花が好きな人なんかは毎月新しい花が入荷してくるといろんな花を見れ楽しいかもしれません。

花屋で働くのにモチベーションが上がること間違いなしでしょう。

人とコミュニケーションを取りながら働くのが好きな人

おしゃべりが好きな人や、人と関わるのが好きな人には向いている仕事かもしれません。

花屋での仕事はある程度のコミュニケーション能力が必要になってきます。

お客さんがいったいどういった花の購入を求めているのかなど、コミュニケーションを取りながら察せるかというのも大切になってきます。

また、コミュニケーションをとることでお客さんにも楽しくお買い物を楽しんでもらえるため、おしゃべりが好きな人や、人と関わるのが好きな方なんかには向いている仕事かもしれません。

自分のペースで落ち着いて働きたい人

人が多く出入りするような、常に忙しいようなところで働くのが苦手な方には花屋で働くのはいいかもしれません。

どちらかというと静かな場所で黙々と作業したい人や、自分のペースで働きたい人には向いている仕事なのではないしょうか。

自分のペースで働きたいからと言って作業が遅いようではいけませんが、花に囲まれ、静かな空間でゆっくり落ち着いて働くのが好きな方には向いているかもしれません。

想像力が豊かな人

想像力が豊かな人もまた、花屋の仕事には向いているのではないでしょうか?

花束や花かごの注文や予約を受けると、なるべくお客さんのリクエストには答えないといけませんが、ある程度は自分の想像力にもかかっています。

お客さんのリクエストからお客さんがどういった花束や花かごを求めているのか想像し、イメージしながら作らなければなりません。

そのため、想像力の豊かな人なんかは素敵な花束や花かごを作ることができるのではないでしょうか?

逆に花屋の仕事に向いていない人の特徴は?

花屋の仕事とはいったいどういった人に向いている仕事なのか、花屋の仕事に向いている人の特徴などについてお話ししましたが、今度は逆にどういった人が花屋の仕事には向いていないのか、その特徴などについてまとめてみました。

静かな場所で黙々と働けない人

静かなところで働くのが好きな人もいれば、常に忙しくバタバタ慌ただしいところで働くのが好きな人もいますよね。

花屋はどちらかというと静かなところで黙々と作業するような仕事になりますので、そういた空間で働くのが苦手な人にはあまり向いていない仕事かもしれません。

常に動き回っていたい、忙しく働くのが好きな方には花屋で働くことをおすすめしません。

花や葉、木といった植物のにおいが苦手な人

こういった人はあまりいないかもしれませんが、花や葉、木といった植物のにおいが嫌いな人にはあまり向いていない仕事かもしれません。

花によっては強いにおいを放つ花もありますし、夏なんかは特に暑さで花や葉が傷み溶けてしまって独特な匂いが出ます。

バケツの水を変えるときには葉が傷み溶けてしまって、水がドロドロになっていることもあります。

そういったにおいが苦手な方にはあまり向いていない仕事かもしれません。

花屋の仕事で活かせる経験

花屋で働くにあたって活かせる経験などについてまとめてみました。

花の知識

花が好きで花についての知識などがあれば、花屋で働くうえでとても生かせる経験だと思います。

花屋では毎月のように新しい花が入荷してきます。

そのため常に新しい花の名前など覚えなければなりません。

花の知識があり、花の名前など覚えていると仕事をするのにとても楽だと思います。

また、何か花について知識があるなら、お客さんとコミュニケーションをとる中でその知識を生かせることがあるかもしれません。

花屋で働くメリットとは?

花屋で働くメリットについてまとめてみました。

どんなメリットがあるのでしょうか?

花について詳しくなる

花屋で働いているとたくさん花の名前を覚えていきます。

今まで見たことがある花でも名前がわからなかったり、いつも通る場所に咲いている花の名前などがどんどんわかるようになっていきます。

それがまた楽しかったり、花について全く知識がなかったのに、花の知識が身に着いたりと、花の知識はもともと身についていなくても特に困ることなどはありませんが、それでも知らなかったことなどを知っていくと嬉しい気持ちになりませんか?

イベントや季節を意識するようになる

イベントや季節に花はつきものです。

イベントや季節に合わせた花があります。

それは誕生日だったり何かお祝い事のイベントだけでなく、七夕など季節のイベントだったり、また春夏秋冬と変わりゆく季節の中に合った花があります。

花屋でもそういったイベントに合わせて店頭で売る花も変わってきます。

そのため自分自身もイベントを意識するようになります。

例えば母の日にはお母さんにカーネーションを送ってみようかなと思ったり、梅雨の時期にはアジサイを買ってみたり、クリスマスにはポインセチアを買って玄関に飾ってみようかなとか思ったりするものです。

今まであまり気にしていなかったイベントや季節も花と楽しむのもいいかなと思うようになったりします。

そうして自分自身もまた、イベントや季節の花について詳しくなっていくのです。

その後のキャリアについて

花屋の仕事のその後のキャリアアップについて

フラワーアレンジメント

花屋の仕事をしていく中で花にもっと興味を持ち、また花束や花かごをつくるアレンジに興味が出てきたら、フラワーアレンジメントの資格を取るのもいいかもしれません。

もちろん、花屋で花束や花かごを作るプロフェッショナルとしても働けるし、フラワーアレンジメントとしてのキャリアアップを目指すことも可能になります。

フラワーアレンジメントの資格があるとフラワーアレンジメントとして働けたり、フラワーアレンジメントの講師として働くこともできます。

花屋の仕事から経験を活かし、キャリアアップしたいのならフラワーアレンジメントもいいかもしれません。

花屋の仕事で転職すると年収は上がる?

花屋の仕事から転職を考えると、職種は限られてきます。

もし、花屋で働いている間にフラワーアレンジメントの資格などを取得していると話は別かもしれません。

先ほども話した通り、フラワーアレンジメントとしてや、フラワーアレンジメントの講師、また個人でフラワーアレンジメントの教室なんかも開けるかもしれません。

年収はグンと上がらないかもしれませんが、経験を積むと、フラワーアレンジメントの場合は、花屋で働くよりは年収は上がってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は花屋の仕事について、どんな人が花屋で働くのに向いているのか、特徴やキャリア、また花屋で働くのに向いていない人はどんな人なのかなども少し簡単にまとめてみました。

これから花屋で働こうと考えている人、自分は花屋で働くのに向いている人なのか確認してみてください。

また、花屋は経験がなくても働けます。

働きたいと思う気持ちや、やる気があれば誰でも働ける仕事だと思うので、花屋で働きたいと思っている人はぜひ、トライしてみてください。

実際に花屋の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!