今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。

これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。

これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。

ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。

ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容

ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。

一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視での確認、梱包までを行います。

客注は専用のパソコンで管理しており、その日一日分の注文を一覧として確認出来ます。

過去に入った注文も全てデータ化して残っていて、お客様ごとの傾向も見ることが出来ます。

商品の選別、品質確認は全て人の手や目で行われます。

ここがこの仕事の中枢であると言えます。

そしてそれらを適切に梱包し、宅配担当者に渡します。

これら一連の流れを管理し、実行するのがネットスーパーの仕事です。

ネットスーパー求人にはどんな種類があるの?

ネットスーパーの求人を見てみると、どこも同じような仕事内容です。

『お客様のために商品を選ぶ仕事です』とざっくりと説明がされていますが、そのとおりです。

では会社や企業毎の違いは何か、何を「種類」と呼べるのかというと、それは『更に詳細な仕事内容』です。

ピッキング業務

ざっくりネットスーパーの仕事を説明するとこのようになります。

ネットスーパーの根幹であり、基本であり、大元です。

これをウリ文句にしている求人には『お客様の注文を受け、商品を選ぶ仕事です』とあります。

「それってどういう仕事内容?」と求人記事を読ませる書き方で、大手スーパーの子会社や中堅スーパーに多いものです。

事務作業

求人に『お客様の注文を管理し、ピッキング作業も行います』とあると、これが該当します。

ピッキング作業もあるのですが、お客様への電話応対や、パソコンでの注文や商品の管理、注文用サイトに載せる商品の調整も行います。

配送作業

あまり見ないものですが、これもネットスーパーの作業です。

『お客様のもとに安全安心の商品を届けます』となれば配送担当となります。

これはいわゆる内勤と外勤の違いと思っていいでしょう。

ネットスーパーにかかる作業に当たり、殆ど男性が務める珍しい仕事で、勿論運転免許必須です。

ネットスーパー求人でよくある募集内容とは?

ネットスーパーの求人は、バイト募集サイトでの募集のほか、店頭の募集チラシや自社サイト、ネットスーパーのサイトで見ることが出来ます。

それらを見ていると、募集のための文句がいくつか見られます。

それらの文言を読み解いてきましょう。

給与相場

都道府県の最低賃金よりやや上が相場です。

雇用している会社や企業にもよりますが、1,000円もいかないところも少なくありません。

殆どが非正規での募集なので、給与面に於いても大きな期待はしないほうが良いでしょう。

勤務時間や休日、残業

ピッキング主体の場合

夜勤はまずないので、日勤から働ける、勤務時間に融通の利くところが多いです。

記載されている時間を見て、働きたい時間を決めておくと良いでしょう。

ただし、その日にならないと忙しいのかどうか解らないので、残業は高確率で発生します。

また年末年始休業もありません。

その代わり休日は確保されていて、融通も利きます。

事務主体の場合

こちらも日勤が主体ですが、勤務地によっては夜8時くらいまで稼働していることもあります。

求人にはまず書いていないことなので、事務職を主にやりたい場合は、面接や説明会の段階で聞いておいたほうが無難です。

またこちらも休日や勤務時間は融通が利きます。

配送主体の場合

一番気を付けたいのが配送担当です。

イベント等での道路封鎖、自然災害での配達中止など、トラブルが起きやすいのです。

これを覚悟した上で見ていくと、注意したいのは勤務時間だけです。

暇なら素早く終わって定時より早く帰れるし、忙しいとなかなか帰れません。

その代わり休日はしっかり取ることが出来ます。

福利厚生

内勤の場合は労働時間により『厚生年金』と『保険』に加入できます。

会社独自の保険制度を設けているところもあります。

また配送担当は車両は会社持ちとなり、万一のトラブルにも対応してくれます。

パンク、ガス欠から人身事故まで、入社時に会社の保険に入ります。

一部自己負担のこともあるので、面接や説明会で納得行くまで確認したいものです。

勤務場所

ピッキングや事務の場合、勤務地は店舗の中の一室となります。

これは会社や店舗によって異なり、掘っ立て小屋のようなところもあれば、他部署に紛れて店内のバックヤードにあったり、完全冷暖房完備のところもあります。

一方の配送の場合は、1つの店舗につき3人〜6人くらいが、担当地域として配属されます。

そこで一定の区間だけ配送を担当します。

この担当地域は頻繁に変わります。

必要なスキルや経験

内勤の場合は特に必要な資格はありませんが、事務作業の経験はピッキングにしろ事務にしろ活きてきます。

学生時代事務のアルバイトをしていた、前職が事務員だった主婦が現役で活躍しています。

ドライバーの方は要普通免許です。

AT限定よりもマニュアルも持っていたほうが採用されやすいです。

配達用の車両は軽ワゴンであることが多いので、普通免許でOKです。

ネットスーパーのおすすめ求人のポイント

では実際にネットスーパーの求人を見てみて、チェックすべきポイントをみていきましょう。

どの求人を見てもあるような文句でしょうが、これらが揃っていれば間違いないく働きやすい環境です。

転勤なし

ネットスーパーは簡単業務なので、働く地方がどこであろうが同じようなものです。

しかし不要な転勤はしたくないものです。

そこで転勤のない、万一あるとしても「地方社員」となれる会社が良いでしょう。

決まった近隣地域にしか転勤しないので、遥かに働きやすくなります。

快適な作業場

特に内勤の場合、作業場の環境が明示されているならば重視しましょう。

作業場は現場により、コンクリート打ちっぱなしの夏は暑い、冬は寒い劣悪環境のこともあります。

特に古い店舗やあまりに大型な店舗はその傾向が強いです。

「作業場は冷暖房完備で快適」とあれば最重要候補です。

一日○時間〜OK!

ネットスーパーは、一人の勤務時間が最短4時間もあれば、問題なく一日が回ります。

子供の入学式があるから、親が入院したからなどやむを得ない事情で休んだり、早退したりしてもそこまで大きくは響きません。

短時間しか働けなくても融通がきく会社はそう明記してあります。

実際の面接で、勤務時間についてツッコんでおくのも忘れずに。

募集会社が大手企業

CMで名前を聞いたり一部上場など、良く知っているような会社は、業務内容や人に余裕があります。

なので休みの融通も利きやすいです。

また福利厚生が手厚いのでおすすめです。

自分にあったネットスーパー求人の選び方や注意点

種類こそ少ないのですが、ネットスーパーも仕事先を選ぶことは出来ます。

実はかなり離職率の高い仕事で、その殆どが「想像と違った」というもの。

そうならないために、失敗しないネットスーパーの選び方を見ていきます。

【選び方①】職種から探す

内勤でもやりたいのは『ピッキング』なのか『事務』なのか考えておきましょう。

大体ピッキングが入り口となっていて、事務作業をやりたくてもピッキングから仕事は始まります。

最初の内から事務一本を専門でやることは難しいです。

ピッキング担当の応募から入りましょう。

【選び方②】雇用形態から探す

時間の自由が利くパートタイムがおすすめです。

日勤になりますが、主婦や日中に働きたい人にはいいでしょう。

その代わり夜勤バイトはない職種なので、昼は学校で夜に勤務、という働き方は出来ません。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

給与はそこまで高くありません。

金額には最初からあまり期待はせず、勤務時間や福利厚生を重視したほうが失敗がありません。

また雇用条件は自分の働き方を考えた上で「何時間」「何日」と話が出来るところがいいです。

実際に面接で話を聞くのが一番ですが、口コミサイトや転職サイトで、実際に働いていた人の意見を聞いてみるといいでしょう。

融通が利くかどうかが解ります。

注意点

配送担当になりたい場合、スーパーやデパートなどの店舗ではなく、運送会社の方を見るほうが確実です。

会社によっては配送担当者だけ別の会社、ということもあるからです。

1つの会社でピッキングから配送まで、全て賄えているならそのままその会社へ入るといいのですが、そうじゃないこともあります。

もしネットスーパーを利用したり、配達会社を見かけたりしたらよく見てみましょう。

スーパーの制服じゃないのにスーパー名を名乗っていることもあります。

その場合は、ピッキング担当と配送担当は別会社です。

ネットスーパーについてよくある疑問

ネットスーパーは普及しているとは言え、まだあまりその内情は働いてみないことには解りません。

ネットスーパー利用者であっても、やはり現場のことまでは解りません、興味があることは知りたいもの、ネットスーパーでの勤務を考えていて、ここだけは知りたい、とよく思われるものをピックアップしてみます。

利用したことがないけど大丈夫?

例えば大手通販サイトなど、通信販売を一度でも利用したことがあるならば勝手がわかりやすいと思います。

ネットスーパーの利用経験がなくても、通信販売を利用したことがあるならば特に問題ありません。

それすらも無くても、日々のお買い物で見る商品がパソコンの画面にあり、注文はクリックで行う、商品は配達で届く。

これだけ理解出来れば大丈夫です。

正社員への昇格はあるの?

会社によりにけりですが、求人内容に『正社員雇用あり』とあればチャンスがあります。

昇格試験がありますが、合格率は80%近くあります。

日々の業務成績や勤務態度の良さも必要ですが、正社員は十分狙えます。

難しいの?

何から何までとても簡単です。

自分の日々のお買い物をそのまま仕事にしたようなものです。

その代わり自分のためではないので、妥協は許されません。

「ちょっと古いけどまあ自分が食べる分だからいいか」という精神は忘れましょう。

年齢層はどれくらい?自分でも馴染める?

大半は40〜50代の主婦で占められています。

30代も珍しくないですが、主婦が生活費の支えのために働いている事がとても多いです。

99%女性であり、一通りのコミュニケーションが取れる人なら、問題なく仕事に入れて、周りの人と打ち解けられます。

オペレーション業務をするの?事務って何するの?

電話を使用するのはお客様への連絡時だけです。

注文商品の欠品や特別な客注の入荷状況など、早急に連絡が必要な時だけです。

後は受注含め、やりとりは全てメールで行われます。

事務作業は主にパソコンで管理伝票のプリントアウト、受注管理、商品管理、顧客管理を行います。

仕事中はパソコンに縛り付けられ、なかなか終わりません。

肉体労働はある?

あります。

お客様の注文によっては、2リットルの飲料のケースを5個、なんていう事もあります。

またピッキング作業な大量の商品を運ぶため、1つ1つは軽くても、まとめて運ぶと意外と重いものです。

「肉体労働があると思っていなかった」と言って辞めてしまう人が必ず居るので、この点だけ注意しましょう。

有給は?年末年始の休みはとれる?

どこの会社でも会社規定があるので、有給は取れます。

年末年始は休みは取れます。

ただし365日営業ですので、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みは無いものと思いましょう。

実家に帰省するなどの都合があれば早めに申告すれば、希望の日数休むことは出来ます。

また慶弔休日もとれます。

まとめ

ネットスーパーは今物凄く人間が欲しいところです。

大手小売やコンビニエンスストア、デパートが次々参入してきていて、世界の買い物は全て通販でまかなえる時代が来る、とも言われています。

この今のネット社会に、ネットスーパーはとても必要とされています。

ここで自分に合ったいい求人、いい会社、いい環境を見つけて、失敗のない仕事を始めましょう。


関連キーワード

スーパー求人