薬事法が改正され、薬局以外でも薬を販売していいことになりました。

それによって全国にドラッグストアと呼ばれる、薬をはじめとした日用品を販売する店舗が建設され、人々の暮らしは少し楽になりました。

今回は、ドラッグストアで働く人の仕事内容や、正社員とパートの仕事内容の違い等、ドラッグストア求人についてご紹介いたします。

ドラッグストアの仕事はどんな仕事?

ドラッグストアの仕事は、薬をはじめとした日用品の発注、陳列、販売を主としています。

登録販売者の資格を持っている人は、それにさらに薬の説明の業務もあります。

ドラッグストアの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

ドラッグストアのおすすめ求人の特徴とは?

ドラッグストアの求人をみますと、給与から福利厚生まで会社によってバラバラです。

おすすめできる求人の選び方をご紹介いたしますので、ご参考ください。

給与が20万円を超えている

給与は17万円~23万円までバラつきが見られます。

ドラッグストアの正社員は激務なので、20万円以下は安過ぎます。

しっかりもらえる会社をおすすめします。

福利厚生について多く記述がある

ドラッグストアは福利厚生が整っていないところも多くあります。

求人に有給や育児休暇があるように書かれていても、内情は違うこともあります。

ドラッグストアの仕事を激務であると認め、そのために福利厚生をしっかり整えているという会社は、求人にしっかりその旨が書いてありますから、そういった会社を選びましょう。

ドラッグストアの仕事はこんな人に向いている!

ドラッグストアの仕事で一番大事なのは、お客様とお話をすること。

ですから、以下のような人がドラッグストアの仕事に向いています。

営業力がある人

ドラッグストアにはノルマというものがあります。

それは、その会社がいま一番売り出している商品や、メーカーに売って欲しいと頼まれているものなどを月に目標数分売るというノルマです。

レジうちの傍ら、お客様に声をかけ商品を説明し、納得してもらい購入していただく必要があります。

このノルマは達成できなければアルバイトであっても厳重注意を受ける厳しいものですから、正社員であればノルマにプラスアルファできることを求められます。

そのため、セールストークに自信がある方、お客様の懐に入るのが上手な方等、営業力がある方に向いている職業です。

愛想がいい人

お客様に気に入られ、自分の顧客をゲットできる人は、愛想がよく丁寧な接客ができる人です。

いつもニコニコして、お客様の質問に対し親身になってお答えできる人柄であれば、ファンがつき、厳しいノルマも簡単に達成できるでしょう。

探求心がある人

ドラッグストアにはたくさんの商品があり、どんどん新しい商品が増えていきます。

同じような商品であってもメーカーによって小さな違いがあります。

お客様に商品をおすすめする際には、その違いについて学び、できるだけお客様の要望を満たす商品をおすすめできるようにならねばなりません。

勤務時間内は手が空く暇がないため、勤務時間外に自主的に学習できる探求心がある方は、ドラッグストア店員に向いています。

英語、中国語が話せる人

近年、ドラッグストアには日本の安全な薬や日用品を購入することを目的に、たくさんの外国人旅行者の方が来店されます。

爆買いされることが多いので、ドラッグストアにとって外国人旅行者の方は太いお客様といえます。

日本語がわからない方のために指差し確認カード等が用意されておりますが、会話できるに越したことはありません。

よって、英語や中国語を話せる人は重宝されますので、スキルを活かして活躍できます。

ドラッグストアでよくある募集内容とは?

ドラッグストアの求人でよくある募集内容についてご紹介します。

時給相場

時給換算すると785円から1200円ほどが一般的です。

正社員は月給17万円から23万円になるでしょう。

シフトの入れ具合

正社員は月9日休み、アルバイトは月15日以上の勤務が求められます。

休日、祝日に働ける人を積極採用するようです。

求められる人物像

体調管理ができる人、勉強熱心で自主的にスキルアップできる人、丁寧な接客ができる人、自分から積極的にお客様にお話を伺える人が求められています。

必要なスキルや資格、経験

ドラッグストアで正社員として働くためには、登録販売者の資格が必須です。

登録販売者とは、第1次医薬品を除く薬の販売をすることができる資格です。

筆記試験で合格したのち、実務経験を3年間積むことで取得できます。

よって、筆記試験が合格していれば実務経験として働いてほしいという会社はありますので、ドラッグストア正社員を目指す方は登録販売者の試験を受けておきましょう。

薬剤師の資格を持っている方は、ドラッグストアで特に優遇されます。

第1次医薬品という、病院の処方箋と同じものを販売することができるからです。

給与も待遇もよくしてもらえます。

アルバイトと正社員の働き方の違い

ドラッグストアには、正社員とアルバイトがいますが、すべき仕事やノルマが大きく違います。

違いについてご紹介いたします。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

変わります。

まず、社員は労働時間がバイトより遥かに長いです。

8時間労働とうたっていますが、その後遅くまで残業があり、在庫の管理等営業時間内にできなかった仕事を片付けます。

もともとドラッグストア自体がコンビニエンス化しており、店が閉まるのが日付を越してからという店舗が多いため、それから残業をするとなると、帰るのは深夜です。

ドラッグストアにはノルマがあります。

月々に推している商品をお客様におすすめし、購入してもらうのですが、月にどの商品をどれだけ売らねばならないというノルマが課せられています。

アルバイトと正社員では、ノルマの数量が違いますし、アルバイトの目標がノルマ達成であるのに対し、正社員はノルマにプラスアルファすることを求められます。

ノルマにどれだけプラスアルファできるかが出世に関わってきます。

仕事内容は変わる?

変わります。

社員とアルバイトの仕事内容で大きく違うのは、商品の発注をするかしないかだと思います。

商品の発注はドラッグストアの方向性に関わるものですので、基本的に社員がします。

コンビニであればバイトが受け持ちますが、ドラッグストアは商品の種類が多すぎるため、社員の仕事です。

そのかわり、バイトには重たいものの移動や発注等、力仕事に該当する仕事がまわってきます。

店内の配置換えの補助や、店頭に出してある商品の片づけ等、女性には少しきつい程度の力仕事が多くあります。

それぞれ求められるスキルは?

正社員は登録販売者の資格が必要ですが、アルバイトには必要ありません。

アルバイトに必要なスキルはこれといってありませんが、コミュニケーション能力が低く、接客ができない人には向いていません。

収入面は?

正社員は月額17万円から23万円の収入があるのに対し、アルバイトは時給制で、時給780円から1,200円程度もらえます。

ドラッグストアバイトの求人については、こちらの記事を参考に!

ドラッグストアで働くメリット

激務として有名なドラッグストアですが、ドラッグストアで働くと、以下のようなメリットがあります。

登録販売者の実務経験になる

登録販売者の筆記試験は合格したけれど、実務経験が伴わないため、まだ販売ができない、という方は、ドラッグストアでの勤務実績が実務経験とみなされますので働いてみることをおすすめします。

将来開業を予定している場合等は、まずドラッグストアで働いてみて実務経験を積み、経営のノウハウを学んでみてはいかがでしょうか。

商品が社員割引価格で購入できる

店舗にもよりますが、商品を社員割引価格で購入できるところもあります。

ドラッグストアの商品は生活に密接に関わる日用品ばかりなので、節約につながります。

試供品をもらえる

メーカーから届いている様々な新商品の試供品をもらうことができます。

時にはタバコ等も。

自分が試してからお客様に勧めることができると、勧めやすいですよね。

コミュニケーション能力が身につく

ノルマを達成するためには、積極的にお客様に話しかけることが必要です。

今まで話すことが苦手だった人でも、数をこなしてお客様に購入いただいた実績を増やすことによって、接客に自信がついてきます。

半年もすればコミュニケーションへの苦手意識は消えるでしょう。

どの職場もコミュニケーション能力は必須事項ですので、ここで苦手意識をなくすことが、将来の転職にも役立ちます。

経験者がよくある質問にお答えします!

ドラッグストアに就職してみたいけれど、内情がわからなくて不安、そう思っている方の質問に対し、経験者の私がお答えします。

応募方法

求人雑誌やハローワーク、ネット求人等色々な媒体から応募できます。

募集条件をよく読んで応募してください。

必要なものは履歴書と転職の場合は職務経歴書、写真くらいだと思います。

面接で必ず聞かれること

正社員の場合は、登録販売者の資格を持っているか、筆記試験に合格済かを聞かれます。

また、残業に対応できるか、土日休みがなくても大丈夫か問われます。

アルバイトの場合は、週何日働けるか、何時まで勤務できるかをまず聞かれます。

また、ノルマに対応できるかを問われます。

未経験でも働くことはできるか

未経験でも十分に働くことができます。

コンビニやスーパー等、小売業の経験がある人は、そこに薬の取り扱いが増えますが、だいたい業務内容は同じなので、経験を生かして働くことができます。

よって、面接ではそれをアピールすると効果的です。

完全未経験の状態から基本的な業務ができるようになるまで、1カ月もかかりません。

服装は決まっているのか

制服があるところもありますが、正社員は基本的に支給される白衣を着ます。

アルバイトは白シャツ黒パンツに支給されるエプロンをつけます。

靴はスニーカーです。

頭髪やピアスの決まりは店舗の方針によりますが、清潔感のある服装が好まれることは確かです。

しかし、美容専門学校の学生等、理由があれば雇ってもらえるところが多いです。

残業はあるか

正社員であれば、残業は必ずあります。

予想より多いと思っていた方がいいです。

アルバイトの場合は、その日のお客様の来店の度合いや、閉店作業のはかどり方次第では少しの残業が発生します。

深夜勤務の手当はつくか

深夜まで営業しているドラッグストアが多いため、社員もアルバイトもかなり遅い時間まで働くことになります。

正社員の場合は基本の月給に深夜手当が7万円ほどプラスして支給されます。

アルバイトの場合は深夜勤務の時給に深夜手当が含まれます。

ノルマはあるか

ノルマは毎月あります。

コンビニのお中元ノルマより厳格なノルマで、達成しない時や声かけが足りない時は厳重注意されます。

アルバイトの場合も同様です。

バックヤードには引き継ぎのためのノートが設置してあり、どういう声かけを実施して商品を販売できたのか、実績について共有できるようになっています。

また、売り出したい商品について詳しくまとめたものも、休憩中に目が通せるように設置してあります。

各月の実績も表にして貼りだされるため、誰がどれだけの件数売上げたのか一目見てわかります。

お客様への声かけを積極的に行い、ノルマ達成をはかりましょう。

休憩の食事はどうしているのか

エプロンを外して外に食べにでることも可能ですし、裏のバックヤードでお弁当を食べることも可能です。

一番大変な仕事は何か

頭を使うという面では発注が一番大変です。

季節ごとに今年売れそうなものをドカンとたくさん発注するので、もし売れなかった時を考えると恐ろしいです。

競合店と差別化した品揃えにする必要もありますので、調査が必要です。

肉体的な面でいうと、特に洗剤の品出しが大変です。

ドラッグストアでは多種多様な商品を扱っているため、ストックルームは商品の入った段ボールでいっぱいです。

その中から補充する商品を探しだすためには、段ボールを何度も積み下ろしする必要があります。

洗剤は一つだとそうでもないですが、段ボールに入っていると一人では持てないほど重いのです。

大汗をかくほど肉体労働ですので、毎日大変だと感じます。

まとめ

ドラッグストアの仕事内容から求人情報まで幅広くご紹介いたしました。

いかがでしたでしょうか。

ドラッグストアの仕事は激務ですが、お客様と会話しながら自分のスキルアップをはかっていく楽しさがあります。

ドラッグストアの仕事について興味が出た方は、ぜひ求人に応募してみてください。


ドラッグストア求人についてもっと深堀りした情報を見る

ドラッグストアの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、仕事探しについて解説します

お客様に薬や日用品を販売するドラッグストア。日用品が安く買えることもあり、どこの町でも需要が高く、それに合わせて新しい店舗が乱立している状況にあります。だから、そこで働く人材も引く手あまた。今回はドラッグストアに就職を考えている人に向けて、ドラッグストアの仕事はどんな人に向いているか、活かせる経験は何か等をご紹介したいと思います。ドラッグストアってどんな仕事?ドラッグストアの仕事内容はどのようなものかご存知ですか?店内を見渡すだけではわからない、ドラッグストア店員の仕事を、役割に分けてご紹介いたします。品出し品出しとは、文字通り、売るべき商品をを店内に並べることです。バックヤードには、多くの商

ドラッグストアバイト求人の時給や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

医薬品だけでなく日用品や食料品も数多く取り揃えているドラッグストアは、私たちの生活に欠かせない存在となりつつあり、全国的に見ても店舗数は増加しています。本記事では、ドラッグストアバイト求人について、お仕事の概要(大まかな一日の流れ)や、メリット・デメリットなどついても見ていきます。ドラッグストアで働くことを検討している方や、ドラックストアバイトに興味のある方は、ぜひご一読ください。ドラッグストアバイトはどんな仕事?ドラッグストアは医薬品だけでなく、日用品や食品など日々の暮らしに必要なものを取扱い、販売しているところです。人々の暮らしに必要なものを取り扱っているため、地域密着型の小売業だと言えま