お客様に薬や日用品を販売するドラッグストア。

日用品が安く買えることもあり、どこの町でも需要が高く、それに合わせて新しい店舗が乱立している状況にあります。

だから、そこで働く人材も引く手あまた。

今回はドラッグストアに就職を考えている人に向けて、ドラッグストアの仕事はどんな人に向いているか、活かせる経験は何か等をご紹介したいと思います。

ドラッグストアってどんな仕事?

ドラッグストアの仕事内容はどのようなものかご存知ですか?

店内を見渡すだけではわからない、ドラッグストア店員の仕事を、役割に分けてご紹介いたします。

品出し

品出しとは、文字通り、売るべき商品をを店内に並べることです。

バックヤードには、多くの商品が保存してあります。

その保存している段ボールに入った商品を持ってきて並べます。

減ってきた商品の補充や、新商品を展開する場所づくり、POPの設置、それから棚の商品の並びが乱れたときは、それを直す作業もします。

レジ打ち

お客様が購入される商品をレジに通してお会計する仕事です。

ドラッグストアでは、レジを打つときに、お客様に新商品のご紹介や、売り出したい商品の説明等をする必要があるため、コンビニやスーパーのレジ打ちより大変です。

接客

接客とは、お客様からの商品やお薬についてのご質問にお答えする業務です。

店内にいらっしゃるお客様に積極的に声をかけ、商品の違いについてご説明差し上げたり、おすすめ商品をご紹介します。

商品や薬について広く深い知識を必要とする業務です。

発注

発注とは、次に販売したい商品や、現在不足している商品を仕入れる業務です。

全ての商品の売れ方をチェックして分析し、これからどれだけの在庫があれば、商品が欠品しないか、在庫過多にならないか熟考して注文します。

商品の数が多いドラッグストアでは、まずチェック自体にかなり時間をとられます。

よって、発注が終わるまではさらに時間がかかります。

売り上げの見通しを立て適切なの数だけ発注するには経験とセンスが必要です。

ドラッグストアの仕事はどんな人に向いている?

小売業と薬局の中間に位置するドラッグストアのお仕事。

どんな性格で、どんなスキルを持っている人に向いているお仕事なのでしょうか?

営業力がある人

ドラッグストアにはノルマがあり、会社がいま一番売り出している商品や、メーカーからのおすすめの商品などを、目標数売り上げなければなりません。

ノルマを達成するためには、レジ打ち業務の合間にもお客様に声かけをし、商品をアピールする必要があります。

正社員であれば、課されるノルマも大きいです。

セールストークに自信がある方や、お客様の懐に入るのが上手な方等、営業力がある方はノルマクリアも早いため、そういった能力があれば、ぜひドラッグストアで勤務していただきたいです。

愛想がいい人

いつもニコニコして、お客様の質問に対し親身になってお答えできる人柄であれば、お客様に気に入られ、ノルマ達成も難しくないでしょう。

レジ打ちの業務ももちろん接客業ですから、レジの人員の顔がそのお店の顔になります。

よって愛想がいいことは必須条件です。

探求心がある人

ドラッグストアには新しい商品がどんどん追加されますが、どの商品もメーカーごとにおすすめしたい点やこだわっている点があり、1つとして同じものはありません。

そのため、ドラッグストアの店員は、商品について学習し、お客様にふさわしい商品をおすすめできるようにならなければなりません。

勤務時間はもとより、それ以外の時間でも自分の知識量を増やすために努力できる人が、ドラッグストア店員に向いています。

英語、中国語が話せる人

近年、日本の安全でよく効く薬を求めて海外から観光客の方が来店される機会が急増しております。

買いたい薬は事前にメモ等にまとめていらっしゃる場合が多いですが、販売を円滑に行うためには、英語や中国語を話せるに越したことはありません。

よって、英語や中国語を話すことができると重宝されます。

逆にドラッグストアの仕事に向いていない人の特徴は?

ノルマ達成が必要事項のドラッグストア店員。

それだからこそ、以下の2つの特徴を持った人には向いていないと思います。

コミュニケーション能力が低い人

小売り業にほど近いドラッグストアの業務は、お客様の購買ありきです。

よって、自分から積極的に話しかけ、商品をおすすめすることが必要となります。

この能動的に話しかけるということができない人は、ドラッグストアの仕事はできません。

向上心のない人

ドラッグストアには販売ノルマがあるため、おすすめしたい商品について事前学習が必要となります。

事前学習は自主学習ですから、自分で積極的に学びとる姿勢が大切です。

多忙なドラッグストア店員ですが、自分で時間を見つけ、新情報を取り入れてスキルアップをしていかねばなりません。

これができず、現状に満足し、ノルマのことで注意を受けても平気な人はドラッグストアの経営に於いてためになりませんので、他の職を探した方がいいでしょう。

ドラッグストアの仕事で、今までの活かせる経験とは?

学校で学んだこと、アルバイトの経験、仕事の経験等、自分の経験を生かして仕事ができたらやりやすいですよね。

ドラッグストアで働くときに生かせる経験とはどのようなものなのでしょうか?

ドラッグストアに就職・転職したい人がアピールできる経験についてまとめました。

小売業の経験

ドラッグストアは薬の専門店でありながら、日用品を取り扱う小売り業としても一面も持ち合わせています。

品物の動きを管理したり、売り上げがあがるよう配置したりという作業は、小売り業経験者であればみんな経験したことがある作業です。

ドラッグストアの仕事でも生かすことができますので、ぜひアピールしてください。

特に発注を任された経験のある方は重宝されます。

登録販売者の勉強をしたことがある

ドラッグストアは薬を取り扱うので、薬に対してプロフェッショナルである必要があります。

登録販売者の資格を持っていることが必須なので、登録販売者の勉強をしたことがある方は、資格取得に向けてもう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

薬学部卒

薬学部の方も同様に、薬の知識があるために重宝されます。

新薬の情報を覚えるためにも学力はあったほうがいいので、薬学部卒だと引く手あまたでしょう。

手書きPOPを習ったことがある

ドラッグストアで見かける手書きPOP、あの特殊な文字は書けるようになるまで訓練が必要です。

まれにもともとあの文字が書けるというレタリングの天才が存在します。

その技術はドラッグストア店員としてのスキルの一つですので、ぜひアピールしてください。

ドラッグストアの仕事で良い職場を見つけるためにはどうすれば良い?

一言でドラッグストアと言っても、とても忙しいところから、比較的暇なところまで様々です。

できるだけ働きやすい職場を選びたいですよね。

では、どんな職場が働きやすいのでしょうか?

経験者の私の目線から、働きやすい職場のポイントをまとめました。

よい職場を見つけたい場合は、以下のポイントで探すといいですよ。

ショッピングモールの中に入っている職場を探す

ショッピングモールの中に入っているドラッグストアは、閉店時間がモールの営業時間に合わせて9時くらいになります。

その後、何時までに退館しなければならないとモールの方で決まっているため、長時間残業を防ぐことができます。

繁華街を避ける

ドラッグストアが何店舗も乱立している繁華街は、深夜になるまで閉店しない店舗が多く、レジ打ちの業務に追われて薬について勉強する時間が持てません。

多店舗と競合するため、課されるノルマも多くなります。

給料と見合った仕事をしたければ、こういった店舗は避けるべきでしょう。

チェーン店でなく老舗を選ぶ

ノルマが多いのはチェーン店の特徴です。

近所のお客さんを相手に細やかな接客をすることに重きを置いている老舗の店舗であれば、ノルマに振り回されることもないですし、十分に薬の勉強をすることができます。

実際に見に行く

働きやすい職場というのは、気の合う仲間がいる職場でもあります。

大きなドラッグストアは、ドラッグストアの従業員にプラスして、メーカーの美容部員も一緒のバックルームを使います。

美容部員とドラッグストア店員は、手を取り合って売り上げ向上をはかる必要がありますが、職種が違うため、考え方にも違いが生じます。

美容部員がいない店舗の方が働きやすいというのが正直なところです。

職場を直接見に行くことで、どんな種類の職があるか、どんな人が働いているのか調べられるので、現地調査をおすすめします。

ドラッグストアの仕事をするにあたり覚えなければならないこと

ドラッグストア始める時は、実は覚えることがたくさんあります。

どんなことを習得していくか、知っておきたいですよね。

これは必ず覚えないといけない、ということをピックアップしてみました。

フェイスアップの方法

商品を陳列する時や、商品の並びを直す時、大事なのがフェイスアップをして並べるということです。

私がドラッグストアで働いていた時、まずこれを習いました。

小売り業を経験した方であれば、常識として見についているかもしれません。

フェイスアップとは、つまり商品のパッケージを、お客様が見やすいように外に向けて陳列することです。

実はこれはとても大事なことで、フェイスアップしてある棚としていない棚とでは、売れ行きが全然違います。

商品のパッケージを見えるように並べるだけなので、難しいことではないです。

お買い物する時には、商品の陳列がどのようになっているか、意識して見てみてください。

レジ打ちの方法

ドラッグストアの仕事の基本、レジ打ちです。

お店によってレジの操作が違いますから、レジ打ち自体の練習はできませんが、スーパーに行った時に買い物のあとの袋詰めの練習はしてみてもいいかもしれません。

案外やってみると時間がかかるので。

レジ打ちは基本操作の他に、カード支払いの場合の操作や、ポイントカードの取り扱い等、色々と派生して覚えることがあります。

必ずメモをとって覚えましょう。

品出しの方法

品出しとは、ストックルームから持ってきた商品を陳列する作業です。

店内の商品配置を覚えさせるために、まずこの業務を教える店舗が多いです。

現在並んでいる商品の後ろに追加する商品を並べるという単純な作業です。

もちろんフェイスアップを忘れずにします。

品出しをマスターしたら、売り場づくりを教えてもらえます。

そちらは頭を使う高度な仕事です。

商品の特徴

1番努力して覚えるべきものは、販売している商品の特徴です。

ドラッグストアの売り上げをあげるためには、お客様に積極的に声をかけて商品をおすすめする必要がありますから、商品については誰よりも詳しくならなければなりません。

私が働いていた店舗では、商品が多すぎて1人で全ての商品について調べるのは難しいということから、1人1人が割り振られた商品についての調査レポートを作成し、みんなで共有する形になっていました。

パッケージを見る、商品のサイトを見る、パンフレットを読む等して情報を取り入れ、学習しましょう。

ドラッグストアの仕事のあるある2選

どんな職場にもある、職業あるある。

ドラッグストア店員経験者しかわからない、あるあるを少しご紹介します。

ノルマ達成の近道は栄養ドリンク

売り上げノルマがあるドラッグストア。

ノルマは商品の売り上げ個数だったり、金額だったりしますが、後者の場合ノルマ達成に一役買ってくれるのが、栄養ドリンクです。

特に繁華街に近い店舗だと、二日酔いに効くドリンクをお求めのお客様が多数訪れるので、同じような商品で、値段が少し高い商品をおすすめしたら、けっこうな確率で購入していただけます。(もちろん効果があるものしかおすすめしませんよ!)

これで私はけっこう助かっていました。

お薬は個人の飲みなれているものがありますから、相当な知識と熱意がないとおすすめしても購入いただけないのです。

洗剤はめちゃくちゃ重い

ドラッグストアの商品の中で、1番品出ししたくないのが洗剤です。

特に粉末洗剤。

段ボールに入っていると、予想を遥かに超える重さなのです。

機会があったら体感してみてください。

まとめ

今回は、ドラッグストア店員の仕事内容、どんな人に向いている仕事なのか、どんな経験が役に立つのか等についてご紹介いたしました。

一般的な小売り業とは少し違ったおもしろさがある仕事です。

この記事を読んで、向いてるかもと思われた方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

実際にドラッグストア求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

ドラッグストア求人