お花はあなたの日常に彩りをもたらしてくれます。

またお花はその場に特別な雰囲気を演出するものでもあります。

そのため、人生の節目やイベントにおいて、お花の持つ意味は大きいです。

例えば毎年の母の日に人はカーネーションに感謝の意を込め贈ります。

また結婚式やお葬式などでも、お花は人生の節目を特別なものにします。

そんな綺麗なお花に囲まれて、人々の想いを花に込める仕事である花屋さん素敵ですよね。

最近はフラワーコーディネーターという資格を取得する若い女性も多く、花屋さんに就職、転職したいと思う方も多いでしょう。

花屋さんにで働くには、資格や学歴は必要なんでしょうか。

また花屋の求人内容はどういうものが多いのでしょうか。

今日は、花屋求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します。

花屋のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

花屋の仕事は大まかに以下です。

経験や資格、店の規模により任せらえる仕事内容には差があります。

仕入れ

花屋は鮮度が命です。

そのため基本的に営業日は毎日早朝に市場に仕入れにいきます。

鮮度がよく、売れ筋、注文を受けたアレンジメントに必要な花を不足なく仕入れるためには、目利き能力、経験が必要です。

そのため、この業務はオーナーや店長などが行う花屋が多いです。

開店準備

仕入れた花を鮮度よく保つための作業を中心に行います。

具体的には、湯あげ、水揚げといわれる作業です。

また店内の湿度、水の温度管理も重要な作業です。

接客

来店されたお客様にニーズをヒアリングし、季節のお花や色味の提案をします。

母の日前など繁忙期には短期アルバイトを雇い対応する花屋増えます。

製作

注文を受けたアレンジメントや花束を製作します。

「お任せでお願いします」「可愛い雰囲気で」のようなオーダーも多く、花屋のセンスの見せ所でもあります。

繁忙期には深夜まで製作作業に追われることもあります。

ブライダルと提携する花屋であれば、式場で装花製作を行います。

また、店舗の外観装花を請け負う場合は、同じように実際の現場で飾り付けを行います。

店舗業務ほか

清掃のほか、店内ディスプレイやPOPの飾り付けを行います。

また花は生物のため、値段管理も重要で、値段の付け替えも行います。

配送をサービスとして展開する花屋であれば、配送業務を任せられることもあります。

また最近はネットショップをもつ花屋も増加しています。

ネットショップ上で注文された予約の管理、発送業務が発生することもあります。

他にも店長クラスであれば、売上管理、人材の育成なども重要な仕事です。

花屋はどういう役割を求められる?

花屋に来る人は具体的なお花の名前などは詳しく知らない状態で来店されます。

漠然としたイメージから、贈る目的、贈るシチュエーション、相手のイメージなどを聞き、ぴったりの花束を作る役割が求められます。

誰かの記憶に残り、人を笑顔にさせる、そんな花を届けるために、花屋は仕入れや鮮度管理などを行うのです。

花屋の求人でよくある募集内容とは?

花屋の雇用形態は正社員のほか、パートやアルバイトなども多いです。

働く人も学生から主婦まで幅広い層が活躍しています。

また花屋はその需要から、とても季節の繁閑の差が多い仕事です。

例えばクリスマス、卒業式シーズン、母の日は目の回る忙しさです。

そのため、期間限定のパートやアルバイトを雇用し、対応するお店が多いです。

花屋の募集は求人誌や求人サイトで募集がかけられるほか、フラワーアレンジメント専門学校などに直接求人がいく場合もあります。

また花屋の多くは個人経営の店が多く、人材募集が店頭に貼られるケールも多いです。

給与相場

正社員求人の場合、年収は350万~400万円前後が多いです。

花屋の仕事は朝から晩までということもあり、肉体的にもハードな仕事であることを考えると、給料相場は他と比較し、高いとはいえません。

なおアルバイトやパートなどの場合は、時給850円~900円前後が多いです。

勤務時間や休日、残業

正社員の場合、1日8時間程度のシフト制で勤務という求人が多くみられました。

土日も営業している花屋も多く、基本的には、休みもシフト制です。

残業については、繁忙期ともなれば、予約数をこなすために、深夜まで作業が続くこともあります。

アルバイトの場合は、柔軟に働ける傾向にありますが、土日は休みたいスタッフが多いため、出勤できる場合は採用されやすくなるでしょう。

期間限定アルバイトの場合、期間中すべて出勤可能であれば重宝されるでしょう。

福利厚生

社会保険や住宅手当などは、求人先の花屋の規模により差があります。

全国展開するような花屋など傾向として大手花屋の方が福利厚生が充実している印象です。

勤務場所

花屋と一言でいっても、働く規模により勤務先は花屋の店舗でない場合もあります。

個人経営の花屋であれば、店舗で働くことが大半です。

一方大手であれば分業化がすすめられています。

本社であれば、営業や事務を中心に担います。

事務は各店舗の売り上げやネット注文の管理を行います。

営業は大口のブライダル、店舗装飾を中心に既往客フォロー、新規顧客開拓を行います。

このような大型花屋の場合、店舗は主要な都市や繁華街を中心に展開され、一般のお客様の対応を行います。

店舗によっては結婚式場に装花室という形で営業をしているところもあります。

この場合は、その式場で結婚式をあげる新郎新婦を相手に接客します。

また最近はネットで予約を多く受ける花屋も多く、配送センターを構え、配送業務を一元化しているところもあります。

求められる人物像

花を愛する人

花の特性をよく理解し、花のもつ魅力を広めたいという意欲がある人が採用されます。

肉体的にもハードな仕事のため単に「綺麗」という憧れだけでは、続かない仕事なんですよ。

ハードな肉体労働にも自信がある人

花屋はそのイメージとは真逆に肉体的にとてもハードな仕事です。

花のはいった重いバケツを持ち上げることは勿論、中腰で作業することも多いです。

また朝から晩まで働くこともあり、健康や体力に自信がなければ続けることは難しいでしょう。

コミュニケーション能力がある人

花屋の仕事は、基本的に製作の前に、ニーズのヒアリングを行う接客があります。

お客様は日常を彩る花から、特別なシーンを彩る花まで様々なニーズをもち来店されます。

お花を選ぶ時間も楽しいものにしつつ、的確な接客ができる人が重宝されます。

季節感があり、想像力豊かな人

日本には四季があり、お花はそれを表現するのに役立ちます。

日頃から季節感を大切にし、季節の移ろいを楽しめる人は花屋の仕事を楽しめるでしょう。

また、花束やアレンジメントは漠然としたイメージのオーダーに基づき製作にはいります。

花屋が花の特徴、値段などを総合的に判断しながら、出来上がりた渡すシーンを想像しながら作ることが求められます。

必要なスキルや資格、経験

花屋に特別な資格や学歴は特にありません。

ただ宅配を任されることもあるため、アルバイトであっても自動車運転免許はあるほうがよいでしょう。

またフラワーデザイナーの資格や国家資格のフラワー装飾技能士資格を取得することで、自分の技術力を客観的にPRできます。

花屋業界は、未経験のアルバイトからスタートし経験を積み、正社員になるケースが多いです。

アルバイトは採用されやすく、チャレンジ時しやすいです。

まずは、アルバイトとしてでも現場に飛び込み、経験を積むことがキャリアアップの近道です。

花屋のおすすめ求人のポイント

大手花屋の求人

大手花屋であれば、マニュアルや研修体制がしっかりしているため、未経験でもスタートしやすいです。

また昇給規定なども整備されているため、昇給昇格の基準が明確でやる気につながります。

福利厚生がしっかりした求人

花屋の給与は前述したように、高いとはいえません。

一見同じ給与水準でも、福利厚生がしっかりしていれば実質的な給与水準は上です。

花屋の求人の雇用形態による違い

花屋の求人は大きく正社員とパート・アルバイトに分けらえます。

正社員の良いところは安定した雇用が魅力です。

一方で花屋の仕事は時間的にも長時間労働になりやすく、正社員として責任がある立場を任された場合、仕入れなど早朝出勤などもあるでしょう。

パート・アルバイトの魅力は、柔軟に働けることです。

また花屋の正社員求人は少ないですが、パート・アルバイトの求人は比較的多いです。

未経験から花屋の業務を経験したい場合は、まずパート・アルバイトで経験を積む手もあります。

一方、雇用は不安定で店の売上が落ち込んだり、店舗が統合されたるした場合は、辞めなくてはいけないリスクもあります。

花屋の仕事を本業として続けたいのであれば、経験を一定程度積んだ後に、正社員になれるよう他の花屋への転職を視野に動くのもいいでしょう。

自分にあった花屋の求人の選び方や注意点

花屋を選ぶ時は自分が何を大切にしたいか、今後どうなりたいかを自分の中で考えた上で選びましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員とパート・アルバイトがあります。

安定した雇用を望み、本業としてキャリアアップをしたい場合は、正社員求人を選びたいですね。

家庭や育児、学業と両立を目指す場合は、パート・アルバイト求人がおすすめです。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

福利厚生の有無をみましょう。

例えば花屋によっては交通費支給なしというところもあります。

勤務する店舗が遠い場合、負担になります。

また同じアルバイトでも花屋により時給が100円程度違うこともあります。

幾つか求人を見比べてみましょう。

【選び方③】エリアから考える

花屋もその店舗を構えるエリアで特色がかわります。

例えば商店街の中やスーパーなどにはいっている花屋の場合、お客様は家に毎日飾るお花を買いにくることが多いでしょう。

この場合、常連のお客様は花屋の店員と花に関する会話以外も楽しみたいと思う人もいるかもしれません。

結婚式場にはいる店舗の場合、そのお客様は新郎新婦で、自分が手掛けるアレンジメントは、式場や花嫁を美しくみせるものです。

一生に一回のことであり、失敗は許されないほか、より高度なアレンジメント技術が求められます。

店舗により、求められる人柄も少しずつ異なります。

注意点

残業時間不払いの花屋がみうけられます。

残業時間60時間、休日3日で残業代がないなどという悩みをもつ花屋店員もいるようです。

体を壊してからでは遅いです。

また自分で売れ残りの花をいくらか購入しなくてはいけない自腹営業を課すところもあります。

求人情報だけでは、これらの情報をつかむことは難しいでしょう。

しかし、求人を頻繁にだす花屋は人がいつかない何か根本の問題があるのかもしれません。

花屋の求人についてよくある疑問

花屋のきつい面は?

給与が低い割に拘束時間が長く、肉体的にもハードな仕事です。

水を多く使うため、手荒れも職業病です。

花の鮮度管理は難しく、花を廃棄するシーンもあります。

花が好きなだけに、花を沢山捨てるのは時に心苦しくなります。

志望動機はどういうことを話したらいいか。

採用側が一番危惧するのは、単に憧れから志望して、実際の仕事のきつさからすぐ辞めてしまうのではということです。

ですから志望動機には、その厳し現場への覚悟をよみとれるようなものにするといいでしょう。

例えば、短期でも花屋でアルバイトをするなど、現場での経験をPRするのもいいですね。

また、資格は不問の場合が多いですが、資格取得や専門学校通学を志望動機にいれることで、熱意や覚悟をPRできるでしょう。

これからどんな花屋がのびる?

景気により花屋は業績が左右されやすいです。

というのも花は必需品ではないため、削りやすいからです。

例えば新店オープンの装飾も好景気の時は花で豪華にする企業も、不景気の時は他の装飾を施し、経費削減します。

そのため、なにか強みをもっていない花屋は淘汰される可能性があります。

最近はネットショップ部門に力をいれる花屋が多いです、花屋にわざわざ足を運ばない層や遠方客も顧客化できるメリットがあります。

店舗営業をやめ、ネットショップ専売にして売上を伸ばす花屋もあります。

また異業種に展開する花屋大手もあります。

カフェやレストラン事業を花をテーマに展開することで、売上を伸ばそうとする花屋もあります。

まとめ

いかがでしょうか。

花屋の仕事は、その優雅さと裏腹に肉体的にもハードな仕事です。

また給与や福利厚生が業界全体として、ほかより劣る部分もあります。

求人をみるときは、自分が実際に長く勤務できるかをよく検討してくださいね。