百貨店の求人を探している方は、どんな求人が自分にピッタリなのか悩んでしまうこともありますよね。

希望する職種や給与、雇用形態など自分に合った仕事を選びたいもの。

そのために百貨店での仕事内容や、向いているタイプを知っておきましょう。

この記事では、百貨店求人の募集内容や仕事のやりがいを紐解いていきます。

百貨店に合っている性格も解説しますので、求人を選ぶ参考にしてくださいね。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店求人って?

百貨店の求人のイメージというと、販売職をまず思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

他にも仕入れ(バイヤー)や企画など、様々な求人があるのです。

よくある募集内容

百貨店のよくある募集内容には、以下のような仕事があります。

販売

百貨店の中にある売り場で販売を担当します。

食品や化粧品、アパレル、雑貨、ギフト、催事など、百貨店が扱う商品は幅広くあります。

百貨店販売の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

仕入れ

商品の仕入れを管理し、バイヤーとも呼ばれます。

百貨店として打ち出したい方向性や、世の中のトレンドを加味して商品を選ぶ仕事です。

メーカー担当者との交渉や、展示会の運営といった業務もあります。

営業

お得意様のご自宅へ行き、お客様のご要望に合わせて商品を用意します。

店舗に来店された際は、一緒に店内をまわってお買い物のサポートをすることも。

外商担当と言われる場合もあります。

経営企画・事業企画

現在の百貨店では生活者のニーズを的確に把握して、経営企画を行うことを重要視しています。

そのため経営企画や事業企画に力を入れているのです。

生活者が求めていることや時代の変化を、敏感にキャッチしなければなりません。

その上でコンセプトを打ち出したり、オリジナリティのある企画をつくっていきます。

管理職

管理職は百貨店の運営管理全般に携わります。

経営方針を基に目標設定し、実行計画を作成して実施・検証するのが主な仕事です。

売上げを向上するために、各売り場に対しコンサルティングを行う業務もあります。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店で働くには

百貨店で実際に働くためには、どのような経路があるのでしょうか。

百貨店の従業員として入る

まず一つめが、従業員として百貨店に雇われる場合です。

パートやアルバイトは売り場ごとに仕事の募集があるため、仕事内容が決まっています。

しか、し正社員や契約社員で百貨店に就職すると異動や転勤がある場合も。

希望する売り場を担当できるとは限らないことも多いようです。

メーカーの従業員として入る

二つめは、各メーカーに雇われて、配属先が百貨店になるケースです。

メーカーの従業員なので、百貨店から違う店舗へ異動する可能性もあります。

必要な資格・スキルは?

百貨店の求人に応募するために必要な資格は、基本的にはありません。

ただし営業(外商担当)は顧客の自宅へ行く際に自動車を使用するので、運転免許が必要です。

またお客様と接する仕事がほとんどのため、コミュニケーションスキルが求められるでしょう。

外国のお客様が増えている近年では、英会話スキルも重宝されています。

百貨店の年収・給料

百貨店の年収相場は、百貨店雇用・メーカー雇用の正社員なら大卒20万円前後が多いようです。

アルバイトやパートは時給1,000円程度が相場と言えます。

インセンティブが付くところもある

雇用条件によっては、インセンティブが給与にプラスされるケースもみられます。

販売実績が上がれば給与に反映されたり、賞与として支給される場合も。

百貨店で働くやりがい

百貨店で働くやりがいはどんなことでしょうか。

お客様に喜んでもらえること

お客様の喜んでいる姿を見られることが何よりだと思う人が多いようです。

常にお客様の立場になって、喜んでもらえることを考え実践する仕事なので、その成果を感じられる瞬間の喜びは大きいですよね。

自分の提案した商品がお客様の希望にマッチした時がうれしい

特に販売職では、お客様に提案した商品を気に入ってもらえると嬉しいもの。

そのために、しっかりとお客様の要望を聞き出す必要があるのです。

自分の接客したお客様が常連さんになってくれたとき

何度も来てくれたり指名してくれる常連さんになってくれる場合もあります。

自分のことを覚えていてくれると、接客して良かったなとやりがいを感じられるでしょう。

百貨店で働くのに向いている人

百貨店の仕事内容や、やりがいについて見てきました。

では、実際に働くにはどんな人が向いているのか、5つ紹介します。

百貨店の幅広い仕事に興味や関心が持てる人

百貨店では接客の他にも、売上管理や在庫のチェック、スタッフの教育といった仕事があります。

幅広く興味を持って、仕事に取り組める人が向いているでしょう。

流行・トレンドに敏感な人

売上げは流行・トレンドに左右されるため、常にアンテナを張れる人はぴったりです。

世の中の潮目や生活者の動向に、日ごろから気を付けておくと良いですね。

お客様に誠意を持って対応できる人

相手の立場になり丁寧に対応できるタイプは、百貨店に向いています。

お客様からクレームを受けるのも仕事の一つなので、誠意を持って対処するよう心がけましょう。

百貨店の雰囲気が好きな人

各百貨店ごとに様々な特徴がありますが、格式があり上品な雰囲気のところが多いのではないでしょうか。

そういった百貨店ならではの上質感を好きになれる人は馴染みやすいと言えます。

しっかりとしたマナーや接客の基本を身に付けたい人

マナー研修を行うなど、立ち居振る舞いに力を入れているのも百貨店の特徴です。

どんな年代の方にも失礼にならないよう、マナーを身につけたい人にオススメできます。

「百貨店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

百貨店に向いていない人

逆に百貨店に向いていないケースも見ておきましょう。

自分が希望するひとつのメーカーに絞って接客したい人

百貨店は様々な仕事内容があるため、このメーカーで働きたい!という強い希望がある人には向きません。

メーカーの従業員を目指すことをオススメします。

百貨店よりも少しラフに接客をしたい人

駅ビルやショッピングモールなどの店舗と比べて、硬い雰囲気になりがちな百貨店。

フランクな雰囲気が好きな人やラフな接客スタイルで仕事をしたい人は合わないと言えます。

立ち仕事が嫌な人

長い時間、立ちっぱなしで行う仕事なので、体力に自信がない人は辛くなってしまうでしょう。

腰痛が心配だったり足が痛くなってしまう人は、負担が少ない靴を履くなど対策が必要です。

土日に働くのが嫌な人

百貨店では、一般の人が休みである土日こそかき入れ時です。

そのため土日に休みを取るのは、難しいケースが多くあります。

クレーム対応になかなか立ち直れない人

クレームを受けるのも百貨店における仕事の一つだと、先ほどお話しました。

中には、厳しい口調のお叱りを聞かなければならない場面もあるのです。

クレームは真摯に受け止めますが、引きずってしまうとモチベーションも下がります。

サービス向上に繋がるチャンスと捉えて、前向きになれると良いでしょう。

百貨店の仕事は気苦労も多い仕事ですが、そのぶん一つ一つのやりがいが増します。

沢山の人とも出会えるので自分が大きく成長できる場でもあります

百貨店は様々なお客様と接するため、苦労する場面もあります。

しかしお客様に喜んでもらえる様に工夫するやりがいも大きいのです。

一人一人に合わせた接客を考えることで、コミュニケーションスキルや提案力が高まります。

多くのことを学べる百貨店の仕事を通して成長していきたい人は、仕事内容や向き不向きを理解して百貨店の仕事にチャレンジしてみてくださいね。



関連キーワード

小売求人

百貨店求人についてもっと深堀りした情報を見る

百貨店正社員求人の給与や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

キラキラした照明の下で華やかなディスプレイ、おしゃれをして訪れるお客様に笑顔で対応する販売員。ほんの少し日常から離れて過ごすことが出来る場所が百貨店ではないでしょうか。普段の生活でのストレスの発散やリフレッシュするための場所として百貨店へ出かけること、あるのではないですか?たとえ買い物をしなくても高級感溢れる店内をウィンドウショッピングするだけでも気分転換になりますよね。そんな百貨店で正社員として働くってどんな感じ?・・・を解説します。百貨店の仕事はどんな仕事?百貨店と言えば高級ブランドの洋服や靴、鞄から、家具、寝具など他に生活用品、食料品売場では老舗料理店の惣菜や流行りのスィーツなどを販売し

百貨店販売求人でよくある募集内容をご紹介!ノルマってあるの?疑問にもお答えします!

全国各地にある百貨店。最近は総合スーパーや複合型の商業施設が増えましたが、歴史あるデパートに思い出がある方も多いのではないでしょうか。そんな百貨店には多くの人が働いています。今回は、百貨店販売求人についてご紹介していきます。百貨店販売にはどんな仕事があるの?具体的に百貨店ではどんな人が働いていて、どんな仕事があるのかを考えてみても、すぐには思いつかないものですよね。百貨店は多くの物を売る小売業です。様々なものが一つの建物に集まっていますし、様々な商品のプロが揃っています。そんな百貨店販売の仕事の種類を紹介したいと思います。食品の販売百貨店と言えば「デパ地下」というイメージもあるのではないでしょ

名古屋百貨店求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、人気の働き先を紹介します

集客力のある都市部に位置し、本当になんでも揃う百貨店。行ったことがない人はほとんどいないでしょう。食材を調達するスーパーとしても使え、ちょっとしたお使い物からきちんとした御挨拶の手土産、洋服、お化粧品、家具と何でも販売している便利なお店です。広い建物内ではたくさんの人たちが働いており、求人数もとても多いです。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと自分にあった働き方ができるのも魅力です。今回は「名古屋」と「百貨店」に注目してよくある募集案件やおすすめ求人を見分けるポイントなどをご紹介して行きましょう。名古屋の百貨店事情は?名古屋の百貨店と言えば、一番集客力があるのが何と言って

百貨店の仕事内容とは?大変?向いてる人の特徴や活かせる経験など教えます!

今日は買い物をしよう!洋服も欲しい、食品も欲しい、カフェでランチもしたいなと言う時、皆さんはどのお店を訪れるでしょうか。ウィンドーショッピングで沢山のお店を回るのも良いですが、夏は外を歩き回るのはとても億劫ですし場合によっては危険ですよね。そんな時に重宝するのが何でも揃う「百貨店」です!「百」の「貨(物)」を取り扱うとの名前を持つ百貨店は、文字通り何でも揃うお店です。百貨店で取り扱われているものは一流品が多く、多少お値段は張りますがクオリティの低いものはありません。安心してお買い物を楽しめる場所の代表です。広い面積を持つ百貨店は、数多くの人々の仕事で成り立っています。イベントを企画する人、バイ