キラキラした照明の下で華やかなディスプレイ、おしゃれをして訪れるお客様に笑顔で対応する販売員。

ほんの少し日常から離れて過ごすことが出来る場所が百貨店ではないでしょうか。

普段の生活でのストレスの発散やリフレッシュするための場所として百貨店へ出かけること、あるのではないですか?

たとえ買い物をしなくても高級感溢れる店内をウィンドウショッピングするだけでも気分転換になりますよね。

そんな百貨店で正社員として働くってどんな感じ?・・・を解説します。

百貨店の仕事はどんな仕事?

百貨店と言えば高級ブランドの洋服や靴、鞄から、家具、寝具など他に生活用品、食料品売場では老舗料理店の惣菜や流行りのスィーツなどを販売している場所です。

メインの仕事はそれらを売る販売員。

そして、販売を後方で支えていく営業、物流、人事や経理の事務の仕事があります。

また、物を売るというだけでなく、展示会等の文化的イベントも開催しています。

百貨店正社員の大まかな仕事内容

正社員と言っても初めは皆見習いから始まります。

メインの仕事である販売は、接客用語を覚えることから始まり、笑顔と明るい挨拶、丁寧な言葉使いなどの接客作法の他に、レジ操作、伝票処理の仕方や開店・閉店準備などの業務を覚えて売場ごとのチームで仕事をしていきます。

販売員として経験や実績を積み、その業績が認められると、売場を管理しながら、パートやアルバイト、派遣で働く人やテナントの人たちといったさまざまな雇用で働く人たちの取りまとめや指導をするマネージャーへとステップアップしたり、商品の仕入れや開発を担当するバイヤーに任命されたりします。

どの部署に配属されるかは、入社後研修を終えてから決まりますが、必ずしも自分の希望する部署に配属されるとは限りません。

洋服売場を希望していたのに寝具売場に配属された、靴売場が希望だったのに人事部に配属されたなどということが普通にあります。

ですが、どこの部署に配属されても一生懸命取り組む姿勢が認められて何年か先に希望の部署への移動が叶うこともありますから、諦めずに与えられた仕事に取り組むことが大切です。

百貨店の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

百貨店正社員求人でよくある募集内容とは?

新卒採用は4年制大学、大学院、短期大学、専門学校卒に限られていますが、学科・学部は問われていません。

現在、百貨店業界では高卒での正社員求人はほとんど皆無です。(女子については学校と百貨店の繋がりによって特定の学校指定で求人枠がある場合も例外的にあります。)

中途採用では、販売を中心に募集がかけられ、経験のある即戦力となる人材が求められています。

その際は、求人を必要としている店舗ごとに募集がかけられていますので、企業のホームページ等を確認すると良いでしょう。

給与相場

  • 20代・・・約280~370万円
  • 30代・・・約400~550万円
  • 40代・・・約600~750万円
  • 50代・・・約800万円

平均年収は569万円(あくまでも目安です。)

求められる人物像

販売することは、人と接することなので、もちろん人と接することが好きで、世の中の動きに興味を持って、お客様のために何が出来るかを自ら考えて行動できる人が求められます。

学生時代をどのように過ごして来たか、何故百貨店で働きたいのか、自分はどんな風になって行きたいのか、そういった経験や目標をきちんと話すことが出来ることが必要です。

必要なスキルや資格、経験

新卒採用での入社の場合は入社前に特に必要なスキル、資格はないです。

入社後には新入社員教育をはじめとして、要所要所でさまざまな研修があり、百貨店人として必要な知識・技術を身につけていくことになります。

中途入社の場合は、それまでに培ったスキルを活かした即戦力を期待して募集されるので、販売経験が(出来れば百貨店での)必要となる場合が多いです。

和服売場なら着物や和装小物について、宝飾品売場なら時計や宝石についての知識が豊富にあり、自己の能力についてしっかりアピール出来ることが重要です。

社員教育・研修

入社後にスキルアップのための教育・研修プログラムが用意されていますから、自分のやる気次第でさまざまな資格を取得することが出来ます。

インターンシップ制度を設けている企業もあるので、学生のうちに実際の業務を体験して就職活動の参考にすることが出来ます。

百貨店正社員のおすすめ求人4個の特徴とは?

一流百貨店に勤務するステイタスがあります!

福利厚生もしっかりしています!

女性の働きやすい職場

女性の多い職場であることから、女性が出来るだけ働きやすい環境作りをしている企業が多く、結婚・出産をしても働き続けられるよう産休や育児休暇を取得しやすい雰囲気作りがされています。

そうした環境であることから百貨店への就職を希望し、出産後も子育てをしながら活躍している女性社員が多くいます。

社内制度の充実

介護休職制度、ボランティア休職制度、配偶者分娩休暇、社内再雇用制度、その他に自己啓発プログラムなど、大手百貨店は社内制度が充実していて、働く人の働きやすさや社会貢献を応援する制度を兼ね備えています。

社員特典!

保養所を休暇に安い価格で利用できたり、社員用の特別価格で買い物が出来たりします。

良い品を社員ならではのお得な価格で購入できるというのは魅力的ですね。

通勤に便利な立地

百貨店といえば、大抵の店舗が駅に直結していたり、駅から至近距離にあり、通勤するにはとても便利です。

雨の日も電車から降りて、傘を差さずに行けるという場所にある店舗もありますね。

百貨店正社員はこんな人に向いている!

接客業である百貨店はさまざまな地域の人々とのふれあいの場所でもあります。

それは国内に留まらず多くの海外の人々ともふれあう機会の多い場所です!

ホスピタリティに溢れる人

今や百貨店は単に商品を販売するだけの場所ではなく、文化的な催しを企画して地域交流に貢献したり、地域ぐるみの町づくりや再開発に協力したりと益々人の集まる場所となっています。

そこで求められるのは、「おもてなし」の精神溢れる人。

人に喜んでもらえることに喜びを感じることが出来る人。

お客様のニーズを感じ取り、それをお客様の希望する形で提案し、ご満足頂く・・・それが百貨店の求める販売員です。

世の中の動きに敏感な人

世の中はめまぐるしく変化しています。

どんな分野の事柄であっても興味を持ち、アンテナを張って、流行を取り入れて行けたり、新しいものを提案したりが出来る人やそういったことが好きな人に百貨店は刺激を与えてくれる格好の職場だと思います。

日々変化する商品の動きやお客様の動きに敏感に反応して対応出来る人が、流行の最先端を扱う百貨店の仕事の面白さを感じることが出来る人です。

向上心の高い人

おもてなしをするにしても、何かを提案するにしても、誰かに何かを伝えるためには、「自分」という人間が魅力的であることが重要な要素です。

例えば、語学を身に付ける。

百貨店各社は海外店舗もあり、国内のお店にもさまざまな国の方が来店しますから、英語をはじめとする外国語が堪能であることはとても重宝で、必要とされます。

例えば、カラーコーディネーターの資格を取る。

そうした勉強をすることで、お客様に的確なアドバイスをすることが出来、販売力アップに繋がっていきます。

…というように、現状に満足せず、高い目標を持って努力する人に向いています。

逆に百貨店正社員に向いていないのはこんな人!

毎日多くのお客様に接する仕事は、お客様が何を望んでいるのかを察知することが重要!

マイペースな人

ひとつの売場を何人かでチームとなって盛り上げていくということも、お客様の要望に合わせて対応するということも、「私は私」では困る仕事です。

常に周囲の動きに注意して、状況に合わせた動きをすることが重要な仕事ですから、自分のことを後回しにして「今一番しなければならない」優先順位を考えることが出来ない人はこの仕事は向いていないでしょう。

さまざまなお客様を相手にするので、柔軟な対応が出来ることが重要です。

主体性のない人

自分は何をすべきかといつも主体性を持って行動できることが求められますから、「指示待ち人間」ではダメです。

積極的に自分から行動することが出来る人が求められます。

フットワークの鈍い人

販売は立ち仕事であり、常に売場を整え、汚れていればさっとすぐに清掃。

お客様に飽きられることのないよう新商品の発売や商品の入れ替えも頻繁に行われます。

そのたびに棚の配置換えや装飾品の変更があります。

また、毎日のように納品があり、返品の作業もありますから黙って立っている時間はほぼないでしょう。

お客様に声をかけられたら笑顔ですっと対応する、先輩に指示をされたらすっと動く、のんびり屋さんにはちょっと向いていないかもしれません。

百貨店正社員のやりがいとは?

販売は毎日が新鮮な真剣勝負です。

仕事の結果がすぐわかる!

新商品をアピールしてみた、ディスプレイの仕方を変えてみた、ダイレクトメールを送ってみた…などなど思いついたことを提案してみる。

提案したことが実際に形になる喜び、そしてその反響が売り上げやお客様からの声となってすぐにわかります。

もちろん上手くいかないこともあるでしょう。

けれど、失敗もそれを糧としてまた新しいことを考えて提案する。

その繰り返しもやりがいのひとつです。

また、さまざまな提案を受け入れる土壌を持った職場は、やる気を引き出してくれますね。

商品を売っているのに「ありがとう」と言ってもらえる仕事!

接客の仕事の喜びはお客様の役に立って「ありがとう」と言ってもらえること。

お客様が欲しいと思っているものについての情報を提供し、お客様が望む形でお応えする。

それが叶った時には、商品を買って頂いたのに「ありがとう」と言ってもらえるのです。

流行の最先端に敏感で伝統を重んじる仕事!

百貨店は流行の最先端の情報を常に収集している場所です。

国内だけではなく常に海外へも目を向けて「今、一番新しいものは何か?」「今、世の中が欲しがっているものは何か?」を見つけてお店の中に反映させていきます。

流行っているもの、人気のあるものがいつも身近にある仕事です。

そして、最先端のものを取り入れると同時に伝統的で普遍的な価値のあるものも大切扱います。

洋服にしても生活用品にしても家具にしても「価値の高いもの」を扱っていますので、自分の商品を見る目も鍛えられていきます。

自分を磨ける仕事!

当然扱っている商品についてはプロフェッショナルでなければお客様に十分な情報を提供できませんから常に勉強が必要です。

商品についての専門知識を得る勉強はもちろんですが、企業では従業員のスキルアップのためのプログラムを各種用意していて自己啓発のためのメニューを多く用意しています。

人と接することが第一の仕事である百貨店においては「人が財産」であるからです。

ですから、やる気さえあればどんどん色々な知識や技術を修得して自分を磨き、自分により付加価値をつけていけるのです。

まとめ

インターネット通販が勢いをつけ、大型ショッピングモールが相次いで開業し、百貨店は若年層離れが指摘されている最近にあって、百貨店業界は決して安楽ではないことは確かです。

しかし、そんな中にあっても一等地に在るという利点を最大限に利用して、物を売るだけでなく、様々な企画によって娯楽目的で訪れる人たちを獲得すること、実店舗でなければ提供できないサービスを模索し展開すること、海外からのお客様をターゲットにした商品展開をして集客アップに繋げることを考えています。

また経営においてはアジアへの進出、百貨店同士の合併や統合、さらには不動産や金融、人材派遣など他の事業にも手を広げて生き残りを図っています。

そんな状況下にあるからこそ、フレッシュで独創的な発想をもった人材を獲得したいと考えています。

百貨店業界は他の業界と比べて、勤続年数が長く平均23年くらいです。

長く働けるというのには、企業の風土や働く環境の良さがあるということかもしれません。

人と接することが好きでそれを仕事としたいと考えているのであれば、百貨店業界に飛び込んで力を試してみるのも良いのではないでしょうか。


関連キーワード

百貨店求人

百貨店求人についてもっと深堀りした情報を見る

百貨店の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

百貨店は、高級感があって、少し敷居が高い。だから、特別な贈り物はやっぱり老舗「百貨店」の包装紙でくるまれたものを贈りたい。そんな風に思う方も多いのではないでしょうか。百貨店にお買い物に行く時は、少しおしゃれして、少し緊張して、少し浮き足立って出掛けていきませんか?そんな場所で働く人たちはどんな人たちなのでしょう?この記事では、百貨店の仕事について分かりやすく解説致します。百貨店の仕事にはどんなものがあるの?百貨店は小売業なので、衣類や装飾品をはじめ寝具、雑貨、食品といった様々な商品をお客様に買っていただくことで成り立っています。なので、メインの仕事は当然「販売」です。また、お客様に商品を販売す

百貨店販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

全国各地にある百貨店。最近は総合スーパーや複合型の商業施設が増えましたが、歴史あるデパートに思い出がある方も多いのではないでしょうか。そんな百貨店には多くの人が働いています。今回は、百貨店販売求人についてご紹介していきます。百貨店販売にはどんな仕事があるの?具体的に百貨店にはどんな人が働いていて、どんな仕事があるのか考えてみるとすぐは思いつかないものですよね。百貨店は多くの物を売る小売業です。様々なものが一つの建物に集まっていますし、様々な商品のプロが揃っています。そんな百貨店販売の仕事の種類を紹介したいと思います。食品の販売百貨店といえばデパ地下!というイメージもあるのではないでしょうか。百

名古屋百貨店求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、人気の働き先を紹介します

集客力のある都市部に位置し、本当になんでも揃う百貨店。行ったことがない人はほとんどいないでしょう。食材を調達するスーパーとしても使え、ちょっとしたお使い物からきちんとした御挨拶の手土産、洋服、お化粧品、家具と何でも販売している便利なお店です。広い建物内ではたくさんの人たちが働いており、求人数もとても多いです。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと自分にあった働き方ができるのも魅力です。今回は「名古屋」と「百貨店」に注目してよくある募集案件やおすすめ求人を見分けるポイントなどをご紹介して行きましょう。名古屋の百貨店事情は?名古屋の百貨店と言えば、一番集客力があるのが何と言って