近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。

生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。

また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。

政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように、医療や介護など、生活支援を総合的に提供できるように構築していくという地域包括ケアシステムを推進しています。

その中で看護師、訪問看護ステーションは医療と介護の両方に接点があるポジションにあり、適切な医療と介護との最適な組み合わせを提供できるもしくは提案できうる唯一の存在だと私は考えています。

そんな訪問看護の仕事はどんな人に向いているだろうか、どんな人は向いてないだろうかという所や具体的に働くメリットや求人の選び方について説明していきたいと思います。

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護はどんな仕事?

訪問看護は、療養生活を送る利用者、またそれをサポートする家族へのサポートをするサービスで、ご自宅や老人ホームやグループホームなどの施設へ訪問して、療養上のお世話をしたり、診察の補助を行います。

訪問看護の大まかな仕事内容

具体的な仕事内容としては、

  • 病状の観察
  • 清拭・洗髪等の清潔ケア
  • 褥瘡などの皮膚の処置
  • カテーテルの管理や人工呼吸器管理などの医療処置
  • リハビリテーション
  • 認知症のケア
  • 終末期ケア
  • 食事・排泄等のケア
  • 本人・家族等への療養・介護指導 など多岐に渡ります。

仕事上の役割とは?

訪問看護の時間は限られており、常に利用者のそばにいられる訳ではありませんが、症状や身体状況を医師に報告して対処をしたり、医療的視点と介護的な視点を持ってケアマネジャーと連携を図ることで、安心して在宅で生活ができるように支援していくことが大きな役割となります。

訪問看護の仕事はどんな人に向いている?

「訪問看護には興味があるけど、果たして自分に務まるのかな」などと不安に思っている方もいると思います。

仕事には向き不向きは必ずしもあるもの。

まずはどんな人に向いているかを紹介したいと思います。

ある程度一人で的確な判断ができ、それを表現できる人

訪問看護はご自宅に実際に出向いて行うサービスであるため、ほとんどの場合は病院勤務と違い、近くに同僚の看護師や医師などおらず、利用者とのやり取り、アセスメント、ケアの決定・実行、急変時の対処をすべて1人で行わなければなりません。

そのため、適切な判断力や看護ケアを提供できるだけの知識・技術とともに、自分だけでは判断しかねる場合でも、利用者の状態を的確に観察して、医師や同僚看護師、ケアマネージャー、他サービス提供者へ説明・相談できるだけの判断力・表現力が必要となります。

病院ではチームで看護している場合が多く、独断では判断ができないまたは表現できないことが多くありますので、自分で判断して、もっと責任を持って仕事がしてみたいと思う方には向いていると思います。

コミュニケーション能力の高い人

在宅の生活においては、訪問看護の支援だけで成り立っているものではありません。

もちろん、病院生活においても、看護師や医師以外にも多くの専門職が支えていますが、在宅の生活においてはそのような多職種の支援にかかわる専門職がその人に合った、その人らしいサービスを提供しなければなりません。

訪問看護師には、多職種との関わりが必要となり、コミュニケーション能力も求められる訳です。

医師との関係も同様です。

病棟の看護師であれば、顔がわかっている医師に細やかに報告すれば、そのたびに円滑に指示を受けることが可能ですが、訪問看護の場合には、医師が同席していることはほぼ皆無であり、顔も知らない医師とコミュニケーションをとらなければなりません。

加えて、在宅で過ごすことができる程度に病状も安定されている利用者が多いため、与えられている医師の指示は、具体的な細かい指示ではなく、おおまかな指示も多いため、自分自身で指示に沿った具体的な対処を自分なりに考えなければなりません。

その対処をその場にいない医師に電話などで状態を説明・表現する力も必要になります。

そのためには、その医師にあったコミュニケーション方法や指示の内容を的確に対応する能力も必要となってきます。

エビデンス重視の看護が嫌いな人

学生時代からそう学んでいるためしかたがないことだと思いますが、看護師は問題を抽出して、その問題に向かって解決する能力は高い人が多いですが、エビデンスとは別に患者の気持ちに沿って行う看護は苦手というかできない看護師が多いと思います。

在宅では、利用者が主体ですので、根拠がそうだとしても利用者の思いに沿って、生活の質を上げられる看護を考えていかなければなりません。

「自分たちはこう思ってるけど、医師の指示だから」と自分のやりたい看護が提供できなかった方には訪問看護はやりがいのある仕事になるかもしれません。

看護師としてのブランクがある人

結婚や出産、子育てを機に看護師を辞めた方で、家庭が落ち着いたので、再び看護師として働きたいという方は向いているというか、看護師として働きだす第一歩としておすすめしたいです。

施設やディサービスなどでは看護師として勤務したとしても、介護の要素が高く、看護師としては物足りなく感じますし、いきなり病院となると、若いスタッフや新しい医療器具、電子カルテの導入などとまどうことが多く、体力的にもきついかと思います。

決して訪問看護が楽という訳ではありませんが、職場によっては同年代だったり、同じようにブランクを経て訪問看護を始めたという人が多く勤めており、なにかと頼りになることもあると思います。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護の仕事で活かせる経験

続いて、訪問看護の仕事で活かせる経験について説明したいと思います。

もちろん看護師としての経験も大切ですが、訪問看護は医療の分野だけではなく、介護の分野も関わることになります。

また、訪問看護ステーションは経営としてかかわる業務も存在します。

そのために看護、介護以外の分野の知識や経験なども生かせることもあるので、ここで紹介したいと思います。

病院での看護師経験

訪問看護として働いている人の大部分が病院での看護師を経験しています。

基本的な知識や技術は病院での看護と訪問看護とでまったく変わりません。

しかしながら、病院では「循環器内科」とか「消火器内科」など疾患によって仕事内容も違いますし、求められる知識や技術もそのフィールドにあったものだけ持ち合わせていればなんとかなりますが、訪問看護はそうはいきません。

年齢層も0歳から100歳、110歳とどこまでもが対象者ですし、抱えている疾患も様々です。

そのため、「深く、狭く」というよりは「浅く、広く」といった様々な科や対象者を経験している方のほうが訪問看護は活躍できる場合もあります。

のちのちは訪問看護へと考えている方の中には、ICUで全身の観察・アセスメントの知識・技術を勉強したいと考えている方も多いと聞きます。

ケアマネージャー、介護福祉士、ホームヘルパーなどの福祉職

繰り返しになりますが、訪問看護は医療の分野だけではなく、介護の分野も関わることになります。

実際現場で働いている方の中でも多くの方がケアマネジャーの資格を持っています。

持っていないとできない訳ではありませんが、保険制度のことや介護の専門知識、サービスの種類などの知識を持っていることはとても便利となります。

介護福祉士やヘルパーは、訪問看護として働いているうちに連携を多くとる職種の1つとなります。

看護師が訪問しない日にはヘルパーに薬の管理をお願いしたり、状態を観察してもらったり、情報を頂いたりとお世話になることが多いです。

介護の分野で働いていたことがある人ですと、その人が、元来持っている強さ・力に注目して、それを引き出し、活用していくケース・マネジメント理論である「ストレングス・モデル」を理解している方が多いため、訪問看護に転職してもとまどいはないかと思います。

一般企業の営業職や事務職

意外だと思われるかもしれません。

特に中小の訪問看護ステーションに言えることですが、ケアマネジャーや病院のソーシャルワーカー、包括支援センターなど訪問看護のサービスまでつないでくれる職種の方に自分が所属しているステーションの存在を知ってもらうためにあいさつ回りやプロモーション活動を看護師自身が行わなければなりません。

どのようにアプローチするのかということも営業をこなしていた方ならきっと中心になって活動できるはずです。

また、事務員がいない訪問看護ステーションも多々あると思います。

その際には自分たちでエクセルなどで報酬計算をしたり、ワードを使って手紙を作ったりということもやらなきゃいけないのです。

実際に看護師でパソコンがうまく使えないって方は結構います。

私が働いている所も、パソコンに詳しくない方が多いため、パンフレット作りや報告書のひな型作り、勉強会の資料作りなどもしています。

訪問看護で働くメリットとは?

一人の患者さんとじっくり向き合える

病院では複数の患者を受け持つことがほとんどであり、1人の患者だけかかりっきりになるということができません。

加えて、ナースコールで呼び出されたり、検査で呼び出されたり、手術患者がいたりとイベントがあればそれを優先させなければいけないため、自分がこうしたいと言っても後手後手に回ってしまうことが多いです。

しかし、訪問看護は決められた時間、決められた自宅へ訪問している間は、そのことだけ考えていればいい時間となります。

そのため、利用者と1対1でもしくは利用者の家族と話し合う時間も作ることができ、よりよい看護をすることに取り組むことができます。

加えて、病院みたいに退院というものが存在しないため、家で生活するうえで問題があれば長い期間関わることになります。

長い期間関われるということは、深い信頼関係を築くことも可能ですし、考えた分だけその人の生活がいい方向に変化していくことを感じとることも可能ですし、責任は重いと思いますが、その分やりがいも感じられると思います。

病院などで「時間に振り回されてばかりで大した関わり・看護ができないまま退院してしまう」等の葛藤を生じている方には是非とも訪問看護をおススメしたいです。

夜勤がない

訪問看護には夜勤はありません。

しかし、病棟で夜勤をやるくらいの収入を得ることができます。

理由としては、訪問は基本的に1人で行い、自分の責任として看護を行わなくてはいけません。

また、オンコールと言って電話当番が存在します。

時間外で利用者の方の相談を受けたり、緊急性が高かったり、訪問して処置などを行わなくてはいけない場合は、夜、夜中、朝問わず訪問しなくてはいけません。

そのため、給料水準が高いと思われます。

しかし、電話当番だからと言って、事務所にいなければいけないとか、しょっちゅう電話がかかってきて、訪問しなくてはいけないということはなく、基本在宅で生活ができるくらいに落ち着いている方が多いので、電話がまったく鳴らなかったり、鳴ったとしても、電話での応対で済むことがほとんどかと思います。

年齢が進むにつれて、日勤や夜勤など不規則に生活すると体調を壊しやすかったり、疲れがとれにくくなったりすることもありますので、生活のリズムを安定させながら、高収入を得たい方にはおすすめです。

余計な人間関係など気にしなくてもいい

看護師の退職理由として、圧倒的に多いのが人間関係のことだと思います。

師長や主任など管理職クラス、先輩看護師、医師などの他メディカルスタッフ、患者とその家族などいろいろな人と関わっていかなければならない中で、人間関係に疲れて嫌になっている方も大勢いると思います。

加えて、病院という閉鎖的な空間に何十時間も閉じ込められているとさらに疲れてきます。

看護をやる以上は、患者がいて、医師がいて、一緒に働く同僚がいて、さらに連携をとらなければいけない職種も出てくるため、「変わんないんじゃないの」と思う方もいるとは思いますが、それは違います。

一番大きいポイントは「一人でいる時間が多くなる」ということだと思います。

4、5件の訪問をするとなると朝に訪問に出かけたとして、訪問が終わるまで車ないし自転車など移動する時間は一人になれます。

これが大きいですよね。

移動している時は周りの人間に気を使うということもないですし、訪問先ですごく嫌な思いや失敗したとしてもいったん外に出気て移動中に気持ちを切り替えることも可能です。

自分もこのメリットが訪問看護やってよかったなと思えるところでもあります。

~訪問看護の仕事に「やりがい」があると感じた人は~

逆に訪問看護の仕事に向いていない人の特徴は?

次にこういう人はもしかしたら訪問看護に向いていないんじゃないかなと思うところを少し紹介したいと思います。

あくまで自分の意見なので必ずしもこうでなくてはいけないとは思わないでくださいということと、どれもやろうという意識さえあれば、しっかりと身につくことばかりだと思います。

経験が浅い若手の人

訪問看護師は10年以上の看護師経験がある方が多く働いています。

理由としては、訪問看護は基本1人で行わなければならず、新人だからと言って慣れるまではずっと2人で訪問するといったことは人件費や効率を考えても難しいと思いますし、病棟の新人のように研修のプログラムも組まれていない所も多いと思います。

やはり病院など3年くらい働き続けて、基礎的な疾患や看護技術を習得してから訪問看護に転職したほうが無難だと思います。

大規模なステーションや病院付属の訪問看護ステーションなどは、新人看護師からでも訪問看護師を育てるプログラムを組まれているところもあるそうなので、看護師経験が少ない方はそういう職場を探してみるといいかもしれません。

誰かに指示されないと動けない人

もちろん医師からの指示書はありますが、「血圧〇〇〇以上で薬剤投与」など病院でもらえる指示とは違って、「体調管理」などの包括的な指示が多いため、訪問した際に緊急性があるのか、様子観察でいいのかを判断するのは看護師の判断に委ねられることが多くなります。

もちろん判断した結果間違いであれば、自己責任ということになります。

処置はもちろんですが、利用者や家族から相談されたことは自分の判断で対応しなければなりません。

訪問が多いため、先輩や上司に会ったり、相談する機会も限られてしまうため、誰かに相談したい、人に言われないと動けないという方は難しいかと思います。

最先端の医療に携わりスキルを磨きたいと思っている人

大きな病院では医師が新しい治療方法に挑戦したり、医療機器メーカーや薬剤メーカーが新たな薬や技術の勉強会を開いたりと、最先端の医療に携わる機会が豊富にあります。

訪問看護は、一つ一つの規模が小さかったりすると時間の余裕が作れなったり、研修費用などが会社で捻出できなかったり、医療機器メーカーや薬剤メーカーが来ることも期待できないためにスキルアップを行うことが困難であります。

研修や実習、教育の充実を図っているステーションならば、この問題は解決できるかと思います。

看護師なんだから看護師の仕事しかしたくないと思っている人 

訪問看護ステーションは事務員がいなかったり、1人など少人数でやっている所がほとんどです。

そのため、事務系の仕事も看護業務の間に取り組まなければなりません。

カルテ等の整理、介護報酬や診療報酬等の計算、ガーゼや包帯の管理・準備、報告書等の郵送手配など病院では事務員がやってくれていたこともある程度知っとかなければなりません。

「自分は看護師だからそんなことまでやってられない」と思う方は、病院で働いていた方が無難かと思います。

病院での患者ー看護師関係が抜けきらない人

病院の中と在宅では看護師の立場が異なります。

病院では患者=お客さんに近いですが、在宅では利用者=主役です。

病院では職員のほうが立場が上となり、病院のルールに沿って行動しなければなりませんが、在宅ではその立場が逆転して、訪問してくる看護師がお客さんに近い立ち位置になってしまいます。

そのため、「訪問させてもらっている」という心構えを持っていないと大きなクレームの対象となってしまいます。

訪問看護のクレームで多いのが、治療や看護ケアに対してのクレームではなくて、時間を守らない、使ったものを元に戻さない、断りもなく寝床に入ってくるなど、ごく一般的なマナーでのクレームが圧倒的に多いです。

クレームが発生すればケアマネジャーなどの耳に入り、「あそこのステーションは二度と使わない」となってしまい、経営に大きなダメージを与えてしまいます。

とはいえ、入職したときに知っていなければならないということではありません。

訪問に必要なマナーを身に着けようという気持ちがあれば身につくものです。

それが身につかない、マナーの大切さに気付かない人、または事業所は看護師として、ステーションとして向いていないといえます。

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

特定の分野においての知識や能力を生かすという意味では、認定看護師・専門看護師の資格を取ることです。

訪問看護との関連分野として、認定看護師には「訪問看護」専門看護師には「在宅看護」がありますが、それ以外の分野もまったく関係ないということはありません。

資格を持っている看護師が在籍しているステーションだとわかれば、その分野の看護を必要としている利用者は安心できると思いますし、ステーションのアピール材料にもなります。

この資格の他に助産師や社会福祉士、ケアマネジャーなどの資格を取得することも自分が思い描いている看護をするうえでの手段のひとつだと思います。

管理者になる、自分で訪問看護ステーションを立ち上げて経営者になるということも選択肢のひとつだと思います。

管理者は訪問業務に加えて、関係各所の連絡調整や利用者の情報管理、ステーションスタッフの労務管理や統率、経営管理の役割もあります。

組織の中で働いている以上、自分の理想を掲げて、それを実現することは難しいですが、管理者もしくは経営者としてなら、そういった看護体制の提供やサービスの提供も可能かと思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

訪問看護から病院へ就職した際には、退院ということを見据えて、疾患だけではなく、今後の生活という視点も見据えた看護ができると思いますし、ケアマネジャーの資格を取って働いた時には、介護と医療の両側面を見据えたケアプランの作成や難病を抱えている方に対しても、適切なケアプランを提案できたりします。

仕事ではないですけど、仮に自分の親が介護を必要とした際には、仕事で覚えた制度や知識などが役にたつかもしれません。

自分にあった訪問看護の求人の選び方や注意点

次に「訪問看護師になりたいと思うが、求人広告などを見て、どういうポイントで職場を探したらいいの?」と思う方もいると思いますので、求人の選び方や注意点のポイントを紹介したいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態にはおもに正社員とパート・アルバイトの2種類があるかと思います。

大きな違いとしては「時間を選んで働けるか」ということになります。

正社員の場合、基本的に日勤のみ週休2日制がほとんどだと思います。

パート・アルバイトの場合は結婚・出産などで働ける時間が限られているとか、夜間の電話対応や緊急訪問などは行えないという方におすすめします。

しかし、仕事内容としては、正社員とほぼ変わりない所が多いため、高めの時給設定です。

時間ではなくて、1件だけとか3件だけとか件数で設定できる職場もあるのが特色のひとつだと思います。

【選び方②】会社の業態から考える

訪問看護ステーションの中には精神科に特化していたり、難病に特化していたり、小児に特化していたり、リハビリに特化していたりと様々です。

もし自分が得意な分野、やりたい分野があれば、そういった特色のあるステーションを選ぶとよりやりがいを持って働けるかと思います。

設置母体も重要です。

近年訪問看護の設置件数が増えていることを受けて様々な母体があります。

病院などの大きい法人が運営するステーション、全国展開させているいわばチェーン店みたいなステーション、小規模の運営法人などが運営しているステーションなど様々です。

大きい法人や企業の場合ですと、経営状態が安定していたり、教育制度やシステムもしっかりしている所が多く安心して働けますが、組織感は否めないです。

小規模だとその逆でアットホームに働けて、自分自身の要望や意見も反映できたりするメリットはありますが、経営状態が安定していなかったり、賞与など出なかったり、少ない人数で無理させられて働いたりとデメリットもあると思います。

自分自身が何を重視して働くかを考えて選ぶことが重要かと思います。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

24時間対応なのかは重要な要素です。

対応している場合は、正社員の場合は電話当番が必須となることが多いため、夜間や早朝に電話対応をしたり、訪問をしなくてはいけない場合があります。

しかし、その分オンコール手当や緊急訪問手当がつくため、給与はよくなります。

手当の計算方法も1カ月定額で決まっている所もあれば、当番回数、訪問回数に応じた手当が出るところなど支給方法は様々です。

オンコールがどのくらいの頻度であるかも確認しておいたほうがいいと思います。

多くのスタッフがいるところならば、問題ないとは思いますが、スタッフが少ないと当番の回数も増え、プライベートの時間が少なくなる恐れがあるので注意が必要です。

中には24時間対応ではないところや正社員でもオンコールなしで雇用してもらえるステーションもあります。

給与に関しては、まず自分が働きたいエリアの給与の相場を調べてみて、平均的な給与を得られるステーションを選んで、後は条件などを加味するといいと思います。

経験上、エリアの中でも給与が高いステーションは、訪問件数が多かったり、オンコールの当番頻度や出動回数が多い場合があるため、給与だけでは判断をしないほうが賢明だと思います。

【選び方④】エリアから考える

地域によって、移動手段が異なります。

概ね15分程度の移動時間を考えて訪問エリアが決まっています。

東京都内などの人口密集地はエリアの範囲が狭く、自転車や徒歩などが多いと思いますが、町村区域など人口過疎地域になると、車での移動がほとんどだと思います。

車ですと狭い路地を通らなければならなかったり、駐車場が狭かったりなど大変な場合もありますし、事故を起こしたときは自己責任になってしまうこともあります。

なので、車の運転が不得意だったり、地理を覚えるのが苦手と思う方は徒歩や自転車でも訪問できるようなステーションで働くことが無難です。

【選び方⑤】1日の訪問件数から考える

無理のない訪問件数は、1日4~5件と言われています。

それ以上の訪問件数になると体力的にもきつくなりますし、訪問看護は、訪問だけではなく、報告書の作成や会議の出席、関係各所との連絡なども業務内容に入っているので、訪問件数が多いと事務的な仕事は後回しになりがちで残業も多くなります。

1日に何件くらい訪問するのかを問い合わせや面談の時点で確認しておいたほうがいいと思います。

\もっと具体的な訪問看護の求人の選び方については、転職エージェントから教えて貰えます。/

まとめ

いかがだったでしょうか?

乱暴な言い方かもしれませんが、自分も訪問看護をやってみようと思ったのは、興味が少しあるということと、病院で働いているのが嫌だからという単純な理由からでした。

訪問看護に興味があるのであれば、悩んでいないで飛び込んでみるというのがいいと思います。

仮にそれで合わないなと思ったり、ここの事業所では働きにくいなと思ったりしたならば、転職して違う分野に移るなり、ステーションを変えるなりすればいいことですから。

看護師免許さえ持っていれば、働けるところや必要としてくれる職場はたくさんありますし、それぐらい大胆に行動しても問題はないんじゃないかと私は思います。

訪問看護に興味を持たれて、今回の記事を少しでも転職する際のご参考になれば幸いです。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

仕事 訪問看護求人


▼記事をスキップして見たい人向け▼
訪問看護の仕事を探すにはこちら >