看護師免許を取得し、まず最初に就職する医療機関で最も多いのが地域の総合病院でしょう。

退院後の患者様の様子をご存じですか。

ここでは、入院治療を終えて在宅へ戻る患者様を対象とする、訪問看護について仕事内容など述べていきたいと思います。

訪問看護師を経験し、訪問看護師の役割、地域で病気や障がいと共に生活することなど、病院で働いている限り見えてこなかったことがたくさんあります。

訪問看護は、大変なこともありますが、やりがいもその倍あります。

訪問看護の魅力について少しでも知ってもらい、地域で活躍する看護師の方が増えることを願っています。

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護の仕事は大きく3個の役割に分けられる

訪問看護とは

訪問看護とは、看護師がご自宅に訪問して看護を実践するお仕事です。

対象となる方は、病院で入院治療をされ退院が決定しているが、1人暮らしの高齢者や病状管理に不安がある方、また、住み慣れた自宅で可能な限り最期を過ごしたいと望まれる終末期の方、難病や障がいを患い定期的な看護が必要な方など、多岐に渡ります。

現在は入院期間も短く、病状が安定すれば退院か転院を余儀なくされるため、その後の生活に不安を抱える方が増えています。

訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容は大きく分けて3個の役割に分けられます。

在宅での看護業務、他職種との連携、書類作成です。

詳しくは次項で述べていきたいと思います。

在宅での看護業務について

在宅での看護業務1:病状が安定しているか健康状態の観察をする

まずは、バイタルサインの測定と全身状態の観察をし、異常がないかの確認をします。

生活している中で気になる症状が出現していないか、出現していればどのくらいの程度や期間持続していたかなど、詳しい情報をうかがいます。

病院で入院されている患者様と違い、生活されている方は医療者の目が届かないため、訪問看護師が病状管理の大きな役割を果たします。

その他、食事や水分摂取量、排泄リズム、睡眠リズム、運動と休養のバランスなども普段と変わりなく過ごされているか確認します。

在宅での看護業務2:治療のための看護

訪問看護を必要とする方は、何らかの医療処置が必要な方です。

訪問看護師は、主治医の訪問看護師指示書に基づき看護を実践します。

内容は、病院で実践している看護と同じです。

服薬管理、褥瘡の処置・予防対策、血糖コントロール、人工肛門の管理や排便コントロール、経管栄養、痰吸引や気管カニューレ管理、吸入、ガーゼ交換、導尿やカテーテル管理、人工呼吸器管理、点滴、注射、採血、在宅酸素管理、看取りなどです。

在宅では、病院と異なり、看護を提供する環境が全て異なるため、創意工夫が必要となってきます。

在宅での看護業務3:主治医への報告と指示受け

在宅で生活する利用者に体調の変化や急変が起こった場合は、速やかに主治医に報告します。

各医療機関と連絡を取り、病状や訪問時の様子を伝え、主治医の指示を待ちます。

場合によっては、直ちに救急搬送が必要となることもあり、臨機応変に判断して行動することが重要です。

在宅での看護業務4:療養生活の介助・相談・助言

訪問時は、利用者や家族とコミュニケーションをとり、普段の生活上困ったことがないか確認をします。

内容は、主に食事・排泄・口腔ケア・保清・体位変換・車いす移乗などです。

自立している方ばかりではなく、家族の介護が必要な方も多いため、介護者が困っていないか、介護方法は適切かという確認もします。

必要によっては、家族への指導やアドバイスも行います。

また、生活環境が合っているか、福祉用具が適切に配置され利用されているかも確認します。

住み慣れた自宅で、より安全に快適に生活していただくために、常に療養生活の支援をすることも訪問看護の役割となります。

在宅での看護業務5:メンタルケア

訪問看護の対象者は、慢性疾患を患っていたり、癌や手術などにより大きな精神的ダメージを受けていたり、終末期にいたりと様々です。

病気と共に生活をしていくということは容易ではありません。

訪問看護では、相手の精神状態の把握にも努め、病気と共存していく生活を支援します。

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

他職種との連携の業務について

他職種との連携の業務1:他職種とは

地域で生活する利用者の方を支援するにあたり、訪問看護はほんの一部分にしか過ぎません。

訪問介護・訪問入浴・訪問リハビリテーション・デイサービスやデイケア・ショートステイ・福祉用具など、介護保険法に基づいて様々なサービスがあります。

これらのサービスは自由に利用できるのではなく、担当のケアマネジャーがその方に必要なサービスを選定しプランを立てていきます。

その中でも、訪問看護を利用するケースは、医療的なケアが必要な方です。

そのため、通院先の主治医の指示があって始めて訪問看護が導入されることになります。

ひとりの利用者が地域で生活していく上で、その方が利用する全てのサービスに関わる人たちと情報交換を行い、支援していくことになります。

他職種との連携の業務2:他職種との連携の取り方

では、どのようにして他職種と情報交換して利用者を支援していくのでしょうか。

訪問看護の観点から述べたいと思います。

訪問看護では、利用者の健康状態、病状、主治医の治療方針を把握しています。

また、家庭での生活の様子などの情報も得ることができます。

これらの情報をもとに、生活上の注意点や普段と様子が違う時の対応方法などを、利用者に関わる人に伝えます。

その機会として、ケアマネジャーが定期的に開催する担当者会議があります。

この担当者会議は、主に利用者宅で開催され、関わる職種の方が集まるため情報共有の場となります。

書類作成の業務について

担当の看護師が必ずしなければならないこととして、訪問看護をするにあたっての訪問看護計画書の作成があります。

主治医の訪問看護師指示書とケアマネジャーが作成したケアプランをもとに作成します。

訪問看護計画書は日々の看護内容を文章化したものです。

状態の変化によってその都度見なおし、計画を修正していきます。

また、訪問看護計画書に対し、訪問看護報告書があります。

これは、文字通り状態の報告を文面にして主治医に提出します。

計画書と報告書は最低毎月1回発行し、随時変更が必要なときに発行します。

病院との仕事内容の違い

これまで、訪問看護について述べてきましたが、病院でおこなう看護との違いはわかりましたか。

入院されている患者様と異なり、対象者は比較的病状が安定しています。

そして、私達と同じく生活者として病気や障がいと共に生活している方々です。

病気の急性期を過ぎ、これから長く病気と付き合っていかなければならない状態におかれているため、常にコンプライアンスが良い状態を保てていない方が大半です。

生活状況への配慮もしながら看護指導をおこなうことは、病院での指導とは少し異なります。

相手の生活ペース(コンプライアンスが悪い状態も含め)を受け入れ、少しずつ長い目で付き合っていく必要があります。

また、病状の急変時は医療的な処置がすぐに行えない環境であることから、迅速な判断と対応が必要になってきます。

訪問看護では、医療機関や他職種との連携を取りながら、生活者である利用者を支援することが大切です。

訪問看護の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

病院ではなく在宅で、訪問看護師として働くにあたってやりがいを感じるポイントは、生活者を支援するということです。

上記にも述べましたが、病気や障がいを患いながら地域で生活していくということは決して容易ではありません。

慢性疾患の方ですと、自覚症状がなくなると通院や薬の服用を中断してしまい、気が付いたら病状が進行・再発し再入院となる方がいます。

また、退院後の病状管理に不安を抱えながら、相談する人がおらず病院にかかるべきか悩みながら過ごされている方もいます。

終末期の方は、介護者(家族)も含めて、家で過ごしたいけれど介護に自信がない。

もし何かあったらどうしよう。

という不安から、やむを得ず入院という形で最期を迎えられる方もいます。

訪問看護師として働くようになって、様々な病気を患っている方が、不安と共に地域で生活されているということを目の当たりにしました。

そして、訪問看護師さんがついてくれているから安心。

と頼りにされることが多く、毎日とてもやりがいを感じています。

在宅で医療処置が行えると、入院治療をしないで自宅で家族と過ごすことができたり、通院回数が減ることで、家族やご本人の負担が減ります。

少しでも安心して毎日を過ごしていただけるように、医療的な観点から生活者と関わっていくということがやりがいを感じるポイントです。

面白いポイント

訪問看護師の面白いポイントは、病院とは全く環境が違うことです。

主治医の指示内容は同じですが、実践場所はそれぞれのご自宅になります。

病院には普通にあるような医療物品がなく、色々な物を代用していく必要があります。

例えば、点滴をするとなると、病院では支柱台や天井からぶら下がっている支柱を使用しますよね。

在宅では支柱台はありません。

そこで、ご自宅のハンガーに点滴パックを下げてカーテンレールや衣装掛けに吊したりします。

これはほんの一例に過ぎません。

そのご自宅、利用者や家族の生活スタイルに合わせて、より安全で快適な方法を模索しながら実践していきます。

その場その場に合った看護を日々実践していくことは、マニュアル通りにはいきません。

難しく聞こえるかも知れませんが、常に利用者の生活全体を考えて看護を実践していると自然に行動できるでしょう。

訪問看護の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

訪問看護の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと1:介護保険法について

まずは、地域ケアがどのように行われているか介護保険の内容を把握する必要があります。

そして、訪問看護師の役割とは何かを明確にすることが大切です。

病院では医療中心であり治療が第一優先です。

在宅では、どんな重度の疾患を患っている方も、生活することが前提にあります。

訪問看護では、生活という1本の線上のほんの一部の関わりでしかありません。

ひとりの生活者を支援するしくみを理解しておく必要があります。

訪問看護の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと2:他職種の役割、チームの一員であるということ

介護保険について理解したら、今度はひとりの生活者のケアに関わるチームを把握する必要があります。

それぞれの関係者がどのように関わっているのか、週に何回のサービスを利用しているのかなどを把握し、その方の生活全体をイメージしていきます。

そして、その中で自分の役割を明確化し、情報共有していきます。

看護を実践する時はひとりですが、チームで支援していることを忘れずに連携をとっていくことが大切です。

訪問看護のやりがいはコレ!

上記で訪問看護のやりがいについて述べましたが、個人的には、特に在宅での終末期の看護にやりがいを感じています。

癌や不治の病におかされ、多くの人が、住み慣れた家で大切な家族に見守られながら最期を迎えたいと願っています。

しかし、自宅では治療ができなかったり、家族が自宅での介護に不安を感じ、入院生活を余儀なくされる方も多くいます。

訪問看護の導入があれば、在宅での症状コントロールや経口摂取が不十分な方への補液治療など、主治医に相談しながら安全・安楽に過ごしていただくことが可能となるケースが多くあります。

また、緊急時の対応ができる体制もありますので、病状によっては24時間体制で臨時訪問できます。

ご本人、家族、支援者がチームを組んで、自宅での療養生活がその人らしく過ごせるように支援します。

より安楽に過ごせるようチーム全体で支援し、生命を全うされた方の最期はあまり苦しい表情をされていません。

ご遺族も自宅で介護ができたという達成感を感じておられる方が多いです。

今後も自宅で終末期を過ごされる方は増加すると思います。

日々懸命に取り組んでいきたいと思っております。

「訪問看護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上、訪問看護について述べてきましたが、どのように感じられたでしょうか。

日頃の心構えとして、病気や障がいを抱えながら地域で生活する人々の支援をさせていただくという気持ちで、毎日訪問させていただいています。

医療従事者だけで看るのではなく、家族、ケアマネジャー、介護職員、福祉用具の業者様、地域の人々など、多くの人たちがひとりの生活者を支えています。

他職種と連携して、より安心して毎日を過ごしていただけることが何より大切です。

訪問看護は大変なこともありますが、その分やりがいも多い仕事です。