医療秘書という職業はマイナーではあるものの、病院にとっては必要なものです。

大きな病院や一部のクリニックや薬局には医療秘書が必要であるものの、ほとんどの人は関わりがないのでどんな仕事をしているのか知られていません。

どちらかというと仕事的に医療事務と被るのでは?と思う方もいると思うので、医療秘書の求人内容や募集に関して疑問に感じることを解決させて頂きます。

医療秘書の仕事内容とは?

医療秘書の仕事内容は医療事務と似ている個所はいくつかあると思ってください。

来客の対応、医師や看護師のスケジュール管理、出張の手配などを行います。

医療と付いているのですが、仕事的には本当に秘書ですね。

場所にもよるのですが、レセプトと呼ばれる月末処理などを行うこともあります。

個人経営のクリニックでは医療事務の業務、また看護助手の業務もしている所も多いです。

学会の資料を作成するなどもあるので、パソコンスキルは必要ですよ。

医療秘書でよくある募集内容とは?  

医療秘書でよくある募集内容はどんなものか、ほとんどは医療事務と変わらないと思ってください。

唯一違う所は求められる人材でしょうか?

医療秘書という職業に求めれられることは多いです。

スキル、経験のどちらか極端に分かれていたりします。

給与相場

給料相場は大体16万以上からスタートとなります。

求人を見てもらえると16万~25万くらいまで極端な差があるのですが、これは医療秘書を経験してきた方であれば給料は高いということです。

年収にすると300万以上でしょうか。

正直そんなに高くはありませんが、スキルさえあればそれ以上見込めます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間に関しては大体9時~17時くらいですね。

病院だと上記の時間帯なのですが、クリニックになるとシフト制の所もあります。

休日は病院ですと土日祝日、クリニックであればクリニックの休みに合わせる感じですね。

残業はない所が多いのですが、自分の仕事の出来次第でしょうか?

どちらかというと病院って残業をすることは好まれません。

帰り際にバタバタしていてというのはあるのですが、なるべく自分の仕事を終わらしておくように言われるからです。

自由残業をするのであれば別ですが、滅多に残業はないので安心してください。

福利厚生

医療関係において福利厚生はもちろんあります。

他のどの職業以上に医療従事者の福利厚生は充実しているのです。

社会保険、ボーナス、昇給はもちろんもらえます。

ただ病院やクリニックによって、他の福利厚生は異なるとは思ってください。

交通費、住宅手当、退職金制度などは全然違います。

最低限度の福利厚生は用意してもらえますが、中には交通費が出ないという所もありますからね。

求められる人物像

医療秘書の場合は医療事務と異なり、未経験や無資格でも可という所は少ないです。

未経験だとしてもスキルを持っていれば採用してもらえることはあります。

応募資格の所によく記載されているのが、医療事務の事務作業の経験者や診療情報管理士の資格がある人を歓迎するという募集が多いですね。

ほかにはOMA・コメディカル資格、最低限のパソコンスキル、医療事務や秘書経験のある方という感じです。

中にはスキル問わないという所もあるのですが、病院にもよりますので一概に良いとは言えません。

医療秘書のおすすめ求人のポイントとは?

医療秘書のおすすめ求人のポイントとしては、将来的に自分が働けるかも考慮しておいて良いかもしれませんね。

子供がいても働きやすいかはチェックしておきましょう。

これは結構Web求人では多かったのですが、給料がちゃんと記載されていない所、何のスキルが必要かなどはも記載されていない所がありました。

必要最低限のことはチェックしておかないと後で自分が泣く羽目になりますよ。

子供がいても働きやすい所を探す

子供がいても働きやすいというのは、自分の代わりがいる所ですね。

そもそも医療秘書って病院やクリニックにおいて何人いると考えていますか?

病院であれば5人ほどいますが、クリニックの場合は1人のみしかいません。

実際筆者も元医療従事者として働いていたのですが、女性の場合は結婚して仕事を辞めるというのはよくある話です。

その時に出てくる問題なのは引継ぎですよ。

引継ぎがちゃんとしていなければ後任の人に迷惑をかけてしまいます。

正直医療秘書が1人だとあれやこれや面倒くさくなってしまうので、子供がいる女性の場合は病院がおすすめです。

病院であれば自分1人ではなく何人かの医療秘書がいるため、何かあった場合はフォローに入ってくれるというメリットが大きいんですよね。

給料がちゃんと記載されている所を見る

給料だけに限った話ではないのですが、給料や福利厚生そして休日などに関して記載をされているかどうかを見て下さい。

基本的には細かい所まで記載されている所ばかりなのですが、中には記載されていないものもあります。

何故記載をされていないといけないか、記載されていない所の場合は入社後当たり前のスキルだからあえて記載しなかったという所もよくあることなんですよ。

面接の時にある程度聞いていたら良いのですが、新卒者や若い方ですとそういう質問をしない方もいるので怖いんです。

嘘を記載するよりかはマシですが、記載していない求人は避けた方が無難でしょう。

何のスキルが必要かの項目をチェックする

何のスキルが必要か、その辺もチェックしておいてください。

医療秘書の場合は基本的にスキルが必須となるため、今現在の自分のスキルでいけるかどうかは調べておいた方がよいのですよ。

教えてくれる所であれば問題ないのですが、自分1人で全てしないといけないとなると難易度は高くなってしまいますからね。

何を重視するか?

働く場所が違うと、医療秘書の需要というのは変わります。

一緒に働く仲間が欲しいというのであれば病院をおすすめします。

スキルに自信がなくまた経験のない人は、教えてもらえる病院がおすすめですよ。

ただ病院は人数がたくさんいるので、人間関係はある程度よくしておかなければいけません。

クリニックの場合は医療秘書が1人しかいないため誰にも頼ることが出来ないのがネックでしょう。

元々仕事が出来てスキルのある方であれば問題ないのですが、面接時に確認しておいた方が良いですね。

医療秘書の仕事についてよくある疑問

医療秘書の仕事に関してよくある疑問をお答えしましょう。

そもそも医療事務とは何が違う、医療秘書ってどういう所で働ける?という疑問を持っている方が多いようです。

主に病院やクリニックや薬局なのは間違いないのですが、クリニックでも色んな種類かありますよね。

何科によって大きく異なります。

医療事務と何が違う?

正直な話医療事務と凄く差がある訳ではありません。

医療事務も医療秘書も仕事の役割的には、何でも屋になるからです。

事務業務、患者やスタッフの補佐なども行うためそんなに変わることはありません。

実際筆者は医療事務として働いていたのですが、医療秘書とそこまで大差はなかったと思います。

1人で全てやるかどうかにもかかってくるので、医療秘書は自力でしないといけないのです。

オールマイティに出来る方向けの職業とも言えるでしょう。

医療秘書ってどこで働ける?

医療秘書というのは病院、クリニックで募集をかけています。

クリニックの場合は何科によって医療秘書を募集していることもありますね。

耳鼻咽喉科、歯科など色んな所でも募集はしていますが、ある程度大きいクリニックでないと募集していないです。

基本的にクリニックって医療秘書を置くことは少ないのですが、手術施設のあるクリニックであれば医療秘書が必要となるそうですよ。

規模が大きくない場所ですと医療事務が医療秘書の代わりとして動くという形になります。

出張があるって本当?

医療秘書は医師の出張に付き合わなければいけないこともあります。

これを聞くと面倒くさいと思ってしまう人結構いますね。

出張などの手配を行うことは普通なのですが、ある程度若く融通が利く人であれば同行することは当たり前となります。

ただ出張は絶対ではないため、結婚して子供がいるような方は出張は難しいでしょう。

医師が女性であれば良いのですが、男性だと嫌がる人も中にはいますからね。

医療秘書としての心がけ

医療秘書を目指している方が最近は増えてきているようです。

医療事務の方がメジャーであるため、医療事務になりたくても競争率が高いから諦めてしまうという方もいるそうですよ。

新卒者はともかく、結婚後に資格を取っている方だとそういう考えが多いとされています。

医療秘書を目指すことは良いことではあるのですが、これは覚えておいてほしいということをピックアップさせて頂きますね。

様々な業務が重なると覚悟しておく

基本的に業務というのは1つのことを専念していれば良いという訳ではないです。

医療秘書という仕事は他のスタッフや医師のサポートに当たるため、出来る限りのことはしなければいけません。

そのため他のスタッフからも依頼をされることがあります。

昔は横柄な方もいたようですが、現在は相手のことを尊重して仕事をするように言われているので、的確な指示をする方もいますよ。

ただ厄介なのが期限ギリギリの依頼を医療秘書に言うことでしょうか。

たまにこれを忘れてたから早急にやってほしいと依頼されることもよくある話なんです。

そういう時に限って仕事が立て込んでしまっていることが多いので、結構しんどくなってしまうんですよね。

実際筆者自身本当に泣きそうな時が多かったので、要領の良い方でないと継続は難しいでしょう。

できるようにしておいたほうがよいこと

募集要項に記載されているスキルが出来たとしても、医療秘書の業務をこなせるかどうかもかかってきます。

何ができないとダメなのか?ということですが、まず医療秘書にとって一番重要なことは仕事をこなすことです。

自分のペースで仕事が出来るというのは少ないため、上手く立ち回らないと本当に泣く羽目になります。

新卒者だとよくある話なのですが、仕事終わり抜け殻になってしまうということは結構多いですよ。

仕事の要領が悪い以前に仕事のやり方を理解していないと、失敗が続いてしまうので気を付けてください。

間違いなくパソコンスキルは要求されるため、ブラインドタッチやExcelとWordなどは使いこなせるようにしておきましょう。

黙々と仕事をするようにする

医療秘書において何が一番重要かというと、黙々と仕事が出来ることでしょう。

医療秘書は1人しかいない所も多いので、誰かに頼るということが出来ません。

他にスタッフがいれば協力をしてもらったり、ちょっと話を聞いてもらうということは出来るのですが、黙々と仕事が出来ない人は難しいでしょう。

これ結構女性で多かったのですが、集中力がない方だと同じ仕事をしていると眠くなってしまう方多いのです。

またそういう人に限ってぐちぐちと文句を言い始めるような方もいるので、そういう人は向いていないですね。

誰かと必要以上に関わりになりたくないという方であれば良いかもしれませんが、おしゃべり好きな方や人と接するのが好きという人は、医療秘書がたくさんいる所にいきましょう。

他の仕事よりもストレスはたまりやすいと覚悟しておく

仕事内容が原因というよりも、誰かと喋る機会が少ないためだと思ってください。

他の仕事以上にストレスが溜まりやすくなる傾向があります。

医療系の仕事は閉鎖感が強いのは事実ですね。

休み時間外に出ることは出来ませんし、ランチで外に出るなんていうことはほぼありえません。

そもそも休憩時間に関して1時間もとれるか?と言われると難しいですよ。

大体30分くらいでしょうか。

お昼休憩に30分、夕方に30分程度という感じなので時間がないのです。

そのため常に焦らされているような気持ちになってしまうので、精神的に答えてしまう方もいるようです。

人間関係がそこまで気にならないという方であれば、継続することは可能でしょう。

まとめ

医療秘書の募集は地方によって異なりますが、他の地域はどうなっているかチェックするのも良いですね。

仕事内容的にほぼ事務作業であるため、サポートが好きな方であれば向いてはいます。

募集内容だけに気を取られず、良いなと思った求人はネットで病院の口コミなどをチェックしてみましょう。


関連キーワード

秘書求人

秘書求人についてもっと深堀りした情報を見る

役員秘書正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

役員秘書と聞いて、思い浮かぶイメージはどのようなものでしょうか?素敵なレストランで接待、完璧なマナー、上品な物腰…など、人によって様々かと思います。役員秘書正社員の仕事の実態を、出来るだけ詳しくご説明したいと思います!正社員の役員秘書のおおまかな仕事内容主な仕事内容を以下に挙げてみます。①役員のスケジュール管理会議、来客、打ち合わせ、決裁など、役員が滞りなく業務を遂行できるよう、スケジュールを管理します。また、役員の体調やプライベートの予定に応じて、仕事量を調整することもあります。②電話応対役員とのアポイントメントや取り次ぎが主です。相手によっては役員へ取り次がず、やんわりとお付き合いをお断り

秘書募集はココを見て!良い求人、悪い求人の見極め方を教えます

女性の憧れの職業ランキングにも入っている秘書という職業!秘書とはバリバリのキャリアタイプを想像しそうですが、実際どんな人が働いていてどんな職業でしょうか。秘書の募集を探す上で、秘書業務の表から裏までを経験者目線で調べていきたいと思います。秘書の募集ではどんな求人が募集されているの?様々な業界で秘書が活躍しており、社長や副社長、部長クラスの秘書や政治家の秘書、病院では院長秘書、教授秘書などの求人があります。秘書が支える上司が違えば、仕事の難しさにも大きく違いがあります。どんな時も臨機応変な対応が求められ、その部分に関しては共通して求められている募集内容であるかと思います。秘書の募集でよくある仕事

秘書の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

秘書という言葉からどのような人物像を連想するでしょうか。少し敷居が高くて、格好良いイメージがあるかもしれません。企業には必ずといっていいほど必要な秘書ですが、年収は一体どれくらいなのでしょうか。また、給料アップにはどのようなことが必要なのでしょうか。秘書の年収や転職術について解説します。秘書の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合秘書の月給は推定で、20代ならば20万円強、30代ならば25万円前後、40代ならば30万円強ほどとなります。20代は一般社員クラス、30代はリーダークラス、40代は役職者クラスの平均給料です。以上のことから算出すると、平均年収は大体300~500万円が相場で

秘書契約社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

たくさんの職業の中でも、「秘書」という名前を聞いたことがある人は多いと思います。では実際に秘書業務をしている人は、どのような仕事をしているのでしょうか。秘書を目指している人や憧れを持っている人に、特に契約社員での秘書について解説いたします。秘書のおおまかな仕事内容秘書の仕事としては、主に次のことが挙げられます。おおまかな仕事内容秘書の仕事は、企業などで役職付きの人や上級社員に就き、その人が業務をスムーズに進められるように電話対応や来客対応、上司が不在の時や忙しい時に代わってのメールチェック、スケジュール管理、出張の手配や会議室の手配、お礼状作成や経費精算などデスクワークをメインにサポートする仕

秘書の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

秘書ってどんな仕事?憧れるけど、難しそう。。。などと、一見ハードルが高い仕事に感じますが、一口に秘書と言っても仕事の内容は様々。会社の規模、業務内容、担当する役職によって仕事内容と難易度は違いますが、一体秘書はどんな人が向いているのか?大変そう、でもやりがいはどんな所にある?そんな疑問にお答えしていきます。秘書はどんな仕事?秘書というのは、担当の役員、上司がより良い仕事が出来る様に雑務を一手に引き受けるのが秘書の仕事です。秘書の大まかな仕事内容秘書の大まかな仕事内容は、スケジュール管理、メール手紙のチェック、書類作成、社内外への連絡、来客応対、電話対応と担当役員、上司の仕事の身の回りで必要なこ

秘書の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

華やかで 花形の職業と思われがちな秘書業務。職業が秘書と聞くと とてもお仕事ができる人という印象を持つ方も多いのではないのでしょうか。そんな秘書への転職を考えている方に読んでいただきたい秘書として必要なことやお仕事の内容などを解説します。秘書のお仕事とは?冒頭に書いたとおり 秘書は華やかなイメージをもたれがちですが、実はとても地道な作業の連続です。そんな秘書のある日のお仕事をタイムスケジュールにしてみました。8:30   出社 役員室のお掃除、新聞の整理、メールチェック スケジュールの確認10:00 役員出社 お出迎え スケジュールの打ち合わせ、変更事項などの確認11:00 資料作成12:0

役員秘書求人でよくある仕事の種類と現役役員秘書が教える仕事とコツ

役員秘書の仕事に興味はあるけど、どんな仕事をするんだろう?と思っている人も多いと思います。この記事では、役員秘書求人でよくある仕事の種類や、現役役員秘書の方が教える仕事とコツを紹介したいと思います。難しそうなイメージの役員秘書 実際にはどんな仕事をしているの?役員の定義は”経営者であり従業員ではないこと”です。多くは執行役員といって、取締役ではない外部の重要な使用人までを「役員」と呼ぶ会社がほとんどです。役員秘書の仕事は主にスケジュール管理、お礼状の作成、会議の招集、議事録や資料の作成、経費精算、車両手配など、役員の行動に付随する手続きを先回りしてこなすことが使命です。また、1人の秘書が2人以