板前の仕事というのは、普通の厨房やキッチンで働くよりも敷居の高いイメージがありますよね。

職人さんという雰囲気で、普通の料理人とは違う雰囲気があります。

そんな板前の仕事にはいったいどんな人が向いているのか、解説していきます!

板前はどんな仕事?

板前の仕事は主に日本料理を作るお仕事です。

オーダーを受けて調理をする、または献立に沿って調理をするというのが主なお仕事です。

板前の仕事内容

板前のお仕事は、料理だけではありません。

各職場により内容は異なりますが、どの職場でも職人の仕事をしているという事は変わりありません。

板前の仕事内容について、仕事場別にまとめてみましたのでご紹介いたします。

料亭の場合

料亭での板前の場合、板前と呼ばれるのは役職がついているトップの方々のことを指します。

板長や料理長と呼ばれる一番上の方(業界では花板と呼ばれています)。

その次の副料理長、通称次板(つぎいた)と呼ばれるポジションの人(脇板(わきいた)と呼ばれる場合もあります)。

その次の三番手の三番板前というポジションの方。

このトップ3の人達が基本的に料亭のカウンター越しに居る方々です。

お客さんの目の前で注文を受けたり、料理を提供したりという店の看板的ポジションになります。

料理の他に接客という仕事がつきますので、厨房で仕事をするよりも難易度が上がります。

その下の人達の中で板前と呼ばれるのが椀方(わんかた)と呼ばれるお吸い物などの汁物担当の人。

そして煮方(にかた)と呼ばれる煮物を担当する人達です。

和食の中でも味付けなどの繊細な仕事をするポジションなので、和食の要ともいえる担当です。

分業制のお店の場合はこのように担当が分かれており、それぞれ自分の担当の持ち場のものを調理します。

味付け担当に抜擢されるということは、かなりポジションが上になるということです。

他にもこの上記の方たちは新人教育などの仕事もあります。

ホテル和食の場合

ホテルや旅館などの宿泊施設の場合は、料亭のように細かい担当になっているかどうかはわかりませんが、仕事内容は同じように日本料理の調理になります。

宿泊施設の場合はメニューが決まっており、また提供数も決まっているため料亭とは違い計画的に調理するという点があります。

料亭の場合は、追い回しと呼ばれる下積み段階の人達が主に野菜の皮むきなどの下準備や盛り付けなどを担当しますが、宿泊施設の場合は場所によっては役職などは関係なく下準備から調理、盛り付けまでをこなす場合があります。

料亭との違いは、決まった時間内に決まった数を調理し提供するという点です。

料亭と違い、タイムスケジュールが一定ということが言えるでしょう。

また、新人教育はホテルなどの板前にもあります。

個人経営のお店の場合

個人経営のお店の場合は職人の人数が少ないため、基本的に上下関係が他の職場よりもやや薄くなる傾向があります。

そのため、仕込みの係りや調理のポジションなどは関係なしに全員が全ての仕事が出来るといった仕事になります。

私が働いていた職場もこのタイプで、板長は主にカウンター越しの調理を担当するため、板長以外の二人の従業員がカウンター以外の調理を全てこなすといった仕組みでした。

そのため、出汁をとる事や味付けをするといった仕事も入社してから早い段階で教わることもあります。

少人数制なので新人教育といった仕事はありませんが、調理全般から後片付けといった仕事全てに着手します。

板前の仕事はどんな人に向いている?

板前というのは、いわば日本料理の職人です。

そんな板前を目指す場合、いったいどんな人が向いているのか疑問に思うことがあると思います。

どういった人物像が板前の仕事に向いているのか、解説していきたいと思います。

板前になる熱意がある人 

板前の場合、最低3年は下積み生活といわれ、その先も10年まではほぼ板前と呼べるポジションではありません。

一人前の板前になるには最低10年と見ると、忍耐と辛抱が必要な仕事になります。

その間、追い回しと呼ばれる一番下の見習い期間から始まりますが、追い回しとはいろんな担当の先輩方から雑用を受け、仕事に追い回されるから追い出しと呼ばれます。

それほど忙しいポジションであるため、その期間でも堪えて修行を続けるためのある程度の忍耐が必要となります。

その期間を乗り越えなければ板前になる道はありませんので、熱意を持ってしっかりと長い年月をかけて勉強できる人で無ければいけません。

体力と精神力が強い人

板前は体力と精神力が必要な仕事です。

就業時間は長い時で1日12時間と、他の職業に比べるとかなりのハードワークです。

もちろん、それなりに休憩時間も長く設けられていますが、それでもやはり肉体的にも精神的にも疲労が溜まるお仕事です。

最初のうちは体が慣れないので、休みの日は寝るだけといった事も少なくは無いはずです。

そんな仕事を何十年も続けながら上を目指すというのは並大抵の体力や精神力では辛く感じてしまいます。

人並み以上の体力と精神力が備わった人が向いています。

料理が好きな人

基本的に調理というのが仕事の主な部分なので、料理が好きな人の方が苦手な人よりもこの職業に向いています。

漠然とした理想ではなく、料理が好きな人で板前を目指す方は勉強熱心な方が多いです。

なので、興味を持った上で就職を決意するということは仕事への熱意へ繋がります。

運動部での部活動経験がある人

学生時代に部活動などで運動部だった方は、縦社会を経験しているため職場の雰囲気に慣れやすいです。

板前の世界は縦社会が厳しいため、その仕組みや雰囲気に慣れていない人には辛い環境です。

野球部などの運動部はそういった環境が多いため、その環境に順応できる精神力が身についている方が多いです。

特に、6年間野球部でしたというように、一つの部活動をずっと続けてきた方などはまさに環境にあったメンタルが備わっていると思います。

板前の仕事に向いていないのは?

逆に板前に向いていないという人もいます。

今度はどんな人が板前に向いていない人なのかを解説していきます。

自分の時間を優先したい人 

板前の仕事は1日の拘束時間が長く、休日も少ないお仕事です。

そのため、自分のプライベート時間というものが極端に少なくなります。

仕事よりもプライベートが大事という人にとってはかなり厳しい職場環境になります。

縦社会が苦手な人

近年では厳しい体育会系縦社会という構図がある仕事が徐々に減ってきています。

今では年配層が現代の若者に合わせるといった傾向も出てきていますが、板前の世界では今も昔も立て社会がきっちりしています。

先輩や板長の教えに沿って働くという事が苦手と感じる方にはまず無理でしょう。

厳しさはそれぞれ違いますが、それでもヒエラルキーが存在する以上は自分の意思を押し通すことが出来ない環境です。

そういった職場環境に堪えられない方には板前は向いていません。

すぐふて腐れる人

最近は怒られ慣れていない人が増えていますが、仕事中に先輩から指導されたり注意されたりという事はあって当然です。

それが嫌ですぐに仕事を辞める人などはこの仕事には向いていません。

良いことは良い、悪いことは悪いとハッキリと指導されます。

その中で話をきちんと聞けなかったりふて腐れてしまうようでは、板前になるには少し厳しいです。

縦社会であるため、メンタル面が弱い方には不向きな世界になるでしょう。

板前の仕事を通して身に付く知識やスキル、経験は?

板前の仕事をしていく中で、身につく知識やスキルなどをいくつかご紹介いたします。

板前用語を覚える

仕事の中で板前独自の用語が存在します。

どの職場に行っても通じる用語なので、一度覚えると他のお店で働いたとしても役立てることが出来ます。

記事の前半に書いてある、板長を花板(はないた)と呼ぶように、独特な用語がいくつもあります。

賞味期限が短いものや先に使わなければいけない食材などをアニキと呼ぶなど、日常的に仕事で使用する用語が身につきます。

和食の基礎知識が身につく

和食は繊細な料理です。

そのため出汁の取り方や食材の扱い方など、基礎知識を身につける必要があります。

仕事をしながら和食の基礎を学び、そして自分のスキルとして身につけることが出来るので、生涯を通して役立つものになります。

食は生きていく上で欠かせないものであり、死ぬまで関わりのあるものです。

その技術を身につけるということは、一生を通して役立つスキルを身につけるということになります。

定年後に自分の店を持つ方などもいらっしゃるので、一生涯役立つスキルになるでしょう。

食材の知識が身につく

普通の家庭で料理する中では気づかない食材の知識などを学ぶことが出来ます。

食材の知識を身につけるということは、四季を通した食材の流通などにも精通できるということです。

ただ料理の腕が上がるだけではなく、知識が身につくというのは利点であり、人生を豊かにするものでもあります。

資格取得へのキャリアが身につく

調理の現場で2年以上実務経験を積むと、調理業務従事証明書をお店から発行してもらうことが出来ます。

この調理業務従事証明書を持っていれば調理師免許の資格試験に挑戦することが出来ます。

働きながら国家資格を取得できるというチャンスがあるので、学校に通ったりという手間がなくなります。

和の心が身につく

和食を通し、和の心を身につけることが出来ます。

和食は他の料理とは違い、四季を感じさせるものや繊細な技術で目で楽しむといった食のおもてなしにこだわりがあります。

そうしたものを日々勉強し、作り上げていくということで和の心を身につけることが出来ます。

現在では海外の方なども料亭に修行へ来るなど、日本のおもてなし文化を学べる職業でもあります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアアップと一言で言っていいほど甘い道のりではないので、まず時間をかけて学ぶということが最大のポイントです。

板前という職人になるだけでも相当な努力と苦労が必要です。

その板前と呼べる役職になるという事がキャリアの頂点と言えます。

強いて言えば、一流の料亭の料理長になる、自分の店を構えるといったところでしょうか…。

それも全て長い年月をかけた上で得る物なので、現代のような資格さえあれば・経験さえあればという軽い考えでこの業界でキャリアアップという言葉を使うのは私的には気が引けてしまうほどですが、一流の板前になるには生涯学び続けるくらいの覚悟で仕事に従事することが大切です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

調理関係の仕事にはかなり有利になります。

特に、板前というのは一から調理をする職業なので、現代の半調理品が多い大手チェーン店や居酒屋などの場合はかなりの高確率で採用されます。

調理経験者ということで、飲食業界ではかなり重宝されます。

自分でお店を持つ事ができる?

最低でも3~5年ほど修行を積んだり勉強した方々は、自分のお店を持つことが多いです。

高級料亭の板前の場合は後を継いだり暖簾わけをしたりという形で店を持つので、数年ですぐに自分の店を持てるわけではありませんが、自分でお店を経営したいという気持ちがある人は少なくありません。

板前の仕事をしているうちに自分の店を出すことに憧れる場合と、店を持つことに憧れてから板前修業を始める場合がありますが、どちらも最低3年以上は他所で修行をします。

一通りのことを出来るようになれば、お店を持つ準備が整います。

中には自分のお店を持ちたい人を支援する料亭などもありますので、最初に目標を決めていた方が道のりは早いです。

私が勤めていたお店の板長は脱サラ後に5年間修行をしてお店を始めたそうです。

まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

今回の記事で板前について解説しましたが、思った以上に厳しい世界ではあります。

しかし、日本の職人という素晴らしい職業であり、誇れる仕事です。

板前になりたいという気持ちがある方は、その気持ちを持ち続けてこの業界に足を踏み入れてみてください。

必ず人生で役に立つことを学ぶことが出来ます。

生涯を通して役に立つスキルや知識が身につくことは確かですので、興味がある方はぜひ目指してみてください。


関連キーワード

板前求人