棚卸しのアルバイトと聞いてどのような仕事かイメージがつくでしょうか。

そもそも棚卸しとはなんなのかご存知でしょうか。

棚卸しとは、お店の商品の在庫をチェックしていく作業です。

そうすることで、データ上の在庫と実際の在庫が合っているかを確認していきます。

その作業が棚卸しです。

私は実際の在庫を調べるのを専門の仕事としている会社でバイトをしました。

在庫チェックは、お客さんがいる時間ではできないため、閉店後の夜間に行っていました。

私は棚卸しの仕事をするまで、どういうものかも分かりませんでした。

そんな私がやってみてどうだったか、実体験をふまえてご紹介していきます。

少しでも参考になればと思います。

私はこんなところで棚卸しアルバイトをやりました

私がした棚卸しのバイトは、ある棚卸し専門の会社のバイトでした。

いつもその棚卸しの会社の事務所に集合して、その日一緒に仕事をするメンバーと車で仕事の場所へ出発するというやり方でした。

仕事の場所が近ければ、その場に自分で行き、自分で帰るということ、いわゆる直行直帰も事前に伝えておけば、可能でした。

どんなところに行くかというと、ホームセンターやショッピングセンター、本屋さん、洋服屋さん、スーパー、コンビニ等様々でした。

私は夜間に入っていたので、コンビニは昼に終わらせるので行くことはなかったです。

それぞれの分野や、お店によってカウントの方法が異なるので、事前に説明を受け、行っていきました。

お店によっては、テストが行われ、そこでミスをするとその日その人は仕事ができなくなるという厳しいお店もありました。

私がバイトした会社は、全国チェーンだったため、基本的には事務所がある県の、先程述べたようなお店へ行っていました。

ですが、人手が足りない場合は、近隣の県にもヘルプとして参加したりもしていました。

その場合、拘束時間は長かったですが、長距離手当が出たので、給料的には良かったです。

棚卸しアルバイトをやってて良かったこと

棚卸しのバイトが実は初のバイトなのですが、楽しんで働くことができました。

棚卸しアルバイトをやってて良かったこと1:色んな人と仲良くなれる

棚卸しの仕事には、正社員、バイトとかの雇用の違いだけでなく、自分と同じように短期でバイトしている学生、主婦の人、フリーターのひとなど色んな人がいました。

しかも、働いている人数は結構いて、その都度色んな人と組むことになるので、そのたびに色んな話ができて楽しかったです。

棚卸しアルバイトをやってて良かったこと2:ゲーム感覚で仕事

棚卸しの仕事は、誰がいくらカウントしたかが全て集計されています。

私が慣れてきたころ、集計が早いと褒められました。

その頃に正社員の人とジュースをかけてカウント数で競ったりして少しゲーム感覚で仕事したことがあります。

気さくな方だったからというのもあるとは思います。

棚卸しアルバイトをやってて良かったこと3:たまに差し入れ

多くあることではないですが、仲良くなった正社員の方や、仕事をしに行った先のお客さんから、冬は寒いからとあったかい飲み物を頂いたりしました。

これは嬉しかったです。

棚卸しアルバイトで働くメリットとは?

棚卸しアルバイトで働くメリット1:時給がいい

当時兵庫で大学生をしているときにこのバイトをしていました。

夜間のバイトのため、時給は1000円を超えておりました。

兵庫だと通常良くても900円代でしたので、この時給は嬉しかったです。

特殊なのは、この仕事は移動時間も多いです。

移動中も少し安くはなりますが、給料が支払われていました。

ドライバーはプラスで手当てがつくようになっていました。

ドライバー以外は車の中で自由にしていてよかったので、仲良くなった人と話したり、寝たりしていてもお金がもらえたので、これはよかったです。

ちなみに私は週5-6日バイトし、20万円近く稼いでました。

棚卸しアルバイトで働くメリット2:長期休みに短期でバイトが可能

棚卸しの時期というのは、決算月などのタイミングになりますので、ちょうど大学の長期休みとかぶっていました。

その時期は繁忙期で、いくらでも入れる状況でしたので、短期でバイトがしたい人にはぴったりです。

私は看護学生でしたので、実習がない一か月間とかでも受け入れてくれましたし、また次の長期休みになった時に入りたいといえばすぐ入らせてもらえました。

棚卸しアルバイトで働くメリット3:能力による時給アップ

いくつかにランク付けされており、どれくらいの数を正確にできるかを判断され、軽い筆記テストを受けたらすぐにアップできました。

しかも、期間空いて復帰したときも、そのランクから再開できたので、時給は良かったです。

棚卸しアルバイトで身についたこんなスキル

コミュニケーション能力と、こつこつやる能力が私は身に付きました。

棚卸しアルバイトで身についたスキル1:コミュニケーション能力

棚卸しのバイトって、もくもくと作業するし、いらないんじゃないのと思われるかもしれませんが、意外と必要だったりします。

何故かは先程少し書いていた通り、色んな人と仕事をするからです。

初対面の人も多くいたりするケースもあるので、その人たちと連携を取りながら作業を進めていきます。

ですので、日を重ねるごとにコミュニケーション能力が身に付きます。

棚卸しアルバイトで身についたスキル2:忍耐力

ひたすら物をカウントしていくのでほぼ同じ作業を繰り返していきます。

それに飽きることなく、もくもくと作業できないといけないので、忍耐力は鍛えられました。

棚卸しアルバイトはこんな人におすすめです!

色んな人と仕事ができる人、同じ作業の繰り返しでも飽きずにできる人におススメです。

あと冬は寒さに強い人。

棚卸しアルバイトにおすすめな人1:色んな人と仕事ができる人

先程もお伝えした通り、色んな人と仕事をするので、そういうのができる人や、そういうのがいいという人にはおススメです。

棚卸しアルバイトにおすすめな人2:繰り返し作業

こつこつと単純作業を繰り返すことができる人にはおススメです。

棚卸しアルバイトにおすすめな人3:寒さに強い人

棚卸しの作業は、閉店後に行うので、エアコンがついていないケースがあります。

そうなると、冬は正直寒いです。

会社からカイロを支給されたりしますが、他にも自分で防寒対策しないとやっていけませんでした。

ホームセンターだと、園芸や木材などのカウントは外で行うケースもありました。

重い商品が多いので、男性中心で行っていましたが、とても寒いと言っていました。

まとめ

私が経験したことをふまえてご紹介していきました。

実際イメージしていたものとは違うこともあったかもしれません。

少しでも参考になれば幸いです。


関連キーワード

棚卸し求人

棚卸し求人についてもっと深堀りした情報を見る

棚卸しが向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

棚卸しの仕事と聞いてどのような仕事のイメージを持つでしょうか。どんなお店でも行われていることですが、あまりお客様の目に触れない作業になるので、イメージできない人、知らない人は多いと思います。私もこの仕事をするまでは、どんな仕事なんだろうと思い、イメージもできませんでした。ここでは、実際に私が経験した棚卸しのバイトをもとに、どんな仕事か、特徴や、それを活かせる職種、仕事についてご紹介していきます。あくまでも参考にしていただければと思います。会社によっても多少異なる点もあると思います。棚卸しはどんな仕事?お店には多くの商品があり、データ上でその個数などは管理されていると思います。そのデータ上の商品

棚卸しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

棚卸しの仕事と言われて、どのような仕事かイメージされますでしょうか。私も経験してどんなものか知りました。その実体験をもとに、棚卸し仕事がどんな人に向いているのか、キャリアについてなどご紹介していきます。棚卸しの仕事はどんな仕事?簡単にいうと、在庫の数を調べる仕事です。それぞれのお店などでは、定期的に在庫のチェックを行い、それがデータ上のものとあっているかをチェックしていく必要があります。このカウントの作業を、棚卸しのバイトでは行っていました。棚卸しの仕事はどうやって探す?私はバイトの求人サイトで見つけました。ネットで棚卸しの仕事で調べるとでてくるみたいです。私が探したときは、短期のバイトで探し

棚卸しバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

棚卸しのバイトと聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。地味な作業を繰り返していったり、会話などなくやっていくから、コミュニケーションとか苦手でもできるとか、夜間のバイトとかそういうイメージ多いと思います。そもそも棚卸しがどういう仕事なのかも知らない人もいらっしゃるかもしれません。ですので、まずは、棚卸しとはどういう仕事なのか、実体験をもとにご紹介していきます。棚卸しバイトはどんな仕事?私は、棚卸しを専門とする会社でバイトをしていました。棚卸しは、お店の在庫をチェックする作業です。データ上の在庫の状況と、実際のお店の在庫の状況が合っているかを確認するために行います。棚卸しバイトの大まかな