華やかな仕事として、昔も今も大変人気があるイベントバイトの仕事ですが、一見楽しそうで、他の仕事に比べてラクそうで、しかも給料が良さそうに見えます。

あまり、デメリットらしいことは思い浮かばないのですが、今回はイベントスタッフ経験者がイベントスタッフのデメリットを紹介し、またそれでも頑張れる嬉しいことややりがいなども紹介します。

イベントスタッフのよくある10個の仕事とは

イベントスタッフの仕事のデメリットを並べる前に、まずはイベントスタッフのよくある仕事を紹介します。

コンサートや夏フェス

コンサートや夏フェスは大規模なイベントのため、たくさんのスタッフが必要ですので、求人を頻繁に見かける案件です。

受付やグッズ販売、チケットチェック、場内誘導など業務は多岐に渡ります。

特に夏場には多いです。

くれぐれも無料でライブが楽しめるという心構えで業務に入ってはいけません。

遊園地やデパートのアトラクションショー

小さいお子様向けのイベントが頻繁に行われる場所として、遊園地やデパートがあります。

司会進行や景品渡し、入退場整理などが主な業務です。

我を忘れて、小さいお子様と一緒に楽しく遊ぶ仕事です。

子供好きの方に向いています。

アイドルのイベント

集客の多いイベントとして、アイドルのイベントがあります。

熱狂的なファンの冷静さを欠いた行動を制止したりするなど重要な役目があります。

最近では暴走するファンによる事件も増えていますから、自分自身の身の安全を守る行動も必要になってきます。

新作ゲームソフトのイベント

新作ゲームソフトの販売イベントもたくさんの人が集まるため、アルバイトの動員が多いです。

場内誘導や整理などが主な業務です。

ゲーム好きの方はすぐに対応しやすい業務であるかと思います。

企業のコンベンションホールイベント

企業のコンベンションホールイベントは大きな会場で行われますので、会場の規模に応じてスタッフの動員が必要です。

まだ発売前の新製品の発表会などが多いです。

新しい物好きの方に大変向いているイベントです。

自動車の展示会やモーターショー

自動車の展示会やモーターショーは毎週のように全国で行われています。

自動車イベントは、自動車免許を持っていることがスタッフとして入るには必須です。

また、日頃から自動車の運転をしていると入れる仕事も増え、リピートされる可能性も増えます。

自動車好き方、レース好きの方には大変向いているイベント業務です。

企業の就活イベント

企業の就活イベントは毎年必ず行われますので、イベント会社にとっては、大勢のスタッフの依頼を定期的に受注出来るクライアントですから、失敗は許されない大事な取引先です。

イベントの趣旨から現役大学生は就活イベントに入ることは出来ません。

社会人経験のある方が好まれます。

医療系の学会

医療系の学会も定期的に行われますので、イベント会社にとっては重要な取引先ですから、動員されるスタッフも若いスタッフよりは社会人経験のあるスタッフ中心に派遣されます。

お医者様や製薬会社の方がお客様ですので、丁重な対応が望まれホテル勤務や秘書経験のあるような方は特に優遇されます。

企業の株主総会

企業の株主総会も若いスタッフよりは社会人経験のあるスタッフが中心に派遣されます。

クローク係や事務局スタッフ、VIP対応、マスコミ対応、総会運営補助などの業務があります。

スポーツ競技大会

マラソンや駅伝、サッカー、野球など様々なスポーツ競技大会もたくさんのスタッフが必要です。

スポーツ競技大会ということで屋外の現場であることが大半です。

スポーツ競技に興味のある方、スポーツ競技の経験のある方には最適の仕事です。

イベントスタッフとして働くデメリットとは?

外部からはあまりデメリットを感じないアルバイトの筆頭のように感じるイベントスタッフの仕事ですが、仕事である以上は何らかのデメリットはあります。

ここでは、イベントスタッフとして働くデメリットをご紹介します。

舞台裏など見たくないものを見てしまう

この仕事をやる前は、あくまで表側の世界しか知らなかったのが、世間にはわからない裏側の世界を見てしまうわけです。

今までは夢のような場所だったはずなのが、そうではなくなってしまうことに葛藤を持つ人は多いです。

自分がお客さんとして楽しみにしているイベントの仕事は、もしかしたら避けたほうがいいかもしれません。

時間が不規則

イベントには定時という概念がなく、イベントの終了時間後の撤収完了時間が業務終了時間です。

住んでる場所によっては、朝は始発電車、夜は最終電車になってしまうことが多々あります。

イベントの仕事は、時間が不規則で仕事の後の予定が立てづらいのがデメリットです。

定時勤務を希望されている方には向いていません。

拘束時間が長い

イベントの仕事は開始が早朝、終了が深夜近くになるため、拘束時間が長いです。

ですので、体力にあまり自信のない方には辛い仕事かもしれません。

体力に自信がなく、短時間の勤務を希望している方はイベントの仕事は避けたほうがいいでしょう。

人間関係が大変

毎回、違う現場で違う人間関係の中で仕事を行なっていかねばなりませんので、人間関係がとても大変です。

人見知りの激しい人には毎回と言っていいほど、初対面の人と仕事をしていかねばならない環境はかなり過酷と言えます。

安定した人間関係を望んでいる方は、イベントの仕事は大変かもしれません。

組織図が複雑

ひとつのイベントは主催者と協賛企業など様々な立場の人達と一緒に仕事をします。

朝の早い段階でどの方がどこの会社の所属で、どういうポジションにいる方かというのを把握しなければなりません。

また、イベント会社も一社だけではなくて、複数の会社が入っているケースが大半です。

渡されるマニュアルをもとにどういう組織体系になっているかを把握しなければなりません。

予定や計画が頻繁に変更になる

イベントの仕事は当初の予定や計画が頻繁に変更になります。

変更の度に段取りが変更になりますから、その都度、変更になったものを頭に叩き込まなければいけません。

その変更が客観的に見て、あまり合理的でない変更であっても主催者の要望が絶対ですので、それに従うしかありません。

柔軟性に欠ける方にはイベントの仕事はキツいかもしれません。

仕事場が遠い

都心の中心部で行われるイベントもありますが、比率としては都心から少し離れたコンベンションホールで行われることが多いです。

具体的には横浜のパシフィコ横浜や千葉の幕張メッセ、東京の東京ビッグサイトなどが挙げられますが、例外無く中心部からのアクセスは決して良いとは言えない場所にあります。

数日にわたって開催される場合は毎日通わなければならず、負担も小さくありません。

同じ勤務先を希望されている方には、毎日のように勤務場所が変わるイベントの仕事は大変でしょう。

守秘義務が厳格

イベントの現場では、現場の外に漏らすことが出来ないことが溢れています。

そういう環境の中で仕事をするのは大変なストレスを感じることでしょう。

守秘義務が厳格であることはデメリットのひとつです。

ついついお友達や家族に何でも話してしまうようなおしゃべりな方はイベントの仕事は向いていません。

個人情報などの重要な書類の管理

イベントの仕事はどうしても情報共有と業務遂行の為、個人情報などが盛り込まれた資料を携帯して忙しく動き回らなければいけないので、しっかり携帯しないと紛失しかねません。

万が一、紛失した場合は何らかの罰則があります。

貴重品管理が苦手な方には辛い仕事です。

これがあるから頑張れる、イベントスタッフのやりがい、嬉しいこととは?

イベントスタッフのデメリットから並べましたが、その反面メリットも多々あります。

ここでは、イベントスタッフのやりがいや嬉しいこと、これがあるから頑張れることをご紹介します。

有名人を身近に見られるチャンスがある

守秘義務は守らなければいけませんが、イベントの現場では、各界の有名人を間近に見たりする機会にかなり恵まれます。

もちろん写真を撮ったり、サインを貰ったりすることは出来ませんが、仕事で有名人に会えるのはメリットといえます。

仕事は仕事としてしっかりやる合間で、たまにそういうことがあると辛い仕事も頑張れますね。

給料が良い

イベントの仕事は拘束時間が長いので、残業代や深夜手当てなどが付くケースが多く、体力的に大変な仕事ではありますが一か月目一杯働くとかなりの手取りになります。

給料が良いのが、イベントの仕事のメリットです。

毎日のように違う現場で、毎回違う人々と朝から夜まで大変な日々が続くわけですが、給料明細や銀行の預金通帳を見ると疲れも癒されるでしょう。

支給されるお弁当が豪華

イベントの仕事は、昼食の弁当が支給されることが多いのですが、その支給されるお弁当がかなり豪華なお弁当のことが多いです。

お弁当が支給されるだけでも嬉しいことですが、さらに豪華なお弁当だとしたら、仕事のやる気も倍増しますよね。

また、お菓子や飲み物も用意してくれる場合もあります。

お客様や参加者との触れ合い

裏方の仕事とは違い、直接イベントのお客様や参加者と触れ合う機会に恵まれるのがイベントスタッフの良いところです。

直接、お客様から感謝されたり、励まされたりするとまた頑張ろうという気になりますよね。

イベントスタッフの仕事を考えている方々へ、知っておいてほしいこと

イベントスタッフのメリットとデメリットをご紹介しましたが、イベントスタッフを始めるにあたって知っておいて欲しいことをご紹介します。

是非、知っておいて下さい。

華やかなイベントでも現場は地味なこと

どんなに華やかなイベントでも、その舞台裏は例外なく地味な作業場です。

地味ながらもしっかりとした舞台裏があってこそそのイベントの良さが光るのです。

指示されたことは一見、表舞台には関係無さそうに見えても必ず何かしらの影響のある作業です。

どんな作業も疎かにせず誠実にこなしましょう。

小さいイベントだろうと大きいイベントであろうとこれは共通です。

現場は体育会系のような雰囲気

イベントスタッフの方は体育会系的なハキハキとした方が多く、当然のことながらそういう方は現場ですぐに馴染むことでしょう。

人間ですので、仕事中に色々と意に沿わないと感じることがあるかもしれませんが、勤務中は明るく元気に振る舞いましょう。

そうした自分自身の心掛けが円滑な人間関係を築きあげ、自分自身が働きやすい環境を作りだすのです。

単純作業の手抜きは命取りとなることも

表向きは華やかな現場ですが、実際は地味な作業の繰り返しです。

あまりに単調でついつい他のスタッフと話しながら作業をしてしまい、単純なミスをしてしまい、思わぬトラブルに発展してしまうことがあります。

意外に単純作業を疎かにしたことによるミスで、大きなトラブルに発展することは多いのです。

ディレクターやリーダーから指示されたことはしっかりとこなすようにしましょう。

自分がイベントを支えているという自覚を忘れずに

仕事に入るのは、イベント当日だけかもしれませんが、イベントの主催者はかなり前からこのイベントの為の準備を行い、かなりのお金を掛けてイベントを行なっている訳ですから成功するために必死です。

イベントスタッフが必要以上にそのことを重荷に感じる必要は全くありませんが、だからこそ仕事で期待に応えるようにしたいところです。

一緒に働く上で、同じ目標を共有し、自分がイベントを支えているという自覚を持って仕事に打ち込みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、イベントスタッフのデメリットややりがいや嬉しいことをご紹介しました。

仕事ですので、メリットよりもデメリットのほうが多くなるのは当たり前のことでしょう。

華やかな仕事だからこそ、実は舞台裏は対照的に地味な現場なのです。

華やかな部分など全体の1割にも満たないでしょう。

他の仕事でも同じですが、デメリットとされることを日々克服することを繰り返し、その先にやり甲斐や生き甲斐を見出していくものですが、イベントの仕事も同じです。

他の仕事と同じようにどんな作業も疎かにせずに他のスタッフと協力してとにかく一生懸命頑張りましょう。

イベントスタッフの仕事のメリットはこちらをご覧ください。


関連キーワード

イベントスタッフ求人