着ぐるみバイトがおすすめな理由についての写真

着ぐるみバイトというアルバイトがあるのをご存知ですか?

実はさまざまな場所でよく目にする着ぐるみはアルバイトであることが多いのです。

そこで今回は、実はオイシイ着ぐるみバイトの魅力や、着ぐるみバイトがおすすめな6個の理由、さらにその苦労やおすすめの着ぐるみバイト3選などを経験者が教えます!

着ぐるみバイトってどんなバイト?

着ぐるみバイトは、きっと皆さんがイメージされている通り、着ぐるみを着てお客さんの集客やステージショーなどに出演する仕事のことです。

しかしその中身がアルバイトというのはあまり知られていません。

それぞれの着ぐるみの種類によっては、中身がその店舗や施設などの社員であることも多くありますが、単発での着ぐるみによる集客などの場合は日雇いのアルバイトが行っていることが多くあります。

それぞれの場所別での着ぐるみバイトの内容を見ていきましょう。

ショッピングセンター

よくショッピングセンターの入り口や広場などで、そのショッピングセンターのキャラクターや人気ヒーロー・ヒロインの着ぐるみが集客をしていることがあります。

これらは多くの場合日雇いのアルバイトであることが多く、単発で1日限りの雇われた人が当日そのショッピングセンターに来て行っています。

多くの場合、定期的に行うことは少なく、ショッピングセンターがキャンペーンや新規オープンのときの集客の起爆剤として行います。

夏休みや年末年始、さらにはゴールデンウィークなどに需要が多いため、大学が休みで暇な時に1回くらいチャレンジしてみると、友だちの間で話のネタにもなるのでおすすめです。

ゲームセンター

ゲームセンターでも、お子様の集客のために「○○がやってくる!」といった販促の着ぐるみショーが行われます。

そのゲームセンターに勤務するアルバイトや社員が対応することもありますが、人手が足りていないことから日雇いのアルバイトを使うこともあります。

そこまで高度なことを要求されることはなく、ゲームセンター内を周回したり、寄ってきた子供たちと戯れたり、一緒に写真を撮る程度の内容であることが多いです。

また、多くの場合は子供たちに人気のテレビキャラクターであったり、癒し系のファンシーキャラクターであることが多く、キャラクター好きな方にとっては「自分があのキャラクターになりきって子供たちからキャーキャー言われている!」と楽しい気分に浸れるのが醍醐味です。

携帯ショップ

携帯ショップでも最近集客のために各社のオリジナルキャラクターの着ぐるみでノベルティなどを配布することが増えてきました。

特にショッピングセンター内に店舗を構える携帯ショップでは土日や夏休み期間など人の集まるタイミングで多く行っています。

そこまで子供たちからもみくちゃにされることもなく、暇そうに立っているだけのことも多いため、着ぐるみバイトの中ではかなり楽な方であるといえるでしょう。

観光名所やアミューズメント施設、遊園地など

遊園地で遊ぶ家族

観光名所やアミューズメント施設、遊園地などの着ぐるみアルバイトは日雇いではなく定期的なものであることが多いです。

その頻度が高く、動きに対してもある程度の決められたルールがあることも多いため、事前に研修を受けたり同じ人に入ってもらうことが多くあります。

着ぐるみバイトがおすすめな6個の理由とは?

着ぐるみバイトは、学生やフリーター、あるいは土日に副業を考えているサラリーマンなどにおすすめです。

その理由を6つご紹介します。

とにかくキャラクターになりきるのが楽しい

さまざまなアルバイトがありますが、ただただ何も考えずに楽しいと思えるアルバイトはそこまでありません。

着ぐるみバイトは、昔ヒーローやヒロイン、なにかになりきって遊ぶことが好きだった方にはぴったりです。

どのようなキャラクターであれ、その動きやリアクションなどを想像し模倣しながらなりきって演じることがとても楽しいのが特徴です。

子供たちから大人まで囲まれて人気者になった気分になれる

着ぐるみは、子供たちから大人まで、つい引き寄せられてしまいます。

場所にもよりますが、かなり多くの老若男女に取り囲まれることもあり、まるで自分が人気者になったかのような気持ちに浸れるのも醍醐味のひとつです。

スキル不要で日雇い&当日行ってすぐに稼げる

なにかアルバイトを始めようと思っても、一からその業務内容を覚えなくてはならないと考えるととても億劫な気持ちになることがあると思います。

たとえ日雇いであったとしても、たった1日の仕事のために事前にマニュアルを覚える必要があったり、その場で一生懸命レジなどの操作を覚えることもあります。

そんなときは、少しもったいないなぁ、めんどうだなぁ、と思うこともあるのではないでしょうか。

しかし、着ぐるみバイトはスキル不要で日雇い&当日行ってすぐに稼げるのがメリットです。

もちろん、この道を通ってこんな動きをしてください、程度の指示がでることはありますが、そこまで複雑なことはありません。

とにかく気軽にできるのは嬉しいポイントです。

また、シフトや決められた曜日で出勤するようなスタイルではなく、自分の空いた時間に登録先からの連絡をみて行ける日にバイトに入ることができるのも特徴です。

そのため、勉強で忙しい学生や、ほかの仕事と掛け持ちしているフリーター、さらには副業を考えているサラリーマンなどにもおすすめです。

実はほとんどの時間が休憩時間

着ぐるみの中にいる時間は、健康上の理由で定められています。

着ぐるみ内はかなり暑くなり、また換気ができないことも多く、長時間着ぐるみの中にいると苦しく熱中症のような症状がおきます。

そこで、多くの場合着ぐるみの登場時間は30分程度、どんなに長くとも40分程度までにするようにしています。

また、かなりの体力を奪われるため、1回着ぐるみの中に入ったら1時間程度の休憩が体力回復のために必要とされます。

そのため、たとえば1日8時間程度の拘束の着ぐるみの日雇いバイトの場合、準備→30分着ぐるみ→1時間休憩→準備→30分着ぐるみ→1時間休憩……といった具合にほとんどの時間が休憩時間であることが多いです。

その休憩時間の間は控室のような場所で休んだり、寝たり、水分補給をするなどある程度自由に過ごせることも多く、拘束時間内の実働が少ないのはかなりオイシイといえます。

ショッピングセンターなどの裏側が見える

着ぐるみバイトは、ショッピングセンターなどの従業員通用口内の倉庫等で着替え、裏口から表の広場などに出ます。

普段なかなか見ることのできないショッピングセンターなどの裏側を垣間見えるのは少しワクワクする体験です。

従業員同士のやりとりなどを見て、その大変さや舞台裏をみることができる貴重な体験ができるのもならではのメリットと言えるでしょう。

接客や人前に出るのが苦手でも着ぐるみの中は一人きりなので気が楽

アルバイトをしたいけれど、接客や人前にでるのが苦手だというひとも多いかもしれません。

しかし、着ぐるみは人前に出ているけれども自分の体は全く表に出ないという不思議な空間です。

多くの人に囲まれながらも、着ぐるみの中は一人きりの個室空間のような状況なので気が楽なのは、人見知りの方にはとっても嬉しいところです。

思ったことが顔に出てしまう方や、あまり直接人とのやりとりをするのが好きではないという方にもおすすめできます。

しかも、倉庫での作業系のアルバイトよりもメリハリがあり、時間が過ぎるのが早いので、接客は嫌だ……でも単純作業も苦手……という方にはぴったりのアルバイトでしょう。

着ぐるみバイトで大変なこととは?

たくさんのメリットがある着ぐるみバイトですが、大変なことや苦労する点ももちろんあります。

できるだけ体力に自信のある若い人にチャレンジしてほしい理由とその内容について解説します。

かなり体力勝負で消耗が激しい

着ぐるみバイトが体力勝負で消耗が激しい男性

着ぐるみのタイプにもよりますが、頭に重たい着ぐるみの頭部を被るタイプなどはかなり肩から腰にかけての負担が大きく、体力勝負です。

また、頭部だけでなくカラダ部分も動きづらく、ずっしりと重みがあることも多いため、さらに暑苦しいために体力を奪われます。

そのため中に入れるのは30分程度と決められていますが、それでもかなり回復に時間がかかるほどの体力勝負です。

着ぐるみのタイプによっては暑い

着ぐるみのタイプには大きく分けると2種類あり、送風機で空気を送り込みふくらませた中に入るタイプのものと、硬いぬいぐるみの中に入り込むタイプがあります。

送風機で空気を送り込みふくらませた中に入るタイプは比較的風も吹いてくるため涼しいのですが、硬いぬいぐるみの中に入り込むタイプは中がかなり暑くなります。

空気の抜ける部分がほとんどないため、中が密室状態になりかなり蒸れることがあります。

たとえ真冬であっても暑いので、夏の外での着ぐるみはとてつもなく暑さとの戦いとなります。

首にタオルを巻いて硬いぬいぐるみの中に入り込むタイプにはいったとしてもすぐにタオルがぐっしょりと濡れるほどの湿気です。

着ぐるみのタイプによっては酸欠になる

さらに、硬いぬいぐるみの中に入り込むタイプは酸欠になりかけることが多くあります。

着ぐるみの登場時間を終えてもしばらくは休憩し外の空気を吸いに行きたくなります。

そのため、かなり体力に自信があったり、水泳をやっていたなど肺活量に自信がある方にチャレンジすることをおすすめします。

おすすめの着ぐるみバイト3選

ここまで読んでいただき、ぜひ着ぐるみのバイトにチャレンジしたい、と思った方におすすめの着ぐるみバイトを3つご紹介します。

それぞれの度合いによっておすすめの着ぐるみバイトの種類が異なりますので、気分に合わせてチェックしてみてくださいね。

気軽な日雇いタイプの着ぐるみ事務所に登録

まずは気軽にチャレンジしてみたい、初めてだけど定期的に、あるいは空いてるときだけ着ぐるみバイトに入りたいという場合には、着ぐるみバイトの事務所に登録しましょう。

場所や日時がさまざまある中から自分の都合に合わせてバイトに入る場所や日時、着ぐるみの種類を選ぶことができます。

しっかり極めたい!戦隊ヒーローや人気キャラクターにもチャレンジできる事務所に登録

何度か着ぐるみバイトを経験し、さらに着ぐるみバイトをもっと極めたい、さらに戦隊ヒーローや人気キャラクターにもチャレンジしてみたいという意欲がわいた方はさらにバージョンアップした事務所に登録しましょう。

日雇いのものとは異なり、事前にそのキャラクターの動きをしっかりと再現するためのレッスンがあることが多く、そのキャラクターの着ぐるみをやっても問題がないと認定されなければ人前に出ることができません。

しかし、時給などもアップしますし、テレビなどで子供たちに人気の有名キャラクターや戦隊ものなどの着ぐるみに入ることができるのはかなりテンションがあがります。

また、定期的な仕事としてオファーがあったり、正社員として勤務することができる事務所もありますので、自分の働きたいスタイルに合わせて事務所を選び、契約をすると良いでしょう。

ガチで極めたい!ディズニーランドなどの本格的な着ぐるみに挑戦

さらにガチで極めたいと思った場合には、ディズニーランドやサンリオピューロランドなどの本格的な着ぐるみにチャレンジする道もあります。

その場合は、そのアミューズメント施設との契約となり、正社員や契約社員などの登用もあります。

まとめ

実はオイシイ着ぐるみバイトの魅力や、着ぐるみバイトがおすすめな6個の理由、さらにその苦労やおすすめの着ぐるみバイト3選などをご紹介してきました。

大学生のアルバイトとして一度は経験しておけば話のネタにもなりますし、かなり良い経験になります。

さらに、就職活動中の面接でのエピソードとしても使えます。

もちろん学生以外の方でもその魅力に興味があればチャレンジしていただきたいです。

日雇いで不規則に自分の好きなタイミングでアルバイトをすることができるので、週○回、毎週○曜日といったシフトが組みづらい方にもおすすめです。

とってもオイシイうえに楽しい着ぐるみバイトにあなたもぜひチャレンジしてみてくださいね!


関連キーワード

着ぐるみ求人

着ぐるみ求人についてもっと深堀りした情報を見る

東京の着ぐるみバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

自分自身も楽しみながら、子供たちの笑顔も見ることができる着ぐるみのアルバイト。一度は経験してみたいと思う方も多いことでしょう。そんな着ぐるみバイト求人の時給相場や、おすすめの東京の着ぐるみバイト求人の募集内容の特徴、人気なバイト先について解説します。体力に自信がないけれど着ぐるみバイトにチャレンジしてみたいという方も必見です。着ぐるみバイトはどんな仕事?具体的に着ぐるみのバイトはどのような仕事内容なのでしょうか。出勤したら導線や着ぐるみの動きなどを確認し、着ぐるみの準備を行います。箱などに入っている場合は広げておいたり、着やすい状態に整えることが必要です。そして登場時間になったら着ぐるみを着て

着ぐるみの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴について解説します

アミューズメント施設やイベント、催事などで登場する着ぐるみは子供たちに大人気です。そんな着ぐるみとして活躍できる仕事をやってみたいと考えたことがある方は多いと思います。着ぐるみの仕事はどんな人に向いているのでしょうか。着ぐるみの仕事が得意な人の特徴やその秘密のベールに包まれた仕事内容などについて解説します。着ぐるみの仕事はどんな仕事?着ぐるみの仕事は、多くの場合単発のアルバイトであることが多いです。イベントの期間中の短期の募集であったり、アミューズメント施設での期間限定での募集であったりします。その期間中、決められた時間に着ぐるみの中に入り、20分~40分程度着ぐるみとしてお客さんの前に登場す


着ぐるみ求人に関するコラム

着ぐるみの仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

着ぐるみの仕事といえば、中に入っているのが男性か女性か分からないですよね。体力も必要とされるため、男性にしかできないと思われがちですが、実は着ぐるみのお仕事は女性でも出来るのです。女性で着ぐるみ経験者の私が、女性だからこそ着ぐるみの仕事できたこと・大変だったことを解説します。着ぐるみの仕事のおおまかな仕事内容着ぐるみの仕事は、日雇いの場合とイベント会社などに登録し、正社員や契約社員で行う場合があります。日雇いの場合は決められた日時に指定された場所に行き、着ぐるみを着て子供たちやお客さんに対しグリーティングやショー、集客を行います。イベント会社の場合は、動きや仕草に指定のあるキャラクターの着ぐる

着ぐるみのアルバイトをやってて良かった3個のこと

イベントやアミューズメント施設で時折登場する着ぐるみ。あの中に入る仕事にあこがれたことはありませんか?多くの場合、着ぐるみの中に入るのは単発で募集したアルバイトであることが多いです。しかし、着ぐるみのアルバイトといってもさまざまなものがあります。ここでは、着ぐるみのアルバイトを経験し、着ぐるみのアルバイトやってて良かった3個のことについてご紹介します。私はこんなところで着ぐるみのアルバイトをやりました学生時代に1日限りの単発のイベントのアルバイトの募集としてアルバイト情報誌で見つけました。ある出版社の子供向け雑誌のイベントで、その雑誌のメインキャラクターの着ぐるみ担当者を募集していました。1日