飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。

カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。

そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。

カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。

企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、理想のカフェ店長像などをお話して行きましょう!

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長ってどんな仕事?

カフェ店長の仕事をざっくりと表すと、「お店に関する全てを行う仕事」です。

キッチン業務はもちろん、ホール業務、経理関係、スタッフの管理や教育、お客様対応、そしてお店の収益アップのための営業活動など全てを行うのがカフェの店長です。

基本的に店長は社員やアルバイトのフォローに回る仕事が多く、スタッフとコミュニケーションを取ったり、お店の営業を円滑にするための働きが求められます。

カフェ店長の仕事内容とは?

続いてカフェ店長の仕事内容を詳しく見ていきましょう。

お店に関係する全てのことを行うのが店長の仕事です。

開店準備

まず、朝は開店の準備を行います。

店舗の清掃から始まり仕込みは滞りなく進んでいるかを確認しながら、その日のスタッフは十分な人数が出勤する予定なのかや予約の確認とそのお客様の座席を調整したり、スタッフの能力に応じて仕事を割り振ったりと一限られた時間内でたくさんの業務に当たります。

カフェ店長は朝が一番忙しく、開店してしまったあとは主にホールで接客業務に当たることが多いです。

仕入れや業者との交渉

食材の仕入れに市場まで足を運んだり、業者とのやりとりも店長の大切な仕事です。

食材の質は料理に直接影響しますし、よく使う材料などの値段交渉は経営に関わることなのでとても重要です。

カフェには直接、または電話で営業に訪れる業者が多いので、その中から良いものを選ぶ力も必要です。

ホールでの接客

お客様がお店に入られてからの主な仕事は接客業務です。

接客業務と言うとその他スタッフと変わらないように思えますが、お客様との会話や料理の説明なども必要ですし、今待っているお客様はいないか、何かを求めているお客様はいないかなどのホール全体を見ることが店長の役目です。

その他スタッフの目の届かないところまで気を配ることができるのが良い店長であると言えるでしょう。

キッチン業務

店内が混雑してくると、キッチンはバタバタし始め料理の出るタイミングが遅れることも良くあります。

そんな時はキッチン内のどんなポジションへもサポートに入ります。

カフェはレストランと違い、ぱっと食べてぱっと出たいと言うお客様も多くご来店されるので、料理に時間がかかってしまうのはマイナスイメージになる場合があります。

混雑しそうだなと感じたらすぐにキッチンに声をかけ、予め準備をしておいてもらったり、ホールスタッフには「あのお客様の料理や対応を早くするように」と情報を共有させることも店長の仕事です。

スタッフの管理・教育・指導

カフェ営業に重要なスタッフの管理や教育、指導なども行います。

社員、パート・アルバイトの希望に応じた出勤日数や時間帯を考慮しながらシフトを決めたり、急な変更にも対応しなければいけません。

また、新人スタッフの面接や入社後の教育も店長が行います。

さらには何かトラブルが起こった時のスタッフの指導なども店長の仕事になります。

多くの人が集まって働く場ですから、スタッフ同士人間関係のトラブルも時には発生します。

その時も営業に影響が出てはいけませんので、いち早く解決するように話し合いの場に同席したり、仲裁に入ったりするのも店長の仕事の一つです。

母体となる会社とのやり取り

母体となる本社とのやり取りもあります。

毎日の売上報告に加えて本社からの要望に答えたり、本社で決められたことをスタッフに落とし込んだりもします。

本社と現場のスタッフの間に挟まれて大変なことも少なくありません。

経理関係全般

日々の売上の管理や報告書の作成、銀行への入金やさらに業者への支払い業務なども店長が行います。

お店にもよりますが毎月の予算は決められていることが多く、予算内に支出を抑えるよう買い入れの調整をしたりや人件費の計算なども行います。

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の仕事はどんな人に向いている?

カフェの店長には明らかな向き不向きがあります。

向いていない人であればその重圧や仕事量の多さに耐えきれず、店長になってすぐに退職を選んでしまうことも少なくありません。

どんな人が向いているのか?

詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力の高い人

カフェ店長はお客様とはもちろん、一緒に働く部下やパート・アルバイトともしっかりコミュニケーションを取れる人でなくてはいけません。

レストランや料亭のシェフとは違い、厳しく指導をするだけでは人は育ちません。

明るく楽しく働ける職場の雰囲気作りは店長の腕にかかっています。

実は私もカフェ店長として働いていた時に、職場の雰囲気作りに失敗してしまった経験があります。

その時は、ケーキ店から転職しカフェの働き方や一緒に働く従業員との距離感、接し方が分からず意識してコミュニケーションを取ることをしませんでした。

カフェで働く従業員は「明るい雰囲気の中で楽しく働きたい」と言う動機で入社する方が多く、上下関係もその他飲食店のように厳しくしてしまうと、ただの「厳しく近づきがたい店長」となってしまい長くは続けてくれません。

パート・アルバイトが何人か退職をした時点で「これはコミュニケーション不足だな」と気が付き、話し方や指導の仕方などを自分なりに改善しました。

するとお店の中がぱっと明るくなり、オープンな雰囲気に変化していきました。

今でもコミュニケーションの大切さに気がつけて良かったと思います。

視野の広い人

カフェ店長は全体を見ることが仕事なので、視野の広さが求められます。

目の前の仕事に集中してしまい、周りが全く見えなくなる人や一つの仕事で手一杯になってしまう人には難しい仕事です。

常に部下のフォローに周り、滞っている仕事があればそこを手伝いながら自分の仕事をこなす器用さ、柔軟性が必要です。

冷静で落ち着いている人

飲食店で働いているとお客様からのクレームがあったり、従業員の誰かが大きな失敗をしたりと予期せぬ事が起こります。

そんな時に店長は慌てず冷静に対処することが求められます。

カフェは少人数で運営しているので、店長の感情がその他の従業員に伝染しやすく店長が焦ったりパニックになってしまうと、店全体が「どうしよう」「大変」「やばい」と言う雰囲気に包まれてしまいます。

何が起きても冷静に落ち着いて、最善・最短の方法で問題を解決できる冷静さが必要です。

周囲に頼れる人

店長の仕事はとても多く、一人で抱えてしまうといつか間に合わなくなってしまいます。

責任感の強い人や真面目な人が陥りやすい考えですが、「店長なんだから全部自分がなんとかしなきゃ」と思って自分一人で抱えてしまうと、今度は従業員たちが「自分は頼りにされていない」と感じてしまいます。

責任を与えてしまうと負担になるので、責任は店長が持ったまま仕事をお願いすることができれば自分の仕事量も減りますし、従業員のやる気にも繋がります。

バランスの調整がとても大切です。

仕事が好きな人

カフェ店長はそのカフェが好きな人、お店に愛着がある人でないと務まりません。

と言うのも、店長になったからと言って決して高給ではないからです。

仕事量は多く大変でも、好きなお店のためなら頑張れる方はカフェ店長の仕事もこなしていけるでしょう。

逆にカフェ店長の仕事に向いていない人の特徴は?

続いてカフェ店長に向いていない方の特徴を見ていきましょう。

どれも努力次第で解決できることです。

良い店長になるために自分磨きを続けていきましょう。

いくつもの仕事を一度にこなせない人

毎日、たくさんの違う仕事を抱えるカフェ店長には一度に色んな仕事が舞い込みます。

クレームの処理をしている時に業者とのやり取りが入ってきたり、そうしているうちにお店が混雑してきて接客業務を優先しなければいけなくなったり、さらにパート・アルバイトのシフト変更があったりと本当にてんてこまいです。

このたくさんの仕事をぱっと素早く、そして正しく処理する能力がない人は「なんて大変な仕事なんだ」と思ってしまうでしょう。

何事も慣れではありますが、一つのことに集中するタイプの方は店長よりも料理人に向いているでしょう。

自分に甘い人

「楽をしたい」と言う気持ちは誰にでもあるものですが、店長がそうなってしまうとお店の雰囲気が一気にだらけたものへと変わってしまいます。

店長が自分に甘い人だと従業員たちもそれと同じように手を抜いたり、仕事に対して責任感を持てなくなったりと言った事態に陥ります。

周囲には優しく、しかし自分には厳しく仕事をこなせる方が店長に向いているのはどの業界でも同じでしょう。

「労働」に「やりがい」より「条件」を求める気持ちの強い人

先述した通り、カフェは店長と言っても決して高給ではありません。

もちろん一人で生活してけるだけの給与はありますが、賞与があるとは限りませんし有給の消化もできるかは入社してみないと分かりません。

カフェ店長の仕事にやりがいよりも「労働の条件」を求める気持ちの強い方は不満が出てくるでしょう。

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長のやりがいとは?

カフェ店長の仕事のやりがいを見て行きましょう。

店長というポジションは、お店やスタッフの成長がやりがいに繋がります。

お客様が増えた時

お店の売上が増えたり、お客様の数が増えた時にやりがいを感じます。

どんなに良いお店でも、最初からずっと流行り続けることはありません。

お客様のニーズに答え、常に新しいことに挑戦し続けるお店が客数を増やすことができます。

スタッフ教育が上手くいった時

カフェではたくさんのスタッフと出会いますが、みんなそれぞれタイプが違います。

大人しく場に溶け込もうとしないスタッフ、あまりシフトに入ってくれないスタッフもいれば店のために一生懸命働いてくれるスタッフもいます。

それぞれに合わせて教育や指導を行い、お店のために従業員が動いてくれるようになった時もやりがいを感じます。

カフェ店長の仕事を活かせる職種

カフェで店長を勤めたあとは、どんな仕事にもその経験を活かすことができます。

主なものをいくつか見ていきましょう。

営業

商品を売り込む営業の仕事は転職先として候補に上がります。

カフェ店長として身につけたコミュニケーション能力を存分に活かすことのできる職種と言えるでしょう。

接客業

カフェ店長として勤務したあとはあらゆる接客業でその経験を活かすことができるでしょう。

接客販売業はもちろん、ホテルや量販店などお客様と接する仕事には十分対応できます。

何かのリーダー役

人をまとめる力は誰もが身につけられるものではありません。

店長として勤務をすれば何かのリーダー役としての仕事にもすぐに対応することができます。

中には飲食業の店長を経験した後に学童保育の仕事に就いたり、何かの教室の講師として活躍を始める人も少なくありません。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

企業が経営する店舗で店長としての経験を積んだあとは、そのエリアのお店をまとめるマネージャー業などへキャリアアップが望めます。

個人の店舗で店長の上にはオーナーしかいない場合、店長業が最高のポジションになるのでその後は独立をしたり新規店舗のオープンを任されたりと言う道へ進みます。

まとめ

今回は「カフェの店長業」に注目してお話をしました。

カフェの従業員の仕事内容とはまた違う、責任の重い仕事だと理解していただけたでしょうか。

責任は重く重圧もありますが、ひとつのお店を任される大きな経験を積むことができます。

カフェの店長業を通じて「人を育てる」ことを学んだり、自分のコミュニケーションで足りないものは何か知ることができます。

辛く大変なことも多々ありますが、自分自身が人として成長できる仕事と言えるでしょう。


関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンス含む)食材の管理(食材の発注、賞味期限管理

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。カフェ正社員の一日を追って朝からご

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理

カフェの転職を成功させるためにやるべき3つのことと、上手な転職方法を解説します

好きで始めたカフェでの仕事も、年月が経つと転職を考えることもありますよね。今のカフェで勉強できることは終わったと感じたり、もっと成長できるところへ移動を考えたり理由は様々です。次の職場へ行こう!と思ったら、それがカフェの転職時です。今回は、現在カフェ店員として働いていて次もカフェで働きたいと考えている方へ、上手なカフェ転職方法と注意点をお話していきます!カフェの仕事で転職する人は多い?カフェの仕事は考えていたよりも忙しく、お給料も高くなかったのではないでしょうか。決して良いとは言えない条件の仕事を続けてこられたのですから、あなたはカフェ店員に向いている事と思います。カフェ店員の転職はとても多い